長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳

長野県在住の長野県日本酒ブログです。 約80蔵ある長野県の全蔵巡り&家飲み制覇しました。 長野県の日本酒を中心に美味しい日本酒を紹介していきます。 記事へのコメント&お勧めの日本酒大募集中ですので、気軽にコメントお願い致します。 また、相互リンクや相互RSSも大歓迎ですので宜しくお願い致します。

タグ:澤屋まつもと

澤屋まつもと 守破離 山田錦 試験醸造 少分谷2018(30BY)澤屋まつもと 守破離 山田錦 試験醸造 少分谷2018(30BY)2

澤屋まつもと
守破離 山田錦 試験醸造 少分谷2018
(SHUHARI SHOBUDANI2018)
京都府
松本酒造株式会社
HP:http://www.momonoshizuku.com/

精米歩合:-
アルコール度数:15度
使用米:(兵庫県加東市少分谷産)山田錦100%
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
製造年月:2019.3 出荷年月:2019.10
価格:720mL 2,500円(税別)

今回は京都府の日本酒「澤屋まつもと 守破離 山田錦 試験醸造 少分谷2018」を紹介します。

日本酒感想日誌さんで取り上げられていたお酒で、飲みたかったお酒の一つ。
スペックは不明。酒米に兵庫県加東市少分谷産の山田錦を使用した試験醸造酒です。
前回飲んだ試験醸造の岡本村がとても美味しかったため、このお酒も楽しみです。

【味の感想】
まずは冷酒で頂きました。
グラスに注ぐと細かい泡が付きます。
マスカット系の甘く良い香りがふわっと。ラムネ感と少しツーンとするしっとりした不思議な香り。

含むとシュワッとクリア。ほんのり甘みとさっぱり引くキレ。そして軽いガス感とウォータリーさ。
マスカットの果実的な甘みが軽めでライトな旨み。そしてミネラル感。
良いですね。とても美味しい。
冷やではほんのり瓜感もあって甘い蜜感と合わせてほんのりメロン。

二日目はややドライで薄口の味わいの中にふわっと甘みとミネラル感。
とても繊細な味わい。ドライライトな中にジュワっとガス感とクリアビターな旨味。
ジューシーな柑橘系をイメージ。
三日目。あ~うめ。やっぱりライトですね。ふんわりした甘みと少し酸。軽やか。
ウォータリーさとミネラルさ。甘みとピリッとしたガス感と共に辛み。柔らかくて優しい。
五日目ラストはメロンぶどう柑橘、日本酒感。
最終日はキュ~っと軽い酸と軽さ。とても美味しい日本酒でした。

二日目に熱燗をつけると、ほんのり甘みが出てきて旨い。
ふわっとクリアな甘みがとても良い。少しだけ辛みも混ざってこの味わいもまた良い。

【評価】
とても美味しい日本酒(・☆☆☆☆)
ドライ&ライトな味わいの中にふわっと甘みを感じるお酒。軽いガス感、ミネラル感がアクセント。

ご紹介:同スペック記事
澤屋まつもと 守破離 試験醸造 少分谷2018 (日本酒感想日誌 様)

ブログランキングに参加しています。

日本酒ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

澤屋まつもと 守破離 山田錦 試験醸造 岡本村2017(29BY)澤屋まつもと 守破離 山田錦 試験醸造 岡本村2017(29BY)2


澤屋まつもと
守破離 山田錦 試験醸造 岡本村2017
(SHUHARI YAMADANISHIKI OKAMOTO VILLAGE 2017)
京都府
松本酒造株式会社
HP:http://www.momonoshizuku.com/

精米歩合:-
アルコール度数:15度
使用米:中東条 岡本村 山田錦100%
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
製造年月:2018.03 出荷年月:2019.04
価格:720mL 1,850円(税別)

