自称 アイヌ(Ainu)
人口 北海道 23,782人(2006年。北海道による「ウタリ生活実態調査」)、本州 約5,000人(東京2,700人、1988年)

特徴
個人名は「アイヌ名(アイヌ語:ainu re)」といい多彩なもので同名は少ない。女は「~マツ(女)」で終わるものが多い。

なお、個人名は4歳~5歳になってからで、それまでは、ポイソン「子供」、オペㇼ「女の子」、オペㇽケ「女の子」などと呼んだ。魔物を遠ざけるため赤ん坊をテイネプ「べちゃべちゃ濡れているもの」、ションタク「糞の塊」とも呼称した。

明治時代の戸籍には、女性の個人名は男性と区別するためひらがなで表記した。また、現在はアイヌ名を持たない者が多い。

『エトロフ島 つくられた国境』(菊池 勇夫、吉川弘文館、1999)には、アッケシのイナンシヤウシマチに近藤重蔵が日本名を付けた日本名の「おいな」が記されている。

千島アイヌの個人名
以下は『千島アイヌの軌跡』(ザヨンツ・マウゴジャータ、草風館、2009)による。自分のアイヌ名を放棄せずロシア式の姓名と合わせて使用する例もあった。

ワルワラ・(ヤビマット)・ストロージョフ ()がアイヌ名。

その他の変更例
アヴドウチ→ふち
イレニカ→む免(めん)
オフェミヤ→む免(めん)
バラシコウイ→満(み)つ
ヒードリヤ→ひさ
ヒョウドシ→満(み)つ
マウラ→うら
ワルワル→はる

