長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳

長野県在住の長野県日本酒ブログです。 約80蔵ある長野県の全蔵巡り&家飲み制覇しました。 長野県の日本酒を中心に美味しい日本酒を紹介していきます。 記事へのコメント&お勧めの日本酒大募集中ですので、気軽にコメントお願い致します。 また、相互リンクや相互RSSも大歓迎ですので宜しくお願い致します。

カテゴリ: 佐賀県の日本酒

東鶴 純米大吟醸 結晴(30BY)東鶴 純米大吟醸 結晴(30BY)2

東鶴
純米大吟醸 結晴
佐賀県
東鶴酒造株式会社
HP:http://azumatsuru.com/

精米歩合:50%
アルコール度数:16度
使用米:愛山100%
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
製造年月:2019.9
価格:1800mL 5,000円(税別)

今回は佐賀県の日本酒「東鶴 純米大吟醸 結晴」を紹介します。

初飲み銘柄。「東鶴」です。
スペックは酒米に愛山を使用した精米歩合50%の純米大吟醸酒です。

【味の感想】
まずは冷酒で頂きました。
良い香り。すっと甘い香りが心地良い。

すっきりだけどとろっとした甘み。とても綺麗な甘みで後半は少ししりしり。
甘いけれど裏にサッとした辛みもあって飲みやすく美味しい。
飲み進めると甘みがやや強めに。フッとしたアルコール感ですっきり。
甘くてスッとアルコール感を含んだすっきり飲めるお酒。

二日目は甘く、少しフラワリー感も混ざる香り。
冷やでは甘みと少し抜けた感。甘みはふくよか。
ややスッとしたミント系のような感じもあります。
四日目はぬるっとした甘み。少しだけ酸を含んだ甘みです。
甘くて辛いバランスが取れた味わい。
六日目冷やはほんのりぶどうと、ほわっと杏?トロピカル?な果実味。しんと苦味。エグ辛さ。
しっとり苦く落ち着いた味。ちょっと抜けたような甘み。
七日目は軽やかな甘み。すいっと飲める。軽やかさと綺麗な甘み。
これまで味わいが濃いとは思わなかったけど、味わいというか旨みは濃いめ。
旨みが強めでスーッとした感じ。
八日目も美味しく飲めるお酒。甘みと辛みのバランスが良い。
抜けたような甘みにふわっとアルコール感。滑らかというか少しぬとっとした感じの甘み。
十日目ラストはややカプっぽい。刺すような感じがある。
果実味から一瞬エグ酸。そしてスッと酸。
味を気にしないで飲むとまとまりがある味わい。ふわっと旨みが濃い。果実味。酸。

四日目に上燗をつけると、甘旨みの中にサッと辛み。
旨みとサッと辛み。苦み。お燗をつけても悪くないです。
六日目に熱燗をつけると、苦味が目立ちサッと辛口。温度は抑えた方が良いかな。

【評価】
美味しい日本酒(・・☆☆☆)
甘口ベースの中にスッと辛みやアルコール感を含んだすっきり飲めるお酒。

ブログランキングに参加しています。

お酒・ドリンク ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

東一 純米吟醸 白鶴錦(30BY)2東一 純米吟醸 白鶴錦(30BY)3

東一
純米吟醸 白鶴錦
佐賀県
五町田酒造株式会社
HP:http://azumaichi.com/

精米歩合:49%
アルコール度数:15度
使用米:白鶴錦100%
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
製造年月:2019.10
価格:720mL 2,000円(税別)

今回は佐賀県の日本酒「東一 純米吟醸 白鶴錦」を紹介します。

白鶴錦飲み比べの一本。「東一」は家飲み2本目。
このお酒は某ショップで購入した白鶴錦セットの一本です。
スペックは酒米に白鶴錦を使用した精米歩合49%の純米吟醸酒。楽しみ。

【味の感想】
まずは冷酒で頂きました。
良い香りです。スーっとぶどう、バター。

含むとスッと綺麗。ススっとキレ。
透明だけれど、ちょこんと質量のある旨み。ややジューシーな後味。
飲み進めるとしっとり苦いお酒。
甘みも出てきました。クリアビターな味わいも同時にあり美味しい。
しっとり渋くて苦味もクリア。とても良い。

