今回は、夕食で鶏などの地元料理を食べた話です。

■台湾ツーリングの目次

↓クリックお願いします
 

宿泊地である礁渓のホテルから車で夕食を食べに行ったのは郷土料理が食べられることで有名な「甕窯鶏」。
文字のとおり、甕の中で鶏を吊るし下から薪で焼くものです。
お店の看板やマスコットを見て、どのような料理が食べられるのかワクワクです。

・お店の入り口
 マスコットを見て浪越徳次郎さんを思い出しました。
 日テレ お天気キャラクター そらジローをリアルにした感じ?
DSCN0145_R

・軒先の甕の中で鶏を吊り下げ焼いています。
 店員さんが右手で持っているのが鶏です
DSCN0147_R

・画像がぶれてしまったけど甕から取り出された鶏
DSCN0148_R

・全国的に有名なお店らしく店頭には有名人? の写真がずらり!
 さっそく席について鶏の到着を期待して待っていると出てきました。
DSCN0152_R

・これを店員さんが手で解体します。
200113トリ-2_R

・画像下の小さな器のタレのようなものは焼いているときに滴った肉汁とのこと。
 鶏は10人くらいで2羽たべました。
 ただし鶏は丸焼きなので、色々な部位の見た目で苦手な方はいるかも。
 またこの地でしか食べられない料理とのことなので、貴重な体験ができ嬉しかったです。
200112トリニク_R

・その他いろいろな料理がでてきました!
 ワラビ・タケノコなどもありましてとてもおいしくかったです。
 日本人の口にも合うと思います。
200113トリ-1_R