なきにしもあらず

ある事ない事、あり得ない事まで不定期更新の日記を綴ります。 ボンクラ親父の備忘録です。

薬師如来は『カバラ』の完成型 神の99話の5


知らんったい。ヾ(=^▽^=)ノ

なんか、わからんばってん、
こげなタイトルにせいちゅうて頭ん中で言われたけんね。

予定しとったタイトルは、「おんころころ・・・」やったで。

99話の1.....どんぐりころころ
99話の2.....みのむしころころ
99話の3.....おむすびころりん
99話の4.....ずいずいずっころばし
99話の5.....おんころころせんだりまとうぎそわか
99話の6.....十種の神宝

で、ほぼ一貫して「ころころ」とは何ぞやを調べとったろ。

ばってんまあヨカやんね、
「おんころころ」は『薬師如来』さんのご真言やけんね。

そやけんこの記事も、『百話』に繋がる話と思うてちょうだい。


んでね、良かったらこの真言を覚えといて。

おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

意味は、、、
意味はよお分からんばってんね。

『薬師如来』さんて病気治しの如来さんみたいやけど、
結構いろんな問題に解決策をくれそうな、御利益あるで。

意味わからんでも、みんなの潜在意識が理解しとんのやろ。

ばってん少なくとも、「おん」と「ころころ」くらいは、
頭で理解したいね。うん。


オイラ、以前にも『薬師』さんのこと書いとったんやね。
そやけん、その記事を少し転載しとくけど、するするっと
スルーしてもらって構わんよ。
今回は『ころころ』だけを重点にしたいんやけんね。


はい、
スルーーーって飛ばして...
「まとめ φ(.. )」
って書いとるとこからは読んでね。m(_ _)m



では、長ったらしか過去記事
から抜粋。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


今日『仏教』に入って行くけど、しっかりこんがらがって頂戴な。

「三尊像」とは、仏像を安置する形式やけど、主に三体の「三尊」、
「阿弥陀三尊」「釈迦三尊」、それに「薬師三尊」があるんよ。

あちこちから画像を借りて来たけん解かり易く並べてみるよ。


「阿弥陀三尊」
阿弥陀三尊像修正済み
(画像は、ウィキから拝借。)


「釈迦三尊」
釈迦三尊像修正済み
(画像元はこちら。)


「薬師三尊」
薬師三尊像
(この画像はこちらから拝借。)


この比較の仕方は面白いと思うんやけど、どうかな?

前回まで話してたヘブライ文字の『666』の3本の「柱」

666纏め

これと同じなんじゃ無いの?

前記事をちょっと抜粋するけど、

 「モンスター」のロゴは、

❷ ヘブライ文字の「666」で、

❸ 「カバラ図」の、中央:「均衡の柱」、右:「慈悲の柱」、左:「峻厳の柱」

❹ 人体内の、中央:「スシュムナー管」、右:「ピンガラ」、左:「イダー」。

これらが同じ構図やね。
出雲大社の『心の御柱』も同じ、三本の柱やろ。
伊勢神宮の『心の御柱』は見た事がないけど、同じ筈や。

これらの象形が、」 (りっしんべん)
やけん、『心の御柱』って呼ぶんやないかいな。
確かにこの「三本柱」こそ「アシラ神」で、「柱(はしら)」や。

オイラは、この「柱」のことを『バアル』と言った。 <抜粋終了


で、『バアル』は「悪魔」にされてたけど、本当はって意味やてね。

「阿弥陀三尊」、「釈迦三尊」、「薬師三尊」の中心に置かれる仏様は、
「阿弥陀如来」「釈迦牟尼如来」「薬師如来」の、三如来様、

今回は、「薬師如来」さんをメインに考察したいけん後に残して、
他の二如来を先にお話したい...んやけど、詳しくはそれぞれ
検索して頂くとして、ここじゃあ今までに何度か書いてきた事で
簡単に言わせて頂く。
(あんまり丁寧な言葉は舌を噛むけん許してちょーだいな。)

説明内容も如来様を粗末にしとると思われる方は、この辺で
スルーしてほしかとよ。


.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○o。.★.。o○o。.☆

はい、先ずは「阿弥陀如来」、この如来は「アメン・ラー」さんや。

我が先祖の一遍上人が人々に勧め、信仰された如来さんやけど、
西方の極楽浄土を守護する如来さんで「南無阿弥陀仏」と唱える。

「十八番(おはこ)」って言葉を知っとう?
ウィキから省略引用すると、
第十八願を本願として重要視することから、もっとも得意なことを指す。
また、市川家の歌舞伎十八番の台本を箱入りで保存したことからとも。


それから「あみだくじ」
あみだくじの形は元々線を中心から周りに放射状に引いたものであり、
それが阿弥陀如来像の光背に似ていたことから。

もうひとつ、「あみだ被り」
帽子やヘルメットを後頭部にひっかけるように浅く被ること。
上記と同じく見た目が光背に似ていることから。

オイラは「阿弥陀如来」を「アメン・ラー」って言ったけど、
『バアル神』のことなんよ。

「十八」のことは後で画像入りで説明する(何度もやったね)けど、
「あみだくじ」「あみだ被り」からは何を連想する?

『鈎(かぎ)』やろ?

ちょいと帽子をよこちょにかぶり
長渕剛の歌がいいか?

オ-・マイ・パパ 帽子を横ちょにかぶり
雪村いづみが懐かしい。

うちの虐待親父が帽子を阿弥陀に被って、よく歌っとった。 

    ヨッド&ヴァヴ
こんな感じでね。

昔の、『鍵(かぎ)』もこんな感じやろ?

「Mon-Key」や。


.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○o。.★.。o○o。.☆


次に「釈迦牟尼如来」

「お釈迦さん」は、「シャクティ」や。

ちょうど、この、
    ヨッド&ヴァヴ
「バアル(棒)」を、天地逆さま(シャカさま)にした格好で、
「蓮華」の、「ベース・チャクラ」の上に乗ってなさる、「玉」、
「クンダリーニ」や。

ちゅうても、本来は「ゴー玉シッダールタ」の時で、覚醒して
「仏陀(ブッダ)」になったら、『バアル神』や。

この「釈(シャク)」は、「シ・ヤ・ク」
並べ替えて、「ク・シ・ヤ」(串矢か?)、
または「ヤ・ク・シ」(薬師)や。('▽'*)ニパッ♪


 語源は、『夜叉(ヤシャ)』か?


