ナキのブログ

ナキのいろいろについて書くブログです

馬「神戸でライブあるんやけどくる?」

この一言から全てが始まりました。


もともとTrySailの名前は知っていたけど知ってる曲はハイフリのオープニングとエロマンガ先生のエンディングくらいでした。

でも何でもいいからライブに行きたいなって思ってたので行くって返事をしました。

この安易な返事が後に莫大な散財を招くわけです。


馬やグリに予想されるセトリとかを教えてもらい事前に予習をして当日を迎えました。
(前日にパーティーやってて絶起して朝からオタクダッシュしたのはまた別のおはなし)

12時過ぎに大阪駅で馬と合流して三宮を目指しました。ちなみに久しぶりの大阪駅だったのでちょっと迷いました。ほんとにちょっとですからね。

13時くらいに三ノ宮に到着。とりあえずライブ会場を下見と、物販列に並ぶグリをチラ見しました。

やることもないのでカラオケで馬による集中講義を受けることに。
この時グリに物販でタオル頼みました。Tシャツは高いのでやめました(ここ重要)。

馬に昨日のセトリから今日来るであろう曲の説明を受けました。
事件はそのなかで起こります。
馬が昨日のセトリにあった「ホントだよ」のブルーレイ動画を見せてきました。

そう、これがドロップキックです。

いや、ほんとに可愛いんですよ。
もちょがとても可愛い。
もう一回言いますね、もちょが可愛い。


ここで完全におちました。


そんなこんなで予習会も終わり、ガストで軽くご飯を食べて会場に向かいました。

会場に行くと会場限定ブロマイド付きCDがあるわけですよ。
でもですね、最近お金なくてやばいって思った優秀な僕はブロマイド付きCDを買わなかったんですよ、素晴らしい。


そして開演するわけです。

光る棒を振りまくるわけです。
トークでめっちゃ笑うわけです。
心の高鳴りを叫ぶわけです。

終演後、僕は物販列に並んでいました。
気づくと手にはTrySailの光る棒と新品のツアーTシャツが握り締められてました。

そして馬に「幕張で会おう」と言いました。


今回が人生初のライブだったんですがとてもいいものでした。
ライブ駆動開発という意味不明な言葉も終演後には理解していました。
頭の中ではドラッグの摂取量が増えてがやめられなくなる図が思い浮かんでいました。
今後はライブに行くためにお金を貯め、進捗を生んで行く所存です。

とりあえず幕張に行くために頑張ります。
進捗くん対戦お願いします。


以上、ナキの人生初ライブ記録でした。






おまけ
今回すごく久しぶりに舞台上の人を照らす照明を見ました。
舞台上に立った3人はとても輝いていました。
彼女たちを引き立てて、会場の雰囲気を作る照明は改めてすごいと思います。

やっぱり照明好きです。
演者を自分が作った明かりで輝かせてみたい。
自分の作った照明で誰かの心を動かしてみたい。
この気持ちだけはずーーっと消えないんだろうなぁ……

おはようございます。

本日午前3時からサッカー日本代表がベルギーと史上初のベスト8をかけて激闘を繰り広げていました。
私もこの一戦を楽しみにしていましたが、翌日のことも考え、一応少し睡眠をとろうと思いました。




そして目が覚めたのでテレビをつけると、そこには負けて悔しがる選手たちのインタビューが広がっていました。




そうです、私はこの非常に大切な一戦を見過ごしたのです。

しかもTwitterを見ていると「非常にいい試合だった」や「2点リードしたのに」といった試合前には信じられない言葉が広がっていました。


こんなに、こんなに大切な一戦を私は寝ていて見ることができなかったのです。


そうです、寝過ごしたのです。

今まで無遅刻無欠席で大学頑張ってきたのに…
いまだにこの現実を受け入れられていません…
本当に信じられません…
私はどれだけ後悔すればいいのでしょうか、いや後悔してもしきれないでしょう。
なぜなら日本代表が負けたという事実も、その歴史的な一戦を寝ていて見過ごしたという事実も決して覆らないのですから…



後悔だけしていてもいいことはありません。

日本代表が先を見るように私も先を見なければいけません。



これから先の人生、同じようなミスを起こさないために何ができるのか。



そこで私は決めました。




絶対に起きることができる目覚ましを作ろうと

そして二度と、このような悲劇を起こさないようにしようと。






そうはいっても今日は本当に悔しいのでそういうツイートしても許してください……

今日はarduinoの高速化についてです。

今日慌ててブログを書いているのは大雑把に実験しすぎて誤った理解をしてしまったからです。
というわけでしっかりやったほうの実験について話をしていきたいと思います。

まず、今回arduinoの高速化をするにあたり僕が用いた方法はレジスタをいじることです。
僕は素人であんまり詳しいことはわかっていないので詳しく知りたい方はほかのブログを参照してみてください。「arduino 高速化」で検索するとすごくわかりやすいサイトが出てきます。

今回やったことを簡単に言うと、digitalWriteとdigitalReadの代わりにPORTD |= _BV(3)や PIND & _BV(2)などの暗号のようなものを使うことでプログラムが一周するのにかかる時間を減らそうというものです。
具体的にはナキロボのメインプログラムを100周するとレジスタを操作したものとそうでないものではどれくらい高速化が図れるのかという検証を行いました。

ただ、前提条件としてテストをする際にI2cを使ったスレーブとの通信とシリアル出力はしていません。
デバッグ用のシリアル出力なんて今回のテストにはいりませんもんね!!!!!!
また、事前の検証でI2cがかなり遅いことはわかっていたのでポート操作の成果を見るという観点からは不必要だと思ったので抜きました。

さて、検証の結果ですが、既存のプログラムは67940(μs)、レジスタを叩くほうが57588(μs)という結果になりました。
これは100周した値なので単純計算では1周あたり約0.1ミリ秒の差があるということです。
この差によって何かが変わるかどうかは正直わからないですが、早くなって損はないと思いました(こなみ)
あとプログラムの容量はレジスタを

終わりに、とてつもなく適当な検証をしてしまって申し訳ありませんでした。
また、この検証も間違っている可能性が大いにあることをご了承ください。


追伸 今回の検証はあくまで僕のロボットのプログラムをベースとして行っているものなので後日改めて検証したいと思います。

↑このページのトップヘ