神渡酒蔵開き

今週末は長野県内の酒蔵開きのピークでした。
私は4月21日に長野県岡谷市の株式会社豊島屋で開催された「第十七回 神渡酒蔵開き」に行ってきました。
株式会社豊島屋は「神渡」や「豊香」などを醸す酒造さんで、長野県外では「豊香」の名がよく知られているでしょうか。

今回でなんと第十七回を数える豊島屋さんの蔵開きですが、私は今年初めて訪問しました。
けっこう早い時間から電車で岡谷駅に向かい、岡谷駅周辺の神社仏閣などをぶらぶら散策して時間を潰していました。
今回の蔵開きでは開場前からスタンバイし、先着限定で貰えるぐい呑みを頂くことができました。
ちなみにトップの写真にあるのが私が頂いたぐい呑みです。少し大きくて味があってとても良いぐい呑みで気に入りました。

まずは酒蔵見学の申し込みをし、一回目の酒蔵見学に参加。
酒蔵(建物)も説明や苦労話もとても面白く、そして試飲させて頂いたお酒も美味しくて大満足の酒蔵見学でした。

イベント会場では無料で振舞っていた粕汁や甘酒も美味しかったですし、神渡太鼓連の和太鼓演奏も迫力があってとても良かったです。リズムの太鼓を叩いている人がめっちゃ良かった。

そして豊島屋資料館見学。これも良かったなあ。
甲冑コレクションや仏像などの展示物が本当に素晴らしくて、久し振りに感動しました。

そして会場に戻り、大試飲会では「豊香」など約30種類弱くらいかな?のうち10種くらいのお酒を試飲しました。
きき酒大会にも参加したので、セーブした範囲内ですが結構量を飲んでしまいました。
一緒に酒蔵見学に参加した方達も美味しいとおっしゃっていましたが、試飲コーナーのお酒も良かったですが樽酒のお酒がめちゃくちゃ旨かったです。

開会時には人が少なめかなと思っていましたが、お昼頃にはとても賑わっていました。
昨年は900人ほど来場者があったようですが、今年はどうだったのでしょうか。

そして軽く自慢を。
きき酒大会で全問正解しました。
けっこうな人数が参加していましたが12時くらいの時点で私が6人目の全問正解者だったので、結構正答率は低かったのではないかと。
香りと味は効き分けられたと思ったので結構自信はあったのですが、やっぱり嬉しかったなあ。
日頃の成果(?)が出ましたね。
蔵開きの後は上諏訪の温泉に入りに行きましたが、嬉しくて車中・道中うきうきでした。
蔵見学は良かったですし、資料館は最高でしたし、利き酒も全問正解することができましたし・・・、それに加えてとても暑かったですが天気も良かったし、上諏訪の大和温泉も改めて最高でしたし、良い一日でした。

神渡酒蔵開き2神渡酒蔵開き3

全問正解者が貰える利き酒認定証です。
「晩酌師神渡マイスター」と「神渡宣伝大使」に任命されたので(笑、このブログでも積極的に豊島屋さんのお酒を紹介していきたいと思います。
直近では今回の酒蔵開きのお土産として一番好みだった日本酒を購入してあり、利き酒の景品で頂いた日本酒もあるので、これまで飲んで書き溜めた記事がはけたら紹介する予定です。


ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

日本酒ランキング