.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○o。.★.。o○o。.☆


さて、お待たせ「薬師如来」

オイラね、もう何十年も前から、いや特にこの4年間くらいは、
何で真言に『コロコロ』が入っとるんやろうかって考えとった。

最近やっと分かったんやけど、これって、
この図666纏めの中にも入っとる、『バアル』やったんよ。


薬師如来の真言
オン コロコロ センダリ マトウギ ソワカ
(oṃ huru huru caṇḍāli mātaṅgi svāhā)

大体の意味は他を検索して欲しいけど、
「センダリ」は、「薬師如来」の名であり、「マトウギ」は「マタギ」の云々…

なんか、「チャンダリ女神」と「マタンギ女神」とか言う解釈もあるし、
こちらのページも面白いことを書いて居られる。
ちょっとだけ抜粋>

「おお 取り払え チャンダーリー・マータンギーよ スヴァーハー」
「取り払え」・・・ 疫病を取り除くこと。
「スヴァーハー」・・・形式的に末尾に加える真言。火の神アグニの妻。密教などで火を扱うための祈願。本来の意味は失われている。
  「チャンダーリー」・・・1ダキニ天の一種で疫病の女神
               2チャンダーラ族の女
               3インドの賎民の女)
  「マータンギー」・・・1「象族の女王」といった意味。
              2摩登伽/マータンガ族の女
    <ここまで。

オイラに言わせると、「センダリ」も「チャンダーリ」も「クンダリ」や、
つまり「クンダリーニ」のことやと思うけど、「マトウギ」はよう分らん。

『薬師を、呼んだりぃ待っとーきぃ』かもね。ヾ(=^▽^=)ノ

まあ、近い内に解けるやろう。『コロコロ』は次回にまたもう一度ね。


真言初音の『オン』は、殆どの真言に使われとるけど、『OM』で、
「帰命(きみょう)」、「帰依(きえ)」する事。「仏に帰依する」とか
言われるが、「仏様を拠りどころとする」とか「仏教徒になる」とか。

オイラは昔から、「帰依と言うな、帰命や。」て伝えた。
「仏を命とする」または「命に帰る」なんや。

そして、『OM』は、本当は『AUM(オウム)』なんや。

どおれ、そんじょそこいら(其定其処ら)の坊さんでも言わん事を、
オイラが教えたるけん、耳の穴かっぽじって、よお聞いときぃや。
(たまには偉そうに言うてもヨカやんね。(゚∀゚)アヒャヒャ)

『AUM(オウム)』は、インドじゃ日常的に使われとるんよ。
挨拶の「ナマステー」がそうやね。

「ナマス (namas) + テ (te)」 は「あなた (te)に敬礼。」やね。

スマイルマークこの「ナマス (namas)」は、日本じゃ「南無」ってなるんよね。
 お釈迦さん:南無釈迦牟尼仏
 阿弥陀さん:南無阿弥陀仏 

スマイルマークここで、真言も書いとこうか。
 お釈迦さん:ノウマク・サンマンダ・ボダナン・バク 
         (Namaḥ samanta-buddhānāṃ bhaḥ)
 阿弥陀さん:オン・アミリタ・テイセイ・カラ・ウン
         (oṃ amṛta-teje hara hūṃ)
 聖観音さん:オン・アロリキャ・ソワカ
         (oṃ arolik svāhā)

スマイルマーク変形型を書いてみようか。

『AUM』「I AM」の「AM」・・・・「I AM:わたしはあるリンク
『AUM』「AIMIN」・・・・・・・・・エイミン
『AUM』「AUMEN」・・・・・・・・アメン・オウメン
『AUM』「AUMIN」・・・・・・・・・オウミン
『AUM』「NAUM」・・・・・・・・・ナウム・ノウム・南無
『AUM』「KAUMI」・・・・・・・・・カム・カミ・神
『AUM』「OM・ON」・・・・・・・・オン
『AUM』「ONI」・・・・・・・・・・・・オニ・鬼


こんなもんかな?
まあ、全ては『バアル神』を指しとる真言、言霊なんやけどね。



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


お待たせ
では、待望の(何がヤ)、『薬師如来』『薬師三尊』を、
ウィキからね黄色マーカーはポイントだよ)


マーク2『薬師如来』


薬師如来 (やくしにょらい、梵: Bhai?ajya-guru , バイシャジヤ・グル)、
あるいは薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい、梵: Bhai?ajya-guru-vaid?rya-prabha-r?ja , バイシャジヤ・グル・ヴァイドゥーリヤ・プラバ・ラージャ)は、大乗仏教における如来の一尊。大医王仏とも称する。
三昧耶形は薬壺または丸薬の入った鉢
種子(種子字)は尊名のイニシャルのバイ(bhai)。


マーク2『薬師三尊』

薬師三尊(やくしさんぞん) は、仏教における仏像安置形式の一つである。
薬師如来を中尊とし、日光菩薩を左脇侍、月光菩薩(がっこうぼさつ)を右脇侍とする三尊形式である。(この場合の「左」「右」は中尊から見た「左」「右」を指す。)
月光菩薩は月の様な清涼をもって衆生の生死煩悩の焦熱から離れるという意味がある。

日光菩薩・月光菩薩
日光菩薩・月光菩薩は、『薬師経(薬師本願経)』に、薬師如来の浄土である東方瑠璃光世界の主要な菩薩であるとして言及されるが、薬師如来の脇侍として造像される以外に、日光菩薩・月光菩薩単独での信仰や造像はないと言ってよい。
図像的には、日光・月光菩薩がそれぞれ日輪・月輪を持つ例が多いが、奈良・薬師寺金堂像のように、古い作例では持物のない場合もある。
なお、日光・月光菩薩が薬師如来以外の像の脇侍になっている場合もある。和歌山・道成寺の本尊千手観音像の脇侍が日光・月光菩薩と呼ばれているのはその例である。

師如来はね、眷属(使者とか家来さん)がたくさん居るんやけど、

主立ってはこの「薬師三尊」の「日光菩薩&月光菩薩」と、もう一組、、
「薬師十二神将」がある。 ☆この「」内の2つの呼び名で覚えよう。


続けてウィキから



十二神将(じゅうにしんしょう)は、仏教の信仰・造像の対象である天部の神々で、また護法善神である。十二夜叉大将、十二神明王(じゅうにやしゃたいしょう/しんみょうおう)ともいい、薬師如来および薬師経を信仰する者を守護するとされる十二体の武神である。新薬師寺にある塑像の十二神将像がよく知られる。梵語では、例えば伐折羅は、ヴァジュローマハーヤクシャセーナパティであり、訳すと「ヴァジュラ(という神格の)偉大なヤクシャの軍の主」
すなわち大夜叉将軍=神将と意訳される。
概要
十二神将は、薬師如来の十二の大願に応じて、それぞれが昼夜の十二の時、十二の月、または十二の方角を守るという。そのため十二支が配当される。また、十二神将にはそれぞれ本地(化身前の本来の姿)の如来・菩薩・明王がある。
各神将がそれぞれ7千、総計8万4千の眷属夜叉を率い、それは人間の持つ煩悩の数に対応しているという。


おおー 役者が揃ったな



夜叉(やしゃ、梵:यक्ष yakṣa、パーリ語:ञक्ख yakkhaの音写、訳:暴悪・捷疾鬼・威徳)は、古代インド神話に登場する鬼神。薬叉(やくしゃ)とも称する。のちに仏教に取り入れられ護法善神の一尊となった。

