2011年10月31日

11/12(土)夜 JAZZ HIKESHI 特別編!!〜魚を食べて、漁業の未来を考えよう!〜

サケにサンマ、食欲の秋に欠かせない日本の魚。
でも今、海から魚が減っていること、
三陸の漁師さんたちがなかなか立ち上がれないでいることを知っていますか?
魚の放射能汚染について、情報は十分ですか?
海の幸をいつまでも、おいしく安全に食べるために
魚のスペシャリストを迎えて、日本の漁業と魚食についてとことん議論します!

当日は魚料理の達人、上田勝彦さんによる秋のスペシャルメニューを
お楽しみいただく予定です!築地の老舗の仲卸、尾辰商店から仕入れた旬のお魚を、みなさんの前で調理して頂きます。
メニューはシャケとサンマの湯煮とシャケの炊かず飯です☆

1112_sakanahikeshi写真左から伊勢崎賢治、マエキタミヤコ、上田勝彦、勝川俊雄。

【出演】
伊勢崎賢治 / マエキタミヤコ
【ゲスト】
上田勝彦(水産庁情報技術企画官、「水産の復興を考える会」代表)
勝川俊雄(三重大学生物資源学部准教授)

※各出演者プロフィールは記事下部にあります。

◆11月12日(土)
会場 新宿ネイキッドロフト http://www.loft-prj.co.jp/naked/

開場 18:30 開演 19:00
前売 2,500円 当日 2,800円(共にドリンク代別)
※上田勝彦特製スペシャル魚料理代込み

★当日は魚料理の達人、上田勝彦さんによる秋のスペシャルメニューをお楽しみいただく予定です!
★今回のHIKESHIは特別編にて、JAZZライブはございません。あらかじめご了承くださいませ。
※ネイキッドロフトウェブ予約、電話予約にて予約受付中。
前売り券の販売はローソンチケット【L:36465】にて発売中!

電話予約→ 03-3205-1556(16:00〜24:00)
WEB予約→ http://www.loft-prj.co.jp/naked/reservation/

●進行:HIKESHI プロジェクト

◆伊勢崎賢治

 東京外国語大学総合国際学研究院(国際社会部門・国際研究系)教授。NPO法人ピースビルダーズ代表理事。国際NGOや、国際連合の幹部としてアフガニスタンほか世界各地の紛争現地での紛争処理、武装解除などに当たった実務家としての経験を持ち、「紛争屋」を自称する。プロのジャズトランぺッターでもある。東日本大震災直後、ピースビルダーズの篠田英朗氏と共に福島県内に入って放射線量を計測し、同心円で避難区域線引きすることの無意味と、彼我に線を引くことの危うさを問う。7月、遅々として進まない復興施策と、復興利権に群がる者たちのもとで苦しむ被災地の現状を視察するため、宮城県を訪れ、漁業者などの話を聞く。


◆マエキタミヤコ
コピーライター、クリエイティブディレクターとして、97年より、NGOの広告に取り組み、 02年にソーシャルクリエイティブエージェンシー「サステナ」を設立。「エココロ」を通して、日々、世の中をエコシフトさせるために奔走中。「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人代表・幹事、「ほっとけない 世界のまずしさ」キャンペーン実行委員。東京外国語大学、慶応大学、立教大学、上智大学で非常勤講師。「フードマイレージ」キャンペーンや、「いきものみっけ」プロジェクトも。川辺川ダムと尺鮎トラスト運動、諫早干拓事業の開門を促進する自然保護教育ミュージッククリップ「ありあけ、いさはや、宝の海のメカニズム」制作にたずさわり、日本の生物多様性の豊かさは、漁業や農業などの一次産業の持続可能性にかかっていることを思い知る。

