夏の参院選広島選挙区(改選数2)に国民新党公認で出馬する方向だった元広島県議の河井案里氏(36)は26日午後、広島県庁で記者会見し、同党からの出馬取りやめを発表した。これにより、同党は広島選挙区に亀井静香代表の兄で現職の亀井郁夫氏(76)を擁立する方針。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

税額控除導入で合意=NPOへの寄付税制-税調PT(時事通信)
観光庁長官「医療観光は有力な市場」(医療介護CBニュース)
ツイッターの信頼性 “なりすまし”防ぐ機関設立を(産経新聞)
<普天間移設>「県外あきらめていない」…参院委で首相(毎日新聞)
<東京地裁>詐欺判決で朗読ミス 被害者を1人多く読み上げ(毎日新聞)