インド神話
一般にインド神話における鬼神の総称であるとも言われるが、鬼神の総称としては他にアスラという言葉も使用されている(仏教においては、アスラ=阿修羅は総称ではなく固有の鬼神として登場)。
夜叉には男と女があり、男はヤクシャ(Yaksa)、女はヤクシーもしくはヤクシニー と呼ばれる。財宝の神クベーラ(毘沙門天)の眷属と言われ、その性格は仏教に取り入れられてからも変わらなかったが、一方で人を食らう鬼神の性格も併せ持った。ヤクシャは鬼神である反面、人間に恩恵をもたらす存在と考えられていた。森林に棲む神霊であり、樹木に関係するため、聖樹と共に絵図化されることも多い。また水との関係もあり、「水を崇拝する(yasy-)」といわれたので、yaksya と名づけられたという語源説もある。バラモン教の精舎の前門には一対の夜叉像を置き、これを守護させていたといい、現在の金剛力士像はその名残であるともいう。

護法善神として
インド神話における夜叉は仏教に包括され、仏法を守護する八部衆の一つとして、また毘沙門天の眷属として羅刹と共に北方を守護する。また夜叉には、天夜叉・地夜叉・虚空夜叉の三種があり、地夜叉以外は飛行するという。
大乗仏典では薬師如来の十二神将や、般若経典を守護する十六善神などが夜叉である。

その他の文化
スリランカではヤカ(Yaka)という病魔とされ、王にマハーコーラ・サンニ・ヤカー(Mahakola Sanni Yaka)がいるとされる。
タイでは、ヤック(ยักษ์)と呼ばれ、緑色と赤色の対になった巨大な像が寺院等の門にしばしば置かれている。画像はタイのバンコク・プラナコーン区タイ王室宮廷内の寺院入口にあるワット・シーラッタナーサーサダーラームのヤック像である(実はタイ国際空港にも同様のヤック像が置いてある)。
仏教の影響を受けたマニ教パルティア語文書(バクトリア出土)では、イエス・キリストとマニの名において夜叉などのデーウ(悪魔)を祓う、と書かれた護符文書がある。またいくつかの夜叉の特徴も併記されており、たとえばヴィシュヴァパーニ(Viśvapāṇi)は一日の第五の時間を支配し、ペシャワルに住み、塩味のものを食べる、とある。
ジャイナ教ではヤクシャ、ヤクシニーは守護神とされる。


ついでや。

さ【叉】[漢字項目]

[人名用漢字] [音]サ(漢) シャ(呉) [訓]また
1 ふたまた。またになったもの。「音叉・交叉・三叉」
2 両手を組む。「叉手」
[難読]叉焼(チャーシュー)・夜叉(やしゃ)





文字数節約の為に簡単に進めるけど、

『薬師(ヤクシ)』は、『=釈迦如来』であり、
「ヤクシ」と「シャク(釈)」は、「サンタサタン」のように、
アナグラム(言葉遊び)で作ったものかも知れんね。

そして、「夜叉(ヤシャ、ヤクシャ」、「薬叉(やくしゃ)」と
語源を同じくするものやろう。

意味は、「夜叉」に持たせて、アスラ=阿修羅という事。
それに、「シャクティ」(性エネルギー・クンダリーニ等)。
ああ、何にでも力を発揮する「薬」の意味も含めとるな。

様相は、「シャクトリムシ(尺取虫)、蚇蠖(おぎむし)」 か。
(クンダリーニやスシュムナー等のことだよ。)

このネーミングをやったのは、『釈迦』か、若しくは経典を
作った「龍樹」かな?
(まあ、この龍樹の名前も怪しいけどね。)


そして、本来は、「聖樹」や「」の関係であるという事や、
アスラ=阿修羅」はそもそも「柱(はしら)」の語源やけん、 

『生命の樹』・『カバラ』のことや。

「釈迦」は、『バラモン(バアル・アモン)』グループや。
『カバラ』を伝承させるグループやで。

面白い事に、
出身は「コーサラ(皿)」国の「シャカ(シャクティ)」族で、
本名は「ゴータマ(玉)・シッダールタ」や。
ほら、「皿」の中の「玉」やで。(゚∀゚)アヒャヒャ

オイラは、もうひとつ、『ヤクシ』は『ヤ・串』を連想する。


『ヤ』は勿論、『ヤハウェ』で、『串』は「スシュムナー」や。

     「ヤ」
    ヨッド&ヴァヴ「串」やで。

「皿」と「玉」は、こういう事。
玉垂と甕


いつものように、「どん爺の須弥山図」を入れとくね。
     小宇宙図クリックで拡大できるよ。





さぁて、答え合わせをしようかね。(辻褄合せやってば!)


各『三尊像』が、この図666纏めの中の、
『バアル』と重なればヨカっちゃろう?


ではでは、今一度並べてみようか。

阿弥陀三尊像修正済み
釈迦三尊像修正済み
薬師三尊像

かって、
右側が「日」の菩薩さんで、左側が「月」の菩薩さん達。

性格的に、


右側:日・陽・男性的・能動・厳(げん)
左側:月・陰・女性的・受動・瑞(みず)


覚え易い様に、ワザと作ったんかな、この菩薩名?

右側の、「普賢」、「観音」、「日光」だけ、
「日」の漢字が入っとると覚えときゃいいな。



はい、『カバラ図』の三本「柱」とマッチしとるやろ?

カバラ三柱

3つの柱

  • ビナー、ゲブラー、ホドからなる左のは峻厳の柱と呼ばれる。
  • コクマー、ケセド、ネツァクからなる右の柱は慈悲の柱と呼ばれる。
  • ケテル、ティファレト、イェソド、マルクトからなる中央の柱は均衡の柱。

「中道の柱」:御父(天の神)
「慈悲の柱」:御子(月の神)
「峻厳の柱」:精霊(日の神)

