長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳

長野県在住の長野県日本酒ブログです。 約80蔵ある長野県の全蔵巡り&家飲み制覇しました。 長野県の日本酒を中心に美味しい日本酒を紹介していきます。 記事へのコメント&お勧めの日本酒大募集中ですので、気軽にコメントお願い致します。 また、相互リンクや相互RSSも大歓迎ですので宜しくお願い致します。

カテゴリ:日本酒記事 > 雑記

屠蘇屠蘇4

日本酒を好んで飲むようになってから、日本酒の文化にも興味を持つようになりました。
年末にデパートに行った際にお酒コーナーに屠蘇が売っていたので、良い機会だし気になっていたお屠蘇(おとそ)を飲んでみたいと購入してみました。
お屠蘇についてはgoogle先生に聞いてみて下さい。

私の周りではお屠蘇の文化は薄くて、これまでの人生で一度神社で振舞っているのを見たことがあるかな程度。
もちろん家では飲んだことはありませんでした。
日本酒を大好きになった今、今回初めて味わいます。

まずはお屠蘇作りから。
開けてみるとこれはティーバックですね。
意外と下準備も少し大変で、5~6時間日本酒を浸して漢方のエキスを出すようです。

屠蘇2
原材料…桂皮・山椒・陳皮・桔梗・大茴香・丁字・浜防風

屠蘇3
お屠蘇とは...(画像参照)

【味の感想】

色は茶色みがかって紅茶や薄い麦茶のよう。

ものすごく旨いな。漢方薬(特に桂皮かな?)の味わい。香りもとても好み。
本みりんを入れるとなお旨いです。甘さが美味しくて味わいもものすごく好みなんですが。
砂糖を入れると甘すぎてイマイチ。砂糖を加える場合はほどほどが良いです。
いや~旨いで。甘くて軽やかで、アルコール飲料だというのを本当に忘れそうです。

私は絶賛していますが、多分美味しいと思うのは十人中一人くらいだと思います。
家族は皆軽く一杯しか飲まず、残りは私が平らげました。
味わいを例えると、、、長野県の方は分かる方いらっしゃるかな。
養命酒の味をイメージして頂ければほぼそのままの味わいです。
より詳しく書くと、養命酒から濃さや苦味を引き算した感じで個人的には養命酒より美味しいです。
私も養命酒好きなのですが、養命酒好きな方にはドハマりすると思います。

養命酒よりもやや薄味で飲みやすく、日本酒の旨味もあります。
本みりんを加えるだけだと優しい甘さで、アルコール感は全く感じません。
多分今回私の場合ベースの日本酒が旨いから余計美味しく感じたと思います。

屠蘇散は年中薬局で売っていますし、おそらく正月残りの屠蘇散が安く販売されると思うので(自己責任で)一度味わってみては如何でしょう。
確か一パック100円程度でとても安いものだと思います。


軽くお知らせです。
これからまた一月ほど海外へ。。。
前回の帰国後から日本酒を飲みまくり記事ストックは充分溜まっていますので、ブログ更新は帰国するまでの間滞りなく続けられると思います。
例によってコメントを直ぐにお返しする事はできませんが、コメントお待ちしておりますのでお気軽にお願い致します。


ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

無事帰ってきました。
ですが新酒シーズンに一月も日本を離れた精神的ダメージは大きいです。

今回は日本酒の禁断症状(笑 出ましたね。
自宅(日本)の冷蔵庫に保管している日本酒をどの日程と順番で飲むのをプランニングしたりとか、帰ったらどこで何を購入するのかなど日本酒の事ばかり考えていました。
日本酒が飲みたい。新酒が飲みたい。信州の新酒が飲みたい。。。
日本酒の事が頭から離れませんでしたが、あくまで新酒依存症であってアルコール依存症では無いかなと思います。多分。

