長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳

長野県在住の長野県日本酒ブログです。 約80蔵ある長野県の全蔵巡り&家飲み制覇しました。 長野県の日本酒を中心に美味しい日本酒を紹介していきます。 記事へのコメント&お勧めの日本酒大募集中ですので、気軽にコメントお願い致します。 また、相互リンクや相互RSSも大歓迎ですので宜しくお願い致します。

カテゴリ: 奈良県の日本酒

Single Origine Sake 吉野 純米吟醸生酒(30BY)Single Origine Sake 吉野 純米吟醸生酒(30BY)2

Single Origine Sake 吉野
純米吟醸 生酒
奈良県
株式会社北岡本店
HP:https://www.kitaoka-honten.com/

精米歩合:60%
アルコール度数:12度
使用米:奈良県吉野産山田錦100%使用
使用酵母:桜酵母
日本酒度:-21
酸度:1.4
アミノ酸度:-
製造年月:2019.11
価格:720mL 1,980円(税別) ※頂き物

今回は奈良県の日本酒「Single Origine Sake 吉野 純米吟醸生酒」を紹介します。

北岡本店は「八咫烏(やたがらす)」などを醸す酒造さん。初飲み銘柄です。
このお酒はKURANDさんのSNSキャンペーンで頂きました。

【味の感想】
まずは冷酒で頂きました。
軽く甘い香り。

甘~。砂糖水というか、軽く薄めたはちみつ水。
ありそうでちょっと違う感じだな。クリアで軽い花の蜜みたいな甘み。
とても飲みやすく、ターゲットも明確。良いお酒だと思います。
飲み進めてもやっぱり甘いな。甘みオンリーと言えるかもしれない味わい。

三日目は甘くてとても飲みやすいお酒だわ。あまり薄いって感じはしないのが良い。
甘い。う~ん、やっぱり飲みやすいですね。
六日目ラストは甘酒的な甘みですね。甘く美味しい。
甘~く、美味しい。クリアでさっぱりした甘酒みたい。

三日目に熱燗をつけると、ちょっと香りはキツイ感じがするけどうまいなあ。
お米の香り。熱甘クリア。甘旨み。
甘く優しいピッと少し酸。砂糖とか蜜の甘み。エグみはほんのわずかだけ。

【評価】
美味しい日本酒(・・☆☆☆)
砂糖や蜜のような甘み。とても飲みやすく、クリアでさっぱりした甘酒みたいな日本酒。

ブログランキングに参加しています。

日本酒ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

みむろ杉 純米大吟醸 山田錦(30BY)みむろ杉 純米大吟醸 山田錦(30BY)2

みむろ杉
純米大吟醸 山田錦
奈良県
今西酒造株式会社
HP:https://imanishisyuzou.com/

精米歩合:50%
アルコール度数:15度
使用米:山田錦100%
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
製造年月:2019.8
価格:1800mL 4,000円(税別)

今回は奈良県の日本酒「みむろ杉 純米大吟醸 山田錦」を紹介します。

今西酒造は「三諸杉」や「みむろ杉」を醸す350年以上の歴史を持つ酒蔵さん。
家飲みでは初めてセレクトする銘柄です。
スペックは酒米に山田錦を使用した純米大吟醸火入れです。

【味の感想】
まずは冷酒で頂きました。
ふわっと甘い香りが立ちあがってくる。

キュッとしたシャープな味わい。甘みと酸がスッと。そしてややビターな旨み。
おお、良いですね~。シャープな口当たりに優しいクリアビターな旨み。
シュッと渋みを含んだ酸。かなり旨いです。
飲み進めると口当たりのシャープな感じが薄まってきて、ほんのりだけ熟した旨み。
口当たりがややエグみを含んだ酸になってくるけど悪くない。

