カテゴリ:
LCCを初めて使ったのは、7年前の沖縄出張の時からです。

スカイマークエアラインが初めてでした。

羽田から沖縄までを宿泊込で往復約20000円という激安で行きました。

平日の格安出張パックをウェブサイトから申し込んだのです。

実はLCC自体初めてでしたが、機内サービスが簡易化された感じや、客室乗務員の髪型と服装が降湖素面なんだなと思った程度でマイナスなイメージは全くなく、とても気に入りました。

その後、母親を連れて、プライベートとで沖縄や北海道にジェットスターを使って行きました。

私は天候にも恵まれていたので、飛行機のキャンセルに遭遇したことがありませんので、その部分の対応はわかりませんが、他はなにも問題ないでふし、国内旅行くらいならば格安航空券を使わなきゃもったいない!って思えるくらい、とても気に入っています。

飛行機は小さめです。

でも、国内旅行で数時間だけなのに、機内食や映画やドリンクやそんなサービスいらないです。

それがないだけで繁忙期なんて普通の航空券の5分の1くらいの値段になってしまうんですから、全然我慢できます。

最近は格安と言えども、客室乗務員の質もあがってきたと思います。

特にジェットスターは、もともと別で働いてたベテランの人が流れてきてるのか、対応も良く、髪型や服装に乱れもなくすごく良い印象です。

ビットコインがどんどん値上がりしていますね。

私はビットコインのフライヤーのチャートを見ていますが、昨年9月に比べると約5倍も値上がりしています。

1万円分だったら5万円、100万だったら500万円と妄想が広がります(笑。こういうの、自分は本当に先見の目が無いです。

価値が上がるという事はそれだけみんなが価値を認められている証拠ですね。

中国なんかは現金を持ち歩かず、庶民的なパパママストアでさえ、電子マネーで取引していますから、時代も変わったもんだとつくづく思います。

これからもどんどん需要が伸びると思うので期待は高まります。

あの東京三菱銀行でさえもビットコイン参入していますから、信用度の面でも折り紙付きかと思います。

やはりアナログ派にとっては、大手銀行が参入したというブランドは強いです。

そもそもビットコインが発展すれば、海外送金や、国内銀行間の手数料も減額、もしくは無料になると思います。

単なる売買ではなく、既定のBTCを支払って参加できるHYIP「Bit Monster」は英国のファンドがユーザーに代わって運用して日利1%等の高配当が期待できますので、少しずつ買ったコインのほんの一部(0.1BTCから参加可能)を投資に当てています。

カテゴリ:
今の時期、昼は暑いのに夜は寒いせいか朝起きると急に鼻水がズルズルになっていました。

私は接客業なので、この状態ではマスクをしていてもかなり不快ですし、そのまま仕事場へ行くと上司に注意される職場です。

引っ越してきて間もないので、病院がどこにあるか詳しくないのですが、家の近くに耳鼻科があったので会社に午前中に病院に行くと連絡をしていってみました。

午前中しか診察がない土曜日だったので、混んでいるだろうと思ったのですが、なぜか車が数台停まっているだけで駐車場がガラガラでした。

今日は空いているラッキーな日だと思って、入口に行ってみると、張り紙に大きく「臨時休診日、薬の受け渡しのみ」と書かれていました。

慌ててネットで会社近くの耳鼻咽喉科を探しました。

幸い、いつも使っている新宿西口に耳鼻科があるのを見つけて連絡をしました。

そのまま駅まで行って診察、アレルギー性鼻炎の薬?を処方してもらって出勤しました。

お昼休みが終る頃には薬がよく効いていつも通り、仕事をすることが出来ました。

今回は鼻水が出ていただけですが、突然熱が出ることもあるので、前もって周辺の病院を調べておくのは大事なことだと改めて思いました。
 

ジャズに興味を持ったのはあの村上春樹の、小説ではない本、音楽エッセイの「ポートレイト・イン・ジャズ」で、でした。

和田誠がジャズミュージシャン1名を題材に描いた絵1枚に対し、村上春樹が一本エッセイを書く、という風な構成の、文庫本だと紙が厚手の結構厚い本です。

その本を一冊読み通した後、「ジャズってなんか良さそうだな。実際に聞いてみようか」と思ってマイルス・デイヴィス、ビル・エヴァンスの二名に見当をつけ、どちらかをTSUTAYAでレンタルしたと思います。そのときに借りた、後からCDの盤で買ったビル・エヴァンスの「ポートレイト・イン・ジャズ」が私のお気に入りです。

CDに収録されている曲の中でも具体的には「枯れ葉」がお気に入りです。

「間」が利いた、タメたリズムのとり方の、気難しい顔で鍵盤を注意深く叩くのが想像できるような、枯れた、落ち着いた音色の美しいピアノが、実際に聞かずに今思い出しても「いいなあ…」と、前実際に聞いたときのことを思い出して、機嫌が良くなってしまいます。

どうやったらピアノを叩いただけでこんな音が出るのだろう、という、精密な作り物のようなタッチの枯れた、美しい音色は聞いていると幸せを感じます。

実は昨年の暮れあたりからジャズピアノレッスンを池袋で受けています。

月に2回ほどですが、仕事帰りに最寄りの池袋駅から歩いてすぐの教室でマンツーマンです。

休日も何気なく習ったフレーズを弾いてコーヒーを飲むなど、良い時間を過ごせています。

カテゴリ:
私は以前リード110EXという110CCの黄色いスクーターに乗っていました。

自宅の近所にあるバイク屋にて新車で購入し、約1年半ほど通勤に使用していました。

片道約40キロの通勤距離だったので、売却時の距離は約17000キロとなっていました。

そして車を購入したタイミングで売却しようと考え、お世話になったバイク屋に買取をお願いしましたが、思ったほどの下取り額が付かなかったので、以前から気になっていたネットのバイク買取おすすめ業者を見て査定依頼しました。

新車購入で1年半で状態も良いと思っていましたので、きちんと査定をしてくれる業者があるはずと思ったのです。

新車購入時、純正オプションとしてリアボックス、ウインドシールド、ナックルガードを取り付けていました。

結果的に、乗り出し価格は約290000円、買い取り価格は130000円で大満足です。

今回の売却では、新車購入という事もありオイル交換やメンテナンスなど、整備記録、車体の経緯もきちんと見てくれてくれていたので、結果的に満足のいく金額で引き取ってもらえました。

そして自賠責保険の払い戻しの手続きはショップがおこなってくれ、こちらが面倒な手続きをおこなうことは一切なく、助かりました。

また塩害の強い地域に住んでおり、普段から洗車をこまめにおこなっていましたが、そのまま放っておくと劣化が進んでしまう可能性もあったので、高額買取りしてもらえたことはとてもよかったと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×