長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳

長野県在住の長野県日本酒ブログです。 目標は約80蔵ある長野県全蔵家飲み制覇と全蔵訪問達成、そして最高の長野県日本酒を見つけることです! 長野県の日本酒を中心に美味しい日本酒を紹介していきます。 記事へのコメント&お勧めの日本酒大募集中ですので、気軽にコメントお願い致します。 また、相互リンクや相互RSSも大歓迎ですので宜しくお願い致します。

カテゴリ:長野県の日本酒 > 南信地域 -9蔵-

喜久水 N-35°Terroir(北緯35度のテロワール)喜久水 N-35°Terroir(北緯35度のテロワール)2


喜久水
N-35°Terroir(北緯35度のテロワール) 純米大吟醸 生原酒
長野県
喜久水酒造株式会社
HP:https://kikusuisake.co.jp/

精米歩合:45%
アルコール度数:16%
使用米:たかね錦100%
使用酵母:-
日本酒度:+6.0
酸度:1.7
アミノ酸度:-
価格:720mL 2,000円(税別)
このお酒はたかね錦を使用し、蔵でしか味わえない新鮮かつ切れのある味わいを目指して造りました。これまでの杜氏人生の中でも最高に近い味わいを出すために、様々な試行錯誤をしたお酒です。今年しか味わえない、生まれたてのお酒です。ぜひお楽しみいただければと思います。
HPより引用

今回は長野県飯田市の日本酒「喜久水 N-35°Terroir(北緯35度のテロワール)」を紹介します。

喜久水酒造は「喜久水」などを醸す酒造さんです。
このお酒は今年新発売された日本酒「北緯35度のテロワール」。喜久水酒造直営の翠嶂館および蔵元HP限定販売の日本酒です。
酒米には喜久水酒造が復活させた幻の酒米“たかね錦”を使用。
たかね錦については、北緯35度のテロワールに込められた想いと共に是非蔵元HPをご覧下さい。
スペックは酒米にたかね錦を100%使用した純米大吟醸生原酒。
非常に楽しみです。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
ほのかな吟醸香。素晴らしい香り。青りんご&スッとアルコール感。

口当たりは軽やか。ほのかな甘みがあって綺麗に消える。すっきりさっぱり。
二口目からはより甘い印象。甘さとすっきりさのバランスが良く綺麗な味わい。
口の中には含み香から返り香までリンゴの香り。
りんごの甘みとすっきりさ。綺麗の良さ。スッと消える感じが良い。
ちょっとカプが気になるけれど、程よい甘みで綺麗な酒質。すっきりすっと消えるキレが良い。

しばらく休肝日を挟み四日目は、味わい優しいで香りは控えめで好み。控えめながら複雑な旨み。旨い。
舌に少しエグみが見つかりますが、すっきり綺麗。とろっとした甘旨みとアルコール感。
六日目ラストはフルーティーな香り&甘みと綺麗さ。
お酒の旨みも感じられ美味しい。

四日目に燗につけると、辛酸っぱく旨~。
味わうと綺麗な旨みがしっかりあって美味しい燗酒でした。

「喜久水 N-35°Terroir」。とても美味しい日本酒でした。
蔵元限定酒ですが、蔵元HPからも購入できるので興味のある方はどうぞ。

関連記事:【日本酒】喜久水 夏純米 喜久水酒造

ブログランキングに参加しています。

日本酒ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

黒松仙醸辛口純米黒松仙醸辛口純米2


黒松仙醸
辛口純米
長野県
株式会社仙醸
HP:http://www.senjyo.co.jp/

精米歩合:70%
アルコール度数:17度
使用米:美山錦100%
使用酵母:-
日本酒度:+3
酸度:1.9
アミノ酸度:-
価格:720mL 1,330円(税込) 蔵元価格
信州産美山錦の味を十分に引き出した芳醇な味わいと、辛口でキレの良い後口を楽しめます。辛さを引き立てる酸が今季の特徴です。
ラベルより引用

今回は長野県伊那市の日本酒「黒松仙醸 辛口純米」を紹介します。

株式会社仙醸は「黒松仙醸」や「こんな夜に」などを醸す酒造さんです。
そういえば最近株式会社仙醸のお酒を飲んでいないなと思い、蔵元で購入したお酒です。
「こんな夜に」なんかは久々にやりたいのですが、どうしても一升瓶だと保管が難しいですし量も多くて飲めないしで尻ごみしてしまっています。
そんな「黒松仙醸」ですが、このお酒は飲みたかったお酒の一つ。
スペックは酒米に美山錦を100%使用した精米歩合70%の純米酒(火入れ)です。
ラベル説明とHPの商品説明によると、今季は酸度が少しだけ高めのようですね。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
お米の甘い香りがやや強めに。液体は黄色みがかっています。