二日目もかなり旨いですね。すいすい飲めます。
タイプはフレッシュ熟成酒。口当たりにほんのり熟した香りとともに甘旨み。後味優しい。
実際にフレッシュな訳では無いんだけど、シャープな酸がさっぱりさを感じさせて飲みやすい。
三日目。はい、旨い。ややジューシー感が増して甘酸っぱい。
酸と甘旨みが融け合う感じで、コクある後味。
四日目も美味しいです。
甘みとキュートでクリアな酸。モダンな甘酸っぱさがややクラシックに寄った感じ。
しっとりで苦味の余韻がわわずか。
六日目はちょっと味が抜けてきたように感じるかな。
やや薄味の透明な味わいからキュ~っとキュートな酸。甘コク。
やっぱりちょっと抜けたようにも感じるけど、旨みがクリアで酸が上手く効いて非常に飲みやすい。
八日目はまろやかな旨味で旨いなあ。
甘旨みとスッとほのかな酸。バランスが良い。
九日目は甘口。木の甘みっぽい甘み。
十日目ラストはジューシーで甘酸っぱい味わい。甘みは蜜系。少し酸。渋みがしりっと。
通してとても飲みやすい日本酒で杯が進みました。

十日目に熱燗をつけると、う~ん高い温度には向かないかな。少しお米の臭み。
甘エグさがやや強めに。
少し温度が下がってきた辺りは良いですね。冷酒よりも増された甘みにほんのり酸が差す。
いいっすねえ。蜜のような甘みに酸。一方でコク深くしっとりした印象もある。美味しい。

【評価】
とても美味しい日本酒(・☆☆☆☆)
シャープな口当たりに優しいクリアビターな旨み。モダンな甘酸っぱさがあってジューシー。
とても飲みやすく万人受けするであろう日本酒。

ブログランキングに参加しています。

日本酒ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

篠峯Azur山田錦純米吟醸篠峯Azur山田錦純米吟醸2


篠峯
Azur 山田錦 純米吟醸
奈良県
千代酒造株式会社
HP:http://www.chiyoshuzo.co.jp/

精米歩合:55%
アルコール度数:15度
使用米:奈良県産山田錦
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
価格:720mL 1,500円(税別)
田圃ラベルシリーズ -『紺碧』-
奈良県産山田錦を全量使用した純米吟醸酒です。
地元米にこだわった「篠峯」です。

ラベルより引用

今回は奈良県の日本酒「篠峯 Azur 山田錦 純米吟醸」を紹介します。

飲んでみたかった銘柄の一つ。「篠峯」です。
蔵元HPで調べると長野県には特約店は無く残念に思っていたのですが、このお酒は入手できました。
田圃ラベルシリーズの一本で、スペックは奈良県産山田錦を全量使用した精米歩合55%の純米吟醸酒です。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
不思議な香り。結局最後まで例える香りが思い浮かびませんでした。

含むとうま~。ジューシーで酸が立つ。
それでいて綺麗な旨み。キレも良い。柑橘系のイメージ。
酸味があって、さっぱりすいっすいなお酒。
食中酒にしてもほぼ何にでも合いそうなお酒ですが、単独酒が良いですね。
単独でお酒の繊細な味を味わいたい。
透明で爽やかな旨み。ミネラル感。喉の奥にじんわり苦味を少しだけ残してキレる。
返り香はほのかながら特徴的。山田錦系の長野酒ではほぼ出会わないニュアンス。

三日目は味気は無くさっぱりした口当たりに、酸っぱさを含んだ旨みが乗る。
旨みは複雑で私にとっては珍しい味わいで面白い。
酸がやや強くてほのかに甘みもありの優しい味わい。
五日目ラストもさっぱりすっきり。ほのかにある旨みは綺麗。
個人的には味わいが少し薄いかなと感じましたが、すっと綺麗に沁みこむお酒でした。

五日目に燗をつけると、最初は旨みと辛みが増して美味しいです。
冷めていくと少しエグみが出てきて微妙ですが、熱燗は良かったです。

「篠峯 Azur 山田錦 純米吟醸」。美味しいお酒でした。
また出会う機会があれば是非別スペックを頂いてみたいです。

ブログランキングに参加しています。

お酒・ドリンク ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

風の森秋津穂純米しぼり華風の森秋津穂純米しぼり華2


風の森
秋津穂 純米しぼり華 無濾過無加水生酒
奈良県
油長酒造株式会社
HP:http://www.yucho-sake.jp

精米歩合:65%
使用米:奈良県産秋津穂100%
使用酵母:-
アルコール度数:17度
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
価格:720mL 1,050円(税別) 

風の森にとって醸造適性に優れた秋津穂は全量が地元の契約栽培米です。 秋津穂純米は風の森のスタンダード。しぼってそのままのボリューム感ある味わいをお楽しみいただけます。
ラベルより抜粋