今回は京都府の日本酒「澤屋まつもと 守破離 山田錦 試験醸造 岡本村2017」を紹介します。

日本酒感想日誌さんで取り上げられていたお酒で、飲みたかったお酒の一つです。
前回の帰国時に東京の酒屋さんに寄って購入してきました。
スペックは不明。酒米に中東条岡本村産の山田錦を使用した試験醸造酒です。
少し飲む時期が遅くなってしまったのが気がかりですが、とても楽しみです。

【味の感想】
まずは冷酒で頂きました。
グラスに注ぐと細かい泡が付きます。
香りは甘い香りにラムネ感。スーっとした香り。二日目以降はジューシーなお米の香り。

含むとスッとした軽い甘み。酸。そしてミネラル味が強めに感じる。
しっとりしたミネラル味とガス感。カチッと硬くてしっとりした苦味がある。
しんと苦味のある口当たり。舌ではなく喉が苦い。少し油感、オイリーさも感じますね。
じっくり飲み進めた冷や。これ良いですね。
最初は硬いお酒かなと思いましたが、その中からふわ~っとお米の甘みが出てくるように。
正直日誌係さんの記事を読んでいなければ気付けず低評価のお酒だったな。
そもそも購入していなかったと思うけど。
このお米の甘旨み。甘みに硬さと苦味が少しだけ含まれた上品な味わいが美味しいです。

二日目はミネラル感も含めて一転やわらかな印象に。
細かいガスが融け込んでいます。うわ~、すごい甘み。初日と全然印象が違います。
すっご。。。くっそ旨いです。なんなのこの甘旨み。
ミネラルな感じは弱まりつつもあり、なによりこの奥深い甘みが素晴らしい。
三日目ラストは甘く上品なお米の香り。
ほんのり甘くクリアな味わい。辛口ベースのクリアな味わいの中にほんのり甘みがある。
そしてミネラル感&さっぱりさ、クリアーさ。良いですね。

三日目に燗をつけると、辛口でクリアな味わい、からのほんわり旨み。
熱酒も良いです。とてもクリアな味わいで美味しいです。

【評価】
とても美味しい日本酒(・☆☆☆☆)
開くのに少し時間が掛かりましたが、二日目の味わい(特にお米の甘み)は特筆すべきものかと。
とてもレベルが高い日本酒でした。

ご紹介:同スペック記事
【1176】澤屋まつもと 守破離 試験醸造 岡本村山田錦2017 (日本酒感想日誌 様)

ブログランキングに参加しています。

日本酒ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

澤屋まつもと守破離雄町澤屋まつもと守破離雄町2


澤屋まつもと
守破離 雄町 28BY
京都府
松本酒造株式会社
HP:http://www.momonoshizuku.com/

精米歩合:-
アルコール度数:15度
使用米:雄町100%
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
価格:720mL 1,650円(税別)

“Rice is the essence of all”
“原料に勝る技術なし”
岡山県産雄町は150年以上一度も品種改良されていない野生種で様々な味の表現の可能性を秘めた酒米です。
雄町は山田錦や五百万石の交配のルーツになります。

ラベルより引用

今回は京都府の日本酒「澤屋まつもと 守破離 雄町」を紹介します。

「澤屋まつもと 守破離 五百万石」と「澤屋まつもと 守破離 雄町」の飲み比べをしました。
今回は守破離の雄町です。
製造年月は2017年3月で出荷年月は2017年10月。
果たしてどんな味わいなのでしょうか。

【味の感想】
冷酒で頂きました。
薄らとした香り。グラスには泡が付きます。

含むとピリッとガス感。ドライでコクのある旨み。
ちょっと軽すぎるかなといった印象。
ほんのり甘さと渋旨系のバランスが良く、少し渋辛い後味です。
やや苦旨いかという旨みと、ほんのり酸味を含んだ柑橘系の渋みの感じがあります。
ロットによって異なるのでしょうが、今回の飲み比べではガス感は守破離五百万石よりも弱めでした。
初日で比較するなら味もコスパも守破離五百万石ですね。

