なきにしもあらず

ある事ない事、あり得ない事まで不定期更新の日記を綴ります。 ボンクラ親父の備忘録です。

温故知新(おんこちしん)=故(ふるき)を温(たずね)て新(あたらしき)を知(しる)
昔のことを知り、そこから新しい知識や道理を得ること。 そうかな?
古きを温めて新らしきを知る。 とも言うんだよね。
だけど、小生が学生時代に先生から習ったのは、
古きを捨てて新らしきを知る。 だったよ。
どうでもいいけど、過去を捨てきれず未来も作れないニート親父がこのブログで過去に未来に、地獄に天国に、地球に宇宙に、仏界にも神界にも、ふらふらと想いを巡らせて参ります。 
 ...閉じ篭りながら...

『アナスタシア』


前回の続きやけど、“いとうやすし”さんから
『アナスタシア』の本を紹介していただいて
さっそく1巻を読んでみた。

アナスタシア本

シベリアの森の美女アナスタシアの教えが
あなたの生き方を変え、地球を変える!

タイガの森の美女のスピリチュアルメッセージ
響き渡るシベリア杉 シリーズ1
ウラジーミル・メグレ著

“いとう”さんの講演会場で紹介された時、
『アナスタシア』って名前に驚いた。

実はね、「ソーラーさん(仮名)」から、
『アナスタシア』さんのメッセージを、ある方を通じて頂いてた。

オイラ、半年以上も前から大切にしてたんよ。
転載してみるね。



平成29年1月29日 アナスタシアさんからのメッセージ

どん爺さま アナスタシアよりメッセージ
「彼はとても神秘的なエネルギーを纏っている。とても愛が深いから、動物も植物も人も霊でさえも受け入れていく。
わたしも(アナスタシアさん)彼を知っている。なぜ知っているかは今はまだ伝える時期ではない。
彼のビジネスは色々な困難があるけど結果は成功する。わたしがそうなった方がいいと思ったからそうなる。
自然界の力も味方しいろいろ動いていく。
時空間を超えた(未来の自然精霊たちが)自然界が彼のやろうとしていることを応援している。」

************************


最近のオイラは忙し過ぎて寝不足で、大事な話もどう
説明していいかボケてしもうて支離滅裂になりがちや。

そやけん先ず、伝えたいポイントを書いとこうかね。

① ソーラーさんのこと。
② アナスタシアさんて誰。
③ 別のアナスタシアさん。
④ 似たような別の物語。



ソーラーさんって、オイラが付けた仮名なんやけど、
超有名なスピリチュアリスト。霊能者かな?超能力者かな?

なんで仮名にしたかと言うと、上のオイラへのメッセージが
実現せんやったら恥ずかしかけんね。

当たらんやったらソーラーさんが恥ずかしいとかやない、
実現できんオイラがソーラーさんに恥ずかしかけんね。

原因はオイラにあって、アナスタシアさんやソーラーさんは、
素敵なアドバイスをくれたんやもんね。

今まさに、オイラはシフトの最中や。
はよう不摂生を正さなあかんな。

ばってん、ようビジネスを手掛けようとしとることが
なんで分かってらっしゃるんやろうかねえ。

でさ、『アナスタシア』の本を読まれたら、
ソーラー(Solar)」って名前、合ってると思うよ。
『太陽光線』や。ははは・・・


ソーラーさん『アナスタシア』さん、
 メッセージをありがとうございます。
  オイラ、頑張ってますからね。('▽'*)ニパッ♪



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


オイラ、最初は『アナスタシア』さんを、
ロシアの皇女かと思っとった。

アナスタシア (ウィキペディアにリンク)
アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァロシア語Анастаси́я Никола́евна Рома́новаラテン文字転写Anastasia Nikolaevna Romanova1901年6月18日 - 1918年7月17日)は、最後のロシア皇帝ニコライ2世アレクサンドラ皇后の第四皇女。ロシア大公女

このアナスタシアは、暫く行方不明になってたけど、
後に見つかったとか偽物やったとか不思議な話が多く、
彼女自体も神秘的な少女やったんやて。

で、本の『アナスタシア』も、ロシアの女性やろ。
同一人物かと思ったで。

今月になって、読んどってだんだん別人やて気が付いた。
同じ「ロシア」の話やけん、こんがらがっとったけど、
アナスタシアは、ロシアの女性によく使われる名前なんやね。

