長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳

長野県在住の長野県日本酒ブログです。 約80蔵ある長野県の全蔵巡り&家飲み制覇しました。 長野県の日本酒を中心に美味しい日本酒を紹介していきます。 記事へのコメント&お勧めの日本酒大募集中ですので、気軽にコメントお願い致します。 また、相互リンクや相互RSSも大歓迎ですので宜しくお願い致します。

タグ:大信州

大信州槽場詰め純米吟醸(29BY)大信州槽場詰め純米吟醸(29BY)2


大信州
槽場詰め 純米吟醸 生 29BY
長野県
大信州酒造株式会社
HP:http://www.daishinsyu.com/

精米歩合:49%
アルコール度数:16度
使用米:信州松本平産契約栽培米 ひとごこち100%
使用酵母:-
日本酒度:+3~+5
酸度:1.5~1.8
アミノ酸:-
製造年月:2017.11
価格:720mL 1,800円(税別)

今回は長野県松本市の日本酒「大信州 槽場詰め 純米吟醸 生」を紹介します。

新酒当時の味いが素晴らしかった29BYの「大信州 槽場詰め 純米吟醸 生」ですが、実は2本購入していてもう一本は自宅の冷蔵庫で1年熟成させて30BYと飲み比べをしました。
スペックは長野県松本産の“ひとごこち”を100%使用した精米歩合49%の純米吟醸。
初しぼり(だった)&無濾過生原酒。遮光はしましたが冷蔵庫というお酒にとっては過酷な環境。
結構良い値段がするお酒ですが、同じように熟成をされている方はいらっしゃるのでしょうか?
熟成が吉と出るか凶と出るか・・・とても楽しみです。

【味の感想】
まずは冷酒で頂きました。
やや熟した香りになりました。キャラメルナッツ。
一年熟成ですが、グラスに注ぐと細かい泡が付きます。

ほ~、旨い。落ち着いた旨みになったなあ。
少しチリっとした感じも残っている。返り香にほんのり熟したフレーバー。
丸くまろやかな旨み。熟味とフレッシュさが混在する旨みで、雑味は全く無し。
じんわり旨~。旨みが新酒時期よりも増しているな。

二日目。ふ~む、すげえ酒だな。29BYやべえ。
香りは熟した香り&フレッシュな果物。
美味すぎる。熟味を感じる旨みの口当たりから、じんわり&ピリッとしたビターで深い旨み。
ピリッジリッとした旨み。クーっとくる旨みとアルコールを感じる。
三日目は完全な熟酒の味わい。
ビターで熟したバターな旨味。すごい円やかにはなっていますがベースに酸が効いている。
味わい深い。なんとなくバター醤油を思わせる熟味と雑味の無い旨み。
四日目ラストも旨みしっかりで旨い。
奥深い甘旨み。甘・酸のバランスが凄く良い。

四日目に燗をつけると、熟した香りが強くグラスには泡が付く。
あ~うめ。チョコレートみたいな旨み。
旨みの中の比率に辛みが増す。味が濃い食べ物と異常に合う。

「大信州 槽場詰め 純米吟醸 生(29BY、1年熟成)」。とても美味しい日本酒でした。
もちろん新酒時期の味わいがベストでしたが、熟しても美味しいお酒でした。

関連記事:【日本酒】大信州 別囲い純米吟醸 番外品 生 大信州酒造
関連記事:【日本酒】大信州 純米吟醸 スパークリング 大信州酒造
関連記事:【日本酒】大信州 豊野蔵 槽場詰め 純米吟醸無濾過生原酒 大信州酒造(29BY)
関連記事:【日本酒】大信州 槽場詰め 純米吟醸生 大信州酒造(29BY)
関連記事:大信州 槽場詰め 純米吟醸生(30BY) 大信州酒造

