紫陽花と龍

汚いお絵描きでごめん。φ(.. )

漫画風にパッとカラフルなんを描きたかったんやけど、
なんかかんか忙しゅうてね、娘と一緒にお絵描きだけして
とりあえず更新しときます。あはは。


だってね、紫陽花はミリオンフラワーで
レインボウフラワーで、七色に輝いて、
龍神さんが寄ってくれて、大金を落として、、、

いや、幸運、福運を置いてってくださるんやで。

そやけん、やっぱりカラフルな紫陽花がよかろうもん。

だけん、暇な時においおい描き直してまた入れ替えるけんね。
だんだん良くなる法華の太鼓…ちゅうてね。(#^^#)


 そいがっさい、
今年の『龍神さんの日』(6月1日)の紫陽花ってね、
オイラの周りはまだちい(小)さかとばっかりやった。

しかも、色鮮やかのは置いてなかったんよ。


紫陽花4


スーパーで、390円だったかな
この辺はまだ紫陽花が小さいのだ。

去年の6月1日は、いたる所で咲き誇ってたんやけどなあ。


んでね、
この紫陽花を一つ一つ、纏まった束ごとに分けて
針金でくくり、水を張った洗面器なんかに入れて
「お金ちょうだい、お金ちょうだい」て祈るんや。

紫陽花がたくさんある時、例えば知人にも上げる時、
やっぱり、木製の盥(たらい)に入れて祈願したい。

「般若心経」でも「観音経」でもヨカよ。

大金が転がり込んで来るって実感できたら
玄関の軒先に吊るそうや。

1年間、枯れてもそのままでええんやで。
これが吊るされとる家々に、龍神さんが
ひょいひょい立ち止まって行かれる際に
玄関先から家の中に幸運金運をパラパラ~
パラパラ~って振り撒いてくれるんやで。


紫陽花3


と、前回(6月1日)の『龍神さんの日』の記事にも
追記しとくけんね。来年も幸運(あなた)がきっと
このブログに訪れていただけますように。   ね。



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


さて、、、ここからどん爺の能書きが始まるんやけど、


この紫陽花が玄関の上に吊るされとるところを想像してみて。

なんかに似とるやろ?

そう、蜂の巣や。

蜂の巣


「玉垂宮」の「玉垂れ」もそうや。

玉垂3


神社の「賽銭箱」もそうやで。

賽銭箱



つまりね、

「玄関に吊るす紫陽花」
はね、

『カバラ(カッパーラ)』の秘儀や。


あなたのお家が、神社のように神聖になるって
捉えてもいいんやないかいな。

三種神器&十種神宝イラスト

「蜂」も「龍」も、
吊るした上から入ってくる、または寄って来るんやない。

「巣」や「花」が下がっとる、下からや。


「お賽銭箱」って、上から入れるようなもんやけど、
上から入れるのは信者さんたちや。
神主さんたちは、「賽銭箱」から
「玉(お金)」引き上げるんや。

たとえ話もややこしいけど、

『蜂』や『龍』は、「玉」(巣・花)と一体、
つまり、同じようなもんで、『クンダリーニ』やね。


幸運福運を招き、金運上昇。
クンダリーニ覚醒のメタファー(暗喩)やね。

こんな『玉垂れ』の仕組み、つまり、
『カバラー』の仕組みは神社内でもたくさん見かける。

信者さんは「ご利益(こりやく)」で、
神社は「ご利益(ごりえき)」や。

『龍神召喚の紫陽花』を軒先に吊るすということは、

あなたは、あなたのお家で
「ご利益(こりやく)」と「ご利益(ごりえき)」の
両方のパワーを授かるということや。

帰宅して玄関の戸を開けるときは、
天の岩戸を開けるかのように、
是非とも「紫陽花」を意識しようね。

1年間お世話になります。

あなたのお家は、オフィスは、

パワースポットやで。




☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


今日、24日(土曜)は 忙しかった~

子どもたちにドーナツを作らせたり、
(作り方を教えてオイラは揚げ役や)

自分も絵を描くけんブログに載せてくれって、
娘にチューリップの下絵を描かされてしもた。

チューリップ


娘の塗り絵。
オイラの真似か、子供らしくないような淡い色塗りや。

オイラも紫陽花と龍の絵、何べんでも描き直したるで。

紫陽花と龍2


記事冒頭のランキングバナーは外しましたけど、
もしよければ、クリックしてって下さいね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 
人気ブログをblogramで分析
応援、どうも有り難う。(#^^#)