2017年11月19日


020

なまはむ第二回「鰻舞う地の虚魚杯」
日時:11月19日 日曜日 10:00~18:45
場所:ザザシティ5F ここ・い~ら和室
ここ・い~ら
会費:300円
受付:当日受付

大会レギュレーション
●使用可能セット
 基本セット+拡張セット(全メガミ使用可能)
 当日は自分の「桜降る代に決闘を」をご持参下さい。
 (少数ですが当日貸し出しも可能です。)
 *10月6日に発表された大調整も適用する予定です。
  修正カードは当日配布する予定です。


●双掌繚乱ルール
 通常選択
 当日受付時に、メガミ2柱を申請してください。
 大会中はその2柱を常に使用することになります。

●試合形式
 スイスドロー3~4回戦
 1試合一回勝負です。
 眼前構築は各試合で行うことができます。
 1試合の時間は40分で、眼前構築5分と、桜花決闘35分からなります。
 時間切れの場合、現在進行中のターンの次のターンまで行い、その時点でライフの多い方が勝者となります。同値の場合はさらに追加のターンを行います。

●賞品
 優勝:プロモーションタロット「トコヨ」
 参加賞:ふるよにポストカード

●タイムスケジュール
10:00 開場&設営
10:30  大会受付開始(フリープレイ可能)
12:40 大会受付〆切
12:45 開会式(ルール説明
13:00 一回戦
14:00 二回戦
15:00 三回戦
16:00 四回戦
16:50 閉会式(賞品授与
17:00 フリープレイ
18:45 撤収

*基本入退場は自由です。
 ですが、大会参加者は、試合開始時には会場に居るようにして下さい。

*貴重品の管理は自己責任でお願いします。

*飲食は軽食であれば可。飲み物はペットボトル等蓋のついてる物に限る。








今回は、全キャラ使用可能な通常の大会となります。
が、大規模調整の修正が入ります。
正直、きちんと審判できる気がしませんw
基本セットのみでもあたふたしてたのに拡張も入って、修正も大量に入って、全部覚えろとか無茶言ううなw
という訳で、次からは俺立ち合いのもとで公式サイトのQ&Aを見てもらうようにしようかなと思ってます。

昔、ギャザやってた頃は細かいルールも全部覚えて審判よりも詳しいみたいな感じだったけど、40過ぎて耄碌した今じゃとてもじゃないけど無理ですよとw
歳は取りたくないですねぇ。




2017年10月16日


009
10月14日に浜松初のふるよに公認大会「鰻舞う地の虚魚杯」が開催できました。
参加者は8名(+観戦者1名)で、スイスドロー3回戦を行いました。
以下ざっくりとどんな対戦があったか紹介していきます。

一回戦
〇ハクシさん:刀扇 vs ●はかせさん:刀忍
010


〇ナノカさん:扇薙 vs ●サカイさん:銃薙
011


〇タカピーさん:刀書 vs ●gittiさん:銃忍
012



〇速光さん:扇薙 vs ●猫の鯖缶さん:銃書
013

二回戦

〇タカピーさん:刀書 vs ●速光さん:扇薙
014


〇ハクシさん:刀扇 vs ●ナノカさん:扇薙
015



決勝戦(三回戦

〇ハクシさん:刀扇 vs ●タカピーさん:刀書
タカピーさんが、天地反駁からの圧気や浦波嵐によるライフへの攻撃を目指した特殊なデッキだったんですが、体制が整う前にハクシさんがライフを削って勝利しました。
016

準優勝のタカピーさんの決勝戦でのデッキ
見事に天地反駁に特化したデッキですねw
018


優勝者のハクシさんの決勝戦でのデッキ
ユリナとトコヨなので、攻防共に安定した強さを発揮しました。
017

そして優勝者のハクシさんにはトコヨのプロモタロットを贈呈!
おめでとうございます!
019



今回初心者にも配慮して基本セットのみでの大会となりました。
今回使われたメガミの統計です。
全体的に満遍なく散りました。(ユキヒ以外w
トコヨを使ってた人が割と勝率が良かった感があるので、やっぱりトコヨは強いんだなぁと思いました。
11月の大調整でどうなるのか今から楽しみです。
ユリナ:3
ヒミカ:3
トコヨ:3
オボロ:2
ユキヒ:0
シンラ:2
サイネ:3