クリアに透き通った旨みが瑞々しい。うっま。
ファーストコンタクト凄い良かったな。

キュッと渋みを含んだ甘旨み。後半はじわじわ渋苦な旨み。
食中とするとクリアな甘旨みがすっと沁みる。うまい。
飲み進めるとコク深くなっていきます。
不思議なことに酸味はほとんど感じないんですよね。大分お酒が育ったからかな。

二日目はうま~。旨口の美味しいお酒です。
四日目はトプンと甘い液体からのすっきり旨みと酸。
飲むほどに旨みが出てくる。美味しい。
六日目ラストは黒糖的にも感じる甘み。
上手くまとまった味わいの旨味。甘み。

四日目に燗につける旨みがあってピンと辛い。
濃くビターな旨みもあって美味しい燗酒でした。

「黒松仙醸 辛口純米」。とても美味しい日本酒でした。
これは良いお酒でした。「黒松仙醸」のお酒の中でも特に好みの旨口酒でした。

ブログランキングに参加しています。

日本酒ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

夜明け前生一本純米吟醸生酒夜明け前生一本純米吟醸生酒2


夜明け前
生一本 純米吟醸 生酒
長野県
小野酒造株式会社
HP:http://yoakemae-ono.com/

精米歩合:55%
アルコール度数:16度
使用米:山田錦100%
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
価格:720mL 1,700円(税別)

今回は長野県上伊那郡辰野町の日本酒「夜明け前 生一本 純米吟醸 生酒」を紹介します。

小野酒造は「夜明け前」や「頼母鶴」を醸す酒造さんです。
このお酒は少し珍しいお酒で、小野酒造の鉄板商品「夜明け前 純米吟醸生一本」の生酒タイプ。
蔵元の小野酒造さんで購入しました。
生酒タイプはしぼりたての時期ならともかく、この時期だと蔵元でしか購入出来ないのではないかと思います。
スペックは酒米に山田錦を100%使用した精米歩合55%の純米吟醸生酒。
しずくどりと同スペックなのかタンクが違うのか関係が気になりますね。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
甘い桃やプラムのようなフルーティーな吟醸香がほどほどに。

含むとジューシーで旨いなあ。これはすごい。
ほんのり甘みを含んだ果実味があって、じわじわ苦旨み。いや~旨いな。

飲み進めると苦味が効いてきましたが、甘くミネラル感もあって美味しい。
キュッと酸と共に少し麹のフレーバーを感じるか。

三日目は一口だけ。お米&フルーティー。
味わいは濃い甘みでやや苦味がある。
四日目は甘旨だけどすっきりきれいに飲める。
ビターなニュアンスがベースにありますね。
五日目は甘旨みがうま~。
これは良いですな。甘みがやや濃いめで旨い。
六日目ラストは、さっぱり感が増しました。
軽やかな甘旨さで、酸味がやや強めに出てきました。
全体的に軽やかで少し水っぽいですが、これはこれで落ち着いていて良い。

五日目に燗をつけるとふんわり甘いお米の香り。
甘く優しい。旨~。ふんわり優しい甘旨酒です。そしてパチパチと辛渋い感じが残る。
このお酒も燗をつけてもとても美味しかったです。

「夜明け前 生一本 純米吟醸 生酒」。とても美味しい日本酒でした。
記憶の「夜明け前 しずくどり」と比較すると、味わいや果実味の印象が違っていました。
しずくどりはけっこう濃厚な甘旨酒なので、こちらのお酒の方が好みの方もいると思います。
やはり「夜明け前」良いお酒ですね。来年も別のスペックを追っていこうと思います。

関連記事:【日本酒】夜明け前 大吟醸 小野酒造店
関連記事:【日本酒】夜明け前 しずくどり 純米吟醸生一本 小野酒造店 2016
関連記事:【日本酒】夜明け前 にごり酒なまざけ 小野酒造店
関連記事:【日本酒】夜明け前 しずくどり 純米吟醸生一本 小野酒造店 2017
関連記事:【日本酒】夜明け前 純米にごり酒 生酒 小野酒造
関連記事:【日本酒】頼母鶴 カップ 小野酒造