再度の改名においては、旧来の名前の頭文字をなるべく使用した。

女性の個人名の接辞
haru- 「食べ物」
-mat 「女」

アイヌ人の女性の個人名(865個)
アイカリシマ
アイモイレ
アカレ
アサム
アサンノ
アシカンテ
アシクレハ
アシマツ
アシメノコ
アシリ 「新しい」
アシリカウシ
アシリサン 「新しく出た」
アシリパシ 「新しい入墨」
アシリレラ 「新しい風」
アシンツラ
アタノ
アツコサン
アッコトリ
アッシコルク
アツテキサク 「片手無し」
アツムヤシク
アツヨレ
アテノア
アトゥイサム
アトクテ
アナチ
アニカタン
アニピヤア
アネ
アネアチ
アバシビ
アハヌンケ
アファカ
アフテキ
アベナンカ ape-nanka 「火・顔」。火の女神のように美しくなるように命名。
アペヤンケ
アマラム アマム・ラン 「ヒエ(稗)、アワ(粟)・降る」と解釈できる名前。
アマンカタ
アリコサン
アリコレ
アレノ
アレモン
アレリサンケ
アワシピ
アワヌンケ
アヱサラリ
アンタマン
アンデサン
アントレク
アンナモシ
アンレアン
イアンパヌ 「賢い人」
イウルクエ
イウンテ
イエチウ
イエツマチ
イカシレ
イカトシン
イカリキンラ
イカリマツ
イカンナウク
イキサン
イクエサンマツ
イクラム
イコカタン
イゴクヌ
イコノレマツ
イコンノ
イサエマツ
イシャエマ
イシルマツ
イシロパ
イセセリ
イソコロ
イタキ
イタンキサンケ 「椀を出す」
イタンキシュイ
イタンケヤン
イチャエウェン
イテキアニ
イトモシマツ
イナウエサンマツ
イナンシヤウシマチ
イニシハレ 「旦那を金持ちにした」
イヌイシャム
イヌクシモ
イヌンベア
イヌンヘケ
イピッヒネ
イヒラツテ
イプイネマツ 「給仕する女」
イフチヤレ
イへシラン
イペミㇺコル
イポカㇱ 「醜い」
イホンケマツ
イマウシュラ
イマタン
イマリカ
イメアンテ
イメカヌ 「お椀に御馳走を盛っておいた」の意。赤ん坊のころにご飯に便をしたことから。
イモテ
イヤマカ
イラペカラ
イリキマツ
イリルイ
イルカマツ
イロウザビ
イワトリ
インカルマツ
ウインテキ
ウエカラペ
ウエテマツ
ウェンカリ
ウェントソ
ウカイテカン
ウカエチウ 「物を集めて貯える」
ウケアッテ
ウサアツ
ウサカラペ
ウサテッコロ
ウサマッテ
ウサルシマハ
ウシキマ
ウシシュノ
ウシモンカ
ウシャカルペ
ウシュラ
ウシンタロク
ウソランマ
ウタアシカ
ウタカラトゥク
ウチンキバ
ウテオサヌ
ウテカレ
ウテキウンテ
ウテケタ
ウトイキ
ウトゥチ
ウト゚ㇽパアシユ
ウナカラ
ウナルペク
ウヌカル 「相見る」(男性の個人名でもある)
ウネコ
ウフサン
ウプシ
ウポポアン
ウホホマツ
ウマㇰタサン
ウモン
ウラエウエシ
ウラクンテ 「浦河を越えて来た」
ウラトッカ
ウラモンカ
ウリウウツ
ウルエア
ウルサイケ
ウルハエケ
ウレシパ
ウレシパツ゚ク
ウレンノア
ウロロカリ
ウワルスッ
ウヱアシ
ウヱカラ
ウヲレマレ
ウンカスイ
ウンカトエ
ウンブト
ウンルト
エアリサンゲ
エカㇱトンプイ 「祖父の尻の穴」
エカッケマン
エサラコノエ
エサン
エサンノア
エシリヤ
エセンシク
エソッホランケマッハ
エソッホランマ
エタムケトム
エテアンマ
エテノア
エナイモンナ
エネヌアク
エパアンロ
エヒサヌ
エピサンケ
エヘトレン
エヘレケマツ
エペヲヌ
エヘンケマ
エホリマ
エホロ
エマトアレ
エムントム
エメウック
エヤマツ
エラッタッケ
エンカリベ
エンネッコン 「一生懸命に働き、長生きをする」
エンリシウ
オイセピ
