なきにしもあらず

ある事ない事、あり得ない事まで不定期更新の日記を綴ります。 ボンクラ親父の備忘録です。

温故知新(おんこちしん)=故(ふるき)を温(たずね)て新(あたらしき)を知(しる)
昔のことを知り、そこから新しい知識や道理を得ること。 そうかな?
古きを温めて新らしきを知る。 とも言うんだよね。
だけど、小生が学生時代に先生から習ったのは、
古きを捨てて新らしきを知る。 だったよ。
どうでもいいけど、過去を捨てきれず未来も作れないニート親父がこのブログで過去に未来に、地獄に天国に、地球に宇宙に、仏界にも神界にも、ふらふらと想いを巡らせて参ります。 
 ...閉じ篭りながら...

大統領選の結果

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へヾ(=^▽^=)ノ


   「五文字」の国の

大統領選挙が5月9日に行なわれて、やっと結果が出たようだ。


新大統領は、


どん爺

宮殿2







が、


発表しましょう。
('▽'*)ニパッ♪


宮殿


はい、


予想通り


ドゥテルテ氏

に決定しました。



えっと... お写真がどっかにあったんやけど...

あ... あった、あった。

市長

スーツ姿の方がドゥテルテ新大統領でっす。

あ、オイラたちが着てる白い服は「バロン・タガログ」って言って
バナナやパイナップルの葉の繊維でできてて、正装なんだよ。
透けて作られとるのは、銃とかを隠せんようにやて。

(冒頭の2枚の写真は、マラカニアン宮殿で撮影したもの)


こんな大きな選挙になると、往々にして
敵対する(ようにみえる)相手を助けるために立候補する人もいるね。
票割れをさせるためと言った方がいいかな?


今回はそういう計画的にされたじゃなかったと思うけど、

ドゥテルテさんは、グレースさんに、辞退するように
言ってたようやけどそのまま続行した。

投票が終わりに近づくにつれ、マヌエル・ロハスさんが、
自分の票のいくつかをグレースさんに譲った模様。


同じように、
ドゥテルテさんがほぼ当選確実になり始めると、
ビナイ前副大統領が、ドゥテルテさんに多くの票を譲って断念した。

まあこれは、、、最近ビナイさんは汚職疑惑があるけんね。
当選確実と思われたドゥテルテさんが本当に大統領になったら、
ビナイさんの生命は危ぶまれるけんね、自分から負けを認めて
残りの票を譲ったということかな。


命を失うか、拘留されるかってことやけど、よくある話で、
マルコス元大統領はコーリー・アキノ元大統領に追われた。
エストラダ元大統領は、アロヨ元大統領にやられ、
アロヨ元大統領は、前アキノ大統領につるし上げられた。

ましてや、
「犯罪者は殺す。」とうそぶくドゥテルテさんは、
ビナイ前大統領にとって、恐怖やね。(((( ;゚д゚)))


オイラも正直、ドゥテルテさんが目の前に居られると、
恐縮してしまうんやで。Σ( ̄ロ ̄|||)

色んなことをお願いし、援けて頂いたし、
これからもお願いしたいことがあるけど、

オイラも生きた心地がせんとよね~


厳格ではあるが正義の味方のドゥテルテ新大統領に、
「五文字の国」が大きく発展することを期待するのだ。


読んでくれて、ありがとう。


良かったら応援クリックしてってね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 
 人気ブログをblogramで分析

応援、どうも有り難う。


ちょっと気になる大統領選

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へヾ(=^▽^=)ノ



の、(^_^)ニコニコ

   「五文字」の国のお話。(o^∇^o)ノ

明日、大統領選挙が行なわれるけど、
結果によっては日本もかなり影響することになるけん
注意して見守りたい。


ちょっと、4名の候補者のことを鋭く書かれた記事を見つけたけん
全文をコピペさせて頂いた。 

柴田さん、どうも有り難うございます。
と言うか、勝手に引用したりしてごめんなさい。



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


転載ここから>

   The Asahi Shinbun
            ↑ ↑ ↑
            (リンク元)

柴田直治
近畿大教授 元新聞記者


実績か清廉か フィリピン大統領選の構図固まる


フィリピン大統領選


5月に投開票されるフィリピン大統領選の構図が固まった。

有力候補のグレース・ポー上院議員(47)について、同国最高裁が8日、立候補資格を認めたからだ。国籍や居住歴で立候補要件を満たしていないとして選挙管理委員会が失格としていたが、ポー氏がこの決定の破棄を求めていた。

今後、勝ち馬に乗る動きが加速してマッチレース、あるいは独走となる可能性はあるものの、これまでのところポー氏に加え、野党のジェジョマル・ビナイ副大統領(73)、ロドリゴ・ドゥテルテ・ダバオ市長(70)、アキノ大統領から後継指名されたマヌエル・ロハス前内務自治相(58)がそれぞれ20%台の支持率で拮抗する異例の「四つ巴」となっている。


