長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳

長野県在住の長野県日本酒ブログです。 当面の目標は約80蔵ある長野県全銘柄制覇と、最高の長野県日本酒を見つけることです! 長野県の日本酒を中心に美味しい日本酒を紹介していきます。 記事へのコメント&お勧めの日本酒大募集中ですので、気軽にコメントお願い致します。 また、相互リンクや相互RSSも大歓迎ですので宜しくお願い致します。

黒澤○純米原酒限定生詰黒澤○純米原酒限定生詰2


黒澤○(くろさわまる)
生モト 純米原酒 限定生詰
長野県
黒澤酒造株式会社
HP:http://www.kurosawa.biz/

精米歩合:65%
アルコール度数:13.5度
使用米:佐久穂産自社栽培信交酒545号(山恵錦)100%
使用酵母:K901
日本酒度:-1
酸度:1.9
アミノ酸度:-
価格:720mL 1,130円(税別)

季節のYSPとはちょっと違う!?
冷やしてスッキリ、燗でしっかり、軽いだけが能じゃない!!
長野県新品種 山恵錦使用の低アルコール13%純米原酒。
生モト黒澤 新提案です。

ラベルより引用

もう一本“山恵錦”のお酒をいきます。
今回は長野県南佐久郡佐久穂町の日本酒「黒澤○ 純米原酒 限定生詰」を紹介します。

黒澤酒造は「井筒長」や「○ト(まると)」、「黒澤」などを醸す酒造さんです。
生モト造りで有名な酒造さんで、最近特に人気のある長野県日本酒の一つですね。
今年は既に「黒澤」をけっこう良いペースで飲んでいますが、長野県の新酒米“山恵錦”を使用した新商品が発売されたのでこれは逃せないとセレクトしました。
今後は“山恵錦”を使用した日本酒は長野県内で増えていくと予想しますが、今年は製造初年度という事もあり各蔵の試験醸造のお酒を味わう貴重な体験ができていると思います。
さて、このお酒ですが白地のラベルに大きく赤字で“9630(くろさわまる)”と特徴的なラベル。
スペックは酒米に自社産の“山恵錦”を全量使用した精米歩合65%の純米原酒です。
原酒ですがアルコール度数は13度(13.5度)と抑えた低アルコール酒であり、低アルコールでも味わいが軽くなり過ぎないように麹歩合を30%としてあるそうです。
「黒澤」の“山恵錦”verは初めて頂くため、とても楽しみです。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
ツーンと酸っぱい良い香り。

キュッと甘みと旨みがあって、軽やか滑らかさっぱり。
とても柔らかく軽やかな印象で、キュッとした旨みがある。美味しい。
。。。
これは飲みやすいお酒ですね。くいくい飲めてしまいます。
ふんわり甘み、ふんわり旨みがとても美味しい。
優しい甘みですね。軽やかですが軽いわけでは無く、しっかり味わいがあります。

二日目は甘みに加えて旨み・酸味が混ざり合って美味しい。
軽やかでぬるっと甘い味わい。
しっかり旨みと口の中に残る苦系統の旨味(苦くは無い)がおいしい。
三日目も分かりやすく旨い。甘みがやや強く、酸味がアクセントになっていてバランスが良い。
薄甘く美味しい。
飲み進めると甘い口当たりながらしっかり酸味がある。旨~。
四日目ラストも軽やかな甘みで、最後まで安定して美味しいお酒でした。

三日目に燗をつけるとすごい香り。茹で落花生みたいなイメージのコクのあるとても良い香り。
熱燗では味が飛んでしまいクリアで透明。
ぬる燗では酸味が効いて旨いな~。柔らかい旨みと酸味の味わいが秀逸。
蔵元が◎付ける温度帯なだけあって、ぬる燗はとてつもなく旨い。

「黒澤○ 純米原酒 限定生詰」。とても美味しい日本酒でした。
やはり「黒澤」良いですね。冷酒も良かったですがこのお酒は特にぬる燗が素晴らしい。
暑い季節の真っ最中ですが、ぬる燗をつける事を強く推奨します。
今季は「黒澤」は飲み過ぎてしまったため本数を抑えつつも今後も注目していきたいと思います。