で、年代が違うけんやっと別人やて分かったところや。


ついでやけん書いとくけど、
『アナスタシア』って名前は、どこにアクセントや
長音があるのかなって気になっとった。

「アナ・スタシア」かな? 「アナスターシア」か、
「アナスターシャ」か、「アナスタシアー」かなって?
やっぱりちゃんと呼んであげたいよね。

『アナスタシア』とロシアのタイガの森で出会って
すごい体験をした著者の「ウラジーミル」が、大声で
彼女を呼ぶシーンがある。

「アナ・スタ・シア」「アナ・スタシーア!」って。
ここで大体どの辺にアクセントを置くかわかるよね。




『アナスタシア』は自分のことを何度も、
「私は人間よ。」って言う。

果たしてソーラーさんにメッセージを送ったのは、
この『アナスタシア』さんさのかな?

神とか、精霊とか、宇宙人とかじゃなくて、
生身の人間の『アナスタシア』さんがコンタクトを?


年代を考えてみた。

ウラジーミルは1950年生まれ。 オイラとほぼ同い歳や。

で、1995年にアナスタシアと出会う。 45歳の時やね。

今から22年前のことや。

で、本のどこかに書いてたかな?おそらく陽気な
アナスタシアの年齢は、当時25歳くらいやろう。

だとすると、現在は47歳前後か...

あれだけ健康的な女性なら、今も健在だよね。

とすると、

ソーラーさんにメッセージをくれた『アナスタシア』は、

まだ若い、人間『アナスタシア』さんなんやね。

と言うことで、オイラへのメッセージは、
同じチャネリングでも、『テレパシー』なんやろね。

で、
オイラのことを知ってると言われる『アナスタシア』さんは、
オイラのことも『テレパシー』で読み取られたのかな?

『アナスタシア』さんは、世界各国の言語が解かるんやて。
しかも流暢に会話ができるらしい。  すごいね。

オイラが若い頃、加持祈祷の師匠も言われとった。
「英語とか勉強せんでも神さんが教えてくれるよ。」

確かに師匠はおばあちゃんやけど英語が出来た。
インドにもよく行かれたけど、会話に不自由ないと。

お経を唱えただけで梵語やインド語が出来るんかいな?

80歳にもなるお年寄りなら、1か国語を離せるようになるのに
数年かけても何ヶ国語かできるやろう。黒柳徹子さんみたいに。

ばってん、『テレパシー』で理解できればもっと早いね。
師匠は「勉強せんでも(しなくても)」て言うたんや。

ところが、理解できるだけやない、話せるんやで。
しかも、『アナスタシア』さんは何十か国語でも。

いや、それだけやない。
生まれた時から森の奥に住んでいながら、動植物と話せ、
菜園の仕方も分かり、養蜂技術にもたけてて、車や飛行機、
UFOの構造までわかる。世界中のコンピュータより彼女の
方が早く結果を出せるという。

これが『テレパシー』能力だけでできると思う?

