杣酒杣酒2


木曽のかけはし 杣酒
普通酒/生原酒/にごり酒
長野県
西尾酒造株式会社
HP:無し

精米歩合:70%
アルコール度数:19度
使用米:-
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-

どこまでも山並みが続く信州木曽谷で、昔から山仕事に勤しむ男達に愛されて来た酒があります。間伐や伐採の労働に疲れた体と心に沁みこむ美味しさ、昔ながらの素朴などぶろく風味の生酒の味を再現したのが杣酒です。
厳選された酒米を中央アルプスより湧き出づる名水と、熟練の杜氏・蔵人の技術で醸し自然に恵まれた寒冷精澄な酒蔵で熟成します。
木曽谷きっての名水の里を天然蔵とし、三百年続く老舗が醸す生酒ならではの伝統の風味を心ゆくまでお楽しみ下さい。

ラベルより引用

今回は長野県木曽郡大桑村の日本酒「木曽のかけはし 杣酒(そまざけ)」を紹介します。

西尾酒造は「木曽のかけはし」を醸す酒造です。
その中でも特に人気のお酒が「杣酒(そまざけ)」。どぶろく風味のにごり酒です。
長野県日本酒で人気のにごり酒は色々とありますが、このお酒を外すわけにはいきません。
時代を先取りして昔からある長野県伝統のにごり酒です。
酒米には「トドロキ」を使用しているそう。聞いたことが無い酒米です。。。
木曽方面に行った際には道路に「杣酒」の看板が出ており、実は昔から気になっていたお酒なので、とても楽しみです。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
蓋を開けようとするとものすごい炭酸が元気で、立ちあがる泡が綺麗です。
瓶の口にも泡が立ちあがってきて、何度か開け閉めが必要です。
タットットットットッ・・・、心地よい注ぎ音。
香りはお米の良い香りです。

一口目。
とろっと一口分の固まりが口の中にするりとろり。そして口の中はしゅわしゅわ。
新食感。スライムをかじっているみたいです。
味は旨苦~。強いし濃い~味です。

二口目以降。
再び注ぐとシュワ~っと音が立ちます。
とろみが強いですね。夜明け前にごりも濃い方のにごり酒ですが、それ以上です。
は~(酔い混じり)、うめ~。
濃い~とろみながら、とてもさっぱりな味。
飲みやすいながらアルコール度数が高めで、危ないお酒です。

推奨されている飲み方の一つ、ロックでも頂いてみました。
旨!あ~、ロックも旨いです。
氷の冷たさがさっぱり感を増し、少し水々しさを感じます。

二日目もプシュ~とすごいガス感。
濃厚で旨い。食感的には少し炭酸がおさまってきました。
上澄みは濃い~旨み。クリアな酸っぱさ。ここら辺は本当に最高に旨いです。
オリの濃い所は渋め&辛めです。
三日目はツーン。頬にじ~んと旨み。
まだグラスの底は泡々です。
初日に比べると甘み、旨みが強くなってきました。
一番最後のオリの濃いところは、特にしゅわしゅわで、濃い~。
すごく苦旨いです。

燗もつけてみました。
燗をつけるともくもくと泡が立ってすごい(笑
香りは穏やかで、しゅわしゅわ感がとても強いです。
これまた新食感。

とても美味しいにごり酒でした。
長野県のにごり酒を飲むなら、「杣酒」の生原酒をお勧めします。
そま酒 日本酒、ソマザケ 日本酒、somazake nihonsyu、レビュー、口コミ

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