関連記事:【日本酒】黒澤80 純米うすにごりスパークリング 黒澤酒造
関連記事:【日本酒】黒澤 生モト純米 限定ブレンド 黒澤酒造
関連記事:【日本酒】黒澤 純米吟醸 生モト Vintage2014 黒澤酒造
関連記事:【日本酒】黒澤 生モト純米 新緑生 黒澤酒造
関連記事:【日本酒】黒澤 限定純米金紋錦生酒 黒澤酒造

ブログランキングに参加しています。

日本酒ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

北光正宗信交酒545号(山恵錦)特別純米北光正宗信交酒545号(山恵錦)特別純米2


北光正宗
信交酒545号(山恵錦) 特別純米
長野県
株式会社角口酒造店
HP:http://www.kadoguchi.jp/

精米歩合:59%
アルコール度数:15度
使用米:長野県産信交酒545号(山恵錦)100%使用
使用酵母:小川酵母
日本酒度:+11
酸度:1.5
アミノ酸度:1.3
価格:非公開

今回は長野県飯山市の日本酒「北光正宗 信交酒545号(山恵錦) 特別純米」を紹介します。

角口酒造店は「北光正宗」などを醸す長野県最北の酒造さんで59醸メンバーの一つです。
このお酒は頒布会限定酒で、ラベルは北光トライアル(試作品)シリーズ風。
スペックは酒米に長野県産の新酒米“信交酒545号(山恵錦)”を100%使用した特別純米酒。
精米歩合は59%です。
信交酒545号(山恵錦、さんけいにしき)は長野県が開発した新品種の酒造好適米です。
「出羽の里」と「信交509号」の交配で、美山錦よりも大粒で心白の大きさや形が優れているそう。
昨年度から“山恵錦”の名前は伏せて先行発売されているお酒もありましたが、4月1日より幾つかの酒造さんから“山恵錦”と表示された日本酒が新発売されています。
「北光正宗」の初“山恵錦”の味わいはどんなものなのか、とても楽しみです。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
お米の甘いとても良い香りです。とても好きな香り。

含むと、お!不思議なアプローチ。
旨み主体の味わいで、山なりに旨みが強弱して、綺麗な後味。
旨みが大部分を占めつつほんのり甘みがある旨みがそれほど主張せず、後味のキレと合わせて軽やかに飲ませてくれる。
杯を進めると後味に日本酒の旨み、お米の旨み、ほんのり渋みがあります。
これは美味しいお酒ですね。
旨みや甘みが控えめながらしっかりあってクリア。純米酒好きのど真ん中をつくお酒で、お米の旨味苦味が美味しい。
食中とするとやや辛口でさっぱりした味わい。
やや薄い印象になってしまうため、個人的には単独酒でしっかり味わった方が良いと思います。
来季以降は食中酒として美味しいお酒を造るかもしれませんので、あくまで試作品のこのお酒を味わう上でという意味で。

二日目はさっぱり酸と軽やかな甘みが混ざりあった味わい。
三日目飛ばして四日目は好みの味わい。凛とした旨さ。
とても綺麗な旨味ですが、よく味わうとビター。
五日目飛ばして六日目ラストはとてもさっぱりでじりっと軽い苦味がある。
じんと旨み、苦味が響く。

六日目に燗をつけると、不思議な香り。甘み、コク、お餅、酸っぱいような香りを拾えます。
うま~、辛口さっぱりな味わい。
ぬるくなってくると旨みもしっかり出てきて美味しい。やや辛苦い。

「北光正宗 信交酒545号(山恵錦) 特別純米」。美味しい日本酒でした。
このお酒はお米の製造特製を考慮せず「北光正宗 金紋錦 特別純米」と同じ造りをしているそうなので、来季以降のチューンナップされた“山恵錦”の造りも楽しみですね。
酒屋さんで北光トライアルを見かけてセレクトしようかなと迷いましたが、途中から飲むのもアレだし今年は既に「北光正宗」は良いペースで飲んでいるので、次回の楽しみに取っておきます。


関連記事:【日本酒】北光正宗 金紋錦 純米吟醸生 Extra edition 4A 角口酒造店
関連記事:【日本酒】北光正宗 本醸造生酒 角口酒造店
関連記事:【日本酒】北光正宗 信州醸熱タンク 純米大吟醸無ろ過生原酒

北郊正宗、北興正宗、北郊政宗、ほっこうまさむね さんけいにしき とくべつじゅんまい、hokkoumasamune sankeinisiki tokubetujyunmai、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

