長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳

長野県在住の長野県日本酒ブログです。 目標は約80蔵ある長野県全蔵家飲み制覇と全蔵訪問達成、そして最高の長野県日本酒を見つけることです! 長野県の日本酒を中心に美味しい日本酒を紹介していきます。 記事へのコメント&お勧めの日本酒大募集中ですので、気軽にコメントお願い致します。 また、相互リンクや相互RSSも大歓迎ですので宜しくお願い致します。

カテゴリ: 富山県の日本酒

勝駒本仕込特別本醸造29BY勝駒本仕込特別本醸造29BY2


勝駒
本仕込 特別本醸造
富山県
有限会社清都酒造場
HP:-

精米歩合:55%
アルコール度数:16度
使用米:-
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
価格:720mL 1,246円(税別)

今回は富山県の日本酒「勝駒 本仕込 特別本醸造」を紹介します。

富山県の日本酒「勝駒(かちこま)」の本仕込 特別本醸造をセレクトしました。
実は昨年飲んだお酒と同スペックで今回は4合瓶です。
精米歩合は55%で、特別本醸造酒ですが吟醸酒クラスのスペックです。
酒屋さんを再訪した際には「勝駒」の純米吟醸が置いてありましたが後悔は無い。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
お米の香りプラスアルコールのすっきりした香り。液体は透明。

含むと旨みしっかり。
ジューシーで濃くとろっとした甘旨み。後味はさっぱり辛い。
全体的にはすっきり飲みやすい。
季節のディスアドバンテージを物ともせずすいすい飲めます。
ほんのり甘旨くてすっきり。軽い訳では無く旨みもしっかりあって良い。

二日目はキュッ、キリっと辛み。ほんのり旨み。旨い。
ほんのり甘みと辛みのバランスが良い。とてもクリアな印象。
三日目飛ばして四日目ラストはジューシーで甘く、甘い蜜柑系の果実味に感じる。
クリアでほどよい甘さで美味しい。
少し旨みと渋み、苦味が残る感じも良いですね。日本酒の旨味。

四日目に燗をつけるとアルコールの香りが強い。
あ~旨い。透き通った旨み。
透明だけど質量のある旨みだけ。ほんのり酸があって酸っぱい。旨い!

「勝駒 本仕込 特別本醸造」。安定して美味しいお酒でした。
昨年よりも印象が良くて味も美味しく感じました。
美味しい日本酒を飲んで舌が少しずつ肥えていく中、とても幸せなことだと思います。


ブログランキングに参加しています。

お酒・ドリンク ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

羽根屋 純吟煌火生原酒羽根屋 純吟煌火生原酒2


羽根屋
純米吟醸 煌火 生原酒
富山県
富美菊酒造株式会社
HP:http://www.fumigiku.co.jp/

精米歩合:60%
アルコール度数:16度
使用米:-(国産米)
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-

夜空を彩る花火の艶やかな煌めきのようでいて、海のように包み込む。
心に染みるように優しいお酒です。
年間を通して醸造しているため常にしぼりたてのフレッシュな生酒でお届けしています。

ラベルより引用

今回は富山県の日本酒「羽根屋 純米吟醸 煌火」を紹介します。

このお酒は富山のお土産に頂きました。
都内でも取り扱い店の多い銘柄のようですね。(長野県内での取扱店は存じておりません。)
富美菊酒造は四季醸造の酒造さんなので、常にフレッシュな生酒を頂けるのは良いですね。
新酒を待つこの時期にぴったりのお酒かもしれません。
この「羽根屋 純米吟醸 煌火」は純米吟醸の生原酒。
酒米等詳細なスペックは不明ですが、搾りたての生酒なのでとても楽しみです。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
甘くフルーティーな香り。グラスにはわずかに細かい泡が付きます。

一口目はジューシーな甘みと生酒のフレッシュ感。
そして後味はわずかな苦味で〆ます。
二口目からは、甘旨味の口当たりからスッとすっきり薄い酸味。そして渋苦味へ。
いずれの味も強過ぎずほどほどです。
味わいはある程度しっかりありながら、とてもすっきりしたお酒の印象です。
飲み進めるととても綺麗な味わい。
甘旨さとフレッシュさがあって美味しいです。