ブログランキングに参加しています。

お酒・ドリンク ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

井乃頭純米無濾過生原酒2018井乃頭純米無濾過生原酒20182


井乃頭
純米無濾過生原酒 長野県産美山錦59
長野県
漆戸醸造株式会社
HP:http://urushido.co.jp/

精米歩合:59%
アルコール度数:17度
使用米:長野県産美山錦100%
使用酵母:K701
日本酒度:+2
酸度:1.8
アミノ酸度:-
価格:非公開

今回は長野県伊那市の日本酒「井乃頭 純米無濾過生原酒」を紹介します。

酔いどれオタクの日本酒感想記のまるめちさん推しの銘柄の一つでもある「井乃頭」。
「井乃頭」は私もイチオシの銘柄で、粒揃いの長野酒の中でも最上位に好きな銘柄の一つです。
その中でも頒布会限定の本スペック「井乃頭 純米無濾過生原酒 長野県産美山錦59」を飲むのを毎年とても楽しみにしています。
同スペックは一昨年のお酒(生熟成)が昨年2017年のベスト10本に入っていますし、昨年のお酒は惜しくもベスト10本からは漏れましたが負けず劣らずのとても美味しいお酒でした。
はたして今年の出来はどうでしょう。
ラベルには青いラベルに白いペガサス。秋の星座、夜空のペガスス座をイメージしているのでしょうか?
今年は長野県産美山錦×協会7号酵母という長野酒の鉄板の組み合わせ。
私は発売されたのを見逃してしまっていたのですが、今年の「井乃頭」の初しぼりは同じ長野県産美山錦59×協会7号酵母の無濾過生(加水タイプ)が発売されていたようですね。
こちらは頒布会限定で生原酒タイプになります。
もちろんスペックによって色々な酵母は使い分けているでしょうが、なんとなく私は「井乃頭」は小川酵母というイメージがあるので、7号酵母での造りはとても楽しみです。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
すっきりとしたお米の甘い香り。透明な色。

ゴツンと旨みからの甘い旨みへ。
(例年と比較して)思っていたよりは軽やかですっきりな後味。
旨みが濃くて苦味に近い味わい。スモーキーなイメージ。
旨みもしっかりありますが、このお酒は辛口テイストで造ってありますね。キレ良く杯が進みます。
初日は食中酒が特に良いですね。甘旨~。私が好きな「井乃頭」の味わい。
やや酸がありキレが良い印象。味のバランスが良いです。

二日目も旨みが濃くて美味しい。
その後ジューシーでピリッとした酸。
甘みは抑えられて、お米の香ばしい旨み。ビリビリっと苦旨み。
三日目は甘旨く奥深い旨さ。きりっと辛旨み。
五日目も美味しい。酸味が増して甘酸っぱい。
麹の含み香と共に旨みしっかり。キュッと酸味。ほんのり甘旨み。
すっきり飲みやすい。
燗酒の後のラスト一杯は旨い!ジューシーな甘旨さで最高のバランス感でした。
今回はここで終わってしまいましたが、熟成で化けそうな予感がするお酒でした。

五日目に燗をつけると辛渋いイメージの香り。
ぬる燗は透明な味わい。
熱燗はさっぱりで辛い。旨みはしっかりあってやや渋みがある。
温度が下がってくると落ち着いた透明な味わいで甘旨い。ほんのり甘みとぶわっと旨み。
酸味も少し出てきます。

「井乃頭 純米無濾過生原酒2018」。とても美味しい日本酒でした。
「井乃頭」はこのお酒も良かったので、最近飲んでいない通常スペックをやりたいですね。
とりあえず冬に発売される新酒は狙ってみようと思います。
私も自信を持っておススメできる銘柄なので、酒屋さんで「井乃頭」を見かけたら是非。

関連記事:【日本酒】井の頭 純米ひやおろし 漆戸醸造
関連記事:【日本酒】井の頭 みふゆ月 雪の晶 漆戸醸造
関連記事:【日本酒】井乃頭 純米吟醸袋取り無ろ過生しずく 漆戸醸造
関連記事:【日本酒】井乃頭 純米無濾過生原酒M10 漆戸醸造
関連記事:【日本酒】井乃頭 純米無濾過生原酒2017 漆戸醸造

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

信濃鶴特別純米無濾過生原酒信濃鶴特別純米無濾過生原酒2


信濃鶴
特別純米 無濾過生原酒
長野県
酒造(株)長生社
HP:-

精米歩合:55%
アルコール度数:16度
使用米:- (国産米)
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
価格:720mL 1,487円(税別)

