長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳

長野県在住の長野県日本酒ブログです。 目標は約80蔵ある長野県全蔵家飲み制覇と全蔵訪問達成、そして最高の長野県日本酒を見つけることです! 長野県の日本酒を中心に美味しい日本酒を紹介していきます。 記事へのコメント&お勧めの日本酒大募集中ですので、気軽にコメントお願い致します。 また、相互リンクや相互RSSも大歓迎ですので宜しくお願い致します。

タグ:御湖鶴

御湖鶴信州の生一本御湖鶴信州の生一本2


御湖鶴 信州乃生一本
純米酒
長野県
菱友醸造株式会社
HP:http://www.mikotsuru.com/

精米歩合:65%
アルコール度数:13度
使用米:- (国産米)
使用酵母:-
日本酒度:+3
酸度:1.8
アミノ酸度:-

特に飲みやすさを追求した爽やかな純米酒です。
柔らかい味わいとすっきり感が自然と杯を進めます。

HPより引用

今回は長野県下諏訪町の日本酒「御湖鶴 信州乃生一本」を紹介します。

青い綺麗なラベルが目を引く純米酒です。
生一本とは、単一の酒蔵で造られた日本酒という意味だそう。
信州の~と入ると、長野県の菱友醸造だけで造られた純米酒という意味ですかね。
ちなみにこのお酒は火入れ酒になります。
このお酒も楽しみです。早速頂きます。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
杯に注ぐと色はやや黄色みがかった琥珀色。
何の香りでしょうか。とても特徴的な渋い香りが少し苦手。
後から考えると老香だったのかもしれません。

一口目。
香りが苦手。味も古くなったような酸っぱい味に感じ、少し苦手な口当たり。
後味には旨みが出てきます。
さらりと飲みやすいですが、香りが苦手でお世辞にもあまり美味しいと感じません。
苦々しいけどこれまで味わった日本酒とは違う、不思議な味です。

二口目以降。
う~む、やっぱり香りが苦手。ですが後味の旨みは美味しいです。
飲み進めて香りに慣れてくると綺麗でクリアな酸味になります。
食中酒とするととてもバランスの良いお酒ですね。

燗をつけてみると、匂いも強くなり少し苦手。(苦手ばかりの表現ですみません
旨みも強くなりました。
やっぱりこのお酒は食中酒ですね。個人的な感覚だとお酒単独では飲み進めるのは難しいです。

二日目以降もしばらくは苦手な感じが続きましたが、一週間くらい置くと香りが収まってきて全体的なバランスとしても旨くなってきました。
香りが控えめになってきて、酸がピリリと美味しい。
は~旨い。さっぱりクリアで心地良い酸味です。軽やかな旨酒になりました。

とても特徴的なお酒でした。
「御湖鶴」はシリーズによって特徴的な酸があってとても面白い日本酒です。
このお酒は酒屋さんではしっかり冷蔵保管されていましたが、本当にベストコンディションだったのか気になります。

巫女鶴 日本酒、ミコツル 信州 生、みこつる しんしゅうのきいっぽん、mikoturu shinsyunokiippon、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

御湖鶴純米缶御湖鶴純米缶2


御湖鶴 純米缶
純米酒
長野県
菱友醸造株式会社
HP:http://www.mikotsuru.com/

精米歩合:65%
アルコール度数:15度
使用米:- (国産米)
使用酵母:-
日本酒度:+4
酸度:1.9
アミノ酸度:-

アルミ缶に入った純米酒。その名もズバリ「純米缶」。
ワンカップといえども造りに関しては一切の妥協は許しません!
徹底的にこだわりぬいた純米酒。
なんといっても料理を引き立てる御湖鶴ならではの味わいです。

HPより引用

今回は長野県下諏訪町の日本酒「御湖鶴 純米缶」を紹介します。

長野県下諏訪町へ「御湖鶴」を買い求めに行った際、出来るだけ沢山のシリーズを味わおうと思い、このお酒も購入してきました。
180ml280円(税別)とお値段もお手頃で、色々なシリーズを飲み比べをするには量も適量です。
ちなみにこのお酒が本ブログに初めて登場するカップ酒です。
カップ酒ですが、私は生酒や季節限定酒が好きなため積極的に購入することは無いです。
蔵元見学の抽選で当たったりお土産で貰ったものをたまに味わう程度で、年に1~2本くらいしか飲んでいないと思います。
生酒とか限定酒のカップ酒とかあればユーザーは飛びつきカップ酒への導入になると安易に思ってしまいますが、やはりカップ酒は安さが売り!購買層が違うため商売にはならないのでしょうね。
さて、話を戻してこのお酒も味わってみましょう。頂きます。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
わずかに渋めの香りがします。

