2005年04月27日

大変不謹慎な発言ですがご容赦ください。

最近、脳死臓器移植や輸血の不足などという話を書きました。

まず、JR列車事故にあわれた方にご冥福をお祈りいたします。

非常識を承知で書かせてください。
今回の事故で、多数の重傷者が出ています。

脳死の判定が出る患者さんもいらっしゃると思います。
今回の列車事故の犠牲者の中から、不幸にも脳死となり、治療のすべがない方が必ず出られると思います。

他人の死を待ちわびるわけでは決してありません。
しかし、命のリレーで救われる命も存在していますし、移植が間に合わず死んで行く人もいます。

今回の事故を喜ぶ人など誰もいません。
しかし、現実を直視すれば、脳死患者からの臓器移植がかなりの数、行われる可能性が出てきたのも事実です。(現行法では無理かもしれませんが)

脳死を人の死と認めるなら、臓器移植を前提に脳死を待ち望むなら。
こういった不慮の死を遂げられた方の善意で脳死移植が推進するということを、脳死賛成の方はよくわかっていただきたい。こんなに悲しいことなのに。

命のリレーをする、非常にありがたい話です。感謝しきれないくらいです。
でも、あなたの家族がもし、事故に巻き込まれ、脳死になったら、、、。
脳死臓器移植提供を自分の愛する家族が生前に望んでいたら。

こんな悲しい時に、家族は提供するかどうか、即断即決を迫られます。

出来ますか?。医者も家族に向かってそんな話を切り出せますか?。

こんな悲惨な事故があった時だからこそ、目をそむけずに、本音を議論していただきたいと。これを不謹慎だ、暴言だと思われるなら、あなたは脳死移植に賛成すべきではない。

時間がなくなったので、ここまでとします。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 或る医療ボランティア団体について  [ TABASCO PEPPER ]   2005年04月26日 23:49
繭奈さんのエントリーを見て、阪神大震災発生直後囁かれた噂を思い出しました。今、あなたの目の前に、・軽傷(切り傷など)のひと・重傷(骨...
2. 「脳死」・選択の自由  [ たかが頭痛が脳腫瘍!! ]   2005年04月27日 10:14
繭奈さんのページから、「 脳死 」のことで、今回の大きな電車事故がきっかけでもなんでも、とにかく議論が少しでも進んで欲しいと思いました。脳死を認めて誰からでも臓器を取れるようにしたら、他の人が助けられるのにと言ってるのではないです。脳死を認めて欲しい人...
3. 脳死議論に引きずられて  [ ERに憧れて ]   2005年04月27日 21:33
私の好きなサイト『女医繭奈のお気楽な医療日記』で、脳死に対する議論があっている。 それで思い出したのが、この前の法医学の授業。 教授が脳死法案に関する新聞のコピーを配り、 「この法律はオカシイ!!」 と言っていた。 確かに、オカシイ。 脳死を人の死とす
4. 脳死は死か?1  [ 小犬のワルツ ]   2005年04月28日 20:32
たまたま全く関係ないことでネットをうろうろしていたら、脳死について議論されているblogにたどり着きました。 結のことがあって以来、脳死について、倫理観についてなど、考えるようになりました。 実際、図書館でそのような本ばかり借りて読み漁るようになりました。...
5. 脳死になったら  [ キャリアコンサルタントのひとりごと。 ]   2005年05月02日 00:48
JR西日本の事故で、組織のありかたとか同社の経営などについていろんなブログがとりあげていたし、テレビ地上波でもこれでもかというくらいにとりあげられていました(が、あの魔女狩りのような構成はどんなものなんですかね)。大体、その観点では普通は見るんですよね。 .
6. 臓器移植より人工臓器  [ 薬剤師が実践している”一人で出来るコリ・痛みとり健康法” ]   2005年05月27日 06:05
今日の朝日記事の一面記事トップニュース 国産人工肺初の手術 次世代型 こぶし大・軽量 子供への応用期待 東京女子医大心臓血管外科(黒澤博身教授)は25日、「新たに開発した小型の補助人工心臓エバハートを、重い心不全の男性患者(46)の胸部に今月7日に埋め込
7. 脳死問題1(立花隆編)  [ 誰でもわかる!最新医学ニュース ]   2005年06月28日 13:12
気鋭のジャーナリスト・立花隆さんの脳死3部作である 『脳死』 『脳死再論』 『脳死臨調批判』 を読んだので、ここにまとめます。 脳死の問題は根深いものです。 まず、「脳死は死なのか」という問題があります。 これは医学生物的、法学的、道徳的に それぞれ照