今回は長野県駒ヶ根市の日本酒「信濃鶴 特別純米 無濾過生原酒」を紹介します。

酒造(株)長生社は長野県駒ヶ根市にある「信濃鶴」を醸す酒造さんです。
今回セレクトしたのは6月に発売された特別純米の無濾過生原酒。
年一回発売される特別純米タイプです。
昨年飲んだしぼりたて純米生酒も美味しかったので、このお酒も楽しみです。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
濃厚なお米の甘い香り。フルーティーさも香ります。
グラスにはピチっと少し泡が付きます。

含むとうま~。フレッシュで濃厚な甘旨味。キリっと旨みがふわっと口に広がって消える。
濃厚な甘旨みとピリッヒリッとフレッシュさ。じんわり口の中に旨苦さが残る。
飲み進めると濃い甘旨みの後に酸味を感じる。
ちょっと味が濃いので飲み疲れてしまうけれど、食中とすると丁度良い。
お酒の味わいがやや強めに感じますが、互いの味を邪魔しないです。
お、また一段味が違う。軽やかながら深みのある甘み。・・・やっぱり濃かった。
とても濃厚で美味しい日本酒です。

二日目も濃厚甘旨~。
ふっ(笑 うめえ。甘旨くて美味しい。
後味は濃い旨みが残る。時たまヒリっと辛みを感じる瞬間もある。
三日目ラストも甘さと旨みが濃くて美味しい。
甘旨~。雑味が無く。この二味だけが濃くて美味しい。
この味わいは甘口の無濾過生原酒の到達点だと思います。コクのある濃い甘みが美味しい。

三日目に燗をつけると、ふっくらお米の香り。
とびきり感はうま~。旨味がすごい。濃さは冷やより控えめですが旨みしかない。
燗酒~ぬる燗も最後まで安定していて美味しかったです。

「信濃鶴 特別純米無濾過生原酒」。とても美味しい日本酒でした。
これはレベルが高いお酒でした。甘くて旨い日本酒好きの方にはドストライクの日本酒でしょうね。
次はまた別スペックのお酒を飲んでみたいです。


関連記事:【日本酒】信濃鶴 しぼりたて純米無濾過生酒 酒造(株)長生社

信濃鶴 日本酒 生酒、しなのつる とくべつじゅんまいむろかなまげんしゅ、シナノツル 日本酒、shinanotsuru tokubetujyunmai murokanamagensyu、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

斬九郎八十金紋純米生原酒斬九郎八十金紋純米生原酒2斬九郎八十金紋純米生原酒3


斬九郎
八十金紋 純米生原酒
長野県
合資会社宮島酒店
HP:http://www.miyajima.net/

精米歩合:80%
アルコール度数:18.5度
使用米:長野県飯島町産金紋錦100%
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
価格:720mL 1,400円(税抜)

斬れ潔し
ラベルより引用

今回は長野県伊那市の日本酒「斬九郎 八十金紋 純米生原酒」を紹介します。

宮島酒店は「信濃錦」や「斬九郎」などを醸す酒造さんです。
酔いどれオタクの日本酒感想記のまるめちさんが紹介されていた「艶三郎 純米無濾過生原酒」を求めて「信濃錦」の特約店さんを回っていたのですが、やはりコスパがとても良くて人気酒の模様。5~6月にはさすがにどこのお店も売り切れで、既に「艶三郎」は火入れ酒が発売されていました。
火入れ酒をセレクトしようかとも思ったのですが、もう一本狙っていた宮島酒店のお酒、コメントで猫を愛でながら日本酒をいただく人さんからお勧め頂いた「斬九郎 八十金紋」をセレクトしました。
(もしかしたら「信濃錦」の金紋錦80%の方だったかもしれません)
どうやら今年から発売された新スペックのようですね。
スペックは酒米に長野県飯島町産金紋錦100%を使用した純米生原酒で、精米歩合は名前の通り80%。
製造年月は30年1月で出荷年月は30年5月と、蔵元で少し寝かせてからの出荷です。
宮島酒店さんの金紋錦スペックは初めてなので、とても楽しみです。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
杯に注ぐとやや黄色みがかった色合い。
香りは不思議。青々しくもありレモンのようなフルーティーさもある。

含むと一瞬さっぱりで、旨みが追いかけてきます。
青いフレッシュさと旨さとじりじり旨み。
旨みがありコク味がある。
フレッシュさやコク味や濃いめの旨みなどカオスな味わいですが、結果バランス良くまとまっています。

