百十郎BLUE百十郎BLUE2百十郎BLUE3


百十郎 青波 Blue Wave
純米吟醸
岐阜県
株式会社林本店
HP:http://www.eiichi.co.jp/

精米歩合:60%
使用米:五百万石100% (国産米)
使用酵母:-
アルコール度数:15%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-

今回は岐阜県の日本酒「百十郎 青波 Blue Wave」を紹介します。

このお酒も“いっぽん!! 〜しあわせの日本酒〜”(コミックス第2巻、10話)で紹介された銘柄です。
(“いっぽん”で紹介されたのは「百十郎 黒面 純米大吟醸」)

「豊賀」、「新政 No.6」、「貴」、「木戸泉 afs」、「山法師」に続いて6本目になりました。

ここ最近は“いっぽん”で紹介された日本酒を飲もうと、冷蔵庫の空き状況と相談しながら少しずつ飲み進めています。

今回は「百十郎」の夏酒をセレクトしました。

ラベルはとてもインパクトがありますね。青色のビンとラベルも夏酒らしいです。

スペックは五百万石を使用した純米吟醸。楽しみです。

【味の感想】

冷酒で頂きました。
香りは薄めで判別できず。見た目はやや黄色みがかっています。

一口目。
辛さとアルコール感。
苦味・渋みというか独特の感じの後に、後味は水のようにさらりです。

二口目以降。
やや渋くてコクがある、玉川アイスブレーカー系の味です。
このお酒はそれよりも薄くてさっぱりな味わいです。
飲み進めるとまろやかになってきます。
正直言ってしまいますと個人的には好みの味わいではないです。

二日目もとてもさっぱりです。
さっぱり飲み口に、後味にも味が出てきてはじんわり苦い。
三日目もさっぱりで、ほんのり甘さも感じる口当たりになりました。
四日目もさっぱり軽やか。この辺から飲みやすくなってきました。
苦手だった嫌らしい味ではなくなり、軽やかするする。じんわり旨み。
旨くなってきました。ほんのり感じる旨みも美味しい。

燗をつけてみると、もっちりふんわりお米の良い香り。
ふんわり口当たりにじんわり苦み、キリっと辛みもありまずまずの燗酒でした。

「百十郎」の夏酒。とてもさっぱりな日本酒でした。

普段飲んでいる日本酒と全然系統が違うため個人的には好みでは無かったのですが、とても飲みやすい日本酒だと思います。


百十郎 百十朗 青浪 青並み ブルー、ひゃくじゅうろう あおなみ ぶるーうぇーぶ じゅんまいぎんじょう、hyakujyuurou aonami buru-we-bu jyunmaiginjyou、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