この記事へのコメント

1. Posted by 不謹慎1   2005年04月26日 23:00
脳死の議論を直接この事故と関連付けて話しをするというのは、いま事故が起こったところで、いま、まだ苦しんでいらっしゃる最中であり、このような取り上げ方は時期として不謹慎だと思います。回復をいま、願っている家族の方がコレを見て、どう思われるでしょうか。不慮の事故ですから、おそらく、可能性があればよくなって欲しいと願う家族も多いのではないのでしょうか。議論のために、家族の方、当事者の方に不快な思いを与えてよいということにはならないと思います。
2. Posted by 不謹慎2   2005年04月26日 23:00
見る見ないは見る側が判断したらいいということですが、インターネットで公開されている以上、見たくない人が見てしまう可能性もあり、表現の影響というのも考えて欲しいです。また、不謹慎、暴言というのであれば脳死移植に賛成すべきでない、、というのも、あなたが批判しているのと同様に、相手に意見を強要しているてんで、不適切な発言だと思います。もちろん、このようなたくさんの方にインパクトを与える事件がおきたときにそれを契機として、議論の取っ掛かりにするということはよいと思いますが、取り上げ方、時期には考慮していただきたいと思います。
3. Posted by ドクター乱夢   2005年04月26日 23:49
こんばんわ、さすがに鋭い意見ですね。
僕はトリアージをまっさきに考えました。
4. Posted by 番記者O   2005年04月26日 23:59
タイトルには、こう記されています。
「大変不謹慎な発言ですがご容赦ください」と。
5. Posted by @むーむー   2005年04月27日 00:25
暴言でも不謹慎でもないと思います。たまたまこの機会に発言されただけでしょう。たまたまこの機会があったというだけで、それがなにか?です。いつだって、人は亡くなっていってますよ。私は臓器提供望んでいるし、家族にも伝えてあるので、その自由を早く実現して欲しいです。提供したくない人はしなければいいのだから、せめて話し合いくらい早くしたらです。自分が自分でない状態で、生かされてるなんて、ごめんな人もいるのですから。せめて早いとこ、人様のお役に立ちたいです。こんな希望を持ってる人間もいるのに、なにが不謹慎なのですか、わかりません。
6. Posted by ドクター乱夢   2005年04月27日 00:34
遠藤順子:反脳死・臓器移植 

以前、遠藤順子(故遠藤周作氏の妻)著:夫の宿題を僕のHPで紹介したことがあるが、その中に脳死はやはり人の死ではないという項目があったので紹介する。
「他人の臓器をもらえば自分の子供の病気が癒るというような場合、誰もが「人を殺してでも臓器をもらいたい」と思うのは人情でしょう。でも、人間としてやってはいけないこともある、のです。法律というのは、宗教的戒律などに較べれば、最低限の道徳律です。その最低限の道徳律である法律が、脳死によって臓器を取り出すことにGOサインを出すことは、私にはどうしても受諾できません。
 この法律が成立した時には、いろいろと厳しい制限付きでしたが、成立後数カ月して早くも「制限がありすぎるため、臓器移植が行われないのだ」といったような議論もチラホラ出てきたように思います。「ホラおいでなすった」という感じです」

7. Posted by GROBDA   2005年04月27日 11:17
不謹慎でもなんでもないと思いますし、実際脳死判定が起きる状況というのは不慮の死であるケースが多いと思います。
#老衰や病魔にやられてたら取り出すべき臓器がありません。
#言葉は悪いですが、移植に必要な臓器は健康な肉体にしか存在しませんし、それを持っている人が死ぬなんて不慮の事故くらいしかないのが現実です。

こういう状況下で冷静に移植のための患者(遺体?)の搬送が行われるか、遺族への説明や精神的ケアをどうするかという問題は当然あります。
その辺のシステム作りの心配をするならともかく、移植賛成派がいかにも頭が足りないような書き方はちょっと読んでいて悲しくなりました。
8. Posted by やす   2005年04月27日 11:26
不謹慎でも何でもなく、実際に脳死段階での移植が行われる様になれば普通の事として

誰かが家族の方に話さなければならない

 事なんですよね。
それをやらされるのは、間違いなく医師。
医師がその様になってしまった患者さんをどう思っているかなどとは無関係に
「助けることが出来るかもしれない命」
の為に、苦しんでいる辛いご家族の前で言わなければならない。
 
 キレイ事や建前論の前に本当に本音で議論が進まなければいけないと私も考えます。
 こういう時こそ現場の先生方の声というのを事故の治療が終わった後に伝える事が出来ないものなんでしょうか?