ブログランキングに参加しています。

お酒・ドリンク ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

大信州槽場詰め純米吟醸生(30BY)大信州槽場詰め純米吟醸生(30BY)2


大信州
槽場詰め 純米吟醸 生 30BY
長野県
大信州酒造株式会社
HP:http://www.daishinsyu.com/

精米歩合:49%
アルコール度数:16度
使用米:信州松本平産契約栽培米 ひとごこち100%
使用酵母:-
日本酒度:+3前後
酸度:1.5前後
アミノ酸:-
製造年月:2018.11
価格:720mL 1,800円(税別)

今回は長野県松本市の日本酒「大信州 槽場詰め 純米吟醸 生」を紹介します。

このスペックは昨年初めて頂きましたが、29BYの「大信州 槽場詰め 純米吟醸 生」は本当に素晴らしかったため、今年もリピートしました。
スペックは長野県松本産の“ひとごこち”を100%使用した精米歩合49%の純米吟醸。
初しぼり&無濾過生原酒。蔵元の直売店で購入した際に使用酵母を尋ねてみましたが、(結局系統はわかりませんでしたが)自社酵母とのこと。
昨年の素晴らしさを知っている分、絶対に外せない一本です。
今回は1年熟成させた29BYのお酒と飲み比べをしました。

【味の感想】
まずは冷酒で頂きました。
ポシュっと開栓。グラスには泡が付きます。
フルーティーな香りがほのか。

味わいは旨み、チリチリフレッシュ、苦旨み。
フレッシュで爽やかながら甘みしっかりの旨み。余韻に苦み。
すっきりさっぱりさがありながら、しっかりした甘苦旨さ。
旨いですが確実に新酒当時の29BYの方が素晴らしかった。
&熟成させた29BYと飲み比べてしまうと、若すぎて味わいも物足りないと錯覚してしまう。
食中酒とするとすっきりさっぱりで味のバランスが良い。

二日目は舌にチリチリと刺激。フルーティーな旨み。とてもさっぱりフレッシュ。
とても美味しいですが、昨年のように感動するレベルには程遠いかな。
三日目がベスト。旨い。イメージする味わいは29BY。
甘さやフルーティーさの味わいがベースで、フレッシュでさっぱり過ぎる。
香りもきつくないためどんどん飲める。すいすい飲める。
四日目ラストは甘みがサーっと引いて、とてもさっぱりした綺麗すぎる味わい。

四日目に燗をつけると、香りはシンプルでエグみを含んだカプってイメージ。
味わいは良い。辛さっぱりで透明。少しだけエグみも見つかる。軽やかに飲める燗酒。

「大信州 槽場詰め 純米吟醸 生(30BY)」。とても美味しい日本酒でした。
お酒のレベルはとても高いです。昨年と比べると甘みが控えめでさっぱりな印象が強かったです。
ここら辺は繊細なバランス感覚で難しいですね。
私が昨年の槽場詰めを飲む前に思っていた「大信州」のイメージに近かったです。
次回はこのお酒と飲み比べをした同スペックの29BYの1年熟成酒をレビューします。

関連記事:【日本酒】大信州 別囲い純米吟醸 番外品 生 大信州酒造
関連記事:【日本酒】大信州 純米吟醸 スパークリング 大信州酒造
関連記事:【日本酒】大信州 豊野蔵 槽場詰め 純米吟醸無濾過生原酒 大信州酒造(29BY)
関連記事:【日本酒】大信州 槽場詰め 純米吟醸生 大信州酒造(29BY)

ブログランキングに参加しています。

お酒・ドリンク ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

大信州豊野蔵槽場詰め純米吟醸無濾過生原酒大信州豊野蔵槽場詰め純米吟醸無濾過生原酒2


大信州 豊野蔵
槽場詰め 純米吟醸無濾過生原酒 29BY
長野県
大信州酒造株式会社
HP:http://www.daishinsyu.com/

精米歩合:59%
アルコール度数:16度
使用米:長野県産契約栽培米 ひとごこち100%
使用酵母:-
日本酒度:+3~+5
酸度:1.5~1.8
アミノ酸:-
価格:720mL 1,500円(税別)

