シモベ 下部 三重県、大分県、福岡県。和歌山県伊都郡九度山町下古沢での下の地形による明治新姓。ほか地形から。※高句麗系。下部宿禰の姓氏があった。
シモベ 下辺
シモベ 下邊
シモベチ 下戸地 岩手県岩手郡岩手町。
シモベツ 下別
シモベップ 下別府 宮崎県、鹿児島県。創賜。鹿児島県薩摩郡さつま町永野に江戸時代にあった門割制度の下別府門から。創賜。宮崎県小林市南西方に江戸時代にあった門割制度の下今別府(シモイマベップ)門から。鹿児島県薩摩郡さつま町永野下別府発祥。宮崎県宮崎市吉村町下別府は戦国時代に「下之別符」と呼称した地名。
シモホウ 下宝
シモボウ 下坊 和歌山県。和歌山県有田川町二川の城山神社の神主にあった。創賜。鹿児島県鹿児島市本城町に江戸時代にあった門割制度の下坊門から。
シモボウエ 下坊江
シモホギ 下保木 岐阜県高山市。岐阜県高山市清見町江黒の小字の下保木から発祥。
シモホシ 下星
シモホシザキ 下星崎 宮崎県宮崎市。創賜。宮崎県宮崎市高岡町上倉永に江戸時代にあった門割制度の下星崎門から。
シモホシバ 下星場 東京都あきる野市。
シモホダ 下保田 奈良県香芝市。
シモホノキ 下穂木 鹿児島県鹿屋市。創賜。鹿児島県鹿屋市串良町下小原に江戸時代にあった門割制度の下甫木(シモホノキ)門から。
シモホノキ 下甫木 鹿児島県鹿屋市。鹿児島県鹿屋市串良町有里下甫木発祥。同地に江戸時代に門割制度の下甫木屋敷があった。
シモホリ 下堀 岩手県、鹿児島県、福岡県。大分県中津市耶馬溪町大野の小字の堀ノ内に分布あり。創賜。宮崎県えびの市小田に江戸時代にあった門割制度の下堀門から。ほか。
シモホリ 下掘
シモホンジ 下本地 鹿児島県鹿屋市。創賜。鹿児島県鹿屋市下高隈町に江戸時代にあった門割制度の下本地門から。
シモマ 下間 秋田県男鹿市、北海道、新潟県。茨城県下妻(シモツマ)市発祥。平安時代に「下真」の表記で記録のある地名。姓の古音はシモツマ。
シモマ 下澗
シモマイ 下舞 鹿児島県。創賜。鹿児島県南さつま市加世田内川畑に江戸時代にあった門割制度の下舞敷野門から。
シモマエ 下前 広島県、和歌山県、鹿児島県。創賜。鹿児島県南さつま市大浦町に江戸時代にあった門割制度の下前門から。ほか。
シモマエゾノ 下前園 鹿児島県姶良市。創賜。鹿児島県姶良市西餅田に江戸時代にあった門割制度の下前薗(シモマエゾノ)門から。
シモマエダ 下前田
シモマエハラ 下前原
シモマキ 下牧 福井県、岐阜県、北海道。鹿児島県霧島市に分布あり。創賜。宮崎県北諸県郡三股町餅原に江戸時代にあった門割制度の下牧門から。
シモマキセ 下牧瀬 山口県下関市、鹿児島県薩摩郡さつま町。創賜。鹿児島県薩摩郡さつま町湯田に江戸時代にあった門割制度の下牧瀬門から。
シモマス 下枡 鹿児島県薩摩川内市。創賜。下桝の異形。
シモマス 下桝 鹿児島県薩摩川内市・大阪府・東京都。創賜。鹿児島県薩摩川内市宮里町に江戸時代にあった門割制度の下桝門から。
シモマスダ 下益田 鹿児島県姶良市。創賜。鹿児島県姶良市蒲生町白男に江戸時代にあった門割制度の下増田(シモマスダ)門から。
シモマタ 下又
シモマチ 下町 大阪府、鹿児島県。
シモマツ 下松 鹿児島県、山口県。
シモマッカ 下真下 岩手県下閉伊郡岩泉町。