今回は奈良県の日本酒「風の森 秋津穂 純米しぼり華」を紹介します。

全量720mL化で話題となっている「風の森」。本ブログでは4本目の登場です。
特約店の酒屋さんでポストカードを頂いて読んでみましたが、「風の森」20周年を迎えるんですね。まずそこにびっくりしました。
私は完全に自宅用&個人飲みで日本酒の飲み比べをしているので(全量とするかは置いておいて)720mL化には賛成なのですが、話題になっているという事は立場やお酒の楽しみ方の違いによって各人色々と思うところがあるのでしょうね。
今回はスタンダードな「風の森 秋津穂 純米しぼり華」を選択しました。
奈良県産“秋津穂”を100%使用した純米酒ですね。お値段もとても安価でお手頃です。
日本に帰ってきたらこういうチリチリフレッシュな日本酒を飲みたかったんですよ。とても楽しみです。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
グラスに注ぐと泡泡でとても元気。
爽やかで甘いラムネの良い香り。本当にラムネ再現率90%くらいのラムネ臭です。

一口目は軽やかに甘酸っぱい。
ほんのわずか甘くて酸も良く効いている。ほんのり苦味がある。
飲み進めると結構水っぽく感じて抜けたようで、後味の苦味も強め。
う~ん。辛口評価ですがこれでガス感が無くなるとすると飲みたいと思えない味。
酸もあって旨みは薄くは無いのだけれど好みでは無いです。苦い。
おそらく想像していたよりも甘みがずっと少なめでほとんど感じないからだと思います。

二日目はボンっと開栓。炭酸は元気です。
うん、初日より美味しい。
甘さは初日と変わらず控えめで、苦味を伴った旨みが強めの味わい。
ガス感を伴ったフレッシュさはあります。
苦くてチリチリというと「王祿」が思い浮かびますが、残念ながらこの味だと「王祿」と勝負にすらなっていません・・・
三日目はガス感はほとんど感じません。
旨みは濃いのですが、ちょっと苦い。
日本酒の苦味は好きな味覚なのですが、なぜだかこの味は苦手です。
四日目はちょっと薬品っぽいけど苦味も収まって飲みやすい。
とても軽やかな味わいです。これは素直に美味しい。
たまに薬品っぽい味わいを感じる時もあるけれど、軽やかな旨みと軽やかな飲みやすさ。
わずか辛さ。

四日目に燗をつけるとさっぱり甘い。わずか甘さが出てきました。
続けて飲むと辛温かい。とてもさっぱりした燗酒でした。

???
私の舌がおかしいのか、元々こういう味わいの商品なのか、これまで味わってきた「風の森」とは全然印象が違いました。
これはまたもう一本試してみないとですね。冷蔵庫が空いてくるシーズンに試してみたいと思います。


関連記事:【日本酒】風の森 露葉風 純米しぼり華 油長酒造
関連記事:【日本酒】風の森 ALPHA TYPE1 油長酒造
関連記事:【日本酒】風の森 キヌヒカリ 純米大吟醸笊籬採り 油長酒造

風の森 安芸津帆 秋づ帆 風邪の森 日本酒、かぜのもり あきつほ アキツホ、kazenomori kinuhikari jyunmaidaiginjyou、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

花巴水もと純米花巴水もと純米2


花巴
水もと純米 無濾過生原酒
奈良県
美吉野醸造株式会社
HP:http://www.hanatomoe.com/

精米歩合:70%
アルコール度数:17度
使用米:奈良県産吟のさと
使用酵母:無添加
日本酒度:-12
酸度:3.5
アミノ酸度:-

室町時代に奈良の寺院で創醸した、「そやし水(生米を用いて酸を引き出す)」を用いた珍しい製法。暖かい時期でも醸造が可能で、クラシックな製法ながら、乳酸飲料的な甘酸っぱい日本酒離れした新しい味わいのお酒に仕上がります。
HPより引用

今回は奈良県の日本酒「花巴 水もと純米 無濾過生原酒」を紹介します。

実はこの「花巴 水もと純米」は全国全ての日本酒の中で一番飲みたかった日本酒。
水もとで醸したこのお酒が飲んでみたくて飲んでみたくて・・・。今回ようやく念願が叶いました。
このお酒は海外出張の帰りに浅草に遊びに行った際に、酒の大升 雷門店さんで購入しました。
日本酒の品揃えも良かったですし、同店の日本酒BARで頂いた日本酒や肴がとても美味しかったです。

