ココログフリー版『なかやまさんぽ。』の続きです。レースに出ない、なんちゃってランナーがマラニックばっかりやってるブログです。

寄ロウバイ園

カテゴリ:
1/19のこと。毎年行きたいと思っていた松田町の寄ロウバイ園に初めて走った。二宮から ルート編は後日UP。峠を越えてやっと着いた、寄(やどりき)自然休養村管理センター。ロウバイ園の入口は急坂を歩いて上ること10分弱の、斜面の中腹。第8回寄ロウバイまつり開催中(1/12-2/11)、(少なくとも)期間中は有料@300。センターから入口までは無料送迎車がピストン運行している。8回とは意外と最近だった。平成16年からロウバイの植樹を始め、今や3000株2万本以上、敷地面積13000㎡以上、日本最大級、だそうです。
開花状況は、全体的には3分咲きってとこ。入口の茶屋裏では早咲きのロウバイが見頃で良い薫りが漂っている。ロウバイの切り花も売っていた@300。
robai01
robai02
上に行くほど開花が少ない。園路は林道を渡りながら上へ。スタッフがいるのは下の入口だけで、柵など無いので不届き者が勝手に入るのでは?と心配になった。展望台から中津川沿いの寄地区を一望する(展望台は園外)。あちこちに枝垂れ桜があるので春も綺麗だろうねぇ。
robai03robai04
斜面には茶畑も。今度は下っていく。整然と並んだロウバイの林。満開になったら黄色に包まれるだろう。ところどころにベンチが設置され、丸太イスが並んだ休憩所もあって、皆さん思い思いに景色と暖かな陽射しを楽しんでいた。
robai05robai07
robai06
robai08
robai09
小1時間の散策だった。急坂を下るのは膝に悪そうだったので、無料送迎車を利用してセンターに戻った。センター前ではミカン・キウイ・イチゴなどが販売されていて、猿まわし実演中。今度の週末からはキッチンカーも登場する。満開は2月初め、と予想。昨日の段階でもお客さんが多かったし、寄への車でのアプローチは主に2筋しかないので、渋滞しちゃうんじゃ?バスは1時間に1本(土日の13時台は無い)、場合によっては増発あり。昨日は14時台に増発があったので座ることができた。山に囲まれた地域なので寄ベースのハイキングコースがいくつもあり、また訪れたい。ロウバイが満開の時季にもう一度行きたいけれど、今回走らなかった県道は交通量がありキケンだし、かといって峠越えはキツかった 要検討。ルート編は鋭意写真整理中。

二宮・吾妻山の菜の花と富士山2019

カテゴリ:
今年も二宮の吾妻山に菜の花と富士山の競演を鑑賞しに行ってきた。もちろん吾妻山だけで済むわけが無く、二宮スタートで、湘南軌道(軽便みち)-曽屋-川を越え山を越え、寄のロウバイを観に走った。海から山へ それらは後日UPするとして、吾妻山の菜の花と富士山の巻。
標高136.2mの山頂へ、二宮駅から一目散に階段を上る。9時前に着かないとカメラの砲列に負ける 頑張ったけど、ちょっと過ぎた。余談だが、駅前の観光案内所と町民会館が更地になって、テントを並べていた。町民会館は年季が入っていたからなー、昨年夏に解体されたらしい。で、砲列はまだ1段だったので混ぜてもらえた。6万株の菜の花畑、ほぼ満開。富士山も青く白く美しい 矢倉岳も三角オニギリっぽくて可愛い
azuma01
azuma02
azuma03
相模湾と、奥に伊豆半島。箱根連山、富士山、写っていないけど左には大山丹沢山系まで、一望。360度絶景。
azuma04
azuma05
9時を回ると人がどんどん増えてくる。ドローンを飛ばしている人がいた。ドローンに乗りたいなーと夢見ちゃうアラフィフ。高所恐怖症気味だった。無理っすね。
azuma06
吾妻神社口の方から山頂展望台を眺める。菜の花畑を撮るならこの辺が好き。
azuma07
azuma08
azuma09
peco30分ほどの滞在。撤退は素早く。下山後に更地になった町民会館跡で今更だがパンフを貰った。毎年行われているスタンプラリーには毎年参加していない(スタンプ好きなのにね)が、「ペコちゃん・菜の花記念スタンプ」があったので押した→ 二宮にペコちゃん(不二家)は無いはずなのに、何故なのか不明。ペコちゃんもキティちゃんのように仕事を選ばなくなったのか?
さて、寄のロウバイを観に行くために思いついたルートが湘南軌道跡ラン。これは二宮通り大山道と被っている。大山道が絡んでくるので、ゆっくりまとめるとして。次回は寄のロウバイの巻。