●ゲスト

◆上田勝彦
水産庁情報技術企画官、「水産の復興を考える会」代表。長崎大学水産学部在学中に寿司店でアルバイトをしながら料理を学ぶ。87年、長崎のシイラ漁船に乗り、漁師に目覚める。大学を休学し、本格的に漁業を学ぶため、3年間各地の港を渡り歩く。復学後、漁業の現場の声を中央に伝えるため、水産庁に入庁。捕鯨船、マグロ延縄漁船に5年間乗ったのちに、鳥取県境港でベニズワイガニの資源管理と販売促進に奔走。09年、本庁加工流通課で、水産物の価値をいかに上げ、魅力をいかにPRするかというミッションを果たすため、休日返上で各地の漁港を回り調査するとともに、自ら包丁をふるっておいしい魚の調理法を指南する。日本の魚食の復興を目指す“Re-Fish”を旗印にメディア・雑誌などでも活動中。

◆勝川俊雄(三重大学生物資源学部准教授)
専門は水産資源管理と資源解析。東京大学農学生命科学研究科にて博士号取得。東京大学海洋研究所助教を経て現職。日本水産学会論文賞および日本水産学会奨励賞を受賞。学会で訪れた南アフリカで、偶然ネルソン・マンデラ氏と出会い、自ら動き社会を変えていく姿に打たれて漁業改革を決意する。研究の傍ら、政策提言のほか、漁業者や消費者とともに持続可能な水産資源管理や漁業の制度改革に向けて活動を行う。東日本大震災に伴う原発事故後は、専門外でありながら海洋と水産物の放射能汚染についての情報を収集し、自身のブログやツイッターで発信し続けている。

naked_loft at 16:12コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!|ツイッターでつぶやく→ twitterでつぶやく

2011年10月22日

11/3(木•祝日)『常岡さん、人質になる。』出版記念イベント ――「ツレが人質になりまして。」

11/3文化の日の夜に、チェチェン、イングーシ、アフガニスタン、パキスタンなどで拘束•誘拐された経歴を持つ拘束系ジャーナリスト常岡浩介氏の新著の出版記念イベントを行います!みんなで常岡さんを祝いましょう!

11/3(木•祝日)
『常岡さん、人質になる。』出版記念イベント ――「ツレが人質になりまして。」

「拘束系ジャーナリスト常岡浩介を取り巻く女たちが常岡氏の実態を語る。ちまたで噂のギャルハウスとは常岡氏のハーレムなのか、それとも……!?同居人から見た常岡浩介、お茶の間から見たアフガニスタン、誰も知らなかった真実を赤裸々トーク!

しかも同居人たちは、実はロフトプラスワンのお騒がせイベント「くすぐリングス」の主催&出演者たち!ジャーナリズムとバカお色気イベントの異色コラボなるか!?」

【第一部】同居人フリートーク(誘拐時の話、普段のつねおかの生態、つねおかへの思いなど)
【第二部】ジャーナリスト常岡に迫る(そもそもなんでこんなことやってんの? 活動履歴、世界の現状)

【司会】下関マグロ(ライター)
【出演】常岡浩介(拘束系ジャーナリスト) / 岡本まーこ / 神無月ひろ / めーこ / さっちゃん(以上現ギャルハウスメンバー)
ドルショック竹下(漫画家・元ギャルハウス居候)
中島麻美(ギャルハウス不動産契約名義人・週刊新潮編集者)
【特別ゲスト】上杉隆(ジャーナリスト・自由報道協会暫定代表)

_SS500_
『常岡さん、人質になる。』
ツレが人質になりまして……。ジャーナリストの人質騒動を描いたコミックエッセイ!2010年アフガンで『タリバンに拘束された!』と報道され、157日間拉致されていたジャーナリスト、常岡浩介氏の拉致〜解放〜帰国までを描いたコミックエッセイ。マスコミ報道のおかしさ、人種のギャップ感、真実の取り違いなどをコミカルに描き、事件以来はじめて、真相と真実を明かした問題作!?が登場!本の発売直後に取材先のパキスタン政府に拘束され強制送還されるという話題に尽きない常岡氏の全て(?)がここに。

詳細は下記URLより↓
http://www.enterbrain.co.jp/pickup/2011/hitojiti/

OPEN18:00 / START19:00
予約¥1,000 / 当日¥1,300

予約は当店のWEB予約&電話03-3205-1556(16:00〜24:00)にて受付中!