今回初めて大会を運営しましたが、とにかく疲れましたw
経験が少ないので質問に即座に答えられないんですよね。
一夜漬けで試験受けてるような感じですw
そんな残念審判だったんですが、観戦に回ったひいらさんが熟練者だったようで、俺の代わりに質問にポンポンと答えてくれてました。
非常に助かりました。
ありがとうございます。

次回は11月19日(日)を予定しております。
次は拡張全部ありの普通の大会とするつもりです。




2017年10月14日


008

なまはむ第一回「鰻舞う地の虚魚杯」
日時:10月14日土曜日 10:00~18:45
場所:ザザシティ5F ここ・い~ら和室
ここ・い~ら
会費:300円
受付:当日受付

大会レギュレーション
●使用可能セット
 基本セットのみ(拡張は使用不可)
 当日は自分の「桜降る代に決闘を」をご持参下さい。
 (少数ですが当日貸し出しも可能です。)
 修正カードは当日頒布予定です。
 審美眼は使用可能とします。

●双掌繚乱ルール
 通常選択
 当日受付時に、メガミ2柱を申請してください。
 大会中はその2柱を常に使用することになります。

●試合形式
 スイスドロー3~4回戦
 1試合一回勝負です。
 眼前構築は各試合で行うことができます。
 1試合の時間は43分で、眼前構築8分と、桜花決闘35分からなります。
 時間切れの場合、現在進行中のターンの次のターンまで行い、その時点でライフの多い方が勝者となります。同値の場合はさらに追加のターンを行います。

●賞品
 優勝:プロモーションタロット「トコヨ」
 準優勝:ボードゲーム「チップ★スター」
 参加賞:ふるよにポストカード

●当日の時間表
10:00 開場&設営
10:30  大会受付開始(フリープレイ可能)
12:30 大会受付〆切
12:40 開会式(ルール説明
13:00 一回戦
14:00 二回戦
15:00 三回戦
16:00 四回戦
16:50 閉会式(賞品授与
17:00 フリープレイ
18:45 撤収

*基本入退場は自由です。
 ですが、大会参加者は、試合開始時には会場に居るようにして下さい。

*貴重品の管理は自己責任でお願いします。

*飲食は軽食であれば可。飲み物はペットボトル等蓋のついてる物に限る。







●今回の大会について
浜松近郊にお住いの方々、お待たせしました。
漸く公認大会開催の運びとなりました。
さて、今回の大会のレギュレーションちょっと変えてます。
使用可能キャラを基本セットの7柱のみとしました。
これは、前回の交流会を踏まえての判断です。

一つは、基本セットしか持ってない人、ゲーム自体持ってない人、拡張とかもってるけど修練ルールしか遊んでない人等、経験の浅い初心者の方が割と多くいました。(自分も似たようなもんですw
そういう環境で、通常通り拡張有りでの大会だと、やはり一部の熟練者が有利すぎるかなと。
まぁ、大会ってのは基本強い人が勝つべくして勝つものですが。

もう一つが、拡張のカードを使う度に初心者がカードを確認してゲームが止まりテンポの悪い戦いばかりになるのではないかなと。
これは、初心者にとっても熟練者にとってもストレスの溜まるもので、お互いよろしくないのではないかと思います。

これを解決する方法として一番いいのは、初心者大会と通常大会の2大会同時開催が良いかと思います。
が、初めての大会運営で、しかも運営が自分1人きりでは、あまりに無謀が過ぎるので諦めましたw
そこで、両者の中間の大会を開こうってことで、基本セットのみの大会にした訳です。
初心者は、修練ルールの4柱に加えて3柱を把握するだけなので、負担は少なくて済みます。
熟練者は、ちょっと物足りないかもしれませんが、初心者大会でハブられるよりはマシであろうと。

この形式での大会は、今回限りの特別なもので、次回の11月からは通常通り拡張有りの大会を開く予定です。
あと、準優勝のチップ★も今回限りの商品です。
記念すべき第一回大会なので奮発しただけですのでw