シモマツセ 下松瀬 宮崎県、鹿児島県・愛知県。創賜。鹿児島県霧島市霧島田口に江戸時代にあった門割制度の下松瀬門から。
シモマツバエ 下松八重 鹿児島県薩摩郡さつま町。地形。鹿児島県薩摩郡さつま町中津川の小字の松八重で下に位置する土地から。同地に江戸時代に門割制度の松八重門があった。
シモマテ 下档
シモマニイ 下真新 広島県。
シモマニワ 下馬庭 島根県益田市。島根県に馬庭姓あり。
シモマヤマ 下間山
シモマルハタ 下丸畑 和歌山県海草郡紀美野町。
シモマン 下万
シモマン 下萬
シモミ 下見 広島県、福岡県、長崎県。広島県尾道市浦崎町に室町時代にあった。長崎県松浦市の出で松浦姓だったと伝える。
シモミ 霜見
シモミズキ 下水木 京都府京都市。
シモミセ 下見世
シモミセ 下店
シモミゾグチ 下溝口 大阪府。
シモミツ 下満 鹿児島県薩摩川内市、広島県。鹿児島県薩摩川内市隈之城町が本拠。
シモミツ 下滿 鹿児島県薩摩川内市。
シモミナミ 下南 福井県三方上中郡若狭町、鹿児島県、奈良県。大垣藩士にあった。
シモミナミデ 下南出 石川県。
シモミネ 下峰 長崎県南松浦郡新上五島町、長崎県長崎市、奈良県。
シモミネ 下峯
シモミネ 霜峯
シモミヤ 下宮 広島県福山市、鹿児島県。広島県福山市神辺町川北が本拠。愛媛県西宇和郡伊方町与侈が本拠。鹿児島県鹿屋市浜田町が本拠。創賜。鹿児島県南さつま市金峰町池辺に江戸時代にあった門割制度の下宮門から。
シモミヤジ 下宮路 鹿児島県姶良市。創賜。鹿児島県姶良市寺師に江戸時代にあった門割制度の下宮路門から。
シモミヤゾノ 下宮園 宮崎県宮崎市、宮崎県東諸県郡国富町。創賜。宮崎県宮崎市高岡町上倉永に江戸時代にあった門割制度の下宮園門から。
シモミヤゾノ 下宮薗 宮崎県宮崎市。
シモミョウ 下名 鹿児島県鹿屋市。鹿児島県鹿屋市飯隈町が本拠。鹿児島県鹿屋市吾平町下名は江戸時代から記録のある地名。
シモミョウズ 下名主 鹿児島県。※鹿児島県鹿屋市吾平町麓名主に江戸時代に門割制度の下名主門があった可能性あり。
シモム 下無
シモムカイ 下向井
シモムカイ 下向 岩手県、広島県、和歌山県。岩手県九戸郡洋野町中野の小字の下向から発祥。ほか。
シモムギ 下麦
シモムギ 下麥
シモムシキ 下無敷 宮崎県小林市。宮崎県小林市北西方が本拠。
シモムタ 下牟田 宮崎県えびの市、大阪府、佐賀県。創賜。宮崎県えびの市永山に江戸時代にあった門割制度の下牟田門から。
シモムラ  下村 大阪府、愛知県、東京都。愛知県名古屋市緑区大高町では1336年から1340年(延元年間)に三重県鳥羽市小浜町から来住したと伝える。肥後国杵島郡で室町時代に渋江氏の分流が上村姓、中村姓、下村姓を称したと伝える。羽後国由利郡下村発祥。長野県下伊那郡松川町上片桐に江戸時代にあった。静岡県御前崎市に江戸時代にあった。芳村姓だったと伝える。創賜。江戸時代にあった門割制度の下村門から。鹿児島県出水市野田町上名、鹿児島県南さつま市大浦町、鹿児島県霧島市霧島田口、鹿児島県鹿屋市吾平町上名。宮崎県小林市真方では下之村(シモノムラ)門。※京都府京都市東山区で江戸時代に皮革業者の管理者の町役人にあった。1708年(宝永5年)に断絶。
シモムラ 霜村 鳥取県鳥取市、山梨県笛吹市。下村の異形。下村が原義で当て字したもの。