さて、この「花巴 水もと純米」ですが、最も特徴的かつセールスポイントなのが“水もと”。
“水もと”は、菩提もと仕込みに由来し、生米を水に浸して自然界の菌の力で発酵させる醸造法です。
室町時代に開発されたとても古い醸造法のようで、酵母を含めて一切を添加していないのも特徴です。天然の微生物の力だけで醸しているんですね。
スペックは酒米には奈良県産の“吟のさと”を使用した純米無濾過生原酒。仕込み年度は28BYです。

ちなみに、このお酒は“いっぽん!! 〜しあわせの日本酒〜”(コミックス第2巻、16話)で紹介された銘柄でもあります。
いっぽん!で紹介された銘柄も、「豊賀」、「新政 No.6」、「貴」、「木戸泉 afs」、「山法師」、「百十郎」、「雪の茅舎」に続いて8本目になりました。v

実は購入した酒屋さんの日本酒BARでフライングして頂いているのですが、開栓直後や味の変化など家飲みがとても楽しみです。

【味の感想】

冷酒で頂きました。
杯に注ぐとやや黄色みがかっています。
とても特徴的で不思議な香り。
その中に酢や醤油のような発酵系で磯辺焼きのお餅のような香りと、木の香りがほんのり潜んでいます。

一口目。
甘い。そしてキュッと酸っぱい。
おお~、甘さが強い。乳酸菌系の不思議な甘さです。
甘酸っぱくてジューシー!うまい!!

飲み進めると、甘みそして酸味がとても良い。後味は舌にやや渋感があります。
これはかなり好みのお酒です。美味しい!
甘さや酸味が特徴的で尖っているのに、かなり味のバランスが良い。
飲み進めると酸っぱさが増してきます。

二日目は甘酸っぱいプラムのような香り。
甘さが落ち着いてキュッと酸っぱい感じ。
酸っぱ渋い味わいです。
酸味が心地良くてさっぱりで、とても軽やかです。
三日目も酸っぱくて軽やかで、ほんのり&じんわり旨みを感じます。
酸っぱさがクセになりますね。

三日目に燗をつけると酸っぱめで特徴的な香りになります。
燗をつけると冷酒やひやと比べて酸っぱさが少し増しました。
乳酸菌系の香り。酸っぱ~。旨~。
ただ酸っぱいだけでは無く、旨みがありますね。
酸っぱくて口の中はピリピリ。
酸っぱ辛~。これまたクセになる味です。

初めての「花巴」堪能しました。
とても美味しくて不思議な日本酒でした。
個人的には甘酸っぱくてジューシーだった初日がベストでした。
日本酒BARでは「花巴」速醸純米酒も味わいましたが、こちらもとても特徴的な日本酒でした。
「花巴」今後も追いかけていきたいと思います。
(長野県内で「花巴」取り扱い店を知っている方がおりましたらこっそり教えて下さい。)


花巴 水もと 日本酒、はなともえ みずもと じゅんまい、hanatomoe mizumoto jyunmai、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

風の森キヌヒカリ大吟醸風の森キヌヒカリ大吟醸3風の森キヌヒカリ大吟醸2


風の森
キヌヒカリ 純米大吟醸笊籬採り 無濾過無加水生酒
奈良県
油長酒造株式会社
HP:http://www.yucho-sake.jp

精米歩合:45%
使用米:奈良県産キヌヒカリ100%
使用酵母:-
アルコール度数:17度
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-

奈良県産のキヌヒカリを全量使用しています。
絹のようにタッチのやわらかい口あたり。
お米由来のピュアな甘みと、爽やかな酸味、
果実のような香りをお楽しみいただけます。
ラベルより抜粋

今回は奈良県の日本酒「風の森 キヌヒカリ 純米大吟醸笊籬採り」を紹介します。

「風の森」は早くも本ブログ登場3本目で、お気に入りとなった銘柄の一つです。
今回は“笊籬採り(いかきどり)”を飲んでみようと思い購入しました。
酒米に“キヌヒカリ”を使用した純米大吟醸。とても楽しみです。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
開栓時はポンっと良い音。ピチピチと細かい泡が立ちます。
香りはお米の良い香り。

一口目。
重厚な旨味。
苦さ、渋さの重厚感とさっぱりさ。
これは文句無しに旨いです!

