カテゴリ:
昨今食品業界では食中毒を出した場合に再起不能のダメージを追うという状況になっています。

食品と衛生というのは切っても切り離せないものであり、業界の人間は常に細心の注意を払っているのですが、実際にそういった事例が無くても例えば厨房の衛生管理に問題があったという噂だけでもネットの情報網によって一気に広まってしまいます。

SNSの普及も相まってもしそれに疑わしい事が起きた場合には、事実確認も無いままに一瞬にして噂だけが広まってしまうのです。

会社のケータリング部門の厨房でも、その点についてはかなり気を使っているのですが、アルコール消毒を過剰に行うようになったため、噴霧式のアルコールで具合を悪くするスタッフも出ているのが現状です。

そんな折に、厨房の固定された部分、加工機械に対して紫外線とオゾンで殺菌が可能な装置を導入することになりました。

もちろん調理器具の細かな部分については従来通りのアルコール消毒は行われますが、スプレーをひたすら噴霧するような頻度はかなり減るはずです。

藁氏は専門家ではありませんので、パンフレットを見た限りですが、有人時は紫外線、無人時はオゾンで厨房室の殺菌と脱臭を行う装置という事で、実質的な安全性に加えてスタッフの健康にも配慮した機能であると思います。

カテゴリ:
3日ほど前からくしゃみが頻繁に出るのではじめは風邪かなと思っていましたが、どうも出社している間だけ目と鼻にムズムズ来ているような気がしました。

とりあえずマスクを着用していたのですが、眼鏡が曇る締めはしょぼしょぼするしで余計に仕事に支障が出てしまいました。

11月で気温も下がってきたこともあり社会にもマスク姿の人が多いのですが、関はしていてもくしゃみの人はいません。

これはたぶん何かのアレルギーだろうと。

その日は5時きっかりには退社できるので耳鼻科外来が近くに内科検索し、耳鼻科(耳鼻咽喉科)新宿駅南口近くのクリニックを見つけました。

クリニックのホームページには、アレルギー関係の詳しい説明があったので何とかしてくれるような気がして駆け込みました。

流石に退社時刻で待合室は混んでいましたが、かなり早いスピードで名前を呼ばれました。

聞けば新宿のクリニックという事もあり、お医者様が5人態勢なのだそうです。

うちの近所の内科はお医者様一人で回しているのですごく待ちますが、このクリニックなら単純に考えて5倍のスピードですよね。

診察後にお薬を処方してもらって早めに就寝し、翌日に出社。
くしゃみは大分マシになりましたし、目のしょぼしょぼが消えたのが一番助かりました。

カテゴリ:
先ほど浜松の実家にいる兄と久々に電話で話す機会があり、近況などを報告していました。

私は兄と9歳も歳が離れていることからかなりのお兄ちゃんっこで仲が良く、それどころか幼少の時よりなにかと頼りっきりでした。

そんな兄が話の途中で「ああ、そうだ、今度実家の田畑の一部を住宅に転用するんだけど、親父が相続の時に名義変更せずにいた農地沿いの一部の土地とくっつけるのに専門家の手続きが必要らしいんだ。今家にいるならネットで "浜松 司法書士" を検索してほしいんだけど」と言われました。

目の前の机にブラウザを開いたままのパソコンがあるので、ざっと検索して1~2ページ目までをリストアップして、業務内容のページを並べ、ネットファックスで実家に送りました。

私は仕事でネットとパソコンをよく使うのでこの程度の調べ物は5分とかかりません。

「おお早いな!サンキュー!俺、携帯ガラケーですごく見にくいから助かったよ。」と言われました。

私は司法書士のリストを実家から近い順に並べて送っただけですが、兄がそこから遺産相続や土地の名義変更に詳しい専門家を探して相談するという事でした。

いつもなら、何やかんやと私が兄に相談をして助けられてばかりでしたので、思えば兄に私が何かをして役に立ったというのはこれが初めてかもしれないな、とそう思いました。

カテゴリ:
会社の製品紹介の為にハウトゥムービーを作成する事になり、たまに印刷物をお願いしているデザイン会社に見積もりを取ったところ1商品10分あたりかなりの額になることがわかりました。

商品は30種類ほどあり、予算オーバーです。

上司に相談したところ、撮影用スクリーンとビデオカメラはあるし、基本的にほとんどナレーションは必要ないので字幕を入れるソフトがあれば自社で行けるんじゃないかとの事。

まあ、ハウトゥムービーはすでに購入したお客様が、具体的な使用方法を確認するためのものですからCMやプロモーションのような手の込んだ映像テクニックは必要ありません。
編集も、画面切り替えと字幕が手順に合わせてタイミングよく表示されればOKという事で、営業部の方でためしに1本作ってみる事にしました。

オンラインでダウンロードできる字幕ソフトを探していたところ、無料で試用できる動画編集ソフトがあったのでそれで素材動画を切り貼りし、タイトル、キャンプションを手順に合わせて入れていきました。

ナレーションは私が商品紹介文を読み上げたものを仮に挿入し、100円ショップで売っていたBGMを再生するようにしました。

OKが出ればBGMは商用利用OKの物を差し替えておおよそ完成です。

このソフトが高性能なのかかなりきれいな映像で、仕上がりも良く、上司のGOサインで全商品分をこの方式で作成する事になりました。

カテゴリ:
LCCを初めて使ったのは、7年前の沖縄出張の時からです。

スカイマークエアラインが初めてでした。

羽田から沖縄までを宿泊込で往復約20000円という激安で行きました。

平日の格安出張パックをウェブサイトから申し込んだのです。

実はLCC自体初めてでしたが、機内サービスが簡易化された感じや、客室乗務員の髪型と服装が降湖素面なんだなと思った程度でマイナスなイメージは全くなく、とても気に入りました。

その後、母親を連れて、プライベートとで沖縄や北海道にジェットスターを使って行きました。

私は天候にも恵まれていたので、飛行機のキャンセルに遭遇したことがありませんので、その部分の対応はわかりませんが、他はなにも問題ないでふし、国内旅行くらいならば格安航空券を使わなきゃもったいない!って思えるくらい、とても気に入っています。

飛行機は小さめです。

でも、国内旅行で数時間だけなのに、機内食や映画やドリンクやそんなサービスいらないです。

それがないだけで繁忙期なんて普通の航空券の5分の1くらいの値段になってしまうんですから、全然我慢できます。

最近は格安と言えども、客室乗務員の質もあがってきたと思います。

特にジェットスターは、もともと別で働いてたベテランの人が流れてきてるのか、対応も良く、髪型や服装に乱れもなくすごく良い印象です。

このページのトップヘ

見出し画像
×