『三尊像』と『カバラ図』の柱は、合せ鏡で左右逆であたりまえ。


そして『薬師如来』が如何に大切かと云うと、ここにある。 

三昧耶形はまたは丸薬の入った


これはね、こういう事。
薬師三尊像2

「串」、「玉」、「壷・鉢(入れ物)」・・・

スシュムナー管、クンダリーニ、ベースチャクラ、イダー、ピンガラ

全て揃った『薬師三尊』やったんや。

勿論、『バアル』=『666』や。

人体内部の『内在神』なんやで。


666纏め



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


99話まで書いとった「鬼」シリーズ。
このページは、『鬼の百話』として完結させたい。


「鬼」シリーズではよく記事末尾に赤鬼さん鬼のヒントを書いてたよね。

「鬼」が隠れてるって話しやけど、「隠」の字も、「ONI(鬼)」だよ。

答えはね、

このページの中頃に書いた、
『AUM』「ONI」・・・・・・・・・・・・オニ・鬼
だよ。

もう、たくさんのヒントを忘れちゃったけど、まあ、こんなの。。。

「神」「KAUMI」・・・・・・・・・・『AUM』ひとつ
「般若」「HAUMNYA」・・・・『AUM』ひとつ
「観音」
「KAUMNOUM」・・『AUM』ふたつ

こんな風に解けば、

「観音様」は、「KAUMNOUMSAUMA」・・『AUM』みっつ

オイラはね、
なんで、「~命」「~神」「~大御神」の、名に、
「の」を入れるのか不思議に思っとったんよ。

例えば、「~みこと」、「~かみ」、「~おおみかみ」ってね。

たまたまなんやろうけどね、

「~NOUMIKOTO」・・・・・・『AUM』ひとつ
「~NOUKAUMI」・・・・・・・・『AUM』ふたつ
「~NOU AUMIKAUMI」・・・『AUM』みっつ



最後にね、

『本地垂迹(ほんちすいじゃく)』って知っとうや~

またもやウィキから説明していただこう。

本地垂迹(ほんじすいじゃく)とは、仏教が興隆した時代に発生した神仏習合思想の一つで、日本の八百万の神々は、実は様々な仏(菩薩や天部なども含む)が化身として日本の地に現れた権現(ごんげん)であるとする考えである。

本地とは、本来の境地やあり方のことで、垂迹とは、迹(あと)を垂れるという意味で、神仏が現れることを言う。究極の本地は、宇宙の真理そのものである法身であるとし、これを本地法身(ほんちほっしん)という。また権現のとは「権大納言」などと同じく「臨時の」「仮の」という意味で、仏が神の形を取って仮に現れたことを示す。

つまりぃ、

「神様」とかは、『垂迹』、仮の姿で、
『本地』が、その本来の境地やあり方やということ。


まあ、これを並べた方が解り易いかな?

ウィキから引用した方が信用できるかな?

はい、そうしまひょ。

引用開始>

神の正体とされる仏を本地仏という。神々に付会される仏は、宗派、信仰、寺院、神社によって異なる。

日本の神の仏号は菩薩が多く、八幡大菩薩は阿弥陀如来であるなど本地仏の仏号との相違もみられる。

垂迹神と本地仏の一例を以下に示す。

  • 天照大神 = 大日如来十一面観世音菩薩
  • 八幡神 = 阿弥陀如来 = 応神天皇
  • 熊野権現 = 阿弥陀如来、善財王とその妃・王子(熊野曼荼羅)
  • 日吉 = 天照大神 = 大日如来
  • 市杵島姫 = 弁才天
  • 愛宕権現 = 智明権現 = 勝軍地蔵菩薩
  • 秋葉権現 = 観音菩薩
  • 素盞鳴 = 牛頭天王= 薬師如来
  • 大国主 = 大黒天
  • 東照大権現(徳川家康) = 薬師如来
  • 松尾 = 薬師如来

                           <引用おしまい



大日如来」=「薬師如来」やけん、一応この二如来を赤文字にした。
けど、

『ニギハヤヒ・シ♭』の本の中に、山水治夫(ヤンズ)さんが
書かれてる同一神が、これで証明できると思う。 

まあ、ここに上げられた神さん達が、
全て『バアル神』だとは書かれて無いけどね。 

オイラの答えは、『全て、バアル神』や。

『内在神』なんやで。


そして、「コロコロ」(フルフル)とは、
『バアル神』『666』そのものや。

日本語で、上手いこと言い表した漢字がある。

『忄』、『心御柱』の象形文字 
りっしんべん
カバラ立心

(こころ)や。



★ おまけ

太古からの、世界中の神々の図を含めて、
人々が信仰していたのは、『バアル神』や。

さあ、「鬼(隠)」を、表に出したでぇ。


八十の神
世界同一の神纏め


八十の6八十の3

147fc036    聖徳太子


三本杉御幣

ひもろぎ


 
☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆
☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.



「まとめ φ(.. )」

って、まだ纏められる段階やないんやけどね。


先日、オイラの好きな番組、「時代劇専門チャンネル」で、
遠山の金さんが、「香具師(やし)」(縁日・祭りなど
人出の多い所で、見世物などを興行し、または品物を売る
ことを業とする人。てきや。)の、薬売りの女の子に
『やしとは薬師(やくし)から「く(苦)」を取って
付けられた名前だ。』と言った。

そうだよね、「やくし」ー「く」=「やし」ね。

そう思った時、
「やくし」=「や」+「くし」でもある。
と、頭に浮かんだ。 続けて漢字が...

「矢」と「串」の漢字が。

「矢・串」なら「スシュムナー管」やないか?

下のイラストの「一本箸」と同じ意味や。

枕飯盛飯

人が亡くなったばかりの時にあげる「一膳飯」やね。
昔の人が考えた、極楽浄土まで迷わず一本道を渡って
成仏してくれ、という願い、祈りがこめられとるんや。

「一本箸」は、「道、橋、トンネル、海、水、川」等を
意味しとる。 まあ、三途の川やね。

ところがこれもシンボルで、もっと簡単なシンボルを作ってみた。


三種神器&十種神宝イラスト
こんなもんやろ。
これなら、もっといろんなモンに例えられるかな?

「三種の神器」の簡単図はこんなのも作った。

剣と壺

はい、本当はこれ、人体内部のエネルギー器官を暗喩しとるんや。

だけん、「矢」とか「串」とか、「杖、剣、矛、槍」なんかも、
「道、橋、海、水、川」等と同じ、「スシュムナー管」や。

と、ここまで妄想しとったら、以前書いた上記の記事を思い出した。

「薬師」は「ヤ・串」
やて書いとったわ。(#^^#)

んでもって、「ヤ」は、「ヤハウェ」の「ヤ」とまで。ははは。

やっぱり書いたことは忘れても、同じように「脳内鬼菌」は、
妄想してくれるんやね。(´艸`*)

ばってん今回の「脳内鬼菌」はもっと冴えとるで。

なんせ、「矢」「串」の漢字や。

んでね、この漢字が頭に浮かんだ後、ウェブサイトを見たんや。


「薬師如来」は、「医王」やて。(言おうと思っとったんや。)

【医】の漢字は、
(かくしがまえ)」+やて。



矢ぁねえ、(かくしがまえ)」やて。(´艸`*)ぷ。



もうひとつ、
「ころころ」のことも以前に書いとったんやね。
「スシュムナー管」(心御柱)やて。

これ、いまだにそう思うんやけど、次回の記事を書いとって、
もう少し先にも「ころころ」がありそうな気がしとるんよ。
いや、おそらく、「クンダリーニ」のことかもなんて。。。

だけん、次回に突っ込んでみるね。


さて、タイトルの、「薬師如来は『カバラ』の完成型」

これねえ、、、

左右の「日光菩薩」「月光菩薩」は、「イダー管」と「ピンガラ管」。
「薬師如来」さんが持っとる「薬壺」は、「ベースチャクラ」や。
さしずめ「薬玉」が「クンダリーニ」ちゅうとこやろうけど、

「如来」であるということは、「クンダリーニ」は既に覚醒して、
「ベースチャクラ」には残っとらんと言うことやろう。

薬師三尊像2

「如来」は、「悟りを開いた人」。 と意識して、

「日光菩薩」「月光菩薩」
それに周りの「十二神将」も内観し、

「矢」「串」「薬壺」まで想像しながら、一心に、

『おんころころせんだりまとうぎそわか』って唱えてごらん。

見えない世界からの力も得るやろうけど、

自分の中の力も最大限に発揮させよう。



 あ、今シンクロ...



