2009年06月17日

地デジコピーの実験開始(その6)DVD-Video化へ

前回も書いたけど、実験に使ってるDVD-VRで録画したファイルは頭に少しCMが入っていて、そこで一旦映像が分かれている感じなの。DVD FlickでDVD-Videoに変換することはできるんだけど、出来上がった.isoファイルはサイズがあまりにも小さくて、PowerDVDで再生したら頭のCM部分しか入ってないの。でも、ちゃんとDVD-Video形式には変換されてるのよ。

なんだかCMの部分と本編の間に何か入ってる感じ。
もしそこで分割されてるなら…と思って、vro2splitを使ってみた。

vro2splitの使い方をちょっと書いておくと…

分割したいVR_MOVIE.VROとVR_MANGR.IFOと同じフォルダにvro2split.exeを置いて、コマンドプロンプトから

>vro2split
タイトルで分割される。

>vro2split -1
チャプターで分割される。

という具合。
VR_MANGR.IFOを参照しながら自動で分割するらしい。
分割されて出来上がったファイルは、拡張子が.mpgとなる。

やってみた結果は…

タイトル分割では、中身が1タイトルと判断されたので分割されなかった。
チャプター分割では、頭から本編部分が抽出されず、最後の「次回の案内」だけが3つのチャプターに分割されて抽出された。

なんか変。(><)

ついでなのでvrosplitも使ってみた。
こっちはVR_MOVIE.VROだけを解析して分割を行うらしい。

使い方は、やはりコマンドプロンプトから

>vrosplit [-i FILE.VRO] [出力ファイル名パタン]
出力ファイル名パタンを省略すれば、数字の連番で.mpegファイルが出来上がる。

が、しかし、動かしたら途中で無応答に。
いくら待っても終わりやしない。(><)
どうしようもないし、中断した。

これはたぶん…、頭のCMと本編の間にエンド・シーケンス・コードとかいうのが入ってて、そこで処理がぶった切られて、頭のCM部分だけのDVD-Videoが出来上がってしまうと勝手に想像して…

Windows7-ReStream090ReStreamという、エンド・シーケンス・コードを取り除くことが出来るソフトを使ってみた。

このソフトは、VR_MOVIE.VROから映像(.m2v)と音声(.ac3)を分離した後の映像ファイル(.m2v)を扱うようになっているらしい。ので、それぞれを分離抽出する必要が出てきた。

TMPGEncを使っても良いのだが、DVD Flickのプロジェクトの設定で「エンコード時に作成されたビデオとオーディオの中間ファイルを保持する」を使って.m2vと.ac3を抽出した。
DVD Flickを使うと、どっちにしろDVD作成まで流れてしまうので、TMPGEncを使ったほうが速いとは思う。(^^;;

ということで、ReStreamを使う準備が出来たのでやってみた。
.m2vを指定して「Remove Seq. End Codes」にチェックを入れて実行。
すんなりと終わった。

ReStreamを通した.m2vと抽出した.ac3をDVD Flickに読み込ませて、DVD-Video作成にトライしてみた。

大成功!!

ImgBurnでDVD-RW(-R)に焼いて、DVD-Videoの出来上がり。(^^)V

複数タイトルとかCMカットとか、欲を言えばいろいろと。(^^;;
近々やってみるんじゃないかと。(^^)



namachoco at 21:30│Comments(0)TrackBack(0)パソコン | DVDコピー

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