シモムラ 下邨
シモムラ 下邑 京都府京都市、埼玉県、東京都。下村の異形。
シモムロ 下室
シモメ 下目
シモメ 四百目 東京都東大和市、長野県飯田市。
シモモチハラ 下餅原
シモモト 下元 高知県、大阪府。高知県須崎市に戦国時代にあった。高知県高岡郡日高村下分(シモブン)に分布あり。安土桃山時代から記録のある地名
シモモト 下本 広島県、高知県高知市、岐阜県高山市。①高知県高岡郡日高村下分(シモブン)に分布あり。安土桃山時代から記録のある地名。②岐阜県高山市清見町坂下の小字に下本あり。③長崎県では隠れキリシタンに代官がつけた明治新姓。④創賜。宮崎県えびの市栗下に江戸時代にあった門割制度の下本門から。
シモモト 下許 山口県防府市。
シモモリ 下森 広島県、島根県、兵庫県。
シモモロ 下諸 鹿児島県曽於郡大崎町、神奈川県、福岡県。
シモヤ 下屋 鹿児島県、岐阜県、宮崎県。職業。岐阜県では下の土地に由来する屋号から。地形。群馬県吾妻郡嬬恋村三原では修験者が同地の下の方に屋敷を有していたことからと伝える。武田氏の家臣に戦国時代にあった。創賜。鹿児島県南さつま市加世田内川畑に江戸時代にあった門割制度の下屋敷門から。
シモヤ 下矢 東京都、岐阜県・福井県。山梨県笛吹市一宮町下矢作(シモヤハギ)発祥。
シモヤウチ 下谷内 北海道苫小牧市、石川県鳳珠郡能登町。
シモヤカワ 下八川 高知県高岡郡佐川町。高知県吾川郡いの町下八川発祥。
シモヤシキ 下屋敷 岩手県岩手郡葛巻町、鹿児島県薩摩郡さつま町。①地形。岩手県では下屋敷の屋号からで、下の方の屋敷の意。②創賜。鹿児島県薩摩郡さつま町柊野に江戸時代にあった門割制度の下ノ屋敷(シモノヤシキ)門から。
シモヤシキ 下屋鋪 岩手県久慈市。
シモヤジリ 下八尻
シモヤシロ 下社 三重県度会郡南伊勢町、愛知県。
シモヤス 下安 鹿児島県肝属郡東串良町、広島県・和歌山県。創賜。鹿児島県肝属郡東串良町川東に江戸時代にあった門割制度の下安門から。
シモヤスバ 下休場 大阪府河内長野市。
シモヤチ 下谷地 岩手県九戸郡洋野町。岩手県九戸郡洋野町帯島が起源地。土地の形か地名化したものから。
シモヤツキ 下矢築
シモヤツキ 下矢突
シモヤドグチ 下宿口
シモヤナ 下簗 鹿児島県薩摩郡さつま町。創賜。鹿児島県薩摩郡さつま町永野に江戸時代にあった門割制度の下簗平門から。
シモヤナ 下梁 鹿児島県薩摩郡さつま町。
シモヤナギ 下柳 愛媛県。
シモヤナギダ 下柳田 鹿児島県指宿市。地形。鹿児島県指宿市十二町柳田(ヤナギタ)の下の土地から。同地に江戸時代に門割制度の下柳田門があった。
シモヤハラ 下矢原
シモヤブ 下籔
シモヤブ 下薮
シモヤブ 下藪
シモヤブイ 下藪居 広島県尾道市。
シモヤマ 下山 青森県、群馬県、岡山県。山梨県南巨摩郡身延町下山発祥。岡山県美作市下山発祥。創賜。鹿児島県肝属郡肝付町波見に江戸時代にあった門割制度の下山門から。ほか。大分県宇佐市下高下山に分布あり。鹿児島県枕崎市別府の小字の下山(サガヤマ)から発祥。姓もサガヤマ。同地に江戸時代に門割制度の下山門があった。1767年(明和4年)に「下り山(サガリヤマ)」の表記で記録のある門名。
シモヤマ 霜山 福島県伊達市。
シモヤマ 志茂山 北海道。下山の異形。