日本酒ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

而今特別純米火入れ2017BY而今特別純米火入れ2017BY2


而今
特別純米 火入れ 2017BY
三重県
木屋正酒造合資会社
HP:http://kiyashow.com/

精米歩合:60%
アルコール度数:16%
使用米:麹米:山田錦(20%)、掛米:五百万石(80%)
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
価格:720mL 1,500円(税別)

過去に囚われず未来に囚われず
今をただ精一杯に生きる

ラベルより引用

今回は三重県の日本酒「而今 特別純米 火入れ」を紹介します。

なんだかんだ言って飲める時には飲んでしまう銘柄。
本音は「而今」を飲むなら火入れ問わず純米吟醸シリーズの飲んだ事が無い酒米を飲んでおきたいですが、今回は昨年に引き続いて定番の特別純米酒を購入しました。
このお酒は酒米に“山田錦”と“五百万石”を使用した精米歩合60%の特別純米酒です。
同スペックは昨年も頂いているため、昨年との味の違いを追いたいですね。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
甘くすっきりな香り。ほんのり薄くアルコールの香りも。
火入れ酒ですが、グラスには泡が沢山付きます。

含むと甘~。とろっと甘く、じゅわっとした口当たり。美味しい。
後味は旨渋い。
ジュワっとした食感で、火入れ酒ですがしっかりガス感も感じます。
甘く美味しい口当たり。後半は旨渋い。
渋みがじんわり強めで少し気になるレベルですが、私は好きな味わい。
飲み進めると、甘く旨みもしっかりで美味しいです。
食中とすると後味の渋みが無くてとても料理と合います。
ガス感が強めにあって心地良い。きっと初日がベストですね。渋みはある。

二日目は甘苦い味わい。甘みの比率が高くて美味しく飲めます。
旨みがしっかりありますね。少し苦味はありますが、文句は出てこないです。
ここら辺でもうブラインドで「而今」とわかる自信無いです。
三日目飛ばして四日目ラストは、旨みがしっかりあるお酒という印象。
旨みに加えて、甘みもピリっと酸味もあります。
普通に旨いすね。このレベルのお酒が出てくれば満足。
後味の渋みと日本酒の余韻を感じる後味や返り香が良いお酒ですね。

四日目に燗をつけると、ぬる燗は滑らか。全く引っ掛かりの無い旨み。
熱燗は旨みと辛み。この二つの味が混ざり合った何とも言えない味わいがおいしい。

「而今 特別純米 火入れ」。改めて飲みましたが美味しい日本酒でした。
初日はガス感が思っていた以上に強く、今年のお酒の方が美味しく感じました。


関連記事:【日本酒】而今 純米吟醸 山田錦無濾過生 木屋正酒造
関連記事:【日本酒】而今 特別純米 火入れ 木屋正酒造 2016BY
関連記事:【日本酒】而今 純米吟醸 愛山 火入れ 木屋正酒造
関連記事:【日本酒】而今 純米吟醸 千本錦 無濾過生 木屋正酒造

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

日本酒ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

信濃鶴特別純米無濾過生原酒信濃鶴特別純米無濾過生原酒2


信濃鶴
特別純米 無濾過生原酒
長野県
酒造(株)長生社
HP:-

精米歩合:55%
アルコール度数:16度
使用米:- (国産米)
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
価格:720mL 1,487円(税別)

今回は長野県駒ヶ根市の日本酒「信濃鶴 特別純米 無濾過生原酒」を紹介します。

酒造(株)長生社は長野県駒ヶ根市にある「信濃鶴」を醸す酒造さんです。
今回セレクトしたのは6月に発売された特別純米の無濾過生原酒。
年一回発売される特別純米タイプです。
昨年飲んだしぼりたて純米生酒も美味しかったので、このお酒も楽しみです。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
濃厚なお米の甘い香り。フルーティーさも香ります。
グラスにはピチっと少し泡が付きます。

含むとうま~。フレッシュで濃厚な甘旨味。キリっと旨みがふわっと口に広がって消える。
濃厚な甘旨みとピリッヒリッとフレッシュさ。じんわり口の中に旨苦さが残る。
飲み進めると濃い甘旨みの後に酸味を感じる。
ちょっと味が濃いので飲み疲れてしまうけれど、食中とすると丁度良い。
お酒の味わいがやや強めに感じますが、互いの味を邪魔しないです。
お、また一段味が違う。軽やかながら深みのある甘み。・・・やっぱり濃かった。
とても濃厚で美味しい日本酒です。