ふ~みん♪さんがFBにアップされた『ベートーベンの音叉』に、
松竹旅館のオーナーが、
「空のベントー箱と箸かと思いました。皆さん箸をくわえるのは
お行儀が悪いのでやめましょうね。(^_^)/~」
とコメント。(*''▽'')

コアな方とゴアな方たちの、楽しいFBの、
秘密の一コマですた。m(_ _)m
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

今日はこの辺で筆をおきます。


もしよければ、クリックしてって下さいね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 
 人気ブログをblogramで分析
応援、どうも有り難う。(#^^#)
 

★【超解読】 「ずいずいずっころばし」と「かごめかごめ」の真実。 神の99話の4



長い長い歳月、
謎とされながらも子供たちに語り継がれてきた、
ワケわからんわらべ唄の真実が、
今ここに明かされるのだ。


(*''▽'')
な~んか、かっこいい文句で予告したいんやけどねえ~
流石にどんちゃん、文章作りが下手糞やねえ。(´艸`*)

だってね、これって、数年かかって温めて来て、
やっと今公開するんやけんねえ~  わははは・・・



今日はね、特別に、「ずいずいずっころばし」と
「かごめかごめ」、「三種の神器」まで含めて、

ぜ~~んぶ、無料でっせ。

こんな機会、めったにあらへんで~ ( ゚∀゚)アハハ


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


先ずは他の方の面白い解釈を参考にしてちょうだい。

面白いって言っても、オイラ、馬鹿にしてないよ。
面白くて愉快な解釈がたくさんあった。

人それぞれ、得意な分野があるもんだなとも思った。
これを解くのはスピリチュアル関係者か、ヨガ、
メディテーション、宗教家、東洋医学者、
または、『カバリスト』。

ところが、そこに行きつくための小さな鍵は、
漁をする人の方が気が付きやすい。と思う。

そして、漁をするその人たちは、その鍵を知ってても、
逆にこんなスピリチュアルな童謡童話に興味がない。

なのに流行し、何世代にも伝えられるのはなぜか?

やはり『カバラ』仕組みだろうし、
人々は潜在意識下で理解しとるからなんやろうね。

サンタクロースの物語も、お正月飾り盆飾り等も、
同じ仕掛けがしてあるんや。

『カバラ』は「伝承」って意味があるけど、
こういった神話や童話童謡を、伝えて回った組織にも
感服する。 薬売りや虚無僧他...

日本はやっぱり『カバラ』の国や。


『ずいずいずっころばし』
ウィキより抜粋

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年12月)
「ずいずいずっころばし」は、古くから日本に伝わる童謡。遊び歌として知られ、その遊戯をもいう。「お茶壺道中」についての唄だと言われているほか、不純異性交遊を表す戯歌とも言われている。NHKの『みんなのうた』でも放送された。
歌詞
ずいずいずっころばし
ごまみそずい
茶壺に追われてとっぴんしゃん
抜けたら、どんどこしょ
俵のねずみが米食ってちゅう、
ちゅうちゅうちゅう
おっとさんがよんでも、
おっかさんがよんでも、
行きっこなしよ
井戸のまわりで、
お茶碗欠いたのだぁれ
意味
胡麻味噌を摩っていると、お茶壺道中が来ると言うので、家の中に入り戸をピシャリと閉めて(=トッピンシャン)やり過ごす。お茶壺道中とは新茶を将軍に献上する行列のことで、切捨御免の時代柄、庶民は粗相の無いように細心の注意を払っており、子どもたちは両親に呼ばれても決して外に出てはならないと教えられた。そしてお茶壺道中が通り過ぎるとやっと一息つけたのである(=ぬけたらドンドコショ)。ところで家の中で息を潜めていると、米を齧っているネズミの鳴き声や、井戸の近くで茶碗が割れたような音まで聞こえてくる。
一方、国語学者などの中には、この歌に性的な意味が含まれていると解釈する場合もある。「茶壺」は女性の意味であり、男が女に追われて家に逃げ込み、戸をぴしゃんと閉める(「とっぴんしゃん」)、というふうにである。「ずいずいずっころばし」、「ごまみそずい」、「俵のねずみが米食ってちゅう」も同様に性的なものだとする説もある。
遊戯
各人が拳を握り、一人が「ずいずいずっころばし」の歌のテンポに合わせて、順繰りに拳を指し当てる。歌い終わったときに、ちょうど当てられた者が負け。鬼決めや、指遊びに使われる。
        <以上、ウィキペディアより。

他にもこんな面白い解説がある。


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


ずいずいずっころばし
ごまみそずい
ちゃつぼにおわれて とっぴんしゃん
ぬけたら どんどこしょ
たわらのねずみが
こめくってちゅう ちゅうちゅうちゅう
おっとさんがよんでも おっかさんがよんでも
いきっこなしよ
いどのまわりで おちゃわんかいたのだぁれ


 ポイントは、最初の1小節に集約されとるんや。

ずいずいずっころばしごまみそずい

これだけ。
仮、として単語で区切ってみようか。

ずい・ずい・ずっころばし・ごま・みそ・ずい

同じような意味合いの単語が重なっとるやろ?

「ずい」「ごま」「みそ」や。

それに「ずっころばし」が別ものや。


「芋茎(ずいき)の胡麻味噌」って考えた時点で間違いやで。

「髄」「護摩」「味噌」が正しいんや。


「真髄」
  物事の中心・精神ともいうべきもの。
  また、その道の奥義(おうぎ)
    *これが真髄や。【真髄・神髄・心髄】

「護摩」
  密教の秘法。不動明王などを安置し、護摩壇で
  護摩木をもやしながら祈禱(きとう)する。
    *開け~~~ゴマ!!

「味噌」
  「ミソ」は 調味料の「味噌」と書きます。
  この言葉は朝鮮語の「蜜祖」から来た語ということです。
  意味としては、、、
  特色とする点。自慢とする点。工夫・趣向をこらした点
    *そこがミソや。

おまけに、次の単語が「ちゃつぼ」やろ。

「ツボ」
  大事なポイント。
    *ツボを押さえる。 ツボにはまる。



と言うことで、何が重要なことなのかと言うと、
「ずっころばし」やろ?