一応、海外では火入れ酒では「白鶴」や「上善如水」、「八海山」等々の純米吟醸クラスまで手に入りますし、現地生産の日本酒も飲めます。生酒でもワンカップ生原酒の「ふなぐち菊水一番しぼり」が買えますね。
お値段は高めで、ワンカップだと400円くらいしますが。
結局それらのお酒には手を付けず、一滴も日本酒を飲むこと無く一月を過ごしました。

日本酒(新酒)を飲めないことと同列以上に、お酒を買えないことがキツかったですね。
今期は狙っていた季節限定酒や入手困難なお酒があったのに。。。

今日はそんなダメージを癒すべくお世話になっている酒屋さんに行って少しだけ回復してきました。
年末年始は美味しい日本酒を飲んで全快まで回復させたいと思います。
今年も残りわずかです。皆様ご体に気を付けてお過ごし下さい。

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

お知らせです。
しばらくまた海外に行ってきます。

新酒シーズンなのにしばらく美味しい日本酒が飲めなくなる&出来るだけ日本酒記事のストックを持っておこうと最近かなりのペースで日本酒を飲んでいる最中です。
飲み溜めた日本酒については予約投稿し、週2くらいのペースで更新していきます。
コメントは年末までお返し出来ませんので、ご了承下さい。
遅くなりますが絶対返しますので、コメントはお待ちしております。

【更新予定の記事】

・【日本酒】大雪渓 どぶろっくん 活性にごり酒 大雪渓酒造(長野県)
・【日本酒】誉池月 超辛口純米酒佐香錦無濾過生原酒 池月酒造(島根県)
・【日本酒】黒澤 生モト純米 限定ブレンド 黒澤酒造(長野県)
・【日本酒】花陽浴 純米吟醸無濾過生原酒 美山錦おりがらみ 南陽醸造(埼玉県)
・【日本酒】牧水 生もと純米原酒 武重本家酒造(長野県)
・【その他の醸造酒】おろちの舌鼓 五穀のにごり酒 木次酒造(島根県)

それでは行ってきます。

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

お知らせです。
しばらくまた海外に行ってきます。

今まで飲み溜めた日本酒については予約投稿し、週2くらいのペースで更新していきます。
コメントは帰ってくるまでお返し出来ませんので、ご了承下さい。
(コメント待ってます)

【更新予定の記事】

・【日本酒】海津櫻 生原酒 千曲錦酒造(長野県)
・【日本酒】田酒 純米吟醸山廃 西田酒造店(青森県)
・【日本酒】獺祭 純米大吟醸48 寒造早槽 しぼりたて生 旭酒造(山口県)
・【日本酒】酔園 雪中乗鞍 無濾過純米吟醸 EH銘醸(長野県) 


ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

長野県全蔵制覇を目標の一つにしている本ブログですが、「長野県」のカテゴリ記事もついに100本になりました。

家飲みだけで長野酒を100本以上頂いたことになりますが、果たして長野県の酒蔵をどれだけ飲む事が出来たのでしょうか。この機会に集計してみました。

まずは、長野県の全酒蔵の確認から。
長野県酒造組合HP参照

◆印は長野県のエリア。酒造名/代表銘柄の順です。

◆中野エリア(飯山市、中野市、山ノ内町) 6/8
(株)丸世酒造店 「勢正宗」
(株)井賀屋酒造店 「岩清水」
(株)玉村本店 「縁喜」
(株)山形屋 「雲山」
(株)田中屋酒造店 「水尾」
(株)角口酒造店 「北光正宗」
志賀泉酒造(株) 「志賀泉」
天領誉酒造(株) 「天領誉」

◆長野エリア(長野市、信濃町、千曲市、小布施町、須坂市) 8/13
(株)今井酒造店 「若緑」
(株)高橋助作酒造店 「松尾」
(株)東飯田酒造店 「本老の松」
(株)酒千蔵野 「桂正宗」
長野銘醸(株) 「オバステ正宗」
(株)西飯田酒造店 「信濃光」
(株)尾澤酒造場 「十九」
(株)桝一市村酒造場 「スクウェア・ワン」
(株)松葉屋本店 「北信流」
高沢酒造(株) 「米川」
小布施酒造(株) 「高井鶴」
(株)よしのや 「雲山」
(株)遠藤酒造場 「渓流」