二日目も濃厚甘旨~。
ふっ(笑 うめえ。甘旨くて美味しい。
後味は濃い旨みが残る。時たまヒリっと辛みを感じる瞬間もある。
三日目ラストも甘さと旨みが濃くて美味しい。
甘旨~。雑味が無く。この二味だけが濃くて美味しい。
この味わいは甘口の無濾過生原酒の到達点だと思います。コクのある濃い甘みが美味しい。

三日目に燗をつけると、ふっくらお米の香り。
とびきり感はうま~。旨味がすごい。濃さは冷やより控えめですが旨みしかない。
燗酒~ぬる燗も最後まで安定していて美味しかったです。

「信濃鶴 特別純米無濾過生原酒」。とても美味しい日本酒でした。
これはレベルが高いお酒でした。甘くて旨い日本酒好きの方にはドストライクの日本酒でしょうね。
次はまた別スペックのお酒を飲んでみたいです。


関連記事:【日本酒】信濃鶴 しぼりたて純米無濾過生酒 酒造(株)長生社

信濃鶴 日本酒 生酒、しなのつる とくべつじゅんまいむろかなまげんしゅ、シナノツル 日本酒、shinanotsuru tokubetujyunmai murokanamagensyu、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

かたふね純米酒かたふね純米酒2


かたふね
純米酒
新潟県
合資会社竹田酒造店
HP:http://www.katafune.jp/

精米歩合:65%(麹米:60%/掛米65%)
アルコール度数:16度
使用米:新潟県産米(麹米:越淡麗/掛米:越いぶき)
使用酵母:-
日本酒度:-4.0
酸度:1.9
アミノ酸度:-
価格:720mL 1,200円(税別)

「米」,「米麹」だけで造られたお酒の普及版です。
お気軽に「大地の恵み」をお楽しみください。

HPより引用

今回は新潟県の日本酒「かたふね 純米酒」を紹介します。

「かたふね」は先日参加した59醸メッセで出会った銘柄です。
イベントでは長野酒がどれもこれも美味しかったのですが、長野酒以外では「かたふね」が一番好みだったと記憶していて、早速家飲み用に購入してきました。
蔵元HPには全国の特約店一覧があり非常にありがたいですね。
たまに訪問する酒屋さんで取扱いがありスムーズに入手できました。

今回は通年商品の純米酒をセレクト。
スペックは精米歩合65%の純米酒です。
HPには酒米や精米歩合など詳しいスペックが載っていてこれまた嬉しいですね。
家飲みではもちろん初めて頂く銘柄なので楽しみです。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
スーンと爽やかな純米酒のとても良い香り。色合いは透明。

含むと、あ~旨。お米の旨みと後味はキュッと。
軽やかな甘旨みで美味しい口当たり。後味はキレ良く、しっとりと渋みがわずかに残ります。
良いですね。王道の純米酒。
お米の甘旨みと苦旨みがとても好みです。

一日開けて三日目も美味しい。旨みがありながらすっきり飲める。
お米の旨味、甘み、酸味。返り香にコクのあるお米の香り。
口当たりの旨みやほんのりお米の甘みが印象に残りますが、酸も隠れていると思います。
また一日開けて五日目は、また印象が少し変わりました。
スーンとアルコールの香りとお米の酸っぱい香りに。
旨~。ミカンみたいな甘み。スーッと旨み。後味にキリっと旨み。
旨いです。
六日目ラストも旨みしっかりでクリアでとても美味しい。
甘さも後味の辛さのバランスもとても良かったです。

五日目に燗をつけるとお米の酸のある香りとアルコール感。
ふっくら旨みとぴんと辛み&甘み。旨い。レベルが高い燗酒ですね。好きです。
やや苦味というかコクもある。
ぬる燗あたりは、あくまでほんのわずかですが酸っぱさがエグみに感じる。
更に温くなると優しい。甘く酸っぱい味わいが軽やかで無限に飲める味わい。

「かたふね 純米酒」。とても美味しい日本酒でした。
旨口で味のバランスも良く、しっかり私も好みの系統ですね。
今後新潟県で好きな日本酒と聞かれたらこの銘柄を挙げると思います。


かたふね じゅんまいしゅ 日本酒、katafune jyunmaisyu、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

日本酒ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