この「ずっころばし」が何かと探すことが間違い。
「ずっ転ばし」とか、「ずっころ橋」とか見当違いや。

そもそもの間違いは、「ずっ」や。

本当は、「ずい」や。

つまり、

ずい・ずい・ずい・ころばし・
ごま・みそ・ずい

漢字を入れて、

髄・髄・髄・ころばし・護摩・味噌・髄

やで。

何が大事か? 何がポイントか? 何が神髄か?

「ころばし」や。


コーヒータイムや。



暫し休憩

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

さて、、、

「ころばし」とは何ぞや?

これや。

手遊びアニメ
 ずいずいずぃころばし


以下の画像は、グーグルからお借りしてきた。




4967102009576_1

98838586_o1

img_0

sa00432-kat2

オイラが好きな時代劇、「剣客商売」のイントロの
箇所で、藤田まことさんが手に持ってるやつや。

ころばし

動画の「1:40」(1分40秒)くらいのところ。

ただね、「手遊び」も「ころばし」も、例えただけのこと、
まあ、「三種の神器」の「剣」のことやけど、それも例え。

「ころばし」は、下のシンボルの「紐」(吊り紐)の部分で、
本当のところ、人体内部の「スシュムナー管」のことなんよ。

三種の神器合体

「勾玉」は、この場合、何かって歌ってないけど、まあ、
「ころばし」に入るのは主に「うなぎ」やけん、それでいいか。
手遊びじゃ、「鬼」(隠れた者)で、その人の「指」かな?

「鏡」は、この場合「茶壷」やね。
「茶壷」は「チャクラ壺」。 *『茶碗』も「チャクラ」や。


ちゃつぼにおわれて とっぴんしゃん
ぬけたら どんどこしょ

ここで間違えとるのは、
「茶壷に追われて」を、「茶壷」から追われる、
と想像するけん「お茶壷道中」を連想するんや。('A`|||)ダメ

「お茶壷道中」は実際あったことやけん間違いやすい。

正しくは、
「茶壷に追われて」は、「茶壷」に追い込まれること。

例えば、「路地に追われた」は、路地から追われたんじゃなく、
路地の方へ追い込まれたことやろ?

つまり、
「茶壷」から追いかけられたんじゃなく、
何者かに、「茶壷」に追い込まれたということ。

うなぎの場合は、何者かって、人の手のことやけど、
「勾玉」の象徴では「クンダリーニ」やけん、神の手やろ。


問題は、「とっぴんしゃん」。
これ、解り難いよね。 オイラも相当悩んだよ。

「しゃん」は、ドイツ語だったかな? 「美人」の意味で、
「べっぴんしゃん」なら「別嬪美人」やけどね、
「とっぴんしゃん」だと「特嬪美人」か? 意味が解らん。

「ずっころばし」の「ずっ」と同じかなと、
「とっ」と「ぴんしゃん」を分けても、
「ぴんしゃん」は、きりっと元気な様子。これも意味が通じん。

子供たちは、「さん・ちゃん」を「しゃん」って呼ぶことがある。
だったら「突飛ンさん」を「突飛ンしゃん」か?
「とんぴんさん」「とんぴんしゃん」は、うちの娘や。

この場合、「しゃん」は「しゃん」で、「さん」のことじゃない。
なんでかって、「おっとしゃん、おっかしゃん」じゃなくって、
「おっとさん、おっかさん」と歌っとるからや。

結局、
次の言葉、「抜けたら」と合う(マッチする)言葉は、
「茶壷」の中に閉じ込められたような意味でないとね。

で、「茶壷」に入れられ、「ふた」をされたということで、
「戸をピシャン」と閉められたことかな?
皆さんの解釈と同じと言うことで。。。


どんどこしょ」はそのまま太鼓が鳴る賑やかな様子かな。
「クンダリーニ」が目覚めたら、頭の中で太鼓が鳴るやら、
鐘がなるやら沢山のセミのような声が鳴り響くとか、大変や。

ちょうど、アメノウズメが持つ「鈴」を鳴らされる感じ。
「モーセ」がエジプトから海を分けて脱出した後に、
「マリア」(姉のミリアム)が、タンバリンを鳴らしたような。
を連想するといい。

実際のとこ、このアメノウズメもミリアムも、『鏡』や、
つまり、この童謡でいう「茶壷」(チャクラ)やけんね。


次、
たわらのねずみがこめくってちゅう

「田原」は、「茶壷」と同じ意味で「ベースチャクラ」や。
「壺、皿、神鏡、籠、瓶(カメ)、盃、お盆、桶、折敷」等、
だいたい「入れ物・器」を「ベースチャクラ」に例えとる。

「ねずみ」は、「根に住む者」の意で、「ベースチャクラ」
そのものか、その「チャクラ」上に住む「クンダリーニ」や。

「米」は、「田原(俵)」という入れ物の中に入っとるもんで、
「クンダリーニ」のこと。
*「お釈迦さん」の家族は全員「米」か「飯」に関する名前が
付いとるね。 お釈迦さんも「クンダリーニ」やで。
ピッパラの木(菩提樹)の下で悟りを開かれたんや。
これは、「生命の木」の下で覚醒した「クンダリーニ」のこと。
お釈迦さんが座っとる「蓮の華」、これが「ベースチャクラ」や。


で、
「ねずみ」が「米」食って「中(チュウ)」、「中、中、中」で、
「籠め・込め」られた「クンダリーニ」は、どこにも行きっこなしや。

最後は、
いどのまわりで おちゃわんかいたのだぁれ

「井戸」は、この場合、「ころばし」と同じく、「スシュムナー管」。
その周りにある「茶碗」(チャクラ)を「かいた」(活性させる)のは
覚醒した「クンダリーニ」や。  
(*ごめん、お茶碗を【かく】の漢字はたくさんありすぎる。)

兎に角この、最後の「だぁれ」は、
「かごめかごめ」の歌の最後と同じ「だぁれ」であって、
「クンダリーニ」のことやで。

「クンダリーニ」こそ「隠れた者」、「隠(おん)」で、
「鬼」のことや。

つまり、
「だぁれ?」の答えは、「鬼」(クンダリーニ)であって、

次の「鬼」さんを決める、歌のクライマックスに入れた個所や。

「かごめかごめ」の歌の最後は、
後ろの正面だぁれ? で、かがんでいる「鬼」さんの後ろで
回っている子供たちの正面の子、つまり「鬼」さんのこと。

かがんでいる「鬼」さんからすれば、真後ろのことで、
その子が次の「鬼」さんになる遊びや。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

まとめてみようか?