二日目もあ~、旨。
旨みと酸味のバランスが素晴らしい。うまいなあ。
コク味のある旨み。少し青さを感じるお米の旨み。に酸味が混ざり、最後はさらさらと苦旨み。
けっこうアルコール度数が高いはずですが、重さやアルコール感はあまり感じず気にならないです。
三日目飛ばして四日目は系統は初日と似ていますがまろやかな香り。
アルコール感が強くなってきた印象。コク味と酸味。アルコール感が尖る。後味はじんと苦味。
味のバランスもやや崩れ、じんわり苦さも気になる。
開栓初日~二日目がベストだったかな。
五日目ラストは旨みしっかりでさっぱり酸もしっかりある。
おそらく金紋錦特有のお米の旨さがしっかりの美味しいお酒でした。

四日目に燗をつけると、良い香りです。金紋錦の青くコクのあるお米の香り。
冷酒ではバランスが悪くなったかなと思った四日目ですが、燗にすると辛みが増して味がまとまる。美味しい。

「斬九郎 八十金紋 純米生原酒」。とても美味しい日本酒でした。
まだまだ私は“金紋錦”のお酒を飲み込んだ訳ではありませんが、これまで飲んだ日本酒の中で“金紋錦”の良さを最大限引き出しているお酒に感じました。
また宮島酒店さんのお酒は飲みたいですね。来季は「艶三郎」の無濾過生原酒やあまり話題にならない「信濃錦」の雪だるまあたりをセレクトしようと思います。


関連記事:【日本酒】信濃錦 一瓢 ひやおろし 特別純米大辛口 宮島酒店

斬苦労 日本酒 信濃錦 金紋錦80、ざんくろう はちじゅうきんもん じゅんまいなまげんしゅ、zankurou hatijyuu kinmon jyunmainamagensyu、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。

お酒・ドリンク ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

岸の松上撰岸の松上撰2


岸の松
上撰
長野県
山岸酒店
HP:-

精米歩合:-
アルコール度数:15度以上16度未満
使用米:- (国産米)
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
価格:1,800mL 1,950円(税込)

今回は長野県上伊那郡箕輪町の日本酒「岸の松 上撰」を紹介します。

山岸酒店は「岸の松」を造る酒造さんです。
前回の記事でも紹介しましたが、「岸の松」は長野県日本酒の中で入手難易度が高い銘柄の一つです。
一般店舗には並ばない銘柄で、私の知る限りでは山岸酒店さんの直販でしか手に入りません。
現在山岸酒店さんが造っているお酒は「岸の松 精撰」と「岸の松 上撰」の2種類。
せっかくなので前回箕輪町の山岸酒店さんに立ち寄った際に2種類とも購入してきました。

「岸の松 上撰」は一升瓶タイプのみ。ちなみに購入時は白い遮光ネットがされていました。
ラベルからはこのお酒のスペックはほとんど分かりません。
調べてみると使用酒米に麹米に“美山錦”、掛米に“トドロキ”を使用し精米歩合は70%と表示しているサイトもありますが、真偽は不明です。
2本目の「岸の松」。そしてこちらが山岸酒店さんの最上級酒。楽しみです。

【味の感想】
初日は冷やで頂きました。
甘いアルコールの香りはします。キリっとすっきりした香り。

含むと口当たりがとても柔らかいですね。
柔らかく優しい口当たりに優しいアル添の甘さ。の後にピリピリと辛さと渋みが後味にあります。

アル添酒苦手な方は気になるかもしれませんが、という前置きはしつつ。
軽やかで綺麗で飲みやすい。THE日本酒っていう味わい。
そしてやっぱり柔らかさで軽やかな甘さが印象に残る。
食中酒として和食にもバッチリ合いますね。「岸の松 精撰」と比較するとさっぱりな甘さの印象。

容器を移して冷蔵庫で冷やし、二日目は冷酒で。
香りは冷やとそれほど変わりません。
柔らかさと旨みが綺麗。その後にキュッと瓜系を思わせる感じとアルコールの甘み。
さっぱりさと綺麗さがあって飲みやすいです。味の膨らみを感じる旨みもあります。
冷酒にすると出てくる甘くないメロンというかきゅうりみたいな感じは個人的には少しだけ苦手。
三日目も冷酒で。
あ~旨い。飲みやすくて綺麗な味わい。後味はピリピリとほんのり辛い。
飲めますね。これはすいすいイケます。前日感じた嫌味は全く感じませんでした。
四日目は、あ~旨い。良いですね。
アルコールの香味はありますが、軽やかで甘くてさっぱり飲みやすい。旨いなあ。
五日目はさっぱり甘く飲みやすい。アルコール感は感じず美味しい。
すいっと飲めてしまうお酒です。
七日目は冷やで。
うむ。旨い。透明感のある甘み。良いですね。純粋に旨い。
更にしばらく置いてから飲むと、旨いな~。良い酒ですね。
旨渋くて香ばしい旨み。