オウゴ
オコイマツ オ・コイ・マツ 「それ・波・女」
オサピリカ
オソマテキ 「糞で育つ」
オソママチ 「糞女」
オタマチ 「砂女」
オツケニ
オナインガラ オナ・インガラ「親・見える」。「親に似ている」の意。 
オノレアン
オプケニ
オヤラマト
オリコマ
オロアツ
カアシナ
カアテ
カウランケマット
カクライ
カサネイ
カシテクシ
カシマレ
カズクチ 「泣女(国の征服のときに生まれたため)」。千島アイヌの名前として記載。
カタシテク
カタレ
カッケマツ 「主婦」
カツコサン
カトレヌ
カトワンテ
カトンマツ
カニロカ
カネサイ
カヌモレ
カフニンハ
カプライ
カベカレ
カラマッ
カリハ
カリピア
カリレ
カリン
カレアップ
カンテクシ
カンテケ
カンナリ
カンルシュヱ
キサラシュイ 「耳の穴」
キセ
キタエ
キツエ
キナサンケ
キナチヤリ
キナハト
キナラプ
キナラブック キナ「がま草」を握りしめて離さなかったことから。
キナリサン
キナルゥエ
キリ
キンシャム
クスアンマク
クスリモン
グテマンマ
クヌフンケマ
クヨンテ
クラ
クリヌイェ
クルパルマハ
クワエサン
クンネケシ
ケウトランケ
ケケレ
ケロ
ケロチ
ケンラリ
ケンルシ
ケンルト
コアカラ
コイカマッポ
コイタンネ
コウンテカン
コエトカ
コエルエル
コシ
コシトンバ
コタンヌ
コタンパ 「村のはずれ」の意。綽名。
コテクンヌ
コトセイ
コトパンノ
コトマンデク
コトンマ
コヌアン
コプンケ
コポアヌ
コモニタラ
コヤンケ
コラブニ
コラフニマ
コランケマツ
コルンケ
コレアンノ
コレイハン
コレチャシヌ
コレパ
コレラマ
コロペキ
コワポロ
コヱサムレ
コンベッキノ 電光のような後光がさすように命名。
ザアグシェム
サイケサニ
サイシウ
サエホロ
サオンケマット
サクアン
サケニセメノコ
サケフンカル
サタモ
サチンキ
サッチシ 「乾いて泣く」
サトシマック
サナ
サヌレ
サヒランカ
サヒリ
サビレ
サマオツカ
サヨニセ
サヨマツ
ザラシ
サラヌプ
サラヱ
サランマ
サレアン
サロクテ
サンクマ
サンテクシマ
サントゥクノ
サンフリ
サンマトゥク
シ・タㇰタㇰ 「糞の固まり」
シアシタ
シアルミナ
シイカヲ 「糞の上に物を置く」
シイキル
シイヒラ
シウス
シウッラ
シオエイラ
シカイタンケ
シカトンキマツ
シカムニ
シカルンテ 「すべてを思い出せる」
シキタマ
シキブルシ
シケシュウ
シケヌカラ
シコサンケ 「糞をぶら下げる」
シコデサン
シコミ
シシライマ
シシラトカ
シチョロカイマ
シトノエ
シヌトン
シネモ
シヒトル
シフンノイ
シホレ
シミツ
シムクシテ
シモイ
シモツキ
シヤウレンテ
シャシレカ
シャヌレ
シヤマツケトク
シヤリキシマ
シャリミナ
シュイサレケ
シューテクシ
シュウランケ
シュエシュン
シユカルラ
シュキロシマ
シュクタ
シュクモヌク
シュケカム
シユタレロ
シュチソレ
シュツカウク
シユツタマ
シュッチロシ
シュツモネ
シュテサン
シユトラン
シユトルマツ
シュヤウシ
シユヤン
シユヤン
ショキシユン
ショットキタエ
ショルラ
ショロアン ソー「滝」と関係ありか。
ション・タㇰ 「古糞の固まり」
シラケ
シラシ 「糞をもてあそんでいた」
シラリコトム
シラルケマ
シリヌルンケマ
シルンケ
シロシマツ
シワツリキン
シワフシタル
シヲショロ
シンタマチ 「ゆりかごの女」
スイサン suy-san 「穴・下る」。戸籍名シュンサン。
スタンノ
スツララキ
スペダエイ
スル
スワヌッペ
セイヌヌシ
セウシマツ