ずいずいすぃっころばしごまみそずい
*以下、歌詞は省略

「ころばし」という「スシュムナー管」に入り込んだ(者)は
「茶壷」という「ベースチャクラ」に入れられて、ふたをされ
これを抜けたら覚醒や。
「たわらのねずみ」の「ベースチャクラ」が、「米」である
「クンダリーニ」を「食って」(うずめて)しまう。
誰が呼ぼうが動けない。
さて、「井戸」という「スシュムナー管」の周りの、
「お茶碗」という「他の6つのチャクラ」を活性化させるのは、
だれだ?  答えは「鬼」(クンダリーニ)。
はい、次の「鬼」さんが決まったよ。



参考までに、
どん爺の曼荼羅バナーsmall
↑ ↑ 画像クリックで『どん爺の曼陀羅』に飛ぶよ。

クンダリニー上昇



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


『ずいずいずっころばし』の歌と手遊びのポイントは、
「ころばし」に例えた「スシュムナー管」やけど、
手遊びアニメ
「かごめかごめ」の歌と遊びのポイントは、
「八咫鏡」に例えた「ベースチャクラ」や。

かごめかごめ2

「ベースチャクラ」も他の「チャクラ」も子供たちと同じように、
ぐるぐる回っとるんやで。
ベースチャクラ


で、「だぁ~れ!?」の答えは、
どちらも「クンダリーニ」や。
これが「鬼」やで。


オイラが思うに、2拍子、4拍子のテンポや速さは
どちらも同じようで、『カバラ』を知らなきゃ解り
難くて、それでも子供たちの遊びとしては面白い。
「ずいずいずっころばし」と「かごめかごめ」は、
同じ組織が作って広めたもんやと思う。

なんのために?
おそらく、遊んでいる子供たちも、眺めている大人たちも、
「暗示」させることによって、「クンダリーニ」の覚醒を
少しでも促すため。 自ら幸せにさせる為やろう。

これは神社の仕組みも同じやで。


まだあんよもハイハイもできない赤ちゃんに、
天井から下げる「メリー・ガラガラ」も効果があるよ。

メリーガラガラ小



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


『ころころ』や『ころ』は入ってない童謡の
「かごめかごめ」をついでに解いとこうか。


『かごめかごめ・・・ 【勾玉の秘密】その3 鬼の40話』

の記事でも話したことやけどね。

kagome


かごめかごめ
籠の中の鳥は いついつ出やる
夜明けの晩に 鶴と亀が滑った
後ろの正面だあれ?


「かごめ」は、「籠目」でも「籠目紋」でも、
「屈め」でも「かかめ(蛇)」でも「鏡」でもヨカ。
全部正解や。


「籠の中の鳥」って言うけん、鶏を入れた籠や
とうまる籠を連想して上から覆う籠と間違えるんや。
だけん、「鳥」ってなんの「鳥」か? ってね。

これはただ、「籠の鳥」や。
「閉じ込められた者」と言う意味や。
*私は悲しい籠の鳥。 鳥なんかやないで。

この「籠」は、「ベースチャクラ」のことや。
モーゼや、キリストや、応神天皇が赤ちゃんの時に入っとった
「籠」や。 シンボルは、「八咫鏡」なんや。

だけん「鳥」は、「鏡のホチ」、「勾玉」のことで、
「クンダリーニ」のシンボルや。
「かごめ遊び」では、屈んでいる子、「鬼」のこと。


「夜明けの晩」もややこしかったね。
「明けの明星」やら「宵の明星」やら連想させて。
これは、「目が覚めて後」のこと。

「鶴と亀」は、「蔓と瓶」、「剣」と「鏡」がシンボルで、
「スシュムナー管」と「ベースチャクラ」のこと。


「滑った」は、「鶴と亀」の二つが合体して、間の
「クンダリーニ」が上昇覚醒してしまった後の様子。



「後ろの正面」って、ややこしい謎かけをしとるだけで、
現在「屈んで」いる「鬼」の後ろの子供のこと。
次の「鬼」なんよね。


「だあれ?」... そりゃ「鬼」くさ。あたりまえやん。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


「ずいずいずっころばし」は「剣」で、
「スシュムナー管」(生命の木)のこと。

「かごめかごめ」は「鏡」で、
「ベースチャクラ」のこと。

どちらも
二つの中心に座してる「玉」である、
「クンダリーニ」を呼び掛けているのだ。

手遊びアニメかごめかごめ2

ややこしく考えたらなかなか答えに行きつかんとよ。

直感的に答えが出たら、あとは辻褄合わせをやってみること。

「ずいずいずっころばし」は、「かごめかごめ」と一緒に
解いたら、2つとも共通することが分かった。

おそらく、同じ作者か、同じ組織が広めた童謡やろう。



もしよければ、クリックしてって下さいね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 
 人気ブログをblogramで分析
応援、どうも有り難う。(#^^#)
 
  ★ ここんとこ寝不足や。
    毎日ほとんど寝とらんとよ。
    だけん、修正は後でやり直すとして、
    とりあえず投稿しときます。
       どうもありがとう。
            どん爺


おむすびころりん 「ころころとは何ぞや」 神の99話の3


♪おむすびころりん すっとんとん

    ころころころりん すっとんとん♪



scan-001
イラストは娘が小学校2年の時の国語の教科書からコピーした。

下のイラストは、ウェブサイトのフリー素材から拝借したもの。

おむすびころりんこ
お結びアニメ

このアニメは、オイラがちょいとお絵描きしたもの。
なんとか、わかりまっかぁ?(⌒∇⌒)

三種の神器お結びアニメ



『おむすびころりん』ウィキより抜粋

あらすじ
おじいさんが、いつものように山で木の枝を切っていた。昼になったので、昼食にしようとおじいさんは切り株に腰掛け、おばあさんの握ったおむすびの包みを開いた。すると、おむすびが一つ滑り落ちて、山の斜面を転がり落ちていく。おじいさんが追いかけると、おむすびが木の根元に空いた穴に落ちてしまった。おじいさんが穴を垣間見ると、何やら声が聞こえてくる。おじいさんが他にも何か落としてみようか辺りを見渡していると、誤って穴に落ちてしまう。穴の中にはたくさんの白いねずみがいて、おむすびのお礼にと、大きいつづらと小さいつづらを差し出し、おじいさんに選ばせた。おじいさんは小さいつづらを選んで家に持ち帰った。
家で持ち帰ったつづらを開けてみると、たくさんの財宝が出てきた。

これを聞きつけた隣りのおじいさんは、同じようにおむすびを蹴って穴に無理矢理入れた。おじいさんは自分から穴に入っていき、土産をよこせと怒鳴りつけた。ねずみが大きいつづらと小さいつづらを選ばせたが、欲張りなおじいさんは猫の鳴き真似をしてねずみを脅し、両方のつづらを持って帰ろうとした。ところがねずみはおじいさんに噛み付いたので、おじいさんは降参した。

おむすびころりんの話は様々なバリエーションが存在する。中にはねずみが浄土の明かりを消してしまったために、そのままおじいさんの行方が知れなくなった話(このようなバージョンが存在するのは、今日みられる暴力的表現を排斥しようとする運動の影響が強い)やそのままおじいさんがねずみもち(もぐら)となった話などがみられる。
また、ねずみ浄土とおむすびころりんは別々の昔話として区分している書籍もある。

