ハル 春 鹿児島県、兵庫県。①事物。季節の事象の春から。鹿児島県の奄美群島の一字姓。鹿児島県大島郡徳之島町亀津に江戸時代にあった。②鹿児島県霧島市隼人町小田に分布あり。同地に春口姓あり。ハルグチ 春口参照。※881年(元慶5年)に春朝臣の姓氏を賜った事例があった。※新潟県に安土桃山時代にあった。※長崎県長崎市に江戸時代にあった。
ハル 波留 鹿児島県阿久根市。鹿児島県阿久根市波留発祥。室町時代から記録のある地名。
ハル 治 鹿児島県、兵庫県。創賜。鹿児島県の奄美群島の一字姓。※合略。治部の略。ジブ 治部参照。
ハル 張 チョウ 張参照。
ハルアキ 春秋 茨城県鹿嶋市。茨城県鹿嶋市春秋発祥。鎌倉時代から記録のある地名。石川県白山市西新町にある浄土真宗の仙龍寺の僧侶に東京時代にあった。
ハルアケ 春明 長崎県、愛知県。男性の名前に春明あり。
ハルイ 春井 兵庫県、大阪府。兵庫県佐用郡佐用町平松が本拠。同地に春名姓あり。千葉県君津市鎌滝では草分けと伝える。ハルナ 春名参照。※後漢系。大阪府東部(旧:河内国)に平安時代に春井連の姓氏があった。
ハルイ 治居 兵庫県小野市。兵庫県小野市久保木町が本拠。
ハルイ 治井 鹿児島県、兵庫県淡路市。事物。鹿児島県の奄美群島の一字姓である治に「井」を追加。ハル 治参照。
ハルイエ 晴家 千葉県市原市。男性の名前に晴家あり。
ハルイシ 春石 広島県福山市・岡山県、徳島県海部郡海陽町。徳島県海部郡美波町山河内西山に分布あり。
ハルウチ 春内 長崎県長崎市。長崎県壱岐市芦辺町深江栄触に分布あり。
ハルウミ 春海 ハルミ 春海参照。
ハルエ 春江 兵庫県。兵庫県佐用郡佐用町末廣が本拠。岡山県津山市山下が藩庁の津山藩士に江戸時代にあった。徳島県海部郡美波町山河内西山に分布あり。※大阪府東大阪市付近(旧:若江郡)で834年(承和元年)に春江宿禰の姓氏を賜った事例があった。
ハルオ 春尾 兵庫県、長崎県。兵庫県佐用郡佐用町中三河、長崎県長崎市新戸町が本拠。
ハルオカ 春岡 福岡県、兵庫県、大阪府。①兵庫県加西市池上町に分布あり。②地形。鹿児島県の奄美群島の一字姓である春に「岡」を追加。ハル 春参照。③コリア系。山口県山陽小野田市(旧:小野田市)で1980年に通名にあった。本姓は陳。チン 陳参照。※平安時代に春岡真人の姓氏の記録あり。
ハルオカ 治岡 鹿児島県大島郡徳之島町・兵庫県神戸市。地形。鹿児島県の奄美群島の一字姓である治に「岡」を追加。ハル 治参照。
ハルオカ 晴岡 鹿児島県大島郡喜界町。地形。鹿児島県の奄美群島の一字姓である晴に「岡」を追加。ハレ 晴参照。
ハルガ 春賀 愛媛県松山市、宮崎県延岡市・大阪府。愛媛県大洲市春賀(ハルカ)は江戸時代から記録のある地名。地名は「春ケ」とも表記した。
ハルカイチ 春貝地 広島県広島市。広島県広島市東区中山西に分布あり。
ハルカゼ 春風 兵庫県、大阪府、山梨県。①兵庫県赤穂郡上郡町野桑に分布あり。②山梨県大月市富浜町鳥沢では1669年(寛文9年)に小笠原姓から改姓して春日屋の屋号を使用していたと伝える。オガサワラ 小笠原参照。※アイヌ系。ロシア連邦共和国サハリン州シェブニノ(旧:樺太庁本斗郡好仁村)の白主が起源地。