二口目以降。
お米の旨さと辛さ、旨~~。
酸味、苦味、旨みをバランス良く感じます。
やや苦さが残りますが旨い。

二日目もグラスには細かい泡がビッシリ。
旨みが濃いです。
やや苦いですが旨さ濃いめで美味しいです。
ガス感は見た目ほど感じません。
三日目は泡は無くなりました。
やや渋く、渋旨い味わい。
旨みしっかり濃く、やや酸も効いていて美味しいです。
やや渋みが気になるかなくらいです。

燗をつけると泡が立ってきました。
クリアな旨みで、軽やかな味わいになりました。
辛みが少し出てきてクリアな旨み。やや濃い味ですがとても軽やかで旨い燗酒です。

“キヌヒカリ”と“笊籬採り”はどちらも初めて味わいましたが、とても美味しかったです。
次は何を飲んでみましょうか、楽しみです。


関連記事:【日本酒】風の森 露葉風 純米しぼり華 油長酒造
関連記事:【日本酒】風の森 ALPHA TYPE1 油長酒造
関連記事:【日本酒】風の森 秋津穂 純米しぼり華 油長酒造

風の森 絹光り 風邪の森 日本酒、かぜのもり きぬひかり いかきどり、kazenomori kinuhikari jyunmaidaiginjyou ikakidori、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

風の森Type1風の森Type2


風の森 ALPHA TYPE1
純米酒 無濾過無加水生酒
奈良県
油長酒造株式会社
HP:http://www.yucho-sake.jp

精米歩合:65%
使用米:奈良県産 秋津穂100%
アルコール度数:14度
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-

「次章への扉」
日本人が日本酒をもっと楽しめる日本酒へ。従来の風の森よりアルコール分を低く(14%)設定しながらも、味わいのボリューム感、果実感を損なわないように醸造いたしました。このお酒が日本酒の世界への扉となるよう、日本酒の多様性への扉となるよう願っています。
HPより抜粋

今回は奈良県の日本酒「風の森 ALPHA TYPE1」を紹介します。

「風の森」を味わうのは前回頂いた「風の森 露葉風 純米しぼり華」に続いて2本目になります。
「風の森」シリーズを色々と味わう前に、まずは「風の森 ALPHA TYPE1」を飲んでみようと思い購入してきました。
このお酒を取り上げるとやはり値段の話題になりますね。4合瓶で税込1,134円という圧倒的安さに驚きます。
長野酒では、千曲錦 純米大吟醸生酒山田錦五十%磨とか黒澤80とかが4合瓶1,000円レベルで安くて美味しいと感じますが、同じくらいの衝撃価格。
私は日本酒に使うお金は全く惜しくないので、あまり抵抗無く買えてしまえるのですが、やはりユーザーにとっては安いに越したことは無いですし、それが日本酒入門にもつながると思います。
「次章への扉」、油長酒造の素晴らしい取り組み広がっていって欲しいですね。
味もとても楽しみです。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
開栓時はポシュっと良い音。杯に注ぐと細かい泡々が立ちます。
香りはラムネ臭です。

一口目。
旨みと炭酸感が美味しい。
軽やかでゴクゴク飲めてしまいそう。

二口目以降。
すっきりした旨さと酸っぱさ。そして渋み。
味のバランスが良くて美味しいです。
とても軽やかでするっする。
飲み進めると苦味も出てきました。これまた美味しい。

2日目はフルーティーなリンゴの香りに。
じゅわっとジューシーな旨味。
酸味もしっかり効いていてうまいです。
3日目はもっと酸味が効いてきました。

燗をつけるとプチプチと炭酸。香りは優しめです。
ぐわっと旨みを感じつつも、は~。辛くて旨い。

美味しい日本酒でした。何よりもとっても軽やかでとても飲みやすい。
低アルコールのため翌日を気にせず構えずに飲める気分的にも軽やかなお酒でした。
そしてこの価格でこのクオリティの日本酒が飲めるという高いコストパフォーマンス。
日本酒の入門に最高の一本だと思います。