意義
古くからある口承文芸で室町時代に『御伽草子』として成立したと見られる。あらすじの特徴は「こぶとり爺さん」と同じく、無欲な老人と強欲な老人の対比であり、因果応報など仏教的要素も併せ持つが、『グリム童話』にある「ホレ婆さん」との類似性も指摘されている。特徴的なのは異界の住人であるネズミが善人に福をもたらすという筋立てであり、ネズミは「根の国の住人」(根住み)とも見られており、米倉などにあるネズミの巣穴は黄泉の国、浄土への入り口と言い伝えられる地方がある。
またこの話は鼠を神の使い、あるいは富をもたらす者とする民間の観念が反映されている。この昔話のような鼠の世界が地中にあるとする観念は、古くからあり室町時代物語の『鼠の草子』や『かくれ里』にも克明に描写されている。 <抜粋ここまで。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


これも
「金太郎」「桃太郎」「浦島太郎」の三太郎と同じ。
『カバラ』、つまり「剣」「玉」「鏡」『三種の神器』や。

並べてみようか。

「金太郎」(鉞)=「剣」=団栗の木=縦の長穴
「桃太郎」(桃、団子)=「玉」=団栗=おむすび
「浦島太郎」(カメ、箱)=「鏡」==穴の中

赤い文字」は、『どんぐりころころ』からそのまま。


面白いことに、
ネズミがくれたつづら「つづら」ってこんなの。
つづら
これって、
浦島太郎乙姫さから貰った「玉手箱」みたいやろ?
「つづら」は「宝の箱」や。

もちろん、乙姫さんに対峙するのは「ねずみ」や。
どちらも底(乙・凹)に住む者、「根住み」や。

山幸彦のストーリーも似たようなもの。
「海神(わたつみ)」の娘、豊玉姫「海住み」や。

豊玉姫「箱、壺」の神さんやで。
豊玉姫「壺」に「玉」を入れた山幸彦「玉」の神。
お土産は「玉」(潮満玉・潮引き玉)やったけど。


と言えばわかるかな?
「おむすび」は、クンダリーニ
「ねずみ」(根に住む者)が、おむすびを「餅」にした。
「餅」は、そこに定着したクンダリーニ。(とぐろを巻いた蛇)
後から穴に入った「お爺さん」もクンダリーニ
つまり、
お爺さんは、山幸彦と同じ意味で、
宝を持って上昇するクンダリーニ
え?
じゃあ、浦島太郎も沈んで宝を貰って上昇したけん、
上昇のクンダリーニか?
少し違う。
「浦」がクンダリーニで、
「島」は、ベースチャクラ(第一チャクラ)や。
ははは、煙に巻いてしもた。
桃太郎がクンダリーニや。
は? 沈んでないのに?
沈むとは限らん。渡ったんや、川、海というスシュムナー管を。
どんぶらこーどんぶらこーってね。
桃から生まれて、大きくなって、渡ったところが...
鬼ヶ島や。
鬼(隠)は、隠れたクンダリーニ
隠れた所が「島」のベースチャクラや。
「島」から「宝」を持って帰ったやろ。

こんな風に、
多次元同時存在かどうかわからんばってん、
人体内の『三種の神器』を、神様の名前や物語を
変えて神話を作っとるんや。
全ての神さんは、大まかに分けて『三』つや。
ばってん、天照大御神さんが言ったように、
『三種の神器』は、『八咫鏡』だけで良い、
『八咫鏡』を私だと思いなさいと言った意味は、
『三種』を合体させて『八咫鏡』になるけんや。

三種の神器合体



御神鏡

これはね、こちらから画像を借りてきたけど、
卑弥呼銅鏡『三角縁神獣鏡』として販売されとるもの。

ばってん、神獣なんかの模様は要らんとよ。
下のベースチャクラのイメージみたいに、
「4枚花弁」のお皿かお盆のように作ってくれりゃ、
【クンダリーニ瞑想】をし易かろうに...


ベースチャクラ



これらは、『カバラ』の構造であり、
人体内部霊的器官のお話や。

三種の神器5


どん爺の曼荼羅バナーsmall
↑ ↑ 画像クリックで『どん爺の曼陀羅』に飛ぶよ。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


記事でも言ったように、

「金太郎」(鉞)=「剣」=スシュムナー管
「桃太郎」(桃、団子)=「玉」=クンダリーニ
「浦島太郎」(カメ、箱)=「鏡」=第一チャクラ

なんやけんね。 
(なんて言うのはどん爺だけやろうけん、鵜呑みにせんでもヨカよ)

ついでやけん、『三太郎』も縦に並べとこうか。

金桃浦島

「金」「桃」「島」や。

も参考にして。(オイラ、文章下手やけど...)
これが『三種の神器』やで。

言わば、
人間みんな、身体の中に
「天照大御神」がいらっしゃるんや。
覚醒できれば、「お宝」満載の、
打ち出の小槌や。





99話の1.....どんぐりころころ
99話の2.....みのむしころころ
99話の3.....おむすびころりん
99話の4.....ずいずいずっころばし
99話の5.....おんころころせんだりまとうぎそわか
99話の6.....十種の神宝

あと少し...

百話が終わればもっと理解できると思うよ。

100冊、1000冊の「神話の謎を解く」本を読むより、
このブログ、「なきにしもあらず」を読んでほしい。
こんな突拍子も無いことを書いとる書は無かろうて。
なにせ、オイラの脳内鬼菌は、誇大妄想鬼菌やけん。
 
お楽しみに。
頭を壊さんようにね。('▽'*)ニパッ♪


もしよければ、クリックしてって下さいね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 
 人気ブログをblogramで分析
応援、どうも有り難う。(#^^#)
 

livedoor プロフィール
記事検索
地震速報
月別アーカイブ
最新コメント
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。

どうもありがとう
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング


t01080036_0108003611144435121

t01080036_0108003611144435121

kokoronokakehashi

Subscribe with livedoor Reader

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
置き手紙は外しました。

今までお世話になりました。
有り難うございました。
ギャラリー
  • 紫陽花に 祈りを込めて龍神召喚。
  • どんどん小さくなるどん爺のおちんちん 神の92話-1
  • どんどん小さくなるどん爺のおちんちん 神の92話-1
  • どんどん小さくなるどん爺のおちんちん 神の92話-1
  • 「鉢と鉢巻」 これが神の正体だ。え? 神の72話
  • 「鉢と鉢巻」 これが神の正体だ。え? 神の72話
  • 「鉢と鉢巻」 これが神の正体だ。え? 神の72話
  • 「河童考」 修多良のかっぱ 神の70話
ブログ記事
『ニギハヤヒ・シ♭』

瀬織津姫次元
メッセージ

  • ライブドアブログ