一口目。
するりと口当たり。
じわ~っと渋い味が立ちあがってきます。
まずまずの旨酒。

二口目以降。
食中酒とするとすっきりさっぱり。
後味に渋めの面白い酸味を感じます。
「御湖鶴」独特の酸味がとても特徴的で本当に面白いです。
美味しかったです。

1合缶なので、冷酒のまま飲み終えてしまいました。

商品紹介にもありますが、単体で飲むより食中酒で味わう方が美味しいお酒です。
長野県内や近隣の方は、諏訪地方周辺のお土産を訪れれば「御湖鶴」のワンカップならばあと数か月は入手可能だと思いますよ。気になる方は是非。


関連記事:【日本酒】御湖鶴 無加圧別囲い超辛純米 菱友醸造
関連記事:【日本酒】ミコツルあわあわ 純米活性にごり酒 菱友醸造
関連記事:【日本酒】御湖鶴 純米活性にごり酒 菱友醸造
関連記事:【日本酒】御湖鶴 信州乃生一本 菱友醸造
関連記事:【日本酒】御湖鶴 純米吟醸くろ 菱友醸造

巫女鶴 日本酒 カップ酒、ミコツル 純米酒、みこつる じゅんまいしゅ、mikoturu jyunmaisyu、レビュー、口コミ

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

御湖鶴活性にごり
御湖鶴活性にごり2御湖鶴活性にごり3


御湖鶴
純米活性にごり酒
長野県
菱友醸造株式会社
HP:http://www.mikotsuru.com/

精米歩合:65%
アルコール度数:15度
使用米:- (国産米)
使用酵母:-
日本酒度:未定
酸度:未定
アミノ酸度:-

低温でじっくりと瓶内二次発酵をさせた、発泡性のあるにごり酒です。
シュワッとした口当たりとドライなのどごしのなかに、ほんのりと旨みを感じる季節限定のお酒です。

HPより引用

今回は長野県下諏訪町の日本酒「御湖鶴 純米活性にごり酒」を紹介します。

前回紹介した「ミコツルあわあわ」と同じく、純米活性にごり酒です。
スペック的にほとんど違いが見られませんが、違いは何なのでしょうか?気になります。
このお酒もじっくり味わって味を刻み込みたいです。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
炭酸はとても元気。何度何度も蓋を開け閉めしてふきこぼれないようにしながら開栓しました。
大きな泡がピチピチで、オリが沢山浮いています。
お米の香りと、清涼感のある少し酸っぱめの香りです。

一口目。
ぐわっと旨み。
舌にうま味がすっと残り、炭酸とともに味がキレよくパッと消えます。
旨い。

二口目以降。
口に含むと苦味とお米の旨味。
炭酸感は逆に感じないです。
旨いお酒だな~。するっする飲めます。

燗をつけてみると、グラスに充満するお米のふんわりした良い香りですが、むせてしまうくらいアルコール感が強いです。
食感は少しとろっとしています。味は旨っ!
温かい口当たりながら炭酸がピチピチ。とろみと合わさって面白い食感。
辛くて酸味が効いていて、でも甘旨くて美味しいです。
とても軽やかで美味しい燗酒でした。

二日目は底の濃い目のところを味わいます。
酸味抑えめで旨みがしっかり。生酒感もありとても美味しい。
苦味が後味にありますが、炭酸感で打ち消されていて丁度良いです。
旨みが強くて、美味しいお酒でした。

「ミコツルあわあわ」と比較すると、個人的にはこちらの方が旨みしっかりで味の変化も楽しめて好みでした。
「御湖鶴」とても美味しい日本酒なので、出来るなら残って欲しいです。。。

巫女鶴 日本酒、ミコツル 活性にごり酒、みこつる じゅんまいかっせいにごりざけ、mikoturu jyunmai
kassei nigorizake、レビュー、口コミ

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

ミコツルあわあわミコツルあわあわ2


ミコツルあわあわ
純米活性にごり酒
長野県
菱友醸造株式会社
HP:http://www.mikotsuru.com/

精米歩合:65%
アルコール度数:15度
使用米:- (国産米)
使用酵母:-
日本酒度:±0
酸度:1.8
アミノ酸度:-

低温でじっくりと瓶内二次発酵をさせた、発泡性のあるにごり酒です。
シュワッとした口当たりとドライなのどごしが夏にぴったり!
ベタつかずキレのある味わいですので、食前・食中酒としておすすめです。

HPより引用

夏が近づいてきましたね。
長野では蛙が一日中鳴いている季節ですが、昼間には今年初めての蝉が鳴いていました!

