後期の試験レポートの採点をしました。

 今年の学生は、昨年などと比べて、講義中の態度があまり良くなく、少し心配していたのですが、結果はビックリです。

 軒並みの高得点なのです。学生に公表した評価基準通りにするとそうなるのです(生禿は、公表した評価基準を途中で変えることは絶対にしません)。授業中の態度がちょっと悪くても、学ぶこと、考えることは「外してはいない」ようです。 良かった!!!

 アメリカ大統領選を、グーグルなどのビッグデータ分析から予測する課題では、データの見方考え方の水準が高く、なおかつ、トランプ氏の当選を的中させた学生がいたのには感心していました(この課題は、投票前に提出して貰いました)。データをきちんと見る能力があれば、トランプ氏の当選は予測できたのです。日本のマスゴミのレベルの低さ再認識した次第です。というか、生禿が教えている学生のレベルの高さを誇りに思います。