信濃錦純米吟醸生酒無濾過澱絡み(30BY)信濃錦純米吟醸生酒無濾過澱絡み(30BY)2信濃錦純米吟醸生酒無濾過澱絡み(30BY)3


信濃錦
純米吟醸
長野県
合資会社宮島酒店
HP:http://www.miyajima.net/

精米歩合:60%
アルコール度数:16.5度
使用米:高遠町三義産美山錦100%
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
製造年月:2018.11 蔵元出荷年月:2018.12
価格:720mL 1,300円(税別)
契約栽培にて土作りから丁寧に栽培された酒造好適米 美山錦を全量用い、味わい豊かに仕上げた純米吟醸酒です。搾りの際に漏れ出た「酵母を含んだ澱」を、濾過をせずにそのまま壜詰しました。柔らかな味わいとキレの良い酸を食中にてお楽しみください。
ラベルより引用

今回は長野県伊那市の日本酒「信濃錦 純米吟醸生酒 無濾過澱絡み」を紹介します。

宮島酒店は「信濃錦」や「一瓢」、「斬九郎」、「艶三郎」などなどを醸す酒造さんです。
いきなりですが蔵元が発行しているパンフレット“土着の蔵”を見たことある方はいらっしゃいますか?
蔵元HPからも電子版を閲覧することができますが、まあ素晴らしい出来で読んで感動します。
宮島酒店は当時当たり前に使用されていた防腐剤(サリチル酸)の使用を撲滅すべく、全国で初めて全商品防腐剤無添加にし、サリチル酸無添加の製造特許を取得した蔵。
更に特許を日本酒業界のために全国の酒蔵に無償公開した素晴らしい酒蔵で、遂には今では当たり前となっているサリチル酸添加全面禁止の法改正へと結びつきました。
このお酒は酒蔵を訪問した際に購入した日本酒で、スペックは純米吟醸無濾過生原酒のおりがらみ。30BYの新酒です。
オリの程度は外観では瓶の底の方にうっすらとオリが濁っている程度です。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
香りは新酒ばな。ほんのりセメっぽい香り。

含むとさっぱり気味の旨味。酸っぱさやキリっと辛みもある。
ビターでセメ系の香りを含んだ旨み。ピリリと辛み。
酸がよく効いているなという印象。

二日目は渋さと酸っぱさ。んん~、特徴的な味がある。
この渋酸っぱさは良いなあ。旨みもある。
ドライですっきり。やや渋エグい。
三日目ラストはこれまでの中では一番好みの味わい。
甘み。旨みがまろやかにほんのり。渋みや比較的しっかりした旨み。
ラストのオリの部分は渋い。旨い。

三日目に燗をつけると、あ~うめ。
旨み。シャンと酸が辛い。良いなあ、燗酒は旨い。
ぬる燗はまろやかで辛みも控えめ。バランスがとても良い。

「信濃錦 純米吟醸生酒 無濾過澱絡み」。美味しい日本酒でした。
このお酒は好みの系統では無かったので、もう一本くらい宮島酒店の別の新酒いきたいですね。
昨年飲めなかった「艶三郎」の無濾過生原酒を飲みたいです。

関連記事:【日本酒】信濃錦 一瓢 ひやおろし 特別純米大辛口 宮島酒店
関連記事:【日本酒】斬九郎 八十金紋 純米生原酒 宮島酒店

ブログランキングに参加しています。

お酒・ドリンク ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村