ポー氏は、前々回の大統領選で僅差で敗れた有名俳優の故フェルナンド・ポー・ジュニア氏の養女。出生後まもなく教会に捨てられていたことから「両親の国籍が不明」などとして選管が失格としていた。

元人権弁護士のビナイ氏は、コラソン・アキノ大統領(当時)からマニラ首都圏マカティ市長に任命され、長く市政に君臨、6年前に副大統領に。コラソン氏の息子の現大統領とはことごとく対立してきた。

ドゥテルテ氏は元検察官。南部ミンダナオ島の中心都市の市長を長く務め、犯罪対策や企業誘致に力を入れてきた。大統領になれば半年で麻薬犯罪などを撲滅すると宣言。率直な物言いが一部で人気だ。

元大統領の孫であるロハス氏は前回の選挙で大統領選出馬を模索したが、コラソン氏の死去に伴い、待望論が強くなった現大統領にその座を譲り、副大統領選に出馬したもののビナイ氏に競り負けた。


おおまかな争点は、現在のアキノ路線を継承するかどうかだ。歴代政権に比べ高い経済成長を果たしたアキノ政権の政策を引き継ぐと宣言するロハス氏に対して、ビナイ氏は主要政策をことごとく変えると挑戦し、ドゥテルテ氏も「真の変革」を訴える。ポー氏の立ち位置はよくわからない。ロハス氏の勝ち目が薄いとみるアキノ政権の「隠れ候補」との見方も強く、実際に現政権を批判することは少ない。


選挙結果は、日本の安全保障や経済にも影響する。

アキノ政権は、南シナ海問題での対中政策で日米との連携を鮮明にし、日本政府も巡視艇の供与や海自の航空機の貸与などで支援してきた。ところがビナイ氏は中国との対話を打ち出しており、当選すれば日本政府は梯子を外される恐れもある。ドゥテルテ、ポー候補もアキノ大統領ほどの対中強硬派とはみられていない。日本政府が支援してきたミンダナオ和平も、ロハス氏以外なら軌道修正は必至だ。

経済政策でビナイ氏は、アキノ政権が力を入れてきた官民連携(PPP)事業より、政府の直接支出によるインフラ整備をと公約している。過去の例から考えれば、完成に至っていないPPP事業が影響を受ける可能性は少なくないだろう。


選挙戦の図式を、経験、実績を訴える3氏対清廉、新鮮さをアピールするポー氏とみることもできる。

ビナイ氏はマカティ市を全国1の裕福な自治体に育てたと主張する。ドゥテルテ氏はダバオを犯罪の少ない都市として発展させたという。ロハス氏は閣僚を歴任した実績を前面に押し出す。他方、政治経験は上院議員の3年だけというポー氏は、ロハス氏から「大統領職はOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)ではない」と揶揄された。

しかしこの国の選挙では時に、経験の少なさが集票につながる。何もしていないことは美徳ですらある。少なくとも汚職に手を染めていない、TRAPO(伝統的な腐敗した政治家を意味するフィリピン語)ではないことの裏返しとみられるからだ。かつてのコラソン・アキノ氏や息子の現大統領がまさにその例だ。ポー氏は政治色が薄いことをウリに、その列に連なろうとしている。

マカティの発展の陰でビナイ氏の汚職疑惑が捜査され、ダバオの犯罪対策でドゥテルテ氏は超法規的手段を用いてきたと指摘されている。政府の対応が批判されている台風ヨランダ後の復興の責任者はロハス氏だった。

アジアのなかでは民主的に選挙が行われると評価されるフィリピンだが、米国風の大統領候補討論会はあっても、具体的な公約を掲げた論戦が今回も見られないことは残念だ。地下鉄建設などの渋滞対策、新空港の設置、バンサモロ法案の取り扱い、仲裁裁判所判決後の対中政策などについて各候補の考えを知りたいが、正直分からない。なぜか地元メディアも突っ込んだ質問はしないのだ。

                                                          <以上。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆



一度、大統領候補の4名の方の顔写真にお名前を入れよう。

左端:グレース・ポー上院議員(47)
二番:ジェジョマル・ビナイ副大統領(73)
三番:ロドリゴ・ドゥテルテ・ダバオ市長(70)
右端:マヌエル・ロハス前内務自治相(58)



・グレース・ポー上院議員は捨て子だったと書かれているが、
ここだけの話(知る人ぞ知る)、故マルコス元大統領の娘さんやで。

だけん、グレースさんを押しとるのは、当時からのマルコスグループや。
マルコスグループも軍や政財界に浸透しとるけん無視はできんやろう。
どん爺もかなりの友人がこのグループに居るんよ。マルコス嫌いやけど。


