カテゴリ:
私はポイントサイトの威力というか実力を知ったのはつい最近で、それまではコツコツとガチャや買い物のポイントバックで稼ぐ程度でした。

私が趣味でやっているブログでポイントサイトの実践日記を書いて、月5000円まで行ったときのことです。

何気なく貼っていたげん玉のバナーから紹介が入り、その紹介者が結構な人数を紹介してくれたのです。

それからは、こちらでクリック報酬などを得るよりずっと安定したポイントが入るようになりました。

げん玉は三段階の紹介制特典があるのでこの利点を生かすのが得策と考えて、サイトを一本に絞り、私の体験談をブログポストして言ったらさらに紹介が入りました。

どうも、紹介者が結構SNSで影響力のある人の場合、3段階目が爆発するようです。

これに味を占めて現在では数万円がナニモシナイで稼げている状況ですが、なんと最近になって貯蓄ポイントに”利息”が付く制度になり、換金を一時保留して利息で更に収入を加速させることができるようになりました。

ある程度の目標を定めて換金をして、次の目標無に買ってためるという事を繰り返していますが、これは紹介制のおいしさを知らなければ微々たるものでこれほど力を入れることは無かったと思います。

事務所の改装

カテゴリ:
年明けに職場に行くと、昨年末に工事に入っていた階層が終っていてボロビルの一室が見違えるようにピカピカになっていました。

空調も新品にしたという事で、昨年末全然効かなかった冷房もばっちりのようです.。゚+.(・∀・)゚+.゚。 

一番すごかったのは、床のタイルがピカピカになっていて、これだけツヤツヤピカピカにワックスが掛かっていたら滑るんじゃないかなと恐る恐る歩いてみると、これが全然滑りません。

しゃがんで床を触ってみれば、木目のフローリングなのにガラスの様な感触です。 

それもそのはず、ナノガラスコートという、ナノレベル?まで細かくしたガラス質を均等に塗って固めたフロアコーティングで、わざわざ埼玉の専門施行会社から職人さんを呼んで、塗ってもらったと言っていました。

 翌日から通常業務で、朝の朝礼後に軽くモップ掃除をするのですが、これが楽ちんでいつもの半分くらいの時間でフロアを拭き終りました。

月一で入ってもらっている清掃業者さんにも、ワックス作業を頼まなくてもよくなぅたので結果的にすごく経費削減になったとの事。

今回の改装で、ちょっと不満なのは照明をすべてLEDにしたという事なのです。

今まで蛍光灯の光になれていたので、気のせいかギラついたまぶしさを感じるときがあります。

そのことを上司に言うと、LED照明のコンバーターのクラスによって点滅したように見えるものもあるというので、 施工会社さんにもしあげられるなら、ワンランク上の証明に変更してもらうという事になりました。

追記:
あれから2年が経過し、3回目の年末掃除をしましたが、フロアー面のガラスコーティングに劣化は見られず、モップの水拭きだけで新品に張り替えたような光沢を保っています。

それまでは、ワックス剥がしからしみ抜き、洗浄、ワックスがけとそれだけで1日がかかり、しかも床を掃除している間は他の場所を掃除できないという事から休日出勤でやっていました。

それが窓や壁、デスクの清掃をして最後に床を拭いたら終わりという事で土曜日の夕方にはすべてが終わり、職場の様子もかなり気持ちが良いものになりました。

こういったコーティングはコストから導入を躊躇する事もあるでしょうが、生産性を重視する中小企業こそ率先してやったほうが 実質的に人件費等の節約につながると思います。

追記:
新営業所が千葉にできることになり、再びナノガラスコートを同じ業者さんにお願いすることになりました。

S__30416946

新しい営業所は私もスターティングで6か月出向する事になっていますので、埼玉は所沢市のショールームを訪問(森のしずく)しました。

今回は、光沢の無いタイプのガラスコーティングを発注する事になり、実際の光沢の押さえられ方がどの程度なのかを確認しに来たわけです。

特に新しい営業所は壁面に商品を陳列する計画があり、商品棚を目立たせるためにあまり、テカテカのフロアではない方が良いと判断したのです。

実際に施工されたフローリングを歩いたり、触ったりしましたが、イメージとしてはしっとりマットな表面ですが、触ってみると確かに木の感触ではない硬いもので覆われており、ワックスのように滑らずキュッと摩擦で止まるノンスリップ加工です。