二日目もフレッシュです。
ガス感があり心地よいですが、味が薄すぎるように感じます。
それでも軽やかな味わいで、後味はほんのり苦いです。
三日目はスタンダードな甘旨酒という印象で、まだまだフレッシュでクリアです。
飲み進めると、甘旨く綺麗ではあるのですがちょっとだけキツイ。
ほんのわずか気になる嫌味が出てきました。

三日目に燗をつけると、甘い良い香り。
嫌な味が無い、甘くふんわりした美味しい燗酒。
わずか酸味が出てきて、それが冷やよりも味のバランスを良くしています。
これは安定して美味しい燗酒です。

安定した美味しさの日本酒でしたが、個人的には少し物足りない感じがしました。
とてもフレッシュ&クリアで飲みやすいので、日本酒の導入には良いお酒だと思います。

羽根屋 羽屋 日本酒、煌めく火 日本酒、はねや じゅんまいぎんじょう きらび、haneya jyunmaiginjyou kirabi、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

勝駒本仕込み勝駒本仕込み2


勝駒 本仕込
特別本醸造
富山県
有限会社清都酒造場
HP:-

精米歩合:55%
アルコール度数:16度
使用米:-
使用酵母:-
日本酒度:- (+5.0)
酸度:- (1.3)
アミノ酸度:-

5月になりましたね。今回は富山県の日本酒「勝駒 特別本醸造」を紹介します。
酒屋さん巡りを趣味にしていると、稀にすごい銘柄の特約店を見つけることがあります。
ホームページを持っていない酒屋さんにも、地道に足を使って訪問すると良い出会いがあるかもしれません。

今回購入してきたのがこの日本酒「勝駒(かちこま)」。本ブログ初めての富山県日本酒です。
「勝駒」と言えば生産数の少なさと丁寧な造りによる味の美味しさから、入手困難で幻の銘酒と言われているそうです。
酒屋さんで「勝駒」を見つけた時は嘘でしょと思いましたが、購入を即決しました。
私にしては珍しく一升瓶を購入したのですが、お値段なんと税込2,476円。
本醸造といいつつも精米歩合は55%もあるため、ものすごくお手頃な価格です。
酒米は五百万石を使用しているそう。
プレミア酒で中々購入出来ない日本酒でもあるため期待は大きいです。頂きます。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
軽く甘いアルコールの香り。

一口目。
すっきり。
キュっと持っていかれる感じの食感。さらりと消えました。

二口目以降。
口当たりにわずかに甘さが上がってきます。
とてもすっきり、そしてさっぱり過ぎる、飲み口はまさに水のような日本酒です。
わずかに甘さと渋み、薄めの旨味を感じて、後味は無色透明。
本当に綺麗なお酒です。
これは綺麗すぎて、ある意味暴力的なお酒ですね。
ゴクゴク飲んだとしても何杯でもいけてしまいます。

飲み進めて常温に戻っていくとふんわり柔らかな味に。
酸っぱめの酸が効いてきました。
辛口系でとても綺麗な酸。後味にはわずか苦味のような旨み。
とても美味しいです。

二日目は少し酸っぱさが効いてきました。
酸っぱ旨くて旨みがある。うまいです。
三日目以降は透明な味。
ここではまた透明感が増し、ふんわりお米の旨味だけを感じる美酒に感じました。
何日か置くと、綺麗かつ苦味を含んだ辛口酒に。
食中酒としても最高のお酒ですね。

燗をつけてみると、香りは純米酒系のアルコール臭がほどほどに。
ふんわり口当たりに、後味は辛口。
あ~、優しい口当たり。口当たりはとてもすっきりで、後には喉にしっかり辛みを感じます。
温度が下がってくると、後味に感じていた辛口感が口当たりの早めに近づいてきます。

コストパフォーマンスが良くとても綺麗なお酒で、初めての「勝駒」とても満足しました。
プレミア価格で購入するほどのお酒では無いなと思いつつも、他のスペックも是非味わってみたいと思える美味しい日本酒でした。

勝ちコマ 日本酒、勝ち駒 日本酒、かちこま にほんしゅ、katikoma kachikoma、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

↑このページのトップヘ