シモヤマイ 下山井
シモヤマシタ 下山下 鹿児島県霧島市。鹿児島県南九州市知覧町郡に江戸時代に門割制度の下山下門があった。
シモヤマダ 下山田 福島県いわき市。福島県いわき市山田町(旧:下山田)発祥。室町時代から記録のある地名。福島県いわき市錦町御宝殿の熊野神社の神主は福島県いわき市植田町館跡にあった植田城の城主の植田氏が1584年(天正12年)の落城後に来住して改姓したと伝える。福島県いわき市山田町林崎の鹿嶋神社の神主にあった。福島県いわき市山田町大津では草分けで農業に従事していたと伝える。※福島県いわき市小川町西小川下山田は記録年代不明の地名。
シモヤマネ 下山根
シモヤマノ 下山野
シモユ 下湯 宮崎県小林市。宮崎県小林市野尻町紙屋が本拠。
シモユウナ 下遊名
シモユカワ 下湯川
シモユキタ 下湯北
シモユセ 下湯瀬 鹿児島県薩摩郡さつま町。創賜。鹿児島県薩摩郡さつま町湯田に江戸時代にあった門割制度の下湯瀬門から。
シモヨコ 下横
シモヨシ 下吉 鹿児島県指宿市。
シモヨシ 霜良 大阪府枚方市。
シモヨッカイチ 下四日市 岩手県岩手郡葛巻町。地形。岩手県岩手郡葛巻町江刈四日市の下の土地から。
シモラ 下良
シモラ 下羅 兵庫県、和歌山県。和歌山県日高郡みなべ町西岩代の小字の下羅から発祥。
シモラク 下楽
シモリ 下利
シモリ 志森
シモリク 下陸
シモワキ 下脇 鹿児島県、大阪府、兵庫県。創賜。江戸時代にあった門割制度の下脇門から。位置の例。鹿児島県阿久根市波留、鹿児島県霧島市隼人町小田、宮崎県えびの市大明司。
シモワキタ 下脇田
シモワケ 下分
シモワサ 下和佐 大阪府。紀伊国名草郡下和佐庄発祥。
シモワダ 下和田 三重県、鹿児島県。三重県熊野市五郷町和田が本拠。創賜。鹿児島県日置市吹上町永吉に江戸時代にあった門割制度の下和田門から。創賜。鹿児島県霧島市隼人町小田に江戸時代にあった門割制度の下和田門から。
シモワタリ 下渡 鹿児島県。
シモン 緇門 北海道美唄市。北海道美唄市峰延町本町にある浄土真宗の行順寺の僧侶による明治新姓。「黒衣を着た僧侶一門」の意。
シャ 謝 シナ系。
ジャアナ 蛇穴 青森県、鹿児島県。
ジャイケ 蛇池 北海道。富山県小矢部市が起源地。
シャウチ 社内 北海道、富山県高岡市、福島県南相馬市。北海道岩見沢市稔町では富山県の出と伝える。福島県南相馬市原町区下北高平杉内(スギウチ)に分布あり。
シャウラ 社浦 富山県高岡市、大阪府。
シャガ 謝賀
シャカ 釈迦 滋賀県高島市。滋賀県高島市鹿ヶ瀬にある浄土真宗の浄願寺の僧侶による明治新姓。
シャカ 釋迦
シャカイン 釈迦院 石川県珠洲市・石川県金沢市。事物。石川県珠洲市野々江町にあった真言宗の釈迦堂の僧侶をしていた住民が明治新姓時に創姓したと伝える。
シャカク 車角
シャカゴオリ 釈迦郡 宮崎県宮崎市。佐土原藩士にあった。
ジャガサキ 蛇ケ崎
シャカタ 社方 熊本県山鹿市、福岡県。
シャカタ 瀉方 大分県豊後大野市。
シャカド 釈迦戸 大阪府泉佐野市、大阪府岸和田市。大阪府泉佐野市長滝が本拠。
シャカド 釋迦戸
シャカド 釈加戸 大阪府。釈迦戸と通用。
シャカドウ 釈迦堂 鹿児島県。創賜。鹿児島県南さつま市金峰町大野に江戸時代にあった門割制度の釈迦堂門から。神奈川県鎌倉市浄明寺の釈迦堂切通の付近から発祥。
