セブ島
って言った方が、なんか素敵な南の島へ行った感じがするけど、

ヤンズ会一行様(笑)が行ったところは『セブ州』、
もしくは、「セブ島」「マクタン島」なんよね。


セブまで


Manila(マニラ)から25日の早朝、
セブパシフィック航空でセブに向かう。

マニラ首都圏のエドゥサのアイコンホテルに宿泊してたけど、
夜中に荷造りし直して疲れ切って、朝の集合時間に運転手から
たたき起こされ慌てて下に降り出発したものの、、、
ベッドに先日買った携帯を忘れて来てしもた。

以後、フィリピン用の携帯無しで、日本から持参の携帯を使い
時折つながるネットで各地に連絡をすることになる。

まあ、セブやダバオの運転手に連絡するのは、マニラの
運転手や、おばさんガイド(2人とも以前の従業員)に
任せてしまったけどね。
(と、次回にも失敗しないように記録しておこう。💦)


セブ州は、下の地図の中央の細長い島。
セブ州全体


セブ&マクタン

右の赤ピンがある小さな島が「マクタン島」。セブ州の一つ。
空港は、このマクタン島に在って、マンダウェ大橋を渡って
セブ島に入る。

マンダウェ橋を渡ったところがマンダウェ市。
左の2つの赤ピンで記したところは「セブ市」になる。



20258357_1439390496154914_1896421056206075173_n
この画像は“ヤンズさん”のブログから。

セブ空港(マクタン・セブ国際空港)

日本からの直行便もある。
JALのスチュワーデスさん達が、セブにはよく
スキューバーダイビングに行ってると言われてた。

『セブ島』って、まるでフィリピンとは別の国のように
思われがちな、有名な島だよね。

「フィリピンに行った。」と言えば、「え?なんであんな所へ?」。
「セブ島に行った。」と言えば、「へえ、エンジョイしたね。」。
って感じかな?

ばってん、フィリピンはね、このセブ州の周りでも、
ボラカイ、タクロバン、昔激戦地だったレイテ島、等、
エンジョイできる観光地が多いところなんよね。
家族連れでも恋人とでも。


IMG_20170724_094942


IMG_20170725_091256

セブではこの親父が運転手。以前のオイラの従業員。
「タタイ(お父さん)」とみんなから呼ばれとる。

彼は元はセブ、マクタン島の「シャングリラ・ホテル」の
観光案内の専属運転手やった。

10数年前にオイラはこのホテルに泊まり、1万円で一日
セブの名所巡りをお願いしたんやけど、「飛行機代と支度金を
やるけん、マニラに来てオイラの運転手になりなよ。」と
言ったら来てくれた。 単身赴任の住み込みでね。

オイラは日本人やけん、フィリピン各地からこうやって
従業員を集めた。 パラワン島のリゾート地からもね。

そして、フィリピン各地を慰安旅行もさせてた。
なぜかって? フィリピンのどこに行っても「集合!」が
できるように。

レイテ島も、いくつかのラジオ局に寄っては放送もやった。
どこに行っても警察官との繋がりがある。楽しいよ。

本当の理由は、フィリピンで大変な思いをしてる日本人を
助けたいから。
そんな日本人が、今度はフィリピン人を助けてほしいから。


先ず、向かった所は『チャイニーズ・テンプル』
セブ市が見渡せるけんね。

「チャイニーズ・テンプル」って言うのが通称やけど、
「中国人の道教寺院」やね。 オイラ、5,6回目かな。


IMG_20170725_094925


IMG_20170725_094939


IMG_20170725_094839


IMG_20170725_094843


IMG_20170725_094848


IMG_20170725_094850


IMG_20170725_094900



IMG_20170725_094943


IMG_20170725_095015


IMG_20170725_095032


IMG_20170725_095054


IMG_20170725_095150


IMG_20170725_095153


IMG_20170725_095228


IMG_20170725_095259



に向かったところは『セント・ニーニョ教会』

セントニーニョ協会


中央下の丸いドームが『マゼラン・クルス』
中央の上が、『聖ニーニョ教会』





IMG_20170725_103839


20245972_1439390552821575_8206581109247886874_n


十字架の下の方にはこんな台があり、ロウソクが置かれてた。
以前来たときは無かったんやけど。

20376112_1938443489762721_484934884461383789_n
この画像は、村越さんのFaceBook からお借りした。

ここは『聖ニーニョ教会』の入り口にあたり、参拝者に
ロウソクを売るおばちゃんや子供たちがたくさんいる。

ロウソクは細長く、元は白いけど後から色付けしたり、
(白に色付けはどこも同じやけど、)ここは、参拝後に
燃え残ったり、垂れ落ちたロウを搔き集めて再生させて
またそれを売ろうとするけん、色が黒っぽくなるんよね。
新しいのと古いのと、マゼランといてんか~  (゚Д゚)ゴルァ!!

「ロウソクを買って!」って言うお姉ちゃんに、
「何でここにロウソクを並べてんの?」って聞くと、
「願い事をしてここに置いたら叶うんよ。」と言う。

「じゃあ、買うけん、オイラの代わりに祈ってよ。」
「わかりました。お名前は?願い事は?」
「どんちゃん。お金持ちになりますように。」ってね。



オイラ、3本買ったよ。(o^∇^o)ノ



もしよければ、クリックしてって下さいね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 
 人気ブログをblogramで分析
応援、どうも有り難う。(#^^#)