今回は長野県松本市の「大信州 豊野蔵 槽場詰め 純米吟醸無濾過生原酒」を紹介します。

「大信州」を醸す大信州酒造さんの日本酒です。
今年頂いた「大信州 槽場詰め 純米吟醸生」がとても美味しかったので、続けてこのお酒も購入しました。
豊野蔵というワードに少し触れますと、大信州酒造は長野市豊野(旧豊野町)と松本市に二つ酒蔵を持っていて、このお酒は豊野蔵で槽場詰めした日本酒です。
(私は大信州の日本酒はこのお酒に限らず長野市豊野の酒蔵で醸して瓶詰めは松本市の酒蔵で瓶詰めしているというイメージを持っていましたが、詳細や通常の槽場詰めとの違いはよくわかりません)
スペックは長野県産の“ひとごこち”を使用した純米吟醸酒で、前回の「大信州 槽場詰め 純米吟醸生」は精米歩合49%でしたが、こちらは精米歩合59%です。
このお酒は昨年までは「信濃薫水」と呼ばれていたお酒で、長野県内では特約店も取扱量も多く良く見かけますが、長野県外にはあまり出回らないお酒のようです。


【味の感想】
冷酒で頂きました。
プシューっと開栓。グラスには細かい泡泡が付きます。
リンゴ系の甘くフルーティーな香り。ほんのりアルコール感もあります。

一口目はジューシー。甘みはほんのりで辛口です。
さっぱりジューシーで、辛めに軽めにキレるお酒です。
後味にはほんのり苦味を感じて、アルコール感もわずか感じます。
とても軽やか&フレッシュで飲みやすい日本酒で、後味には苦旨み。悪くないです。
スタンダードな「大信州」の辛口系で、そこにチリチリフレッシュ感がプラスされています。

二口目もまだガスは元気でグラスには細かい泡が付きます。
面白い変化。少し薬品味のある酸味強めのフルーツ感があります。
さっぱりとした味わいです。
口当たりがさっぱりで、後味に旨みとやや苦渋みがあります。
三日目は瓶の底の数滴は白くにごっています。
しっかり甘くしっかり辛い。
一口目は全体的には辛口に感じましたが、飲み進めるとやっぱり甘口です。
開栓時と比較すると甘さが増してきて美味しい。三日間の中で一番美味しかったです。
燗つけるのが少し勿体ないと思ってしまいました。

三日目に燗をつけると酸っぱさが増しました。
酸味が結構強く、旨みもあって美味しい燗酒でした。

個人的にはスタンダードな辛口系の「大信州」の味わいに感じる良酒でしたが、日を置くと甘さも増して好みの味わいになってきました。
「大信州 槽場詰め 純米吟醸生」がとても美味しかったので、正直若干というかかなりハードルを上げすぎてしまった感があったかもしれません。
あちらはジューシーな甘口系。こちらは軽やかフレッシュな辛口系後に少し甘くなる日本酒でした。
「大信州 槽場詰め 純米吟醸生」も素晴らしいお酒でしたが、こちらのお酒を好きな方もいると思います。

関連記事:【日本酒】大信州 槽場詰め 純米吟醸生 大信州酒造 29BY
関連記事:大信州 槽場詰め 純米吟醸生(29BY、1年熟成) 大信州酒造
関連記事:大信州 槽場詰め 純米吟醸生(30BY) 大信州酒造

大信州 とよのくら だいしんしゅう ふなばづめ、豊野蔵 槽場搾り 船場詰め、daishinsyuu toyonokura funabadume jyunmaiginjyou nama、レビュー、口コミ、評価


ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

日本酒ランキング

大信州槽場詰め純米吟醸大信州槽場詰め純米吟醸2


大信州
槽場詰め 純米吟醸 生 29BY
長野県
大信州酒造株式会社
HP:http://www.daishinsyu.com/

精米歩合:49%
アルコール度数:16度
使用米:信州松本平産契約栽培米 ひとごこち100%
使用酵母:-
日本酒度:+3~+5
酸度:1.5~1.8
アミノ酸:-
価格:720mL 1,800円(税別)