三日目も安定の味わい。
少しキュッとしてメロン?瓜系のニュアンスがある。
軽くしっとりしたビター感が全体を下支えしている。しっとりすっきり飲みやすい。
五日目ラストは珍しい味わいに感じる。
少し味が抜けたように感じる味わいに、軽いジューシーさ。
若干エグみや苦みが気になる。
飲み進めると甘みが出てくる。辛みも出てくる。この味わいは美味しいと思う。

三日目に熱燗をつけると、ふわっとした香り。
ふんわり甘く、舌はピリピリと辛い。ほんのりエキスっぽいけど辛みが良い。ほんのりお米も。
口当たりふんわり、ピリッと辛み。辛みが特徴的で良いですね。少し特徴的な返り香。

【評価】
美味しい日本酒(・・☆☆☆)
スッと綺麗な味わいに軽やかなジューシーさ。クリアビターさ。不思議な味わいも含まれる日本酒。

ブログランキングに参加しています。

お酒・ドリンク ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

東一山田錦純米酒うすにごり酒東一山田錦純米酒うすにごり酒2


東一
山田錦純米酒 うすにごり酒
佐賀県
五町田酒造株式会社
HP:http://azumaichi.com/

精米歩合:64%
アルコール度数:17度
使用米:国産山田錦100%
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:
アミノ酸度:-
価格:720mL 1,200円(税別)

米から育てる酒造り
この純米酒は、蔵人を含めた栽培グループの方々に慈しみ育てていただいた山田錦(契約栽培を含む)を精米歩合約65%と高精白しないで、長期間おだやかに醗酵させました。
山田錦ならではのふくらみのある、上品な味わいが特徴です。
冷やでもぬる燗(43度くらい)でもおいしく召しあがれます。
蔵元敬白

化粧箱より引用

今回は佐賀県の日本酒「東一 山田錦純米酒 うすにごり酒」を紹介します。

今回は初めて「東一(あづまいち)」を頂きます。
私はまだまだ日本酒若輩者なので「東一」の日本酒業界への貢献とか素晴らしさを語る事は出来ませんが、「東一」と言えば佐賀県というか九州で一番有名な日本酒銘柄というイメージを持っており、いつか頂きたいと思っていた銘柄の一つでした。
これまで外飲みでも手を付けていなかった銘柄なのですが、今回酒屋さんに良いお酒があったので頂くことにしました。
このお酒は酒米に“山田錦”を使用した純米酒。
精米歩合は少し珍しい64%で、うすにごりタイプの生酒です。
箱入りで1,200円という、お手頃な価格というか破格の値段です。

【味の感想】
まずは上澄みから。冷酒で頂きました。
甘酸っぱいようなフルーティーな香り。グラスには細かい泡が付きます。

一口目はとろっとしていて甘い。
ほんのり甘渋いです。
ジューシーな甘酸っぱさもあって、濃いめの甘旨みがとても美味しい。
続いてオリを混ぜ合わせてにごり部分を頂きます。
さっぱりさが増して美味しいですね。
後味の旨渋さも好みの味わいです。

二日目は甘みが収まって、コク深く苦めのしっかりした旨み。
まだまだフレッシュでもあります。
旨みがしっかりで、マスカットのような返り香が綺麗に抜けていきます。
温度が上がっていくとまた甘みが出てきますね。
軽やかな甘みとフルーティーな香り。
マスカットとグレープが混ざったようなフルーティーさが良いなあ。
後味はやや苦くて、渋い旨みも好みの味わいです。
三日目はよりぶどう系のフルーティーな甘い香りが強くなる。
香りに引っ張られて、味わいはやや渋いマスカットジュースです。
飲み進めると今度は苦めのマスカット日本酒。
四日目ラストはオリが濃い部分を味わいます。
含むと口の中がじんわり渋さがあり、じんわり苦旨いです。
フルーティーさは弱めで、お米の旨みや苦旨みを感じるお酒です。
こっちはこっちでほんのり甘みや酸味もあって十分旨いです。
ここら辺ではスタンダードなうすにごり酒の美味しさが楽しめますね。b

三日目に燗をつけるとふんわりお餅の香りとともにどこか酸っぱい香り。
一瞬甘くて酸っぱ~。良いですな。雑味感は無し。
酸っぱくてほんのり甘くて旨い。舌はビリビリと渋さを感じます。
色々な味わいが出てきますが、不思議とさっぱりで旨い燗酒です。