◆上田エリア(上田市) 3/6
岡崎酒造(株) 「亀齢」
沓掛酒造(株) 「福無量」
若林醸造(株) 「月吉野」
和田龍酒造(株) 「和田龍」
山三酒造(株) 「真田六文銭」
信州銘醸(株) 「喜久盛」

◆佐久エリア(小諸市、佐久市、佐久穂町) 9/13
大塚酒造(株) 「浅間嶽」
千曲錦酒造(株) 「千曲錦」
戸塚酒造(株) 「寒竹」
(株)古屋酒造店 「深山桜」
武重本家酒造(株) 「御園竹」
大澤酒造(株) 「信濃のかたりべ」
(株)土屋酒造店 「亀の海」
芙蓉酒造(株) 「金宝芙蓉」
伴野酒造(株) 「澤乃花」
木内醸造(株) 「初鶯」
橘倉酒造(株) 「菊秀」
佐久の花酒造(株) 「佐久の花」
黒澤酒造(株) 「井筒長」

◆諏訪エリア(諏訪市、岡谷市、茅野市) 6/8
麗人酒造(株) 「麗人」
酒ぬのや本金酒造(株) 「本金」
伊東酒造(株) 「横笛」
宮坂醸造(株) 「真澄」
高天酒造(株) 「高天」
(株)豊島屋 「神渡」
諏訪大津屋本家酒造(株) 「ダイヤ菊」
(株)舞姫 「舞姫」

◆伊那エリア(辰野町、箕輪町、伊那市、駒ケ根市、中川村) 5/8
(株)小野酒造店 「夜明け前」
(株)山岸酒店 「岸の松」
漆戸醸造(株) 「井の頭」
(資)宮島酒店 「信濃錦」
(株)仙醸 「仙醸」
酒造(株)長生社 「信濃鶴」
米澤酒造(株) 「今錦」
大國酒造(株) 「大國」

◆飯田エリア(飯田市) 1/1
喜久水酒造(株) 「喜久水」

◆木曽エリア(木祖村、木曽町、大桑村) 2/4
(株)湯川酒造店 「木曽路」
七笑酒造(株) 「七笑」
(株)中善酒造店 「中乗さん」
西尾酒造(株) 「木曽のかけはし」

◆松本エリア(松本市、筑北村、塩尻市、安曇野市) 8/11
(名)奥澤商会 「深志鶴」
善哉酒造(株) 「善哉」
岩波酒造(資) 「岩波」
笹井酒造(株) 「笹の誉」
大信州酒造(株) 「大信州」
(名)亀田屋酒造店 「アルプス正宗」
山清酒造(株) 「山清」
(資)丸永酒造場 「高波」
笑亀酒造(株) 「笑亀」
美寿々酒造(株) 「美寿々」
EH酒造(株) 「酔園幻の酒」

◆北安曇エリア(大町市、池田町) 4/5
(株)市野屋商店 「金蘭黒部」
(株)薄井商店 「白馬錦」
北安醸造(株) 「いいずら」
大雪渓酒造(株) 「大雪渓」
福源酒造(株) 「北アルプス」

以上77蔵。

長野県酒造組合掲載の全81蔵から菱友醸造(株)「御湖鶴」と天法酒造(株)「天法」を除いて、2017年現在の長野県の酒蔵は79蔵あります。

ここから2蔵保有し銘柄が重なっている長野市豊野にある大信州酒造(株)と、千曲市戸倉にある坂井銘醸(株)を除くと77蔵です。

今回は77蔵に「御湖鶴」の菱友酒造を加えた78蔵を母数とします。

そして、飲んだ銘柄をカウントしていくと・・・ 53/78蔵!