今回紹介する日本酒は「大信州 槽場詰め 純米吟醸 生」です。

長野県を代表する銘柄の一つ「大信州」を造る大信州酒造さんの日本酒です。
日本酒感想日誌様で紹介されていた日本酒で、とても美味しそうで絶対飲みたいと12月末に日本に帰国してから「大信州」の特約店を探しまわって入手しました。
長野県内には「大信州」の特約店がたくさんありますが、発売から既に一か月が経過している&酒屋さんや飲食店さんが大信州酒造の槽場で直汲みして仕入れる限定酒のため販売店が限られるという事もあり、このお酒がなかなか見つからず焦りました。
一番最初に訪問した大信州直営店にも既に売っていなかったので嫌な予感はしており、最後の手段はネットショップか・・・と思っていましたが、何とか購入することが出来て良かったです。
その際に直営店で伺ったのですが、今年の槽場詰めは特に出来が良かったようでとても評判が良いようですね。

スペックは長野県松本産の“ひとごこち”を使用した純米吟醸。
精米歩合49%と大吟醸規格のお酒です。
年明け前に何とか入手することが出来た嬉しさで、このお酒も「北安大國 大吟醸原酒」と共に大晦日(~新年)のお酒にしました。
どうしても飲みたかった日本酒なのでとても楽しみです。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
プシュッと開栓。グラスにはプチプチと細かい泡がびっしり。一月経過しても元気です。
リンゴ系の甘くフルーティーな香り。

一口目は甘い。
あっま~。味わいはマスカットジュース。
ピリピリ感もあってとてもジューシー。そしてミルキー。
めちゃくちゃ旨いな。

二口目は口の中に含むとピリピリ感。そしてジューシーな酸。
とても軽やかでフレッシュさもあって無限に飲めますね。
飲み進めると甘い。
甘くて香り高いお酒ですが全くクドくない。
私が思っている「大信州」のイメージと違って、フルーティーさと甘さが強めに感じます。
更に飲み進めると濃厚な旨味へ。
ピリッとジューシー。軽やか。
本当に杯が進むヤバいお酒。
少し甘さが強いですが、味のバランスがとても良いです。
甘酸っぱくてとても美味しい。後半辛さと心地よい苦味。
複雑な味がこれまたとても美味しい。

二日目も甘くフルーティー。
ジューシーな甘さ。二日目はリンゴとか桃の果実感です。
酸味がピリッとくる時もありますが、全体はふんわり甘く軽やか。
後味には苦味等の複雑な味わいがありますが、嫌な味わいには感じません。
三日目もポンっと開栓。元気ですね。
軽やかに甘い。さっぱり飲みやすいです。
本当に軽やかで甘さも程良い。これは旨いです。
四日目はオリが絡んだ部分を頂きます。
旨い。甘くて酸も良い。渋みもほどよい。
残りの分を燗つけるのを躊躇するほど美味しいです。

四日目に燗をつけるとお餅とアルコールの香りが全面に。
口当たりは甘いが直ぐに辛みがキンと。
燗にすると渋みや苦味が気になるくらいになってしまいますね。
温くなってくるとここら辺から美味しい。甘くクリア。
熱燗は味を崩してしまいますが、ぬる燗はいけます。

流石は「大信州」と言いたい所ですが、これまでの「大信州」への評価をも上回る素晴らしいお酒でした。
大晦日から年始にかけて10本以上日本酒を味わいましたが、その中でダントツに美味しかったです。

関連記事:【日本酒】大信州 豊野蔵 槽場詰め 純米吟醸無濾過生原酒 大信州酒造 29BY
関連記事:大信州 槽場詰め 純米吟醸生(29BY、1年熟成) 大信州酒造
関連記事:大信州 槽場詰め 純米吟醸生(30BY) 大信州酒造

大信州 ふなば だいしんしゅう ふなばづめ 槽場搾り 船場詰め、daishinsyuu funabadume jyunmaiginjyou nama、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

大信州スパークリング大信州スパークリング2


大信州
純米吟醸スパークリング 発泡性にごり生
長野県
大信州酒造株式会社
HP:http://www.daishinsyu.com/

精米歩合:59%
アルコール度数:16度
使用米:国産米
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸:-

