先日、きれいな封筒で小児科あてにお手紙が1通参りました。医療従事者に対する感謝とねぎらいの優しいお手紙でした。
直接、新型コロナウイルス感染症の患者様を治療することは私のところではありません。それなのにこのようにお気づかいいただき。、私の方こそ感謝いたします。心からありがとうございます。

開業医、特に小児科は以前に比べると格段に受診される患者さんは減っています。医療機関に行くと感染しそう、という受診控えも多いと思いますが、これだけ全国民が、感染に敏感になって、必ずマスクをつけることや手洗い、ソーシャルディスタンスを取っているということが、ここまで感染症を減らすのだということに、私は驚いています。コロナ以外のウイルス性疾患がほとんど流行することがなくなっています。今少しだけ風邪症状があるのは、小さな保育園児だけです。
それでも私たちは、発熱、風邪症状のある患者様にはお一人お一人、別の入り口から入っていただいたり、別の部屋での対応をしています。しかし、これもインフルエンザが流行したらお部屋が足りなくなり、どうなるのでしょう。できたらこのままはやらないでほしい、と思います。

受診控えの一つ良いところは、子供の症状は待てば自然に良くなるということを、少し実感していただけたのではないかと思うことです。いつもなら、すぐに受診するところを少し様子見ている間に受診する必要がなくなった、ということでしょうね。小児科医はいつでも待っていますから、すぐに受診することはないのです。