二日目に燗をつけると、ふんわり甘い蒸したお米の甘い香り。
綺麗な甘い口当たりにキンと辛み。旨みをしっかり感じてふわっと消失。
うま~。良いですね。旨みに辛み。とても綺麗。アル添感は無く美味です。
ぬる燗。こちらも飲みやすい。旨みがあってピリッと辛みもあって美味しい。
一週間以上経ってからもう一度燗をつけると、やはり旨いですね。良いな。
燗酒はレベルが段違いに上がりますね。熱燗がベスト。めちゃくちゃ美味しいです。

「岸の松 上撰」。美味しい日本酒でした。
このお酒は開栓から数日は冷や~熱燗の温度帯が美味しいと思います。
個人的には熱燗が最も美味しい温度帯でした。寒い時期に熱燗にするのがベストなお酒です。
時間が経過すると冷酒含めてどんな温度帯でもいけますね。久々の一升瓶だったので長く楽しめました。


関連記事:【日本酒】岸の松 清撰 山岸酒店

岸乃松 岸の待つ 日本酒、きしのまつ じょうせん 日本酒、kisinomatu kishinomatsu jyousen seisyu、レビュー、口コミ、評価


日本酒ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

岸の松清撰岸の松清撰2


岸の松
清撰
長野県
山岸酒店
HP:-

精米歩合:-
アルコール度数:15度以上16度未満
使用米:- (国産米)
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
価格:900mL 900円(税込)

今回は長野県上伊那郡箕輪町の日本酒「岸の松 清撰」を紹介します。

山岸酒店は「岸の松」を造る酒造さんです。
私も「岸の松」は今回初めて頂きますが、このお酒を飲んだ事がある方は長野県の日本酒好きの皆さんの中にもほとんどいないのではないでしょうか。
失礼な言い方ですがこの銘柄に手を出す方は、地元の方を除くとよほど長野酒日本酒に取りつかれているか日本酒好きの変態かのどちらかでしょう。(褒め言葉)
私の感覚では、「岸の松」は「深志鶴」と並んで長野県日本酒の中で最も入手困難な銘柄です。
一般店舗には並ばない銘柄で、私の知る限りでは山岸酒店さんの直販でしか手に入りません。
南信(長野県の南側)の高速道路で言うと伊北インターより少し南にある山岸酒店さんまで直接買いにいく必要があります。
このお酒も南信を訪れた際に、箕輪町の山岸酒店さんに立ち寄りお店の前の自販機で購入してきました。
(自販機で購入っていうのも自分で書いておいてツッコミ所満載ですが)
お店は休みな事が多いですが、このお酒ならお店の前の自販機でいつでも購入できますよ。

このお酒のスペックはほとんど不明です。
調べてみると使用酒米に“トドロキ”と表示されているサイトもありますが、真偽は不明。
普通酒ですが、糖類等は無添加です。
お値段は五合瓶でなんと900円とべらぼうに安い。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
色は透明で、ツーンとやや強めに甘いアルコールの香りを感じます。

含むと、キュッと透明で甘い。
とてもすっきりで軽くアルコールの甘みがあります。アル添感は感じます。
これは良い食中酒になりますね。甘くて美味しいです。
アル添酒いける方は美味しいと思うお酒だと思います。

二日目はすっきりでほんのり甘い。
アル添感はそれほど感じない。あくまでそれほど。
より飲みやすくなった印象で初日より美味しく感じます。
三日目はしっかりした味わいながらすっきり飲める。
甘みと旨みを感じるお酒で違和感無く杯が進みます。
四日目も優しい甘み。アル添酒の甘みをイメージして頂ければ近い味わいだと思います。
嫌味が無くて最後まで美味しいお酒でした。