華やかでボリューム感のある美味しさ。
ドライ。
洗練されたドライな味わいときめ細やかなスパークリングが、優雅なひと時を演出してくれます。
まさに和製シャンパンと表現するのがピッタリの発泡性にごり酒です。

HP・ラベルより引用

今回紹介する日本酒は「大信州 純米吟醸スパークリング 発泡性にごり生」です。

長野県を代表する日本酒の一つ「大信州」のスパークリング日本酒です。
この時期ならではの日本酒なので、逃さず買ってきました。
今回は純米吟醸(ロゴが銀色)のスパークリング日本酒を選択しました。

珍しく(?)アイスピックによる開栓を推奨されています。
開け方を間違えるととんでもない事になるので、開封は少し怖かったです。
無事開封すると、炭酸が立つのと共に底にたまっていたおりが混ざり合い綺麗です。

【味の感想】
冷で頂きました。
ふんわり酸も効いた良い香り。

一口目は濃い~。旨口で苦味がおいしい。
しゅわっとドライな炭酸もおいしいですね。

二口目以降は苦味と旨味をぐっと感じて、後味はすっきりです。
頬と喉にぐっと苦味。ご飯のおいしさが引き立ちますね。
辛み。酸味。苦味のバランスが良くて美味しい日本酒でした。

流石は「大信州」のスパークリング日本酒。とてもレベルの高いお酒でした。
クリスマスシーズンにもピッタリの日本酒なので、是非味わってみて下さい。

大信州 にごり、だいしんしゅう スパークリング、daishinsyuu supa-kuringu、レビュー、口コミ、評価
Sparkring Junmaiginjo Nigorizake Daishinsyu Breweries INC.

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

大信州生大信州生2


大信州
別囲い純米吟醸 番外品 生
長野県
大信州酒造株式会社
HP:http://www.daishinsyu.com/

精米歩合:59%
アルコール度数:16度
使用米:信州産酒造好適米ひとごこち100%
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸:-

「洗練・軽快・デリシャスリンゴ」の香味。
酒が持って生まれた無垢な姿を出来る限り手を加えずにしぼりあがりをそのまま瓶に詰めました。
瓶内にふわっと浮かぶオリがその証しです。

HP・ラベルより引用

ブログ紹介が遅れてしまい若干季節がズレてしまっていますが、3月~4月にかけて地元長野県の色々な銘柄の生酒を飲んでいました。
現在進行形で飲んでいる日本酒(生酒)も多く、家の冷蔵庫が生酒で埋まり困っています。

今回紹介するのは「大信州 別囲い純米吟醸 番外品 生」です。

初めて訪問した酒屋さんでこの日本酒を購入しました。
この季節は酒屋さんに行くと、決まってそのお店で極上の生酒を購入するようにしています。

「大信州」は全国的にも名の通った日本酒だと思いますが、地元ながらこれまでほとんど飲んだことがありませんでした。(おそらく家飲みは初めて)
この「大信州 別囲い純米吟醸 番外品 生」は純米大吟醸と純米吟醸のブレンド酒で、オリがらみのまま瓶詰めされています。
2本が純米大吟醸でもう1本が純米吟醸の計3本の仕込みタンクを絶妙にブレンドしていているそうで、リーズナブルなお値段ながらほとんど大吟醸生酒と言ってしまって良いお酒です。

【味の感想】
冷で頂きました。
開封時は、ポンっと良い音が立ちました。
香りはほとんど香りません。

一口目はやわらかい口当たりで甘みがふわっと広がります。
後味は渋みのような酸味のような辛口で、わずかに渋みの余韻が残ります。
良いですね~。

二口目以降。
飲み進めると、はじめは旨味のような甘みのような美味しさを感じます。
後味はキリっと辛口で美味しいです。

やっぱり純米吟醸酒が好きですし、生酒が大好きです。
流石は長野県を代表する日本酒の一つ「大信州」。とても美味しい日本酒でした。
「大信州」も色々なスペックを飲んでいきたいです。


大信州 別が濃い、だいしんしゅう べつがこい、daishinsyuu betugakoi、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

↑このページのトップヘ