東博を出て、上野公園へ。

H300712X4s048 H300712X4s052
 花園稲荷神社の参道を抜けて、五條天神へ。五條天神社は、医薬祖神。このお社だけは、頭を垂れて通る生禿なのです。

H300712X4s080
 不忍池の蓮の花は、まだ咲き始めの風情。蓮の開花はゆっくりと、大きな花弁なのでパックリと開くのに時間がかかっているのでしょう。

H300712X4s064 H300712X4s070
 蓮の花は、開くと果托(シャワーヘッド)が見えます。普通の花ならメシベですよね。このメシベは、潮吹きじゃなくて種吹きをします?

H300712X4s072 H300712X4s082
 聖天島に女人が一人。聖天(ガネーシャ)を信仰するとは、生半可の女人ではありません。ゾクゾクします・・・が、どかどかと他の人も入ってきて・・・台無しです ← 何が ?(^^)?

H300712X4s092
 咲きかけの蓮の花。蕾というのには大きすぎる。その存在感は、蓮っ葉にも隠れない丸出しです ← 好きだな〜〜〜。

H300712X4s093
 紫陽花は枯れて逝きます。花に見える部分は、額なので枯れ始めはうす汚くて嫌いです。枯れるととてもよい風情になるのですが・・・。

H300712X4s117
 蓮の咲く不忍池の向こうには弁財天。蓮と弁天はよく似あいます。