否、これは対象相手の脳や意識にアクセスし、情報を、
『共有』しとるということやろう。

相手の歴史や知識が、まるで自分のもの(こと)の様に。

これは、憑依とか乗っ取りとかやない、『共有』『共鳴』や。
ダウンロード、コピー、ペースト、インストール...
魂はそのまま本人のもので、移動も消去もなし。

相手を意のままに操ることはできんでも、
話しかけることはできる。愛を持って使える能力や。

そやけん、ソーラーさんは宇宙語も話せるし、
通訳もできるし、宇宙語(文字)も書けるんやね。

この能力なら宇宙や地球の過去まで手繰れるし、
未来を見通すこともできるんやろうね。
アカシック・レコード・リーディングや。



本の帯の裏にこんなことが書かれとる。

「一生で一冊だけ本を読むとしたら、間違いなくこの本だ。」

オイラ、24歳の時に
大切にしていた本を思い出した。

「ウラジーミル」と『アナスタシア』が出会った時の、
『アナスタシア』のムードと森の様子がよく似とる。

『緑の館』っていう小説や。

記憶に残っとる箇所は、
「少女はクモの糸を指先でくるくる巻いて、
  それで衣服を作った。」って言うところやった。

これね...( *´艸`)ぷっ。
もっと歳を取った時のために書いとこうかね。あはは。

オイラは24の時に、とても素敵な女性に恋をした。
「愛してる」なんて言葉は絶対使わないオイラなんやけど、
その女性は、本当にオイラのことを大事にしてくれていた。
消え入りそうなくらい美しい女性は、旦那様お子様持ちで、
後に大事件になったんやけどね。
 彼女と居る時、よく歌をうたわされた。
「炭坑(おやま)の子守歌」っていってね、子供のころに
オカンがよく歌ってくれとった歌や。
彼女が、その歌は『にあんちゃん』って小説の中の物語かも
って、本を買ってくれた。
その時、この本も読んでって『緑の館』と2冊や。
 淡い恋は当然引き裂かれたけど、『緑の館』の中の
主人公の女性のイメージが、あまりにも彼女に似ていて、
オイラはこの本をいつまでも大切にしていた。

かなり内容は忘れとるようやけど、タイトルは覚えとって、
最近調べたら、なんとこれは映画化されとったんやな。
「バート・ランカスター」と「オードリー・ヘップバーン」

この女性も不思議な美女。「フェアリー(妖精)」やて。

YouTube から借りよう。

 

おそらく、『緑の館』はこの『Green House』やろう。

そしてまたおそらく、
『アナスタシア』の物語がモデルなんやないかなと思う。


タイガの森の「リンギング・シダー」、
音が響く『シベリア杉』。  触れてみたいな。

聖書には頻繁に『レバノン杉』が登場する。

癒し効果はわかるけど、情報を発したりエネルギーを受けたり、
『アナスタシア』の両親はこの杉の光線にあたって、二人とも
悲惨な死を遂げた。

それでも『アナスタシア』が大切にした杉の木。
本には詳しく書かれてある。 是非読んでほしい。



さて、『アナスタシア』さんのメッセージに戻って、

わたしも(アナスタシアさん)彼を知っている。
なぜ知っているかは今はまだ伝える時期ではない。


これはいろんな神さんがこんな言い方をされるね。
あなたもそんなメッセージを受けたことがあると思うけど、
え~っ!? なんで? いつぅ? どこでぇ?
って、嬉しくなって、ずっと忘れられないフレーズになるよね。
オイラは、これも、見えない世界がくれる飴玉だと思っとる。


わたしがそうなった方がいいと思ったからそうなる。

この言葉は、こそばかぐらい嬉しかね。

ソーラーさんさんが、『アナスタシア』の本を読んで
感じられたことやと思う?

感化されて真似をされた言葉とはどうしても思えん。

あなたも本を読んだらわかると思うけど、
この口調は、『アナスタシア』さんの性格の表れやろう。



いやあ~  アナスタシアさん、

生きてらっしゃるんやないのぉ?

お子さんは元氣ぃ?

会いたいなあ~
 (o^∇^o)ノ



もしよければ、クリックしてって下さいね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 
 人気ブログをblogramで分析
応援、どうも有り難う。(#^^#)
アナスタシアさんのメッセージが実現できるよう、
どん爺は頑張ってますからね。

『ザ・シフト』&いとうやすしさん&『アナスタシア』


『ザ・シフト』DVDの上映は、
“えりか よしむら“さんと、
“いとう やすし“さんのご挨拶から始まった。


IMG_20170701_143451


IMG_20170701_143514


IMG_20170701_143524



日本語字幕のがあると思うけど、探せなんだ。



上映が終わって、“いとう やすし“さんのトークが終わり、
最後にまた“えりか よしむら“さんが登場されてお話を少し。

IMG_20170701_163019


IMG_20170701_163025


IMG_20170701_163028


IMG_20170701_163034


IMG_20170701_163048


IMG_20170701_163050


IMG_20170701_163051


今のタイミングで『ザ・シフト』を観れたのは良かった。
本当に良かった。

“いとうさん”の丸顔も素敵だった。(*^_^*)
『シフト』を何度も観られたいとうさんの解釈と、
一度だけ観た皆さんの解釈にも考えさせられた。

皆さんはどう感じられるかな?