シャカドウ 釋迦堂
シャカノ 釈迦野 宮崎県日南市。
シャカノ 釈河野 福岡県福岡市西区。福岡県福岡市西区姪の浜にある時宗の光福寺の僧侶による明治新姓。
シャカノ 釋河野 京都府京都市上京区。釈河野の異形。
ジャガハナ 蛇ケ鼻 宮崎県都城市・鹿児島県霧島市。
シャガワ 社川
シャク 尺 長崎県長崎市・兵庫県・神奈川県。下総の高岡藩士である鈴木柏寿の子の振八が尺氏を称した事例があった。
シャク 釈 東京都、京都府京都市。僧侶の明治新姓。
シャク 釋
ジャクアン 雀庵 東京都品川区。
シャクイ 酌井 三重県伊勢市、富山県富山市。三重県伊勢市通町が本拠。
シャクイ 杓井
シャクイ 杓居
シャクイ 釈囲 岡山県倉敷市。岡山県井原市芳井町井山が起源地。
シャクイ 釋圍
シャグウジ 社宮司 長野県伊那市。
シャクコウチ 酌河内
シャクサイ 尺釆 岡山県倉敷市。尺采の異形。僧侶の明治新姓。セキサイ 尺采参照。
シャクシ 杓子 福井県、石川県小松市。事物。杓子の製造をしていたことから。
シャクシ 釈子 徳島県。徳島県三好市三野町太刀野山にある浄土真宗の光泉寺の僧侶による明治新姓。
シャクシ 釋子
シャクシ 尺司 広島県広島市安佐北区。広島県広島市安佐北区大林町に分布。同地が起源地。
シャクシオ 杓子尾 和歌山県海南市。
シャクシヤ 杓子屋 愛媛県南宇和郡愛南町。
シャクシュ 釈種
シャクシュ 釋種
シャクシロ 赤代 岡山県英田郡西粟倉村。赤松姓あり。
シャクズイ 釈随 静岡県浜松市天竜区。静岡県浜松市天竜区熊にある臨済宗の光雲寺の僧侶による明治新姓。
シャクセ 杓瀬 鹿児島県。
シャクセ 扚瀬 香川県。
シャクダ 尺田 広島県安芸郡熊野町。
シャクタ 杓田
シャクダイ 勺代
シャクタニ 杓谷 兵庫県、静岡県。
シャクツイ 赤対 兵庫県丹波市。兵庫県丹波市の氷上町が本拠。同地に江戸時代にあった。
シャクツイ 赤對
シャクデン 杓伝 広島県広島市安佐南区。
シャクド 赤土 奈良県、大阪府、兵庫県。アカツチもあり。①奈良県香芝市狐井が本拠。同地に1493年(明応2年)に和田氏が来住して赤い土から創姓したと伝える。奈良県葛城市尺土(シャクド)は「赤土」とも表記した。②石川県金沢市赤土(アカツチ)町発祥。
シャクド 尺戸 富山県・大阪府。
シャクド 尺土 奈良県大和高田市、愛知県。
シャクドウ 赤藤 兵庫県姫路市、熊本県上天草市。アカフジもあり。
シャクナガ 釈永 富山県中新川郡立山町。
シャクナガ 杓永
ジャクネン 若年
シャクノ 釈野 和歌山県日高郡日高川町、山口県山口市。和歌山県日高郡日高川町初湯川にある臨済宗の林松寺の僧侶による明治新姓。山口県山口市阿知須引野にある浄土真宗の明栄寺の僧侶による明治新姓。
シャクノ 杓野
シャクノ 尺野
シャクノ 釋野 和歌山県日高郡日高川町。釈野の異形。
ジャクミョウ 積明 大分県中津市。
シャクモト 笏本
シャクモト 釈本 茨城県つくば市。茨城県つくば市田中にある浄土宗の法伝寺の僧侶による明治新姓。
シャケ 社家 兵庫県洲本市、兵庫県南あわじ市。
シヤケ 初宿 滋賀県長浜市。職業。滋賀県長浜市木之本町杉本の神主が創姓。「社家(シャケ)」が原義。
シャケマ 社家間 福岡県・山口県・福井県。