宵月夜ラン

カテゴリ:
今夜はオリオン座と宵月が綺麗な夜ランだった。なのに、オリオン座が撮れない 最近右膝がユルいのでサポーターを装着し、寒さ対策のためレッグウォーマーを履いてみた。レッグウォーマー、なかなか良い。一度なってしまった霜焼けはどーしようもないけれど、悪化させないことは重要。
20190117moon
そーとー久しぶりにランニングウォッチのラップタイム機能を使ってみた。平坦な部分がほぼ無い、UP・DOWN周回コース1.1K×4周+1.5周=6.0km/36'34"。4つ目の2秒って?ボタン押しそこなったんだなー。せっかく思いついた周回コースだったが、上り傾斜が半端なく、イマイチだった。ちょうど良い1K周回コースが見つからないなぁ。
20190117split_time

西方寺のロウバイ2019

カテゴリ:
1/14のこと。トレーニング走往路のゴール地点、新羽の西方寺にてロウバイを愛でる。今年は1/3の横濱七福神巡りが1回目の参拝>>。例年よりも開花が遅く咲き始めの状態だったが、あれから10日、確実に咲き進んでいた。
saihoji04
saihoji01
三分咲きくらいで香りも控えめ。見頃は下旬になりそうだ。
saihoji02
saihoji03
今年こそは寄のロウバイを観に行きたいものだ。吾妻山も城ケ島も行きたい。行きたいところばっかりだ。花は待ってくれないし、どうかなー。

霜焼けの鶴見川富士見走

カテゴリ:
shimoyake霜焼けになったのは土曜の雨ランのせいではない。先週金曜の朝、電車待ちの駅のホームで足指が冷えきって霜焼けになったのである。つまり、通勤が身体に悪いってことで、ホームが陽射しで暖まった頃に重役出勤できたら霜焼けにならない。重役は電車待ちしない?以前は自宅の自室ですら霜焼けになっていた(朝起きた時に床に裸足を着くから)が、さすがにマットを敷くなどの対策を講じた。残る難関は駅のホーム。ヒートテック靴下に暖かい靴を履いてもダメ。足に貼るカイロも使っているけどダメ。血行悪すぎ 足指がパンパン
さて、こんな指でもまだシューズ履けるので、平成31年初ロングトレーニング走in鶴見川。土曜のランで不規則な動きをするチビッ子を避ける時、右膝を横にスライドさせたのが不味く、その後膝カックンが一度あるなど右膝が不穏な状態。平坦なコースで様子見を兼ねてのランである。トレーニングでも冬場は富士山が必須。鴨池橋と富士山
01kamoi0101kamoi02
横浜線と富士山。鶴見川ロードは右岸を選択。新横浜公園を迂回してワールドカップ大橋の袂から日産スタジアムと富士山と小机城址。亀の甲橋と首都高横浜北線の上に薄っすら白根三山の白い峰が見えていたが、この写真じゃ見えない。
02hamasen
03WC_b
鳥山川を渡って鶴見川右岸を新羽橋まで。ちょうど良いペースメーカーさんがいてくれたので(5’40/kmくらい)頑張れました。新羽橋を左岸に渡った後は西方寺に向かう。12.2km/1:10'"26 西方寺に到着。ロウバイを鑑賞した巻は次回UPする。復路のゴールはららぽーと横浜。緑産業道路じゃツマラナイので大熊川沿いに鶴見川左岸へ。大熊川が鶴見川に合流する地点、大竹橋は富士山ビューポイントであるが、富士山だけ雲の中。
04saihoji05ootake_b
大竹橋から江川せせらぎ緑道に入り、桜並木の下、小魚泳ぐ江川を眺めながら東方町へ。江川ではハクセキレイとコサギしか会わず。ららぽ裏にゴール、5.3km/30'46"。総走行距離は17.5km、月間走行距離は81.7kmとなった。右膝は痛くないが、どうもユルいので養生します ららぽヨーカドー付近にミッキーマウスの雛段があった。「Mickey 90th Anniversary Magic of Collar」だそうです。
06egawa07Mickey

このページのトップヘ

見出し画像
×