仙禽雪だるま仙禽雪だるま2


仙禽
雪だるま にごり酒 29BY
栃木県
株式会社せんきん
HP:-

精米歩合:麹米40%(やまだ錦)、掛米50%(ひとごこち)
アルコール度数:13度
使用米:ドメーヌさくら・山田錦(栃木県さくら市産)
    ドメーヌさくら・ひとごこち(栃木県さくら市産)
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-

今回は栃木県の日本酒「仙禽 雪だるま」を紹介します。

実は私も一年以上前から狙っていた「仙禽 雪だるま」。
海外出張で買い損ねた(と思っていた)お酒の一つで、懇意にさせていただいている日本酒ブロガーさん達も味わっていたためより飲みたかったお酒でした。
感想は下記リンクより是非参照下さい。

仙禽 雪だるま 活性にごり酒 (20代から始める日本酒生活 様)
仙禽 雪だるま しぼりたて活性にごり (日本酒と競馬ブログ 様)
仙禽 雪だるま (酔いどれオタクの日本酒感想記 様)

今期も買えなかったなと思っていましたが、一月初めに長野市の「仙禽」特約店の酒屋さんに寄ってみたところ初ロットの「仙禽 雪だるま」が残っていたため購入してきました。
「仙禽」は“いっぽん!! 〜しあわせの日本酒〜”(コミックス第1巻、3話)で紹介された銘柄でもあるため、飲みたかった銘柄の一つが買えて良かったです。
(漫画で登場したのは「仙禽 かぶとむし」、このお酒でいっぽん銘柄は12本目です。)

お酒のスペックについてはラベルの通り。
酒米に栃木県さくら市産の“山田錦”と“ひとごこち”を使用しています。
大吟醸規格ですが、㈱せんきんでは醸したお米とその精米歩合を表示する試みをしているようです。
飲みたかったお酒の一つなので、とても楽しみです。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
粉っぽいお米の香りと、フルーティーで甘めのとても良い香りです。
グラスには細かい泡がびっしり付きます。

一杯目は上澄みを頂きます。
一口目はさっぱり甘い。シュワッとチリチリ。
程良く甘くてものすごく美味しいです。

二杯目からはにごりの部分をよく混ぜて頂きます。
とてもさらりとしていて良い味わい。
さらさらな口当たりで、シュワシュワとまではいかないほどのチリチリ感。
飲み進めると甘みが消えてきてさらりと旨み。後味にほんのり苦味。
美味しいですね。
アルコール度数が低いこともあるでしょうが、軽やかですいすい飲めてしまいます。
流石に人気の銘柄は安定して美味しいですね。美味しいにごり酒です。

二日目は味わいはより軽やかに。
初日には気づきませんでしたが、よく見てみると表面は細かい粉で油膜のよう。
さらりとした口当たりとほんのり甘み、ほんのり旨み。
苦味もほとんど感じないくらいで美味しいです。

無謀にも二日目に燗を付けてみると泡立ちます。香りは冷酒や冷やと変わらず。
ベースの味わいもほとんど変わりませんが、辛さがプラスされて後味に苦味も少々プラスされた感じ。
ぬる燗になると酸っぱさも感じますね。
味わいや香りが冷酒や冷やとあまり変わらず安定していました。

「仙禽 雪だるま」初めて頂きましたが、美味しい日本酒でした。
これは人気のお酒になるのも頷けました。


仙禽 生酒、せんきん ゆきだるま にごり酒、senkin yukidaruma nigori、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