9月2日(土)に長野県大町市で「第10回 北アルプス三蔵呑み歩き」が開催されました。

長野県大町市には三つの酒蔵があり、それぞれの酒蔵を飲み歩きをするイベントです。

・北安醸造㈱  「北安大國」など
・㈱薄井商店  「白馬錦」など
・㈱市野屋商店  「金蘭黒部」など

第10回を数えるイベントですが、私は今回初めて参加しました。

目的はもちろん大町日本酒を楽しむことですが、もう一つの目的は未飲の長野県銘柄、市野屋商店の「金蘭黒部」を購入してくることです。

コンディションを整え、今回のイベントに臨みました。


まずはお酒を抜きにして、各蔵の様子を。

呑み歩き開始の鏡抜き(鏡開き)イベントは北安醸造へ。

北アルプス三蔵呑み歩き1
御結婚されたばかりの夫婦が木槌で開封。
鏡開きのお酒を注いで頂き、幸せを分けて頂きました。

北アルプス三蔵呑み歩き2
酒蔵見学。
2Fでは写真展が開催されていました。

北アルプス三蔵呑み歩き3
裏口から撮影。
入口や酒蔵の中はとても賑わっていて移動が大変なほどでした。

続いて薄井商店へ。

北アルプス三蔵呑み歩き4
薄井商店に来るのは今回が初めてです。
こちらも中には人が沢山でした。
名前は分かりませんでしたが声優さんが来ていました。

北アルプス三蔵呑み歩き5
大町市のゆるキャラ“おおまぴょん”。可愛い。
臨時快速列車のホームでもお出迎えをしてくれました。

続いて市野屋商店へ。

北アルプス三蔵呑み歩き6
こちらもとても賑わっていました。
奥へ続く通路の途中にあった日本酒ラインナップを撮影。

北アルプス三蔵呑み歩き7
酒蔵の奥ではシンセサイザーコンサートが開催されていました。
席に座って音楽を聴きながらゆっくりお酒を味わいました。

※人の顔が映らない写真をチョイスしています。
 写真ではとても賑わった状況を伝えられないですが、どこの酒蔵もとても盛り上がっていましたよ。


そして本命?の日本酒の飲み比べ。

今回の呑み歩きで頂いた日本酒のラインナップはこちらです。
一通り全て味わいました。一杯お猪口の半分程度(30ml)とすると、総量で600mlくらいでしょうか。
我ながら結構飲みましたね。

【北安大國】北安醸造㈱
・金紋(鏡開き)
・純米吟醸原酒 秋あがり  ☆No.1
・純米酒 豊響
・純米無濾過生原酒
・大吟醸原酒 あづみ野育ち
・白馬紫雲
・呑み歩きスペシャル(純米大吟醸)  ☆No.2

北安醸造のお酒は甘いイメージを持っていましたが、今回のラインナップはどれも甘さ抑えめ。
秋あがりは、ほんのり甘みと酸味のバランスが良いとても美味しいお酒でした。

【白馬錦】㈱薄井商店
・大吟醸 麗酒
・純米吟醸生詰 秋あがり  ☆No.2
・純米吟醸生酒 雪中埋蔵  ☆No.1
・雪どけ吟醸
・特別純米無濾過生原酒
・雪嶺(上撰)雪中埋蔵
・白馬錦(鏡開き)
・社長のお燗酒
・呑み歩きスペシャル(生モト純米)

ラインナップが沢山ありましたが、以前頂いた事がある純米吟醸の雪中埋蔵が一番好みでした。
秋あがりもとても美味しかったです。

【金蘭黒部】㈱市野屋商店
・金蘭黒部 大吟醸
・金蘭黒部 辛口樽酒
・金蘭黒部 生原酒  ☆No.1
・金蘭黒部 秋あがり  ☆No.2
・呑み歩きスペシャル(純米吟醸)

初めて頂いた「金蘭黒部」。
3蔵の中で一番さっぱりしているお酒でした。

「☆No.1」、「☆No.2」とあるのは、個人的に各酒蔵で1、2番美味しかったお酒です。
どの酒蔵も“秋あがり”のお酒がとても美味しくてびっくりしました。

とても楽しく、大満足の日本酒イベントでした。

お土産に日本酒を2本購入しました。(各蔵限定30本の高級酒も1本購入しました)

今思えば、各蔵の秋あがりをそれぞれ一本ずつ購入すれば良かったかな。。。

いずれ紹介する予定ですので、お楽しみに!


ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