関連記事:【日本酒】風の森 露葉風 純米しぼり華 油長酒造
関連記事:【日本酒】風の森 キヌヒカリ 純米大吟醸笊籬採り 油長酒造
関連記事:【日本酒】風の森 秋津穂 純米しぼり華 油長酒造

風の森 α タイプワン 日本酒、かぜのもり あるふぁたいぷわん、kazenomori arufa taipu wan、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

風の森 露葉風風の森 露葉風3風の森 露葉風2


風の森 露葉風 純米しぼり華
無濾過無加水生酒
奈良県
油長酒造株式会社
HP:http://www.yucho-sake.jp

精米歩合:70%
使用米:奈良県産 露葉風100%
アルコール度数:17度
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-

奈良県産でのみ生産される酒米、露葉風を使用しています。
その心白の大きさは山田錦をしのぐほど。
その独特な酸味と渋みとふくよかな甘み旨味のバランスが絶妙。
ラベルより抜粋

今回は奈良県の日本酒「風の森 露葉風 純米しぼり華」を紹介します。

「風の森」は各所で話題になっている&訪問させて頂いている様々な日本酒ブログ様で紹介されている日本酒で、とても興味がありました。
長野県内で取り扱っている酒屋さんを一軒知っているのですが、家から大分遠い場所にあるためこれまでは行けませんでしたが、今回北信への観光の帰りに小布施・須坂方面へ寄る機会があり、初めて「風の森」を取り扱っている酒屋さんに訪問させて頂きました。
この酒屋さんはいつもブログを拝見させて頂いているお店で、お店の壁2面が冷蔵庫で日本酒の取扱量とラインナップが素晴らしく、焼酎やワイン・国産ラム酒の品揃えもとても良かったです。

ところで、皆さんは「風の森」を初めて買うシチュエーションで下記の10種類が並んでいた場合、どのお酒を選びますか?(私の購入時の状況)
・風の森 露葉風 純米大吟醸しぼり華/純米しぼり華
・風の森 秋津穂 純米大吟醸しぼり華/純米しぼり華
・風の森 雄町  純米大吟醸しぼり華/純米しぼり華
・風の森 山田錦 純米大吟醸しぼり華/純米しぼり華
・風の森 ALPHA TYPE1
・(確か)風の森 山田錦 純米大吟醸しぼり華の笊籬採り

私はタイトルの通り「風の森 露葉風 純米しぼり華」を選びました。
露葉風という酒造好適米は初めて見たためどんな味がするのか興味がわきましたし、奈良県の酒造さんなので、奈良県のお米を味わいたいと思ったからです。
あと個人的に最近は吟醸酒より純米酒に好みが移ってきているのを感じます。
純米酒の方を選びました。
初めて味わう「風の森」のため、とても楽しみです。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
開栓時はプシューっと良い音。杯に注ぐと細やかな泡がグラスに一杯になりました。
香りは芳醇で、甘渋く感じる面白い香りです。

一口目。
口当たりは生酒のピリッと感を感じ、直ぐにじわっとしたジューシーな旨味・甘み。
そして渋みへ。口の中に美味しい渋みと苦味が広がり、じわっと涎が出てしまいました。
味のバランスがとても良くとても美味しいです。

二口目以降。
旨み。苦味。甘み。酸味。渋み。
味の複雑味を感じる面白い日本酒で、様々な味のバランスがとても良いです。
そして露葉風?独特のコクというか重厚でビターな苦旨みが美味しいです。

2日目はまだ生酒のピリッと感はあります。
酸味系の旨味。渋み系の旨味がおいしい。

日を置いて飲んでみると、まろやかな旨みへ。
ジューシーでうま~。
後味の渋みがとても複雑な味で、とても好みの日本酒です。

味の変化も楽しめるとても美味しい日本酒でした。
次の機会には「風の森」の別シリーズを味わってみようと思います。


関連記事:【日本酒】風の森 ALPHA TYPE1 油長酒造
関連記事:【日本酒】風の森 キヌヒカリ 純米大吟醸笊籬採り 油長酒造
関連記事:【日本酒】風の森 秋津穂 純米しぼり華 油長酒造

風の森 日本酒、かぜのもり、kazenomori tsuyubakaze、露葉風、つゆばかぜ、つゆはふう、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

↑このページのトップヘ