感動よりも、考えさせられた。

ただ、今、まさにシフトを起こそうとしとる最中で、
拍車をかけられたような気もした。

このタイミングでって、オイラだけじゃないよ。
あなたもそうかも知れないけど、
確実に日本が、世界がシフトしようとしてるんだよ。
地球が、と言っても過言じゃない。
ポールシフトみたいに...



昨日、
“いとうやすし”さんのFaiceBookをシェアさせていただいた。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


いとう やすし
7月5日 10:17 · 
「ザ・シフト」、福岡の上映会にお越しいただき、本当にありがとうございました。
お陰様で、想定外の奇跡を満喫しました。
皆様のお陰です。

シェアしていただいた方々に、心から御礼申し上げます。
私達は何のために生まれ、そしてどこへ向かうのかという疑問に子供の頃から問いかけてきました。
少しだけ、わかったような気がします。

以下、ダイアー博士のインタビューです。


ダイアー博士も、何度もシフトを体験し気づきを得てきたようです。
一緒に、価値ある人生を目指して行けたらと感じています。
今後もよろしくお願いいたします。

下記、名古屋で行う上映会のお知らせです。

ご友人にもお伝えいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

+++++++++++++++++

名古屋 「ザ・シフト」上映会&トークのご案内

定員:20名様

7月9日(日曜日)

12時半開場  13時から上映(映画2時間)
15分の休憩後、1時間半のトーク開始
   
入場 2000円(当日お支払いくださいませ)

場所:障がい者就労移行支援事業所『青空』
住所:名古屋市西区新道1-19-32 第3泰水堂ビル203

お問い合わせ:伊藤泰史
メルアド  beniuma77@gmail.com
facebook メッセージあるいは
下記の携帯へどうぞ
090-7037-7618(伊藤泰史)

  
人生を変える映画「ザ・シフト」
こんなにすがすがしい映画は観たことがないはず。
先の見えない今の時代だからこそ、観ていただきたい映画のNo1。
世界中に影響を与えた、ウェイン・ダイアー博士の登場する名作中の名作!!
穏やかに進む物語は、必ずあなたの心に素敵な変化を起こします。

欲求と思い込みにとららわれがちな私達の人生。
シフト-転換-が訪れたとき、人生の真の意味を知る旅が始まる。

心理学者:ウェイン・W・ダイアーは言う。
私達は親や社会から、物事の価値や道理を学んでゆく。
成果を上げて、その蓄積のうえにある幸福を思い描くようになる。

私たちの「エゴ」は、そうして形成されてゆく。
自分を突き動かしていたのはエゴだったと気付いたとき、はじめて私達は自らの存在のソースに触れる。

ソースは常にそこにあるのだと知る。
そこで起こる意識の転換を「シフト」と呼び、私たちは、思いやりと配慮に満ちた人生に、ただ身を委ねる。


*****************

上映会後にエゴの真相を説明し、思考の止め方を語ります。
エゴ(思考)は常に不安、恐れをあなたの人生に与え続けます。常に外部に答を求めます。
しかし、エゴ(思考)の差し出す未来は、永遠にあなたを悩みから解放してはくれません。
思考を止め、心のおしゃべりから解放された時、あなたは本来の自分を知ることができるでしょう。
思考が自分だと思い続けてきた人生から解放された時、誰もが根源の自分と語り始めます。
その時、初めてあなたは、本来の自分と対面し、あらゆる悩みから解放され、癒しへと変化します。

(上のリンクはYoutubeで、ここに入れたよ。)
↓  ↓  ↓


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


以上、“いとうさん”のFaceBookから転載させていただいた。

名古屋じゃ会費が2000縁だって。
オイラは福岡で1000縁だった。
子ども達は無料。へへへ、良かったね。

安い会費で、DVDを大スクリーンで観て、
“いとうさん”のお話を聞いて、皆さんの意見も聞き、
素敵な本も紹介していただいた。
友達にも会えた。


“いとうさん”と少しお話をした。
「主役の博士の声、良かったでしょう?」
「はい、まるでオーソン・ウェルズみたいでした。」

いい声で、英語が聞き取りやすかった。
いや、オイラ、英語はわからんばってん…

“いとうさん”の声も優しくて素敵だった。
オイラもあんな人になりたいな。

帰る時、
「どうも~」と言われ、握手を。
「ナマステ~」と挨拶すると、
「ナマステ~」で返していただいた。

とにかく素敵な方だった。 これがオイラの印象やった。

映画のことはあまりオイラが話せることじゃないけど、
印象に残ってる場面がある。

ピアニスト(ホテルのオーナーかな?)が言った言葉。
このページ冒頭の英語版の動画の、1時間33分のところ。

ピアノを弾いててだんだん有名になり人気が出てきた。
人気が出るほど、今度はいつ落ちるか不安になってくる。
時が経つにつれ、その不安はどんどん恐怖に駆られ始める。
ある日、大衆の前で弾いてる時に、突然、わざと音を外した。
恐れてた通り、人々は去って行った。と...