今回は長野県下諏訪町の日本酒「御湖鶴(みこつる)」シリーズより、「ミコツルあわあわ」を紹介します。
可愛いラベルが特徴の純米活性にごり酒です。

“菱友醸造 自己破産”の悲しいニュースを受けて、ゴールデンウィークに長野県下諏訪町へ「御湖鶴」を買い求めに行ってきました。
購入したお酒は一通り味わいましたので、この記事より5回連続で「御湖鶴」シリーズを紹介していきます。
もう味わうことが出来ないかもしれない「御湖鶴」銘柄のお酒。じっくり味わいたいです。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
炭酸は大きめの泡で、オリも浮いています。
甘く酸っぱい香りです。

一口目。
酸っぱ旨い。
若干渋めの味で、のどごしが良いです。

二口目以降。
酸味がさっぱりで、炭酸感と合わさってすっきりです。
お米のうまさもしっかり感じるさっぱり旨酒です。

二日目はふんわり甘いお米の香り。
炭酸は少し弱まりますが、生酒感はまだしっかりあります。
味は旨渋い。
酸味もありますが初日ほど強く無く、どちらかというと旨みが強めです。
甘み、渋み、旨みしっかりの美味しい活性酒でした。

「御湖鶴」シリーズ。どんどん紹介していきますよ。


関連記事:【日本酒】御湖鶴 無加圧別囲い超辛純米 菱友醸造
関連記事:【日本酒】御湖鶴 純米活性にごり酒 菱友醸造
関連記事:【日本酒】御湖鶴 純米吟醸くろ 菱友醸造

巫女鶴 日本酒、ミコツル 泡泡、みこつる あわあわ、mikoturu、mikotsuru awaawa、レビュー、口コミ

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

御湖鶴無加圧御湖鶴無加圧2


御湖鶴
無加圧別囲い 超辛純米
長野県
菱友醸造株式会社
HP:http://www.mikotsuru.com/

精米歩合:65%
アルコール度数:17度
使用米:- (国産米)
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-

今回は長野県下諏訪町の日本酒「御湖鶴(みこつる)」を紹介します。

長野県の中部に位置する諏訪湖は岡谷市、諏訪市、下諏訪町の3つの市町村に囲まれています。
それぞれの市町村に素晴らしい日本酒があり、
岡谷市には、「神渡(豊香)」、「高天」。
諏訪市には、「信州舞姫(翠露)」「麗人」、「本金」、「横笛」、「真澄」。
そして、下諏訪町には「御湖鶴」があります。

「御湖鶴」は過去にレギュラー酒を飲んだことがあったかどうかの実質飲んだことが無いお酒なので、とても楽しみです。
このお酒は少々特別なスペックなのですが、通常ラインナップの「御湖鶴 無加圧しぼりたて」と同じであれば、お米はおそらく幻の掛米「ヨネシロ」を使用しています。
ネットで調べても「ヨネシロ」の情報ってなかなか出てこないんですよね。これは図書館行き決定です。
長野県諏訪地方日本酒制覇に向けた一歩を踏み出します。
(現在紹介している日本酒は「真澄」だけですが、将来全て紹介するつもりです)

【味の感想】
冷酒で頂きました。
お米のふんわりとした香りと、渋めのアルコールの香りが混ざっています。

一口目。
キリっと辛い。
後味に苦めの旨味がじわっと顔を出して直ぐキレる。

二口目以降。
辛い。が、じわっと旨みも乗っている辛さ。
酔いや食にお酒の味を埋もれさせてしまうと一般的な辛口酒なのですが、よ~く感じると特徴的な旨辛さです。

燗をつけてみるとむせるほどのアルコール感。
う~む、熱燗はあまり美味しくなく、ぬる燗くらいがベターです。

二日目はやや苦めでビターかつすっきり辛口。
後味に苦味も感じます。
三日目以降は徐々に旨みが出てきます。
旨辛スッキリ!旨い!
超辛日本酒は元々好みから遠い位置にあるのですが、これは旨い辛口酒です。
一週間置くと更に旨みが乗ってきて完全に別モノです。
もともと数か月酒屋さん&自宅で熟成させた日本酒なのですが、開栓後も日を置けば置くほど美味しくなる日本酒です。

このお酒もこれまで味わった日本酒とは少し違った特徴的なお酒でした。
他の「御湖鶴」シリーズも是非味わってみたいです。


関連記事:【日本酒】ミコツルあわあわ 純米活性にごり酒 菱友醸造
関連記事:【日本酒】御湖鶴 純米活性にごり酒 菱友醸造
関連記事:【日本酒】御湖鶴純米缶 純米酒 菱友醸造
関連記事:【日本酒】御湖鶴 信州乃生一本 菱友醸造
関連記事:【日本酒】御湖鶴 純米吟醸くろ 菱友醸造

未湖鶴 日本酒、巫女鶴 日本酒、ミコツル、みこつる にほんしゅ、mikoturu、mikotsuru、レビュー、口コミ、評価

ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

お酒・ドリンク ブログランキングへ

↑このページのトップヘ