あと残り25蔵ですか。50蔵は超えていましたがまだまだ道のりは長いです。

「まだまだ思ったよりも飲めていないな」とも思いますし、「長野県には酒蔵がまだまだ沢山残っているな」とわくわくもします。 

いずれにせよ今年中の全酒蔵制覇は難しそうですね。

特に入手が難しい銘柄がいくつかあって、下記の3銘柄は実感として入手難易度が高いです。
・佐久エリアの木内醸造(株)「初鶯」
日本酒にハマり始めた頃から探している「凍米」がまだ手に入らないところか、「初鶯」の取扱店を見つけられてすらいません。 やはり佐久地方へ遠征するしかないのでしょう。
・伊那エリアの(株)山岸酒店 「岸の松」
このお酒はおそらく蔵元の酒屋さんに行かないと入手出来ないです。
一度訪れてみたいと思います。
・松本エリアの(名)奥澤商会 「深志鶴」
このお酒もずっと探していて特約店でも確認していますが、販売しているのを未だ見たことがありません。
来期の新酒を狙ってみます。

こうやって改めてまとめてみると長野県はとても広く、それぞれの地域に様々な酒蔵さんがあります。

自分の好みのお酒をセレクトして2本目以降を飲んでいくと共に、まだ飲んだことが無い長野県銘柄を少しずつ飲み進めていこうと思います。

引き続き本ブログを宜しくお願い致します!


ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

悲しいニュースを一つ。

長野県のローカル新聞や全国紙では日本経済新聞などでニュースになったため、日本酒飲みの方々の中には既に御存じの方もいるかもしれません。

「御湖鶴」を醸す菱友醸造株式会社が、22日付けで事業を停止し、自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

「御湖鶴」は長野県の素晴らしい日本酒の一つで、下諏訪町では唯一の酒蔵だったのに。
とても残念です。

まだ一報レベルのニュースのため、「御湖鶴」銘柄が完全に無くなってしまうのか、それとも何らかの形で残るのかわかりませんが、今後のニュースにも注目していきたいと思います。

私はこれまで一本しか味わったことが無いため、酒屋さんに「御湖鶴」買い求めに行ってきます。


- 5月1日追記 -

ゴールデンウィーク前半に長野県下諏訪町に行ってきました。

目的は「御湖鶴」購入&観光です。

酒屋さんやお土産屋さんを巡って、「御湖鶴」シリーズを色々と購入してきました。

酒屋さんに尋ねてみると、菱友醸造 自己破産のニュースが出てからやはり「御湖鶴」を買い求めるお客さんが多いそうで、早いスピードで売り切れていっているそうです。

酒屋さんから順に生酒や季節酒が売り切れになっているため、それらのお酒を入手したい方は下諏訪大社前のお土産屋さんが狙い目です。

私が購入したのはこちら。

御湖鶴

左から
・御湖鶴 純米吟醸くろ
・御湖鶴 純米 信州乃生一本
・御湖鶴 純米缶
・御湖鶴 純米活性にごり酒
・ミコツルあわあわ

じっくり味わって、順に紹介していきたいと思います。

目的のものを購入した後は、下諏訪温泉や諏訪大社にも行ってきました。

下諏訪温泉は安くて気持ちよくて最高の温泉ですよ。諏訪大社も一度は訪れてみるべき素晴らしい神社です。


ブログランキングに参加しています。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

一か月以上の海外出張からようやく日本へ帰ってきました。

不在の間、訪問やコメント誠にありがとうございます。

これから出張中見ることが出来ていなかった日本酒ブログ記事や酒屋さんの新酒情報をチェックしたいと思います。

出張が計画よりかなり長引いてしまったこともあって仕事面でもキツかったのですが、まさか丸々一か月間日本酒が飲めないことになるとは思いませんでした。

前回の記事でも書きましたが、海外に出るとお風呂と生魚、そして日本酒に飢えます。
(日本酒は一応日本食屋には置いてあり頂くことは出来るのですが、やっぱり美味しい日本酒や生酒が無いため選択肢に入りません)