・ドゥテルテさんは、「超法規的手段を用いてきたと指摘されている」と
柴田さんはうまく書かれとるけど、どういうことかと言うと、ダバオ市は
犯罪者が少なくなったことにこの人の力がある。

噂じゃ、ボディガードの他に、必殺仕置き人が陰に数人居るということ。
しゃぶ(麻薬)なんかをやってる奴は捕まるけど、しゃぶの売人は、
逮捕されてもすぐに出されて、翌日には死体で見つかるという。
このヒットマンと称する仕置き人に3人友達が居るけど、噂と言うことで。

ばってん本当にダバオの治安は良くなったと思う。
街のどこでもタバコが喫えんのはちと厳しかけんど。

この度の出馬は、大金持ちばかりがメンバーの、
イグレシア・ニ・キリストって言う教会が後押ししとるようだ。
イグレシア・ニ・キリスト教会の代表者の身内に友達が居るんやけど。

それから、オイラ、このドゥテルテさんから大変お世話になったのだ。
とても恩返しができないような。。。

ばってんもし大統領になられたら、また難しいお願い事をするんよね~


・ビナイ副大統領は、元、マニラ首都圏のマカティ市長なのだ。
マカティ市はいいね。小学校の学費は無料で、医療費も安い。
まあ、その分企業やビジネスマンに負担が掛かっとるのかな?

ビナイさんと一緒に撮った写真があったけん、探してみた。

ビナイさんは、国家警察の1987年卒業生の名誉卒業生なのだ。
で、オイラは1年違いの1988年卒業生。あ、オイラは養子扱いや。

だけん、警察全員がポリスアカデミーに会する同窓会は、
ビナイさんは、お隣さんなのだ。


副大統領

ビナイ副大統領はテント内で日陰やけん
拡大しとくね。

副大統領2

そうそう、ビナイさんの弁護士のひとりがオイラと特別な関係があるのだ。
この弁護士のことは、またその内に話そうね。


・マヌエル(マー)・ロハスさんのことはよく知らんとよ。ごめんなさい。

で、オイラの希望と予想は、

  ドゥテルテさんなのだ。

明日、5月9日の結果を見てみよう。

と言うか、早く選挙が終わってほしい。

と言うのも、ドゥテルテさん、グレイスさん、ビナイさんの
選挙運動をやってる、周りの人たちの力が今欲しいのだ。

「選挙が終わるまで。選挙が終わるまで。」って、
もう何か月も待たされとるんやで。早よしてえなぁ。



選挙結果は、日本の安全保障や経済にも影響する。

これは本当のことやね。



ビナイ副大統領、お疲れさまでした。

ドゥテルテさん、グレイスさん、頑張ってください。

明日いっぱいですね。
選挙運動は終わっても、選挙管理はまだ続きますからね。



良かったら応援クリックしてってね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 
 人気ブログをblogramで分析


近況を。。。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へヾ(=^▽^=)ノ

近況報告って言うほど大したもんやないけど、
ちょっと記録しておきたいことがあってね。

先ずはオカンのことやけど、
(*オカン=お母さん・かあちゃん・おふくろ・ばあちゃん・・・)
前回の内視鏡での胆管石摘出は、胃が「瀑状胃」って言うて、
胃が、ねじれ、ひねくれ、笑うたような形状でカメラが通らんで
胃の中を傷つけたらしかと。 
先生(ドクター・医者)も初めて見たんやて。 ワロたで。

で、外科手術で鳩尾(みぞおち)からへそまで切って摘出しようって、

再入院した病室が気に入った。.。゚+.(・∀・)゚+.゚

「666」号室。 ヨカやんね~♪


病室


お蔭で、手術は成功、経過も順調。

あ、それから、「すい臓がん」もあるって言われとったけど、
それもなくなっとるんやて。(゚∀゚)アヒャヒャ ミラクル


オカン:先生、左のお尻から足の先まで痛いんですけど...

先生:そんなこと、僕にわかるわけないでしょ。


見舞いに行くと、
オカン:手術して縫ったところが痛いんよ。死にたい...

オイラ:延命手術したのに死にたいんか?アホか?