2017年09月26日

9月24日はえんたくに行ってきました。
今回俺が持ち込んだゲームはたったの一つだけ。
そう、あのゲームです。




クトゥルフウォーズ!
000
パッと見で冒涜的なサイズですw
比較用にチップ★を置いてみましたがでかい、デカすぎるw
こんなの持ってったんで、注目の的だったんですが、注目されるんですがこれをやろうって人があんまりいなかったり。
超ヘビーゲームと勘違いしたのか、クトゥルフが興味ないのか、叩き合いが嫌なのか、よくわかりませんw


まぁ、とりあえず3人戦で一回やってみました。
このゲームは、クトゥルフ神話の古の邪神達の地球を舞台にした壮大な喧嘩ですw
今回の陣営は
・クトゥルフ 海が住処の海洋生物共、殴るの大好き
・シュブ=ニグラス 怪物大量生産、でも戦うの苦手なので逃げまくり
・ハスター 闘いはせずに各地を冒涜して回る、はた迷惑な連中
001
基本的なシステムは以下のとおり
1:アクションフェイズ
魔力を消費してアクションを手番に1回やる。
これを全員の魔力がなくなるまでぐるぐる回す。
ここで手下増やしたり、召喚用の扉支配したり、殴ったり

2:魔力供給フェイズ
信者の数、支配してる扉の数、特殊能力によって次の魔力が補充される

3:順番決定フェイズ
魔力一番多い人が一番手

4:破滅フェイズ
支配してる扉の数だけ破滅トラック進みます。
儀式もやるともう一回進めます。

これを破滅トラックが30超えるまで繰り返すだけ。
002

俺はハスターでプレイしたんですが、ほんとに一人だけ別ゲーやってる気分w
他の二人は真面目に扉の奪い合いしてるんですが、俺だけ扉殆ど無視して冒涜トークンまき散らしてくだけ。
冒涜トークン置くと、怪物がただで一体召喚できて、古の印トークン(得点)が貰えて、魔力も+1されるもんだから、戦う必要も、扉を死守する必要も無いっていうねw
ただ、今回はクトゥルフが勝利しました。
古の印トークンの引きで負けた感じw



・タイムライン
003
いきなり重いのやったんで次は軽くタイムライン。
物知りでもなんでもないので、全然わからず惨敗w
まぁ、楽しいから良し。


・ボヘミアの村
004

ダイス4個を振って、二つに分けて出目と同じ数字の建物に駒を置いてく。
で、置いた建物ごとにお金の獲得方法が違ってて、いかにお金を稼ぐかというゲーム。
軽くて、ゲームやった感もそこそこある良いゲーム。



・ロールフォーギャラクシー
005
宇宙で惑星開拓していくダイスゲーム。
ルールがなかなかごちゃごちゃしてて覚えにくいんですが、慣れた人達でやると高速で回せる。
1人が物凄い勢いで惑星を開拓して速攻終わらせたんですが、勝ったのは別の人だったというw



・クトゥルフウォーズ
006
そして、最後にもう一度クトゥルフウォーズ!
今度は、クトゥルフ、シュブ=ニグラス、ニャルラトテップの3陣営で。
俺はクトゥルフだったんですが、ほかの二人が嫌らしいことばっかりしてきて散々でした。
特にシュブ=ニグラスがぴょんぴょんワープしてうざいんですよね。
ムキになって追いかけまわしても追いつけず、他の下っ端を二人で殴ろうぜってことで、頑張って殴ってたんですが、ついに追いつけずシュブ=ニグラスが逃げ切り勝利でした。


今回は、クトゥルフウォーズを存分に堪能できました。
物理的に超重いってだけでw実際のプレイ感は軽めでしたね。
基本的なルールはほんとにシンプルで、特殊能力でちょっと難しく感じてしまうかも。
3人でプレイして、インスト30分、実プレイ90分といったとろこ。
慣れた人達なら4人でも90分いけますね。

これから暫くは各ゲーム会にクトゥルフウォーズ持って回ると思うので宜しくお願いします。