 今回の事故に巻き込まれた方々には心からのお見舞いと、亡くなられた方に哀悼の意を捧げる事は言うまでもありません。
9. Posted by Nag   2005年04月27日 20:11
ドクター乱夢さんのコメントに引用されている文には、俺は真っ向反対ですね。
そもそも、医療の問題に宗教を持ち出したらキリがありません。
輸血拒否の宗教を考えてみてください。
あの宗派が大多数を占める国があったとして、その国で宗教にのっとって全面的に輸血禁止になったとしたら、それ以外の宗派の人の輸血を受ける権利を宗教が奪っていることにならないでしょうか。
日本でどの宗教が優勢であろうと、宗教の戒律や宗教観から離れて、法律で定めるべきことは法律で定めるというのが、非常に倫理的だと思います。
脳死議論に宗教や死生観を持ち出して、移植を受ける人たちの権利を侵害してはならないと、俺はそう思います。
10. Posted by Aggressive Girl   2005年04月28日 05:05
本当に難しい問題ですね。
私も日記に書いたんで、TBさせていただきました。
11. Posted by アポテーカー哲   2005年04月28日 08:35
タイトルに大変不謹慎な発言といっているのに、最後にこの発言を目をそむけずに、本音を議論していただきたい。これを不謹慎だ、暴言だと思われるなら、あなたは脳死移植に賛成すべきではない。というのはすこし問題じゃないですか。
結論はっきりしているのに本音の議論なんてできないと思いますよ。
私はこの時期の発言が不謹慎だと思うので、あなたから見れば脳死臓器移植反対者なんですね。
私は人工臓器の開発やクロンか技術が実現するまでの一時的な手段としては賛成なんですけど・・・。
でも、ずっと脳死臓器移植が続くのには反対です。今はその流れのような気がします。
 
12. Posted by @むーむー   2005年04月28日 09:51
ここからTBさせていただいて書いた日記に、コメントをいただいたのがヒントで、またやってきました。人それぞれなので、もし白骨になるまで、死を認めたくないって言う人がいたとしたら、またきりないし、だとしたら、Nagさんの言うように、ある一線で「法」で決めるしかない。仏教は、山川草木全てに命があって、だから心臓が動いてて温かいうちは、死んでないとか、キリスト教はそれでも人のためには自分を捨てるとか、いろいろです。 だから、私のように、自分を利用して下さいという希望の権利もあるわけで、臓器移植が犠牲であるような考えはおかしいです。
13. Posted by 他人の意見1   2005年04月28日 10:26
みなさんが、書いているように、「、、、、だとしたら、、、でない」のような表現は議論の成立する場所をあえて封印するようなものでよくないと思います。脳死の議論を通して学んだことのひとつは人それぞれいろいろな意見があって、、、ここまではいいんですが、、、じゃあ、違う考えの人がいたときに、どのように対処していけるか、、すり合わせることができるかということが意外とみんな苦手だということです。最初の「」の一文も自分の意見を他人にたいして押し付けようという印象を読む人に与えると思います。
14. Posted by 他人の意見2   2005年04月28日 10:26
 ですから、「、、、が正しい」「、、、がおかしい」という表現では結局ただ、対立する意見を排除しているだけで、解決には結びつきにくいと思います。

 やはり、この時期に家族を思う当事者のご家族のかたにとっては、不謹慎な取り上げかただと思います。ニュースをみて、家族でご飯をたべながら話するとか、学生同士、職場の仲間同士で話をするということならそれは、議論としてなりたつと思いますが、ブログが公開されている以上、ご家族のかたに不愉快な思いをさせるかもしれない取り上げ方は不謹慎だと思います。私はそうは思わないといわれるかもしれませんが、あくまで、受け取り手の側がどう思うかが大切ですよね。当事者のかたにもそうでないというかたと、そうだというかたがいるとは思いますが、いま事故があって、すぐの時期にそのような気遣いをすることは最低限のルールだと思いますがいかがでしょうか。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