「東一 山田錦純米酒 うすにごり酒」。
美味しいマスカット系フルーティーなお酒で、お値段込みでとても良い日本酒でした。
同銘柄の吟醸酒も気になっているので、機会があれば「東一」の別スペックを頂きたいです。

東一山田錦純米酒うすにごり酒3


東一 日本酒、あずまいち やまだにしきじゅんまいしゅ うすにごりざけ ひがしいち、azumaichi azumaiti yamadanisikijyunmaisyu usunigorizake、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

日本酒ランキング

鍋島特別本醸造鍋島特別本醸造2


鍋島
特別本醸造
佐賀県
富久千代酒造有限会社
HP:http://nabeshima.biz/

精米歩合:60%
アルコール度数:15度
使用米:-
使用酵母:-
日本酒度:-9
酸度:-
アミノ酸度:-

今回は佐賀県の日本酒「鍋島 特別本醸造」を紹介します。
プレミア酒の一つでありファンも多い「鍋島」ですが、私はつい最近初めて頂きました。

この「鍋島 特別本醸造」はピンクラベルと呼ばれる特別本醸造酒です。仕込み年度は28BY。
このスペックはIWC 2017 Sake Challenge本醸造酒の部で、金賞&エリア・トロフィー受賞酒を受賞したお酒でもあるので、今年旬なお酒の一つですね。
驚くべきは価格です。今回私は4合瓶を購入したのですが、お値段なんと1000円程度と非常に安価です。

このお酒も購入した酒屋さんの日本酒BARで“特別本醸造”と“特別純米”をフライングして頂いているのですが、温度変化や開栓直後の味わいなどが出来る家飲みがとても楽しみです。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
杯に注ぐと透明で澄みきった色です。
香りはメロンのような甘い香り。完熟メロンの香りです。

一口目。
! ハチミツみたいな甘さ。
とほんのりわずかな酸味がとても良い。
美味しい!!

二口目は甘酸っぱいメロンジュースに感じました。
飲み進めるとメロン感は薄れていきますが、べた付かない優しい甘みがとても飲みやすくて美味しいです。
いや、美味すぎる。
とろっと甘くてバランスの良い旨み。相当レベルが高いです。

二日目も冷酒で。
ハチミツメロンの甘みがふんわり甘くて美味しいです。
とても落ち着いた美味しさ。
三日目も甘くて、酸味も程良くて、ふっと鼻からアルコールが抜けます。
さっぱりシャキッとした酸味。ほんのり、それでいてしっかりした旨みが美味しいです。
四日目もやはり甘酸っぱいな。蜜のような甘みに、シャキッとした酸。
ここら辺からアルコール感がわずか出てきて、火入れ酒ながら初日から数日の方がおいしく感じました。(感動が薄れてきただけかな?
数日に分けて五日目で飲み切りましたが、最後まで美味しい。
ふんわり柔らかな甘みが旨いです。

二日目に燗をつけると、甘さとやや強めのアルコール香。
甘辛。甘~い。
甘い味わいですが、甘みや渋みが気にますね。
それほど美味しいとは感じず、個人的には冷酒がベストでした。

最後に五日目にぬる燗。このお酒の美味しい温度帯みたいです。
ふんわり甘みとピリッと酸味。味のバランスが良いですね。
これは確かに旨いすね。燗もつけ熱く過ぎたらダメです。このお酒はほどほどの温度が良いです。

初めての「鍋島」堪能しました。
とてもバランス良い味でコストパフォーマンスも良く、素晴らしいお酒でした。
開栓後の味の変化は少ないですが、家飲み初日に特に感じたメロン感がとても美味しかったです。

「鍋島」は甘い酒から辛い酒まで色々と手がけているようですが、皆さんは「鍋島」のどのスペックを飲んで素晴らしいと感じるのでしょうか?
「鍋島 特別本醸造」より明確に美味しいお酒があるなら飲んでみたいです。
長野市にある「鍋島」の特約店さんを教えて頂いていずれ購入しに行く予定なので、おススメのスペックがあれば是非とも教えて下さい。


鍋嶋 日本酒、なべしま とくべつほんじょうぞう、nabesima tokubetu honjyouzou pink label、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

↑このページのトップヘ