支店長もこれならイメージ通りという事でその日のうちに申し込みをして帰社しました。

カテゴリ:
以前このブログでダイエットカテゴリーを作っていました(今は非公開になってます)が、あれから3年ほど経過して現状はどうかと申しますと、う~ん。すっかりサボってやらなくなってしまいました。

有酸素運動は1年ほど続けていたのですが、三か月ほど続けて思うように減らずにサボって、またしばらくすると思い出したようにやるというサイクルが、友人が言うにはダイエット失敗のゴールデンコースらしいのです。

友人は済んでいるところは大分なのでかなり離れていますが、仕事で引っ越した大分でダイエットを始めるまでは私よりもずっとぽっちゃり体型でした。

しかし、私よりずいぶん遅れてボディメイクを始めたのにわずか1年で追い抜かれ、2年目の今ではたまにあって一緒に横並びの写真を撮るのが嫌になるくらい差が開いてしまいました。

私の場合あくまで自己流の運動とカロリー制限で、きつくなると3か月くらいサボるという意志の弱さもあり、体重の増減も微々たるものだったのですが、友人の場合はプロのパーソナルトレーナーの元でみっちり管理されたプログラムに取り組んでいました。

初めにそれを聞いた時には「そんなの結局続ける意思の問題でしょ...」と自己流を続けていましたが、いかんせん目標もゴールも見えない事で心が折れまくったのは私の方だったのです。

友達が言うには、私が挫折する三か月という期間を乗り切ればもう少し効果が見えたかもしれないとの事でしたが、そういったアドバイスや目標を常に管理して与えてもらうだけでも効果はありそうだなと思いました。

カテゴリ:
「大阪の叔父ちゃん亡くなったんだって...」

訃報を聞いたのは、先週金曜日の3時過ぎでした。

私は一番に考えたのはおじちゃんの奥さんです。
昨年から肺の拡張症で入院して自宅のマンションから降りるのも息が切れる状態だったので、まさかここで叔父が先に亡くなるとは...

うちの実家は東北なので、関西の親戚はおらず、いちばん近いのは名古屋の従妹と東京にいる私だけ。

従妹はすぐに連絡が来たけど、出張中で月曜まではどうにもならないらしく、5時に仕事をあがるとすぐに新幹線に飛び乗りました。

叔母はすぐに斎場の手配センターに連絡して、家から一番近い大阪市立北斎場を確保してもらったと連絡が入りました。

私は難波までたどり着いて母にすぐ着くと連絡を入れてもらい、天神橋筋六丁目駅へ。

そこからタクシーに乗ったらワンメーターで大きな斎場に着きました。

叔母は通夜の席で気丈に振舞っていましたが、体調が悪いのは分かっていたので私が受付などできる限りこなすことにしました。

私は施設が大きくて控室も広く、火葬まですべて揃っている施設でよかったと思いましたが、叔母が空咳をしながらヨレヨレと親戚が到着する度に入口(すごく広い施設なので遠い)まで迎えに行こうとするので私が行きますと何度も止めに入りました。

夜半過ぎには福島の親戚が到着して、叔母はなるべく座っているようにと本家の叔父が言ってくれてひと段落しました。

カテゴリ:
今年に入って新年度までにしようと思っていた事がいくつかありますが、その一つはレーシック手術です。

はっきりいぅて私にとっては一大決心だったのですが、昨年あたりにメガネ友達数人がレーシックを受けて裸眼になったというのが一番の理由。

メガネをかけなくなった途端に今まで地味だった子もすごいオシャレづいて、実際にすごくかわいくなったんですよね...

私が視力矯正に踏み切れなかった理由の一番目は高額な費用だったのですが、友人の話ではレーシック費用がかなり安くなっていて自分の時は20万円で両目の手術が出来たと。

それを聞いてウェブサイトを調べてみると、クリニックの比較サイトではさらに安い費用のところもあることがわかりました。

まあ、視力に関わる事ですから、最安よりは友人の紹介で評判の良いところを優先にしたいと思いますが、20万円代でもレーシックが認知され始めた当初よりは破格だともいます。

実は3月中、できれば2月中にうけたかったのですが、いろいろ予定が重なって新年度までとはいかない感じです。

施術自体はほんの三十分程度と聞いていますので、すぐに申し込めば今頃は終わっていたのでしょうが、なにせビビリですから、ようやく相談に行って手術後3日間は有給をとろうと思っています。

このページのトップヘ

見出し画像
×