セクエランマ
セタエレプ
セタコレ
セタシュンマ
セタトレン
センクテ
センコウ
センニウ
ソーケム 「床の針」
ソーコンテ
ソッキシ 「蓆の糞」
ソマテッ
ソラノ
ソレウク
ソレウテ
タウクノ
タエキ
タカサンケ
タコイランケ
タコチシコン
タシピロ
タネアマ
タネコノ
タネハレ
タネランケ
タネランパ
タハコナンナ
タプキ
タマイリ
タマシカル
タマヌシテ
タマヌシヤ
タマフエ
タマルキ
タマレフシ
タモンコロ
タユイク
タラシトマ
タラヱシ
タリコナ
タレ
タレカ
チェカム
チエトク
チカショイケマ
チカヌッパ
チカフイ
チカマッ 「鳥女」
チカマハ
チキランケ
チキリアㇱカィ 「足が速い」
チクプレシ
チコクタ
チシカマ
チシキンラ
チシテレケ
チシヌエ
チシプクロ 「泣き袋」
チシルイ
チセフモンカ
チニウカッテ
チニタ 「夢」
チヘエヤ
チペク
チホンコシキマ
チマクタ
チメコシ
チャイケ
チャレヌム
チャンルラ 「言葉を運ぶように達者に話す」
チュッペカ
チュピラレ
チュピリカ
チュフサンマ
チヨウサマ
チョカリシマ
チョクンマ
チヨマップ
チリウン
チルソ
チルタ 「荒削りの者」
チンノカミ
ツウレツプ
ツカマ
ツバスタイマット
ツ゚メノコ
ツ゚モンテ
ツワシランハ
ツンランケ
テカクンケマハ
テカッテ tek-atte 「手・増やす」
テカランノ
テカレ
テキ
テキアンノ 「手が器用」
テキヒシテ
テキヤンケ
テキラク
テクコル
テクルマ
テケアヨ
テケタノ
テケトカン 
テケモンケ
デコラン
テコㇿオレ
テシケ
テシメ
テッカンノ
テッキシラン
テッシュラ
テルウシ
テレムン
テンパルマ
トアシレコロ
トアハヌ
トウシュマ
トゥットゥルセ 「動作が速い」
トゥパシカウック
トゥモンテノ
トゥモンテノ
トゥㇽシノ トゥㇽ・ウㇱ・ノ「手あか・つく・たくさん」
トゥンク 「何かできた」
トエタマツ 「畑仕事女」
トカキル
トキサンマツ
トキトク
トキマツ
トクレ
トシウサン
トシセ
トシユコレ
トシユイシユフ
トシユサン
トシユラン
トップシコ
トノヤレ
トノンプクロ 「役人の袋」
トハウク
トマアッ
トマフケ
トメノコ
トメマツ 「花女」
トヤッテ
トラネ 「怠ける」
トラフン
トラルンケマ
トルシャマ
トルマンテ
ナイトク
ナサムコロ
ナトク
ナヲ
ナンクシテ
ナンフワン
ニイコハンマ
ニケヤンマ
ニシタンコテ
ニシテマツ
ニシバラレ
ニシユツ
ニセウ 「どんぐり」
ニテマツ
ニヌシマツ
ニヌフル
ニヘコシマ
ニヘッチャニア
ニマシキヤク 「歯なし」
ヌイアン
ヌイタレ
ヌイノ
ヌエホケマ
ヌカアンデ
ヌカルコウク
ヌカルマル
ヌクヌクテ
ヌサレリワク
ヌヌンゲ
ヌマツクシ
ヌマツレ
ヌマテ
ヌメサレ
ヌレウマケ
ヌンヌイ
ネウサルモン
ネㇷ゚キ
ノカアンテ
ノック 「睾丸」
ノテカイ
ノトエサン
ノトマツ
ノムンコトク
ハケウヱンべ 「禿げ頭」、「低能」
ハケネン
ハケヲフイ 「頭の焼けた」
パコリ
パサンテ
ハシタカル
ハタンコイマ
ハックレ
バッコ
ハツノエ
パトランカ
ハモテ
ハラキヨネ
ハル
ハルアンカ
ハルアンテ 「食べ物ある手」
ハルアンワ
ハルウクノ
パルキマハ
ハルコㇿ ハル・コㇿ「食べ物・持つ」
ハルコンジ
ハルシア ハル・シ・ア「食べ物・糞・座る」
ハルトキ
ハルトシカ
ハルヌカル 「食物を見る」
ハルヒリカ
ハルマツ
ハルリ
ハルヲタ ハル・ヲ・タ「食べ物・それ・採る」
ハルンケ
パロポロ 「口が大きい」
ハンチヌヱカラ
ハンノウカ
ビイランケ
ヒカラク
ヒシルエ