オカン:昨日の夜中にね、目の前に煙突が出てきて煙が充満したんよ。
   看護婦さんに話したら、気のせいでしょって言われた。
   みんな気のせいって思うやろうけど、ホントのことなんよ。

オイラ:は? 気のせいやなかったらなんなんね?
   そりゃあ、いよいよお迎えが来とるんやろうね。ヨカッタやん


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


4月14,15日のM7を超える地震は酷かったね。

ここも震度5の揺れで大変やった。
引っ越しがやっと終わった翌日や。

元住んどったところは高層やけんもっと揺れたと思うけど、
オイラも家族も震度5の経験はなかったけん、怖かったで。
ぎっくり腰の上に腰を抜かしそうやった。(((( ;゚д゚)))

娘は怯えとった。

震源地の熊本や大分はもっと大変なんやで。
被災しとる人たちは、もっと可哀想なんやで。


オイラは左右の手袋で人形を作ってやった。

どんな人形も2日で飽きて放ったらかしにする娘が、
「この人形は、お父さん人形だよ」って、今でも大事にしとる。

「へえ~ 珍しく長持ちするなあ。」って、
お父さんはとっても嬉しいのだ。


手袋人形3 手袋人形4


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


息子...

「明日は朝からクラブ活動やろ? 11時までに寝なさいよ。」

って、 
夜中の2時にトイレに行こうと起きたら、息子の部屋に明かりが見えた。

「まだ起きとるのか。」と思ったら、オイラの音に気が付いたのか電気が消えた。

「またなんかこそこそやっとる...」

飛んで行って部屋を開けると息子は寝たふり。

「まだ起きとるんか。」

息子は寝ぼけた振りのとぼけ声。「う~~ん・・・」

こいつ、またなんか隠しとるな。

布団をはねのけると、カードがたくさん出てきた。

没収や。

遊戯王


「遊戯王」ってカードか? プレミアムものの高いのもある。

全部で46枚。 

また友達んちで盗んできたか、お店から万引きして来たか。

「お父さんは、カードのことも遊びたい気持ちも、漫画の本もゲーム機で
遊ぶことも理解できる。だけど、お前のやり方がよくない。
カードは友達から貰ったんだったら、担任の先生から間違いないって
電話を掛けてもらえるようにしなさい。そうしたらカードは返すから。」


翌朝(5月4日)、祭日やけど息子は午前中クラブ活動。
1時ごろ戻って来たけん食事の用意をして食べさせた。

息子が、「お父さん、明日はクラブ休みです。
明後日は一日学校で、土曜日か日曜日に他校で試合があるよ。」

弁当が要るのか要らないのか、聞く気がせんかった。
まあ、当日になれば言うやろう...

オイラは、「よっしゃ、わかった。」とだけ答えた。

部屋に戻った息子は、コトリとも音を立てんけん
おかしいなと思って部屋に行ってみると蛻の殻(もぬけのから)。

なんやこいつ?

博多どんたくでも連れて行こうと、早く帰って来いって言ったのに、
昼ごはん食べて腹いっぱいになったら家出か。懲りんやっちゃ。

何度も警察や先生たちから見つかって帰ってきたけど、そうか、
明日は学校が休みやけん、オイラが捜索願を出さんと思うてか。

遊びに行きたいならそう言えばいいのに。このくそったれ(゚Д゚)ゴルァ!!

帰って来たのは次の日、5月5日の子供の日の朝11時。

夕方ドアベルを鳴らしたけど誰も出らんけん、このビルに
人が入ってくる時に一緒に入ってきて、廊下で寝てたって。

寒い廊下で寝てた? それが11時に部屋の戸を叩く?
いつもオイラは朝早くから起きとるのに?

寒くないように長袖を着て失踪しとるのに?


いろいろ息子に聞いても嘘ばかりやけん意味がない。

考えたら、
やっぱりカードは友達から盗んだか、店で万引きしとるんやね。

腹が立つなあ、親父を小馬鹿にして。。。


今度やったら、「五文字」の中に封印してまうで。



良かったら応援クリックしてってね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 
 人気ブログをblogramで分析


livedoor プロフィール
記事検索
地震速報
月別アーカイブ
最新コメント
NAVERまとめ

どうもありがとう
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
blogramのブログランキング


QLOOKアクセス解析

t01080036_0108003611144435121

t01080036_0108003611144435121

kokoronokakehashi

Subscribe with livedoor Reader

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
置き手紙は外しました。

今までお世話になりました。
有り難うございました。
ギャラリー
  • 「鉢と鉢巻」 これが神の正体だ。え? 神の72話
  • 「鉢と鉢巻」 これが神の正体だ。え? 神の72話
  • 「鉢と鉢巻」 これが神の正体だ。え? 神の72話
  • 弓
  • 「河童考」 修多良のかっぱ 神の70話
  • 「河童考」 修多良のかっぱ 神の70話
  • なんばしよっとー? そいがっさい こげなこつがあったとよー
  • なんばしよっとー? そいがっさい こげなこつがあったとよー
ブログ記事
『ニギハヤヒ・シ♭』

瀬織津姫次元
メッセージ

  • ライブドアブログ