二日目飛ばして三日目。
ん、初日よりだいぶ好みになっている。守破離五百万石と比較するとここでこちらの評価が上回りました。
ガスが融けこんでいるじんわり苦旨み。旨渋系の好みの味わいです。
旨みと酸。良いですね。
四日目は渋みがあって深い旨み。
五日目ラストは少し渋みが強いですが、綺麗な旨味でした。

三日目に燗をつけると、お米のふっくらとした良い香り。
味は酸っぱい。
ポンカンみたいな柑橘系のイメージと旨さ。そして酸っぱさ。特徴的な燗酒でした。

「澤屋まつもと 守破離 雄町」。五百万石と合わせて良いお酒でした。
次に「澤屋まつもと」を飲むとしたらワンランク上の価格帯のお酒を飲んでみたいです。


関連記事:【日本酒】澤屋まつもと 守破離 五百万石 松本酒造

澤や松本、さわやまつもと しゅはり おまち、sawayamatsumoto syuhari omachi、レビュー、口コミ、評価


ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

日本酒ランキング

澤屋まつもと守破離五百万石澤屋まつもと守破離五百万石2


澤屋まつもと
守破離 五百万石 27BY
京都府
松本酒造株式会社
HP:http://www.momonoshizuku.com/

精米歩合:-
アルコール度数:15度
使用米:五百万石100%
使用酵母:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
価格:720mL 1,200円(税別)

“Rice is the essence of all”
“原料に勝る技術なし”
富山県南砺地区は五百万石を栽培する上で素晴らしい産地です。恵まれた自然環境ゆえ五百万石由来のドライな味わいの中に旨みを表現できます。

ラベルより引用

今回は京都府の日本酒「澤屋まつもと 守破離 五百万石」を紹介します。

久しぶりに長野県外の日本酒を紹介します。
最近は長野県の日本酒にお熱で、飲みたいお酒が多すぎて飲みきれない状態になっています。
もちろん県外にも飲んでみたい銘柄が幾つかあって、その中の一つ「澤屋まつもと」を購入しました。
長野県内に特約店を見つけて購入したもので、「澤屋まつもと」は外飲み含めて初めて頂きます。
今回は「澤屋まつもと 守破離 五百万石」と「澤屋まつもと 守破離 雄町」をセレクトして飲み比べをしました。
このお酒は、守破離の五百万石。価格は4合瓶で税抜き1200円とお手頃です。
製造年月は2016年11月で出荷年月は2017年6月。一年くらい酒屋さんに眠っていた一本です。

【味の感想】
まずは冷酒で頂きました。
少し黄色みがかった色合い。
香りは爽やかなラムネのような香りです。

含むと熟成味と不思議な旨味が美味しい。
かなりドライな印象で、落ち着いたほんのり苦い旨みを感じます。
火入れ酒ながらガス感も噂以上に凄いですね。味わいはドライでコク深いです。
後味もガス感ですっきりと流れますが、少しじんわり旨みが残ります。

二日目は「澤屋まつもと 守破離 雄町」と飲み比べ。
ドライでコクがあって酸味は雄町よりも強め。
ガス感も旨みも強くて美味しいです。
まあ、けれども食中酒がベストですね。これを単独で美味しく飲み続けるのは私は少し厳しいです。
三日目はちょっと薄いかなと思う味わい。
雑味無くクリアで飲みやすいのですが、クリアすぎて少しだけ渋い水みたい。
燗をはさんで再び冷酒で頂くと、やっぱり旨みもしっかり出てきたように感じ美味しかったです。

三日目に燗をつけると、ん~少し辛みが増して辛口に。
すっきりクリア系ですが、少し渋みも強めに出ます。

「澤屋まつもと 守破離 五百万石」。
ガス感とドライな飲み口が楽しめるお酒で、コストパフォーマンスがとても良いお酒でした。
次回は守破離雄町を紹介します。

関連記事:【日本酒】澤屋まつもと 守破離 雄町 松本酒造

澤や松本、さわやまつもと しゅはり ごひゃくまんごく、sawayamatsumoto syuhari gohyakumangoku、レビュー、口コミ、評価


ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します。

日本酒ランキング

↑このページのトップヘ