WEB予約は下記から↓
http://www.loft-prj.co.jp/naked/reservation/

naked_loft at 16:06コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!|ツイッターでつぶやく→ twitterでつぶやく

2011年10月19日

大葉祭〜渡祭〜及川祭〜そして!

058e5ee9.jpg
b7e892a5.jpg
beb0556b.jpg
ヒーローを演じた役者さんにご登場いただく「340スズキ
presents」が、意外かつ素晴らしい展開を見せております。

◆6/24(金)340スズキ presents vol.27「大葉祭」
うっかり「アニキ!」と呼びたくなる、懐の広さ! とても礼儀正しくてひょうきんで優しくて、常にお客さんへのサービス精神を忘れないその姿勢に終始感動しました。貴重な当時のお話も、もちろん満載。更に驚きのゲストまで登場で、超大盛り上がりでした!

◆8/4(木)340スズキ presents vol.28「渡祭」
と、そんな大葉さんからのご紹介で登場されたのが渡さん! 聞くだけで鳥肌が立つ危険なアクションの舞台裏から、壮絶な交通事故のお話(でも本当に死ぬかと思ったのは、事故に遭ったときより、危険
な撮影のときだったそうです)、そして今の活動のお話などを、貴重な資料を交えて聞かせて頂きました。歌もいつもに増して盛りだくさん!
ちなみに当日お出しした、渡さんプロデュースの“赤い”カクテルは、アペロールというオレンジのリキュール+アセロラジュース+グレナデンシロップで作れますんで、是非お試しを。

◆10/14(金)340スズキ presents vol.29「及川祭」
渡さんからご紹介があったのは、害水大臣でおなじみ、及川奈央さん! リハーサルの段階でかわいさ炸裂だったんですが、本番を終え、店のスタッフ全員がファンになってしまいました。本当にかわいいです、及川さん!そして、特撮愛もしっかりお持ちで。これはまた是非ご来店頂きたいです!

と、そんな及川さんからの紹介で、次回は11/7、中川素洲さんの登場です。お楽しみに!ローソンチケット発売日など詳細は、後日発表しますので少々お待ちください!

(前川)


naked_loft at 23:12コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!|ツイッターでつぶやく→ twitterでつぶやく

2011年06月24日

7/2(土)JAZZ HIKESHI ゲストに岩上安身氏(ジャーナリスト)蓮池透氏(元東電原子燃料サイクル部長、拉致問題でも有名)!

ネイキッドロフトで隔月開催でお送りしているJAZZとトークのイベントJAZZ HIKESHI。

第10回となる7月2日(土)、ゲストにジャーナリストの岩上安身さん、蓮池透さんをお招きし、「311以降の奇妙な連帯について」というテーマでお送りします。

USTREAMやTwitterを駆使して新しいメディアを構築し、311以降、日本で一番情報発信をしている岩上安身さんと、紛争解決人の伊勢崎賢治さん、100万人のキャンドルナイトやピースアドでおなじみのマエキタミヤコさんで311以降の世界を徹底的に話し尽くします!そしてなんと2009年夏まで東電で原子燃料サイクル部部長をしていた技術者でもある蓮池透さんのゲスト出演も決まりました!

もちろん伊勢崎さん率いるJAZZ HIKESHI BANDによる熱いJAZZライブもあります!
これはもうネイキッドロフトに来るしか無い!チケットはまだありますので、お早めに!

