2017年06月16日

最近興味があるのは篆文だ
秦時代の李斯が作ったとされる
僕は字がどうしようもない域にあり、色々チャレンジしたが、やはり綺麗には書けない。
そこで篆文であれば綺麗も何もないから面白いんじゃないかなと思ったり。
名前を篆文で書いたらおこられるかな。

namaara2000 at 19:19 

2017年02月06日

午前3時すぎ
娘産まれる
付き添い立会い
女性は大変だなと思った。
それから2週間が経った。
あと20年くらいは頑張らないとなあ。

namaara2000 at 16:03 

2017年01月01日

2017年個人的な言葉としては

立って半畳寝て一畳

と、古典の大学にある

まことに日に新たに
日に日に新たに
また日に新たに

というのを今年の言葉にしたいですね。
紀元前1600年前の湯王の水盤に銘されていたとの事だけど。

私の名前はここから拝借されたと去年気がつきました。
両親は気がついて居ないかもしれません。
まあそれで良いかな。

namaara2000 at 16:30 
大晦日は文化村オーチャードホールのジルベスターコンサートに行ってきました。

namaara2000 at 09:52 

2016年11月18日

時代の流れを感じて浸るという話はよくあります。

成人式で中学校の同級生とあったりとか。おー久しぶり6年振りかあ!とか。若いと5.6年は大昔になりますね。

今月で41となる私は

昨日は18年ぶりに懐かしい方3人と会ってきました。

18年前はインターネットも出始めの頃で、やっている人は限られていました。

そこで流行っていたのがチャット

複数の人が文字で会話をするというものです。

今でいえばLINEの誰でも入れるグループという感じなのかな。分母の数が違うので例えようがないかも。

そのチャットルームの名前は

20代倶楽部

20代を中心に朝な夕なチャットでの交流を深めていたのでした。

回線は電話回線を利用して、23時になるとテレホタイムと言って電話代が一定になるので、インターネットが繋がり難くなった事やら、ダイヤルアップ回線の

ピコンピコンビー

という音も懐かしく思い出しました。

正月に帰省していた時にどハマリして、東京へ帰ってもチャットがやりたくて仕方なくてインターネットカフェに行ってまでやってました。

インターネットカフェも当時は一般的でなく、個室はなく仕切りもなく、カフェにパソコンが置いてあってコーヒーでてくるという感じでしたね。

オフ会というのもあり、2回くらい参加しましたね。

今回会えた御三方は僕が24歳のときに

東京〜松本〜名古屋〜京都にバイクでソロツーリングに行ったさいに松本で泊めてくれた方と京都を案内してくれた方

さらには一緒に富士山に登った方

という僕にとって非常に思い出深い方々でした。

京都を案内してくれた方は現在多忙のためかその事をすっかり忘れてるみたいですが大丈夫。実家のビデオに撮ってあります。再生するデッキがないけど…

実質はチャットで一年遊んだか遊んでいないかだけど、今でも楽しかった記憶があるということは濃度の濃さと熱量が抜けて凄かったのだと思います。

楽しい会でした。御三方ありがとうございます。

心残りがあるとすれば

新橋駅前で「ラップしてください」ってテレビの企画をやってたので帰りに参加すれば良かったと思いましたね。


namaara2000 at 09:36 
Profile
Archives
訪問者数

  • ライブドアブログ