なんでそんなことをやるんや?
オイラ、分かる気がする。
築いたものを自分で壊す、オイラは破壊主義者やけんね。笑

素敵な曲を弾いてるピアニスト。
傍にいる男性が、「その曲は、即興?」
ピアニストは、
「いや、上から降りてくる曲をそのまま弾いてるだけ。」

ここで、“山水治夫(ヤンズ)”さんを思い浮かべた。
「瀬織津姫」等、上から降りてくる曲を弾かれている
姿をイメージしてしまった。

オイラもあるよ。
集中しとる時、もしくは無になっとる時、
えも言われん美しい旋律が頭の中で聞こえてくること。
皆さんもあるはずやけど、オイラはその曲に指が動かん。

見えない世界は、いつでも人に閃きを降ろしてくれる。
ばってんそれを現実の世界に具現化させることは難しか。

いざと言うとき、神の器と成れるように、
柔軟に、肉体も身魂も磨いとかないかんね。

それには、エゴを失くすことかな?


💡
と、ちょうどこの記事を書き終えようとしとる時に
『マザー・テレサ』がテレビで放映されてた。

神の声を伝えるマザーに神父が、
「神はあなたを選んだのですか?」

マザーは、
「いいえ、私は神の鉛筆です。文字を書くのは神です。」
と答えられた。

へえ~ 素敵な例え(答え)方をされるんやね。

ここでオイラがマザーの言葉を借りて付け加えたいことは、

いつでも鉛筆を研いでおくこと。や。

突然神が語り掛けるのに、慌てて鉛筆削りを探すな。

まあ、何故かオイラは神の消しゴムになっとるけど...




“いとうさん”は、本も紹介された。

ステージに数十枚の、お札より少し大きめのチラシを置かれて、
この本を読みたい方は、後で取ってくださいって。
オイラ、一番に頂いた。

チラシ広告


“いとうさん”はこうも言われた。
チラシに書かれてることを言われたのか、御自身も思われたのか、

「一生で一冊だけ本を読むとしたら、間違いなくこの本だ。」

『アナスタシア』

その名を聞いた時、オイラは飛び上がらんばかりに驚いた。

(表)
チラシ表

(裏)
チラシ裏


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


『アナスタシア』のことを続けて書きたいけど、
“いとうさん”の名古屋講演が明日9日(日曜日)、
愛知県は名古屋で開かれると言うことやけん、
今日はこの辺で筆を置いとこう。

このブログを見て、参加される方が居られることを祈って。

いらっしゃるんよね~ この前は“仁さん”がブログを見たって、
『山水治夫』さんのピアノライブ&トークに訪ねて来られた。

嬉しかったね~

では、またあした。


ナマステ~~


もしよければ、クリックしてって下さいね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 
 人気ブログをblogramで分析
応援、どうも有り難う。(#^^#)
 

★ 前記事、『山笠があるけん、博多さ行くったい』
  にコメントを下さった、“hiro”さんが言われた
  「山笠があるけん博多たい」のTV.コマーシャル。
  この「伝統銘菓 博多山笠」の、洋菓子の欧州は
  倒産されたらしか…

 
他に、“エミ”さんから急いで返事をしなきゃならない
大切なコメントをいただいてた。ごめんなさい。<m(__)m>

ここ2,3日の台風被害は、確かに大変でした。
日田や、小郡、大牟田、亡くなった方もおられます。
ですが、オイラの所は、小雨が降ってただけでした。
学校閉鎖で休みになった子供たちと出かけましたよ。

ご心配、ありがとうございました。

それから“ザック”さん、いつもコメントをありがとう。
オイラには意味不明なコメントが多いけど、何となく、
今まさに、『シフト』の状況だと言われてることが
わかります。 “ザック”さんも、お身体を大切に。。。