0702_jazzhikeshi



ジャズ・ヒケシ Jazz_HIKESHI vol.10
「震災後のキミョーな連帯の日本」


前代未聞のメルトスルー事故が起こり、企業の犯罪的行為や政府の不手際が次々おおやけになっても、日本の人々は悲しみを抱いて、不思議な災害ユートピアと美談の中におとなしく暮らしている。次々と脱原発するのは遠く離れた国々。なぜこんな状況になっても暴動を起こさないの?それは日本に対する褒め言葉か貶し言葉か。戦後日本に君臨していたふたつのタブー、原発とアメリカはどうなっちゃうの。荒れ狂う原発に気を取られているうちに外交は、TPPは、日本という国は、どうなっちゃうの。定番となった御用学者を蹴っ飛ばせの最新ぶっちゃけニュースと極上の音楽。土曜の夜はスーパークール・カルチャー・バトルロイヤル、JAZZヒケシへどうぞお越しください。

【内容】紛争予防・外交・国際関係・震災・311以降の政策提言

【ゲスト】岩上安身(ジャーナリスト)
     蓮池透(元東電原子燃料サイクル部長、拉致被害者家族連絡会元副代表)
【出演】伊勢崎賢治 / マエキタミヤコ / 中島弘恵(ピアノ)/ 松岡俊輔(ベース)/ 安永春美(ドラム)

OPEN18:00 / START19:00
予約¥2,000 / 当日¥2,300(共に飲食代別)

ご予約はネイキッドロフトにて電話&WEBにて受付中!
電話予約 TEL 03-3205-1556(16:30〜24:00)
ネイキッドWEB予約→http://www.loft-prj.co.jp/naked/reservation/


【出演者プロフィール】
・岩上安身 ジャーナリスト
出版社勤務、週刊誌記者を経て1987年よりフリー。『月刊現代』、『文藝春秋』、『週刊ポスト』、『週刊現代』、『週刊文春』、『Number』、『中央公論』、『別冊宝島』など各誌にルポルタージュを寄稿。1996年(平成8年)、『あらかじめ裏切られた革命』で第18回講談社ノンフィクション賞を受賞。テレビのドキュメンタリー番組のリポーターやコメンテーターもつとめる。近年は自らのホームページやUstreamを拠点とする手法での取材も行っている。

・蓮池透
東京理科大学工学部電気工学科卒業後、1977年東京電力入社。2002年、日本原燃出向。同社燃料製造部副部長。核廃棄物再処理(MOX燃料)プロジェクトを担当。2006年、東京電力原子燃料サイクル部 部長(サイクル技術担当)。2009年夏に退社。
北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)元副代表。1978年に北朝鮮に拉致された蓮池薫さんの実兄。


・伊勢崎賢治
東京外国語大学総合国際学研究院(国際社会部門・国際研究系)教授。
NGO・国際連合職員として世界各地の紛争現地での紛争処理、武装解除などに当たった実務家としての経験を持ち、「紛争屋」を自称する。プロのジャズトランぺッターでもある。


・マエキタミヤコ
コピーライター、クリエイティブディレクターとして、97年より、NGOの広告に取り組み、02年にソーシャルクリエイティブエージェンシー「サステナ」を設立。「エココロ」を通して、日々、世の中をエコシフトさせるために奔走中。「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人代表・幹事、「ほっとけない 世界のまずしさ」キャンペーン実行委員。東京外国語大学助教。立教大学非常勤講師、上智大学非常勤講師。最近は、「フードマイレージ」キャンペーンや、「いきものみっけ」プロジェクトを手掛けている。

naked_loft at 14:16コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!|ツイッターでつぶやく→ twitterでつぶやく

2011年05月26日

5/12(木)340スズキ♪presents「歌祭19〜YOFFYの巻〜」

c19a7c82.jpg特撮の歌い手さんを招いてお贈りする「歌祭」第19回目はサイキックラバーのYOFFYさん!
阿佐ヶ谷ロフトAで定期開催中の『特歌祭』では大量飲酒をしない“良心”として知られるYOFFYさんですが、今回はた〜くさん飲んで(笑)た〜くさん話して頂きました。更に美潮さんの選曲がうなり、ここには書けませんが超レアな歌が続出!!
濃密で豪華なイベントになりました。

次回歌祭(記念すべき20回目)はなんと7/7七夕当日に、Sister MAYOさんをお迎えします!

(前川)


naked_loft at 23:41コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ!|ツイッターでつぶやく→ twitterでつぶやく
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