2004年09月05日

この国は守ってくれるのかな?

自分のことばっかり考えて大変申し訳ない気分にはなるのですが。テロ。

チェチェンのテロとパチンコ屋の人の誘拐身代金事件がありましたね。沖縄のヘリ墜落のこともあるし。北朝鮮の拉致とかも。
この国は、守ってくれるんでしょうか、私達を。

誘拐は、担当部署に連絡が2時間もかかった挙句、警察から誘拐された関係者への指示が、体制が整わないからもう少し待ってくれですし、、、。(2000万犯人に渡すことで、無事人質は解放されましたね)

民族や宗教、洗脳など、テロとは縁遠い国と思われている日本ですが、実際にロシアであった事が日本であったら、日本人はそして警察はどう対処するでしょう、、、。

おそらく、人命最優先、お金でも要求でも何でも聞いてやるから人質の命だけは助けてって、、、。
人質が万が一多数死んだりしたら、テロへの対応の国際的な基本姿勢なんてクソ食らえだろうね。

で、、、おまけに、日本って国はテロリストにも人権がとっても尊重される国だろうし。。。誘拐犯、立てこもり犯、殺人犯なんかをうかつに殺そう傷つけようものなら(人質無事解放した場合ね)警察のやり方に問題はなかったか、犯人を説得できなかったか、なんて人権擁護の人達が糾弾するだろうし。

平和なオリンピックが無事に終わっただけに、やっぱり平和じゃないんだなって思い出さされた。

不本意に死にたくないよう。
ホントしにたくない。自分の友人や知り合いが死んでも自分が助かるならそれでもいい、、、。死にたくない。

不謹慎な記事内容で申し訳ありません。
ロシアの亡くなられた方、ご冥福をお祈りいたします。テロなくなって欲しいよぅ。。。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 街のクマ   2004年09月05日 16:00
なこまゆ先生こんにちは、とても御久し振りです。
ロシアのテロ事件、かなりリアルタイムで生々しい映像が
飛び込んで来るので驚いています。
チェルノブイリの原発事故ではあれ程の重大事故だというのに
日本に入る映像、情報、少なかったですよね?
それにしても人質は3日も飲まず食わず状態で監禁されていて、
「尿を飲んでた人もいる」なんてインタビューに答えていた男の子、
裸の血だらけの子供を抱きかかえて走る親御さん
「私の息子が撃たれた」という翻訳テロップ・・・
100人が瞬く間に250人以上となり、一体何人亡くなるのか?
「テロに屈しない」「交渉には応じない」という国際的なテロ対策姿勢も
あれだけ大量の死傷者が出て、マニュアルが変わるのでしょうか?
「知ってる人が亡くなっても自分は生きていたい」なんてそこまで正直に
自分の事を偽悪者にされてはいけません、、、
2. Posted by イタロ   2004年09月05日 22:12
今日は、写真を撮りに、久しぶりに港まで行ってきました。
ところが、以前は入れた場所に、鉄条網つきのフェンスが作られていて驚きました。
これも、テロ対策だそうです。

オーム真理教の事件や、アルカイダが潜伏していたりと、もはや日本もテロとは無縁ではありません。
アメリカと同調している以上、可能性も高まると思っています。
なにが、テロリストを生み出すのか、時々考えます。
人々は、もっと分かり合えないのかと願っています。
べつに、宗教はやってませんが。

日本が、どれくらいテロに対して準備をしているのか知りません。
せめて、わが身と、大切な人たちを守るために、注意をしてゆきたいとは思っています。

3. Posted by MERCY   2004年09月06日 13:56
どれだけ大量の死傷者が出たとしてもテロに屈しない、交渉に応じないのマニュアルは変わらないでしょう。
と言うか、そこを変えるなら、ばんばんテロを行えば国の方針を自由に変えられる事になっちゃう。
それって、専制主義の国とどう違うんでしょうか?
まぁ、日本ではあまり意識されてないことのようですが、自由とは勝ち取る物だから・・・・・