山笠があるけん博多さ行くったい。



“えりか よしむら“さんのお誘いで、
「ザ・シフト」のDVD上映会に行った。

“いとう さとし“さんの講演の一環なんやけど、
福岡市の高宮まで子供たちを連れて出かけた。

電車で向かう途中、中洲川端の山笠飾りを
見てから行こうと、早めに出て寄り道をした。

唐津の“宮添(カズミン)”さんも上映会に参加されると
聞いてたけど、天神の警固神社にお参りされてからだと
言われるけん、山笠を見らんねってお誘いして合流した。


オイラは子供二人を連れて川端商店街を歩いたのだ。



20170701_095439
この親子はオイラ達じゃないよ。(*´∇`*)
フレームの中に入って居られるのに気付かなんだ。

以下、画像はクリックで拡大できるけんね。

20170701_095519


20170701_095505


20170701_095531

お。 いいね!


裏側はこれ。

20170701_095546


20170701_095551


20170701_095609


20170701_095621



ここで子供たちにスパゲティを食べさせて休憩。
カズミンさんとの待ち合わせ場所を連絡しあう。

1498871071663

落ち合う場所は『櫛田神社』に決まり。




続けて山笠は「スターウォーズ」や。

20170701_103518


20170701_103529


20170701_103533


20170701_103536


20170701_103546



「決戦倶利伽羅峠」

20170701_103614


20170701_103620


20170701_103626


20170701_103632


20170701_103651


20170701_103702

娘は Kindle パッドを離さんと。
カッコつけとんのや。生意気に。



地下鉄の中洲川端駅から川端商店街を
抜けた所に『櫛田神社』が在るんや。

この先は国体道路で、
渡るとキャナルシティ。


20170701_104816

“カズミン”さんは、商店街通りの入り口やなく、
冷泉公園側の反対の入り口から入って来られた。


20170701_104825


『櫛田神社』内の山笠飾り。

20170701_105239


20170701_105248


20170701_105252


20170701_105256


20170701_105330

“カズミン”さんとうちの娘。


20170701_105352


20170701_105353


20170701_105400


20170701_105415


20170701_105432


20170701_105444


20170701_105516


20170701_105540



裏側の飾り。

IMG_20170701_105904


IMG_20170701_105918


IMG_20170701_105948


IMG_20170701_105955


IMG_20170701_110003


IMG_20170701_110123


IMG_20170701_110128


IMG_20170701_110149


IMG_20170701_111008

「櫛田のやきもち」って、梅が枝餅やん。

IMG_20170701_111014


IMG_20170701_111022


IMG_20170701_111216

“カズミン”さんは、いつも笑顔が素敵な先生や。

この後、高宮町の会場に向かうのだ。



もしよければ、クリックしてって下さいね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 
 人気ブログをblogramで分析
応援、どうも有り難う。(#^^#)
 


 ★ “いとう やすし”さんのブログ
『空からの便り』
http://blog.goo.ne.jp/oozaru77


★ “宮添(カズミン)”さんのブログ
『舞鶴療術院』
http://maiduru-ryoujyutsuin.com/


livedoor プロフィール
記事検索
地震速報
月別アーカイブ
最新コメント
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。

どうもありがとう
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

blogramのブログランキング


t01080036_0108003611144435121

t01080036_0108003611144435121

kokoronokakehashi

Subscribe with livedoor Reader

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
置き手紙は外しました。

今までお世話になりました。
有り難うございました。
ギャラリー
  • 紫陽花に 祈りを込めて龍神召喚。
  • どんどん小さくなるどん爺のおちんちん 神の92話-1
  • どんどん小さくなるどん爺のおちんちん 神の92話-1
  • どんどん小さくなるどん爺のおちんちん 神の92話-1
  • 「鉢と鉢巻」 これが神の正体だ。え? 神の72話
  • 「鉢と鉢巻」 これが神の正体だ。え? 神の72話
  • 「鉢と鉢巻」 これが神の正体だ。え? 神の72話
  • 「河童考」 修多良のかっぱ 神の70話
ブログ記事
『ニギハヤヒ・シ♭』

瀬織津姫次元
メッセージ

  • ライブドアブログ