今回も同様の現象に襲われて、最初は何とも無かったのですが、一か月も経つと日本に帰りたい気持ちと合わさって自分でもアルコール中毒じゃないかと思うくらい日本酒が飲みたくて、本当に自分が心配になるくらい日本酒のことばかり考えていました。

結局一か月を過ぎた頃には限界に達して、別案件で海外に来た出張者に頼み込んで空港の免税店で日本酒を買ってきて頂く有様ですからね。

あれが無ければ死んでいました。

日本に帰ってきたので、購入したい日本酒や買いためしてある日本酒を日本酒を飲んで、ブログ更新も再開していきたいと思います。


ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。 

お酒・ドリンク ブログランキングへ

実はまた今週末から海外出張に出ることになったため、しばらくブログ更新が出来なくなってしまいます。

あと数回分の記事は予約投稿を予定していますので、再来週くらいまでは無人のまま更新します。

日本酒ブログ様への訪問とコメント返し(コメント頂けるでしょうか)はしばらく出来ませんので、ご了承下さい。


私の最近の日本酒状況を赤裸々に。
この記事書いていて再確認しましたが、冷蔵庫に未開封の4合瓶が8本入っていました。
(これにプラスして開封済みで現在味わっている日本酒があります)

1月にしばらく日本を離れて日本酒を飲めなかった時期があったため、これまでのパターンが崩れてしまいました。
皆さんはもっと計画的に日本酒を飲んでいるのでしょうね。
私は購入したい日本酒は山ほどあるのですが、購入を我慢して抑えた結果がこれですからね・・・
一回に飲める量は最大2合くらいで休肝日は一日置き以上設けているので、消費が追い付いていないものあります。

【直近ブログ投稿予定の日本酒】
・風の森 露葉風 純米しぼり華
・ソガ Le Sake Erotique Numero Six
・荷札酒 黄水仙 純米大吟醸生酒 無濾過・仲汲み

ずっと気になっていた「風の森」を初めて頂きました。
小布施ワイナリーの2017年の新酒「ソガ ル サケ エロティック ヌメロシス」も頂きました。
また、昨年からのトレンド日本酒「荷札酒」も初めて頂きました。
どれも素晴らしいお酒でした。
これらのお酒はレビューを書いてから旅立ちます。

【冷蔵庫にある未開封の日本酒】 (3月以降にブログ投稿予定のお酒ですのでお楽しみに)
・亀田屋酒造 しぼりたて純米生原酒
・御湖鶴 秘密の酒
・井の頭 秘密の酒
・互 先発 純米吟醸生酒
・十九 純米吟醸
・茜さす ヌヴォー 特別純米無濾過生原酒
・飛露喜 純米大吟醸
など

亀田屋酒造さんの蔵元にお邪魔して、蔵元限定販売の1月の量り売り酒を購入しました。
その他にも長野県日本酒を中心に限定酒を少々確保しています。
昨年購入した「飛露喜 純米大吟醸」はまだ開けていません。

【購入予定の日本酒】
・王祿 (スペック未定)
・夜明け前 しずく採り
・真澄 純米吟醸 うすにごり
・岩波 純米吟醸生酒 1873-01

近くに「王祿」の特約店があるため、一度味わってみたいと思います。
店主さんにも聞いてみる予定ですが、一発目はどのお酒を購入すれば良いのかアドバイスお願いします。 

「夜明け前 しずく採り」
今年もこの季節がやってきました!
2016年のマイベスト日本酒の一本ですので、今年のお酒もとっても楽しみにしています。
飲むのはしばらく先になってしまいますが、とても待ち遠しいです。

「真澄 純米吟醸 うすにごり」も2016年のマイベスト日本酒の一本。
こちらは長野県では取扱店が多く最悪近所のスーパーでも購入出来るため、帰ってきてから購入すれば良いかな。
飲むと決めている日本酒の一つなので、今年の出来がとても楽しみです。

長野県松本市の日本酒「岩波」から純米吟醸生酒 1873-01(イワナミ ゼロワン)が新発売されました。
今年発売されたばかりの新商品なので是非味わってみようと思っています。

他にも狙っている日本酒がありますが、秘密です。
狙っているレア酒があるので、この時期に日本にいられないのは正直キツイです。。。

今年も例の頒布会への入会、逃してしまいそうだな(泣


寒い日が続きますので、ご自愛ください。 
 
それではまた。See You Again!


ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。 

お酒・ドリンク ブログランキングへ

実は年明け2週間ほど、ブログ記事を幾つか予約投稿して海外出張に出ておりました。

コメントありがとうございます&返信が遅くなってしまい申し訳ございませんでした。

これから出張期間中の日本酒ブログ記事や酒屋さんの新酒情報をチェックします。


海外に出ると、場所にも寄りますが日本食屋もありますし大抵のものも揃っており不便はあまり感じません。

しかし、「お風呂(温泉)」、「生魚(お寿司、お刺身)」、そして「日本酒」は本当に飢えます。

お風呂関係はずっとシャワー生活だったので、早く湯船に浸かりたいです。

お寿司やお刺身も食べることが出来るのですが安全や味を考えると避けてしまいますし、日本酒も一応頂くことは出来るのですがやっぱり美味しい日本酒や生酒が無くて飲みたくなりますね。

帰ってきてやりたい・食べたい・飲みたいことも真っ先にこの3つです。

やっと美味しい日本酒が飲める・・・

冷蔵庫に買いだめしていた日本酒が待っていてくれたので、少しペースを上げて飲んで行こうと思います。


正月も遠い昔のことのように感じますが、お正月に飲んだ日本酒は、
・「黒松仙醸 こんな夜に 山椒魚」
・「黒松仙醸 こんな夜に 山女」
・「夜明け前 純米吟醸 生一本」
・「梅乃宿 純米大吟醸」 でした。
どれも素晴らしい日本酒でしたよ。

また、遅ればせながら「いっぽん!! ~しあわせの日本酒~」コミックス3巻を購入しました。
気になる日本酒ばかりでとても楽しい漫画です。

それではまた。


クリックお願い致します。 

お酒・ドリンク ブログランキングへ

最近、久し振りに長野県内の有名な酒屋さんに行きました。

お酒の種類やラインナップ、取扱い銘柄どれをとっても素晴らしいお店で、通える範囲に住んでいる方は本当に羨ましいです。

もし私の家の近くにあったら、休肝日が無くなってしまうかもしれません。


今回購入した日本酒は、福島県廣木酒造本店の「飛露喜 純米大吟醸」です。

飛露喜


「飛露喜(ひろき)」は一度は飲んでみたかった日本酒の一つ。

このお酒も全国的に大人気のお酒で、入手がかなり難しいようです。

お店にはこれまで何度か訪問させて頂きましたが、初めて「飛露喜」が冷蔵庫に並んでいるのを見ました。

無事購入することが出来て、家に帰るまでもウキウキでした。

私は量が飲める方では無く休肝日も多く設けているため、飛露喜 純米大吟醸のような4合瓶はありがたいですね。

大事に取っておいて、年取りのお酒にしようと思います。


長野県内には飲んだ事がない銘柄が沢山ありますし、ブログでも出来るだけ長野県の日本酒を紹介したいのですが、日本酒にハマってまだ数年ですのでミーハーな部分もあります。

プレミア価格がついたものは意地でも買おうと思いませんが、そんなに話題になっていて美味しいのなら、何とか特約店を探しだして飲んでみたくなるのが日本酒飲みの心情ですよね。

日本酒の味を評価する上で、全国レベルの日本酒の味を知っておきたい気持ちもありますし。

粗方飲んでみたい日本酒は味わったので、長野県の銘酒探しに勤しみたいと思います。


もうすぐ12月か~。今年一年も残りわずかですね。。。

寒さが厳しくなりますので、ご自愛ください。


クリックお願い致します。 

お酒・ドリンク ブログランキングへ

↑このページのトップヘ