二日目に燗をつけると、ぬる燗はほんのり甘くほんのり辛い。
熱燗にすると辛い味わいで、舌はヒリヒリ。辛くて旨みも増して美味しい。

「岸の松」。美味しい日本酒でした。
5合瓶で税込み900円とコスパも良すぎるお酒ですからね。一飲の価値ありです。

長野県酒蔵 70/78蔵目。 (数え直したら)残り8蔵。
長野県の最難関銘柄をクリア。長野県の家飲み未飲酒蔵もいよいよ残り一桁8蔵です。
残りの銘柄は行動範囲の酒屋さんでは取扱いが無い銘柄がほとんどですが、各地域を訪問すれば手に入れられそうなため後は時間の問題です。


関連記事:【日本酒】岸の松 上撰 山岸酒店

岸乃松 岸の待つ 精酒、きしのまつ せいせん せいしゅ、kisinomatu kishinomatsu seisen seisyu、レビュー、口コミ、評価


日本酒ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

頼母鶴カップ頼母鶴カップ2頼母鶴カップ3


頼母鶴
カップ
長野県
小野酒造株式会社
HP:http://yoakemae-ono.com/

精米歩合:-
アルコール度数:15度
使用米:-(国産米)
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
価格:180mL 210円(税別)

今回は長野県上伊那郡辰野町の日本酒「頼母鶴 カップ」を紹介します。

「頼母鶴(たのもつる)」は聞き慣れない銘柄だと思いますが、「夜明け前」などを醸す小野酒造さんのお酒です。
「頼母鶴」は小野酒造さんの昔からの銘柄で、名前は現辰野町小野の旧称「憑(たのめ)の里」に由来しているそうです。
このお酒は第6回初期中仙道 小野宿市に行った際に、蔵元の小野酒造さんで購入しました。
「夜明け前」のお酒を購入しようか迷いましたが、どうせなら他の地域ではほとんど手に入れられない超地元限定酒をセレクト。
「頼母鶴」直営店ではこのタイプのみ販売されていたので、今回はカップ酒をセレクトしました。
小野駅前のコンビニでは「頼母鶴」の本醸造の一升瓶が2タイプ販売されていましたよ。

※蔵開きの様子はこちら
【日本酒】第6回初期中仙道 小野宿市&小野酒造に行ってきました!

外観には東日本随一のゲンジホタルの名所として名高い“辰野町松尾峡”の風景がデザインされています。
長野県辰野町松尾峡は蛍が有名です。
ちょうどこれからの季節がシーズンで、6月中旬か少し前くらいがピークでしょうか。
最近は年に一回は見に行くのですが、去年は特に凄かったですよ。
二日行きましたが、どちらの日も蛍の発生数が一万匹を超えていて凄まじい光景でした。
松尾峡の蛍というと県外違う地域から持ち込んだ蛍だと騒ぐ人がいますが、松尾峡みたいに蛍が一度絶えてしまったところに持ってくるのは(別にどうでも)良いと思いますし、議論の価値は無いと思っています。
まあせめて在来種もしくは近い地域の蛍を保護して増やすべきでしたね。時すでに遅し。
ですが、それを真似てか他の長野県の地域でも、蛍の生息する川とかなんとかいって安直にというか頭が悪く、他の地域の蛍を持ち込んで増やすのは本当に止めて欲しいですね。
数は減りこそすれ在来の蛍が自然に舞っているのに、その自然環境を壊すようなことはしないで欲しいです。
。。。蛍持論を熱く語ってしまいました。
お酒の話に戻ると、「頼母鶴」はなかなか飲めない銘柄なので、とても楽しみです。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
すっきり無臭に近い香りがベースですが、アルコール感や香ばしいお米の香り、飴っぽい甘い香りも見つかります。

含むときりっと酸っぱい口当りがあり、旨みが来る。その後はすっと消える。
すっきり旨口で、一度濃厚な旨味が出てきて引っ込む波があります。
旨いかどうかで言ったら旨い。完成度の高いカップ酒・本醸造酒ですね。
すっきりでしっかりした香ばしいお米の旨み。美味しいです。

一口~二口くらいをレンジで燗をつけてみると、辛め&渋旨め。
うめ。柔らかい口当たりの旨味でほんのり渋い味わい。

「頼母鶴 カップ」。充分に美味しい日本酒で軽やかに飲めてしまいました。
小野酒造「夜明け前」の実力の高さを感じさせてくれるお酒でした。


関連記事:【日本酒】夜明け前 大吟醸 小野酒造店
関連記事:【日本酒】夜明け前 しずくどり 純米吟醸生一本 小野酒造店 2016
関連記事:【日本酒】夜明け前 にごり酒なまざけ 小野酒造店
関連記事:【日本酒】夜明け前 しずくどり 純米吟醸生一本 小野酒造店 2017
関連記事:【日本酒】夜明け前 純米にごり酒 生酒 小野酒造