奴隷としてで良い、生きたいって事ならテロに屈するのはまぁ自由ではあるかも・・・・
4. Posted by ハバネロ   2004年09月11日 23:38
 「この国が私を守ってくれるのか」・・・それは、相対的に、より安全か、より危険か、、と言うことでしかあり得ません。そして、安全と危険の差は、少なくなっていっていると考えていいでしょう。
 「死にたくない」当然、誰しも思うことです、そこが出発点になる?人を殺してはいけないというルール?じゃあ、死刑もだめ。僕は無条件に死刑に反対する立場ではありませんが。
 今回の、テロ(きわめて言葉そのものの使い方が曖昧)の流行は、1990年以降のアメリカの責任が大きいと思います。アメリカは、そもそもフロンティアスピリット(要するに現地人を殺して領土拡大)を国是とするような国です。大統領選挙を見ていても、楽天的で、将来に明るい展望を示す方が勝つ。現実派の国際協調路線は、たいがい負けます。アメリカは、絶えず敵を必要としているのです。気持ちの上でも、武器産業の必要性からも。旧ソ連が解体してから、矛先をイスラムに向けた、と言うのが、ごく普通の考え方のように思えます。アメリカ国民が、経済的に豊かでかつ、明るく楽天的な気持ちを維持するためにはどこかの国が犠牲にならなければならないのです。
 宗教という視点で考えると、過去の歴史、特に十字軍なんかを考えると、イスラムより、キリスト教の方が残虐です。やられた被害の、何倍も何十倍もやり返そうとします。今回についても、死者の数は圧倒的にイスラム教徒の方が多い。なんでかな?よく分かりませんが。
 9.11の後のアメリカは、その「報復」を行いました。「報復」(リベンジっていう言葉もあるけど・・・・)、それって、許されることなのかな?単なる殺し合いでしょ。しかも、9.11は「テロ」と呼び、自分たちの「報復」は「戦争」と呼び変えて。
 日本も、2000年前は、侵略によって出来た国家でした。その後、侵略者の血がそうさせるのか、他国に対して何百年かおきに、侵略を試みてきました。アメリカだけが特殊なわけではありません。人種のせいでもないと思います。
 僕も、テロはなくなって欲しい。それには、「人を殺さない」という原則にもう一度スポットを当てるべきだと思います。社会には当然法律、ルールがありますから、「罰」は必要です。死より辛い罰もあると思います。そんなことはあまり考えたくありませんが。
 楽天家でもなく、悲観主義でもない、普通の人が考える、感じる、普通の平和が来て欲しいと思います。
5. Posted by 繭奈   2004年09月12日 02:43
テロはダメ
それは正論でもなんでもなく、当然のことなんですけどね。
関係のない人と思っていても、テロをする相手からすれば、同じ国民、思想、宗教、他他で、関係のある人なのかもしれない、、、。もちろん襲われた当事者としては言いようのない悲しさを受けるのですけどね。

国としてテロ反対といいながら、明らかに戦場に自衛隊を送りながら、非戦闘地域かどうか議論してたり、武器の携帯や使用にいまだに結論が出せなかったり、自衛隊の人が帰国したさい制服を着ているのは困るなどと言ったり、、、。ちんぷんかんぷんな国ですよね、日本。

沖縄のヘリ墜落だって、政府的には、アメリカのとった対応に全く問題ないとのことですし。

所詮他の国で起こっていること、形さえ示して、誰かとりあえず行っといてくれるって。何が出来るかも考えてないのに、手当たり次第に目立ちたがる、貢献していると言いたがる。で、、、国民は守られるのかなって。

アメリカの重要指令機能?が日本に集中し、アジアの最重要拠点になろうとしている、つまり、アメリカを叩くには日本を叩け!という風向きなのに、、、誰も見て見ぬ振りですよね。

叩かれてからじゃ遅いんだけど、、、。

皆さん、コメントありがとうございます。難しい問題ですが、また事件が起これば吼えさせていただきます^^。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