ヒラシケ
ヒラシテアン
ピララキ
ピリカ
ヒリカアン
ヒリカモン
ヒリカレ
フイサク
フィテシュウ
プーイサン
フウラテッキ 「臭く育つ」
フーレ
フエカレ
フサチンキ
フチッセ
フチヌカラ
フチマッカ
フッコサン
フッシャレ
フッシャン
フッチ 「祖母」
フッチミップ 「祖母の衣服」
フッチマチ 「祖母の女」
フッチムイ
フッチルレ 「祖母が溶かす」
フツチワン
フツモン
フフレシュフフレ
フムリレ・ユウハルルケ
フラテキ
フラメ
ペカシヌレ バチェラーが命名。戸籍にはヘカシヌと誤記。
ヘキレヤ
ヘシュトシケ
ペタルカ
ヘツマツ
ヘボツハ
ペラサンケ
ペラトルカ
ペラモンコロ 「飯へらをおもちゃにする」
ヘレトンマ
ホウアシ
ホクト゚ム
ホクフチ
ポシウシ
ホシッパトゥク
ホッパアン hoppa-an 「沢山・残している」
ポツレ
ホトフチン
ホネコ
ホランケ
ホリクレ
ポン・ポシタ 「小さい子犬」
ポンオペレ 「小さな女の子」
ホンシタ 「小犬」
ホンタマ
ポンチ
ホンチヤニ
ポンマ 「小女」
ホンヲヘレ 「小さい娘っこ」 
マウシヤムシ
マクタサ mak-ta-san 「背後に・前に・出る」、「先祖の伝承を持ち出世する」
マタンヌ
マツ 「女」
マッアンテ
マツコウ
マツツル
マツテカン
マットウタン
マツネ
マツネシタ 「雌犬」
マテシップ
マトゥシテプ
ミナ 「笑う」
ミニサヲツ
ミミタラ
メハイ
ムイサシマツ
ムイサンケ
ムイテクン
ムイトルマツ
ムイペレー
ムイランテ
ムウラハカ
ムッコラン
ムテアン
ムナシノウック
ムリセ
ムリタエ
ムリリカマツ
ムリレエ
メノコシリマ
モイコサマ
モウル 「肌着」
モケアンテ
モチャシ
モツタチ
モナシナウク
モナシリ
モニアツト
モニアレ
モニアンク
モニシアヌ
モニチヤシノ
モニチラン
モヌサップ
モヌッカノ
モヌンパノ
モノアンノ 「静かにしている」
モノサプテ 「静かに給仕する」
モリクルマ
モリシセ
モレアン
モレウカ
モレクトク
モレワシ
モンコツコ
モンゾ
モンテヤニ
モントカ
ヤイヌ 「よく考える」、「充分に思う」
ヤエ
ヤエコエレ
ヤエコエン
ヤエコトム
ヤエサン
ヤエシヨカル
ヤエトシユ
ヤエヌンケ
ヤエノマツ
ヤエミナ
ヤエモンカ
ヤエランケマツ
ヤエレシカレ
ヤエワンテ
ヤビマット
ヤランケマツ
ヤヱト
ユートロマカ
ユウレサン
ユテリウシ
ユハリレケ
ユフニタンネ
ユヘコシマ
ヨイカサン
ヨーキ
ヨケサン
ヨシレア
ヨルサンマ
ラエ 生後間もなく母の背中から落ちて死んだと思ったことで「死」を意味するライとつけたものを変更。
ラエチヤン
ラマコラン
ラミキランマ
ラムトッカ
ラルマカ
リウ
リカセ
リキナイ
リシヌンテ
リセ
リモム
レアヌ
レアンケ
レイシ
レイシピ 「名前を変える」。バチェラーが命名。
レイペカ 「ふさわしい名前」。バチェラーがレベッカの音を兼ねたものとして命名。
レウカレ
レエケシ
レコタン
レスノテク 「たくさんの子供を育てあげる」
レタラアツテ
レタルクチ
レツルウシ
レトヌ
レヌンケ
レフイマ
レヘイサム 「名無し」
レムニ
レルラ
ロニキサント
ワタナンペ
ワッチュシマ
ワテヶ
ワテケ
ヲイリマ
ヲカシュマ
ヲキコ
ヲキレシウ
ヲケマエ
ヲコイマツ
ヲコノツ
ヲコロマ
ヲコンリリクマ
ヲシタカ
ヲシヨヱカ
ヲシルシ
ヲシロマ
ヲタノシケ 「砂地の真中」
ヲツネコ
ヲトケノニ
ヲトンナ
ヲナコチ
ヲニカ
ヲヘレ 「尻割れ」
ヲホロヘキ
ヲマサン
ヲマス
ヲヤモン
ヲヨント
ヲリコマ
ヲルハウシ
ヲンルシ