夜明け前 本醸造、他のも鶴 日本酒、タノモツル たのもつる かっぷ、motaituru kappu、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。

お酒・ドリンク ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

夜明け前純米にごり酒生酒夜明け前純米にごり酒生酒2


夜明け前
純米にごり酒 生酒
長野県
小野酒造株式会社
HP:http://yoakemae-ono.com/

精米歩合:55%
アルコール度数:17度
使用米:美山錦100%
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
価格:720mL 1,350円(税別)

GWも悲しいことに最終日ですね。今回の連休はあまり遠出も無くまったり過ごしてしまいました。
日本酒に目を向けるとGW中の怒涛の更新(?)でようやく普段飲みに追い付いてきました。

今回は長野県上伊那郡辰野町の日本酒「夜明け前 純米にごり酒 生酒」を紹介します。

小野酒造は「夜明け前」などを醸す酒造さんです。
「夜明け前」のにごり酒と言えば冬季から春季にかけて発売される「夜明け前 にごり生酒」が鉄板ですが、このお酒は今年新発売された大注目の日本酒です。
「夜明け前 にごり生酒」はアル添タイプで、こちらは純米酒タイプのにごり酒になっています。
スペックは酒米に辰野町小野産美山錦を100%使用した純米にごり酒。精米歩合は55%。
苗色っぽい黄緑色のラベルがとても綺麗で、季節感を感じさせます。
通常の「夜明け前 にごり酒」もとても美味しいお酒なので、純米にごりのこのお酒もとても楽しみです。

【味の感想】
冷酒で頂きました。

まずは上澄みから。
杯に注ぐと細かい泡がびっしり。
私は念のため発売されて直ぐ購入し穴空き栓をテープで塞ぎましたが、しばらくはガスは持ちそうです。
甘くフルーティーな香りにフレッシュな香りが混ざります。
含むと甘みが強くジューシー。濃厚な甘みと旨みがとても美味しいです。

続けて全体を軽く混ぜてから頂きます。
混ぜるとトロトロ。表面にはプチプチと泡が浮かんできます。
あ~旨い。滑らかな口当たりの甘旨み。
最後にキリっと旨みとガス感と共にキレ、少しじんわりと苦旨みが残ります。
チリチリさらさら食感とお米の旨み。苦旨み。
は~旨い。甘い日当たりにしっかりした旨み。
く~旨い。くいくいいってしまいます。
通常のにごり酒と比較すると、辛みとアルコール感が控えめで全体的にマイルドな印象。
けれども後味には辛みとガス感がしっかりあって、「夜明け前 にごり生酒」らしい辛めの味わいはあります。
4合瓶飲めそうなかなり危険なお酒ですね。旨い(笑
普段飲むお酒よりもペースが早く、他のお酒と飲み比べても半分以上飲んでしまいました。

二日目もうま~。
軽やかな甘旨みから、シュワッとガス感と共に旨みがジュワッと。
辛旨みがじんわりでうま~。
あーやべ。爽やかでじんわり甘旨。じんわり旨さが旨い。
さらさら口当たりで、最後の最後はざらざらと。
爽やかなガス感と相まって旨い。甘・旨・さっぱり辛。

二日目に燗をつけると、とても良いお米の甘い香りで泡がプチプチ。
甘辛~。うま。
甘旨みとツーンと辛みが別々から同時に来る味わいで、美味しい燗酒でした。

「夜明け前 純米にごり酒」。素晴らしい日本酒でした。
味は文句無しですね。
通常のにごり酒とのアル添有無の比較で後味がどうかなと少し心配していましたが、後味の辛口感やキレのらしさも顕在でした。
個人的には「夜明け前 純米にごり酒 生酒」の方がどストライクの味わいでした。
もう一本購入して寝かせてみたいです。

関連記事:【日本酒】夜明け前 大吟醸 小野酒造店
関連記事:【日本酒】夜明け前 しずくどり 純米吟醸生一本 小野酒造店 2016
関連記事:【日本酒】夜明け前 にごり酒なまざけ 小野酒造店
関連記事:【日本酒】夜明け前 しずくどり 純米吟醸生一本 小野酒造店 2017
関連記事:【日本酒】夜明け前 生一本 純米吟醸 生酒 小野酒造

夜明け前 純米にごり 生、よあけまえじゅんまいにごりなまざけ、yoakemae jyunmainigorizake、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

↑このページのトップヘ