愛知県東部の東三河・静岡県西部の遠州・長野県南部の南信州あたりは、三遠南信(さんえんなんしん)と呼ばれています。この地方は海あり! 山あり! 自然・伝統芸能・歴史の宝庫で、セロー225等で楽しく走っています。                                                 
長年、撮影しつづけた画像などを掲載しますので、お役立てください。
ブログタイトルの画像は左から中田島砂丘・茶臼山の芝桜・カタクリの花・セローです。

 *画像等の無断使用・転載・販売を禁止しており許可をしたことはありません
 *以上のことをしている方は即刻中止のこと

渥美半島観光ビューローとデイトナとで開催している朝活カフェです。

4月13日(土)・14日(日)は愛知県渥美半島の先端にある「道の駅 伊良湖クリスタルポルト」で開催。
私が参加したのは13日(土)で、朝早くから頑張って走って午前8時くらいに到着しました。
だいたい1時間ほどいましたが、いろいろとバイク談義をしたり、風景を見たりと楽しい時間を過ごしました。

渥美半島3か所で6月まで随時開催されますので皆さんも参加してはいかがでしょうか?

・8時くらいの様子
 日曜日ならもっと参加者が多かったでしょうね
DSCN5819_R

・用意された看板を使って記念撮影
DSCN5845_R

・のぼり
DSCN5820_R


DSCN5825_R

・法被があると盛り上がります
DSCN5829-1_R

・ポスター
DSCN5848_R

・車をのせてフェリーで三重県鳥羽まで
 次は私ものせて行ってみたいなあ
 この航路は国道42号の一部です
DSCN5823_R
 
  クリックお願いします
          

毎年4月最初の日曜日に行われる石巻(いしまき)神社の鬼祭りです。
したがって今年は7日(日)開催。

色々な行事が行われる中、一番盛り上がるのが白い粉をまきながら鬼(大人・子供各2名)が境内を巡る時です。
時には、鬼が力づくで粉を顔に押し付けてくる時もありスリリング!
私も首をつかまれ逃げられず真っ白になり、さらにカメラレンズ内まで汚れてしまいました。

子供から大人までとても盛り上がる地元のお祭りでした。

その他、地元名産の次郎柿のお菓子などの販売があったり、カメラマンがたくさん来たりしていました

・神社の前
DSCN5433_R

・本殿
DSCN5427_R

・境内 この時はまだ静か
DSCN5434_R

・だんだんと人が集まってきました
DSCN5462_R

・神事開始
 まずは小鬼が登場
DSCN5469_R

・赤鬼が躍りながら前に来ます
DSCN5481_R

・次に黒鬼
DSCN5502_R

・続いて大人の赤鬼
DSCN5572_R

・大人の黒鬼
DSCN5618_R

・だんだんと盛り上がってきました
DSCN5575_R

・鬼たちが境内を歩き始めました
 子供たちが「粉ください」と言いつつ鬼のあとを追います
DSCN5592-1_R

・鬼が粉をまき始めました
DSCN5602-1_R

・粉が盛大にまかれます
DSCN5668_R

・粉は一斗缶に入っており、随時鬼に補給
 この時はまだ鬼も白くなっていない
 粉補給中も粉をまく熱心さ!
DSCN5588-1_R

・鬼の体が白くなってきたあ!
DSCN5678-1_R

・黒鬼も真っ白
DSCN5716-1_R

・獅子舞? の獅子も粉にまみれながら舞います
DSCN5725_R

・力づく!
DSCN5729-1_R

・老若男女おかまいなし!
 画像の粉まみれになっている人は女性です
DSCN5762_R

・子供と記念写真
 子供は泣くけど縁起が良さそうですね
DSCN5797-1_R


  クリックお願いします
          

市電とは路面電車のことで、チンチン電車とも親しみをこめて呼ばれています。

さて、市電の日ということで、7日日曜日には豊鉄グッズ販売などもりだくさんのイベントがあるとのこと。
皆さんも参加されてはいかがでしょうか?

桜も咲いていて楽しいでしょうね!

*豊鉄 豊橋鉄道の略でトヨテツと発音します


■同時開催
 ・JRさわやかウォーキング
 ・多米(ため)配水場・小鷹野浄水場公開(去年の様子)

〇市電の写真(現存車両かどうかは不明)
 ・豊橋市内にはブラックサンダーの工場があります
DSCN1987_R

 ・昔ながらの塗装
DSCN4348_R

 ・ホームのない競輪場前停留所
  お客が乗り降りする時は、車は停止と自動車学校で習ったよね。
  黄色の信号は路面電車用とかも。
  覚えていますか?
07年東田電停 (2)_R

〇多米配水場の去年の写真
 ・山の上にあるので眺望良し!
DSCN8748_R

DSCN8791_R

DSCN8746_R

DSCN8711_R

  クリックお願いします
          


 

たくさんの桜が咲いていますね。
今回は豊橋市のシンボルである吉田城(復興櫓)と豊川(とよがわ)とともに撮影。
お城と桜ってとてもお似合いで、ザ・日本という感じがいいなあ

城の歴史としては、享禄2年(1529年)、城主の牧野一族が松平清康(家康の祖父)に攻められ滅亡!
その供養塔? が対岸(豊川右岸)に建っています。

・城主は牧野氏・酒井忠次・池田輝政・松平氏などです
 城は豊橋公園の中にあって市民に親しまれています
 対岸から撮影
DSCN5370_R

・川が広く湿地帯あり
 攻めにくいですよね


DSCN5354_R

・国道1号が走る吉田大橋の上から撮影
DSCN5383_R

・吉田城主牧野一族之塚
 牧野氏は豊橋市隣の豊川市あたりが根拠地で、新潟県長岡藩主などになっております

DSCN5374_R

■20240405追記
・お城を下から見上げたところ
DSCN5388-1_R

・お城横展望台から
DSCN5401-1_R

・お城の横にうつる桜のアップ
DSCN5404-1_R

・お城横の展望台から向きを変えて対岸を撮影
 ちょうど最上段1・2枚目の撮影地点
DSCN5396-1_R

・国道1号の吉田大橋から撮影
 右側にお城があります
DSCN5386_R

  クリックお願いします
          

三河湾やアクアリーナのそばにある豊橋総合スポーツ公園のサッカー場東側の道路沿いに咲いていました。
ソメイヨシノと違って色が白く葉もついていて新鮮な感じがしました。
また潮風に強いのでここに植樹されたとのこと(詳しくはここをクリック
リンク先の画像は古いので木が小さくて今とは大違い!

三河湾に面する豊橋港は車の輸出入港でもあるので色々な車が見られますよ。

・白くてきれいです
DSCN5296_R

DSCN5294_R

DSCN5298_R

DSCN5303_R

DSCN5309_R

・ここの道路沿いです
DSCN5310_R
 
  クリックお願いします
          

↑このページのトップヘ