長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳

長野県在住の長野県日本酒ブログです。 目標は約80蔵ある長野県全蔵家飲み制覇と全蔵訪問達成、そして最高の長野県日本酒を見つけることです! 長野県の日本酒を中心に美味しい日本酒を紹介していきます。 記事へのコメント&お勧めの日本酒大募集中ですので、気軽にコメントお願い致します。 また、相互リンクや相互RSSも大歓迎ですので宜しくお願い致します。

カテゴリ: 福岡県の日本酒

黒蜻蛉黒蜻蛉2黒蜻蛉3


黒蜻蛉
特別純米酒 無濾過生原酒
福岡県
若波酒造合名会社
HP:https://wakanami.jimdo.com/

精米歩合:60%
アルコール度数:17度
使用米:-
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-

今回は福岡県の日本酒「黒蜻蛉 特別純米無濾過生原酒」を紹介します。

若波酒造は「若波」や「蜻蛉」を醸す酒造さんで、「黒蜻蛉(黒とんぼ)」も今回が初飲みです。
このお酒は最近開拓した酒屋さんで購入しました。
普段味わう事が無い日本酒が沢山のため、冷蔵庫の日本酒を眺めているだけで楽しいです。
「黒蜻蛉」はこの季節限定の日本酒のようなので楽しみです。
ちなみにラベルの写真は真っ黒に見えますが、漢字で「蜻蛉」と書かれています。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
スンと辛めな純米酒の香り。

一口目。
酸っぱく、酸が効きながら旨みも感じる特徴的な味。
後味には澄んだ苦さが。旨いです。

二口目以降。
滑らかで爽やかな口当たり。
するする飲める旨酒で、これまたレベルが高いお酒です。
味わいはじわっと辛くて、旨みもしっかり出ていてうまい!
味が少し特徴的で、おそらく私はこれまで味わったことが無いお米だと思います。

二日目は、さっぱりだけどしっかりお米の旨味があり美味しい。
さっぱりながら、ややコクも感じます。
旨みが強く、さっぱり辛口で美味しいです。
数日置くと、苦みや辛さ、旨さやさっぱりさと、様々な味がとてもバランスが良いです。

開栓初日も特徴的で美味しい味でしたが、日を置くととてもバランス酒の良いお酒に。
燗をつけても美味しかったです。
「若波」や「蜻蛉」、今後もチェックしていきたいと思います。

黒とんぼ 日本酒、くろとんぼ にほんしゅ、wakanami kurotonbo nihonsyu、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

庭のうぐいす庭のうぐいす2


庭のうぐいす
特別純米
福岡県
山口酒造場
HP:http://niwanouguisu.com/products/detail/

精米歩合:60%
使用米: 山田錦 60% / 夢一献 60%
アルコール度数:15度
日本酒度:+3
酸度:1.5
アミノ酸度:-

代々、蔵に伝わる技を忠実に守りながら、シャープでドライな味わいを表現しています。
フレッシュで軽い口あたりながら、味わい深く「お替りしたくなる酒」という蔵が追求する
究極の風味を目指しています。

山口酒造場HPより引用

今回はラベルがとても可愛らしい日本酒「庭のうぐいす 特別純米」を紹介します。

「庭のうぐいす」は福岡県山口酒造場の日本酒です。
遠く九州のお酒のため、長野県でこの日本酒を取り扱っている酒屋さんはとても珍しいです。
酒米に“山田錦” と“夢一献”という珍しいお米を使用した特別純米酒。

【味の感想】
おすすめ温度は8~12℃とのことで、冷やし過ぎずにすこしだけ冷やして頂きました。
ふんわりとした香り。

一口目。
すっきり。すっと一本通った酸味がずっと残ります。
後味にじわっと渋みと旨味が広がります。
これまた特徴的な日本酒ですが、美味しいですね。

二口目以降。
やや辛口で、すっぱさが美味しいです。
フレッシュさがあり、口当たりはさっぱり。
後味の旨味もとても美味しいです。

さっぱりとした酸味の日本酒は美味しくて杯が進みますね。
飲みやすいお酒で、蔵元の狙い通り何度も注いでしまうお酒でした。
庭のうぐいす、庭の鶯 日本酒、ニワノウグイス 日本酒、にわのうぐいす とくべつじゅんまい、niwanouguisu tokubetujyunmai、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

吟の瞳吟の瞳2


吟の瞳(ぎんのひとみ)
純米大吟醸
福岡県
株式会社喜多屋
HP:http://www.kitaya.co.jp/

精米歩合:50%
アルコール度数:15~16度
使用米:吟のさと
酸度:-
アミノ酸:-

地元八女契約農家による酒造好適米「吟のさと」を50%に磨いて低温でじっくりと醸した大吟醸で、フルーティーな吟醸香と軽やかでキレの良い味わいの淡麗辛口です。大吟醸としてはフレンドリーなお値段ですので、カジュアルにお楽しみください。
「吟のさと」と八女出身の大女優「黒木瞳」さんにちなみ命名しました。

喜多屋HPより引用

今回は福岡県の日本酒「吟の瞳 純米大吟醸」を紹介します。

限定流通品の日本酒を見つけたので、購入しました。
今回紹介するのは遠く九州のお酒、福岡県 株式会社喜多屋の「吟の瞳(ぎんのひとみ)」です。
喜多屋は2013年IWCにて「大吟醸 極醸 喜多屋」が最優秀賞「チャンピオン・サケ」を受賞している酒造なんですね。
私も耳にしたことがある酒造さんでした。
純米大吟醸は個人的に好きなお酒なので期待大です。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
少し酸味を感じるようにも思えるお米の香りです。

一口目。
味が濃くて、甘みが強い。
初めに強い味がグッときて、消えていく感じです。

二口目以降。
舌の上でわずかな酸味・苦味を感じる辛口風の味に。
やはり初めに味が来てから消えていく感じで、キレが中々良いです。

さすが純米大吟醸。とても美味しくて好みの日本酒でした。
“吟のさと”という酒米も初めて味わいましたが、とても美味しいと感じました。
日本酒の“味”を味わいたい方にお勧めのお酒です。

吟の瞳 日本酒、ぎんのひとみ、ginnohitomi、きたや、キタヤ、kitaya nihonsyu、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

↑このページのトップヘ