ハルカネ 治金 奈良県生駒郡三郷町・京都府・大阪府。奈良県生駒郡三郷町勢野西に分布あり。
ハルカネ 春兼 徳島県海部郡美波町。徳島県海部郡美波町山河内西山に分布。
ハルカミ 春上 岐阜県岐阜市、長野県伊那市。長野県駒ヶ根市東伊那に分布あり。
ハルカワ 春川 新潟県、神奈川県、埼玉県。①新潟県柏崎市堀が本拠。②大阪府大阪市に江戸時代にあった。岩手県、広島県に分布あり。徳島県海部郡美波町山河内西山に分布あり。善隣。兵庫県三木市別所町西這田が本拠。③コリア系。大韓民国江原道春川(チュンチョン)市発祥。大阪府大阪市西区で1966年6月29日に帰化の記録あり。本姓は申。シン 申参照。
ハルカワ 治川 大阪府東大阪市。コリア系。大阪府東大阪市で1972年6月28日、1983年3月3日に帰化の記録あり。本姓は朴。ボク 朴参照。
ハルカワ 陽川 ヨウカワ 陽川参照。
ハルキ 春木 北海道、大阪府、島根県。①兵庫県西宮市の山口町付近(旧:春木郷)から発祥。平安時代に記録のある地名。善隣。兵庫県加西市北条町黒駒に分布あり。②椿の異形。島根県江津市桜江町谷住郷では椿氏が「椿」を分解したと伝える。推定では江戸時代。ツバキ 椿参照。③晴気の異形。島根県西部(旧:石見国)での伝承。④事物。岩手県一関市では椿が茂る土地に住んでいたことから「椿」を分解したと伝える。推定では江戸時代。⑤石川県鹿島郡中能登町春木発祥。戦国時代から記録のある地名。地名は「春枝」とも表記した。同地に分布あり。
ハルキ 春貴 福井県、北海道。春木姓あり。福井県坂井市春江町藤鷲塚が本拠。
ハルキ 春城 岡山県・大阪府・京都府。春木姓あり。大阪府では江戸時代には金屋の屋号で駐屯していた軍人が明治新姓時に命名したと伝える。
ハルキ 晴気 佐賀県佐賀市・福岡県・大分県。佐賀県小城市小城町晴気(ハルケ)発祥。平安時代から記録のある地名。
ハルキ 晴木 島根県、広島県・福岡県。晴気姓あり。
ハルキ 春樹 高知県・岡山県。春木姓あり。
ハルキ 晴氣 佐賀県佐賀市。晴気の異形。
ハルキ 陽木 神奈川県横浜市港南区。コリア系。大韓民国慶尚南道密陽(ミリャン)市発祥。密陽の「陽」を使用。神奈川県横浜市港南区で1982年12月13日に帰化の記録あり。本姓は朴。ボク 朴参照。※埼玉県さいたま市見沼区砂町付近(旧:砂村)で1867年(慶応3年)に記録あり。
ハルキダニ 春木谷 香川県・奈良県・神奈川県。職業。春木屋の異形。ハルキヤ 春木屋参照。
ハルキバ 春木場 岩手県岩手郡雫石町、北海道。①岩手県岩手郡雫石町上野の小字の上春木場・下春木場から発祥。②事物。石川県加賀市山中温泉上新保町では春に屋根の木端(コバ)を葺き替えたことによる明治新姓と伝える。同地から1899年の洪水により北海道に移住。
ハルキヤ 春木屋 茨城県、北海道、山口県岩国市。職業。春木屋の屋号から。
ハルグチ 春口 鹿児島県、福岡県、熊本県。地形。原口の異形。江戸時代にあった門割制度の春口門から。門の位置の例。宮崎県えびの市永山、宮崎県えびの市東長江。鹿児島県南さつま市加世田内山田、鹿児島県姶良市東餅田では原口(ハルグチ)門。鹿児島県姶良市東餅田では門は「春口」とも表記した。福岡県八女郡立花町下辺春(シモヘバル)は江戸時代から記録のある地名。同地が本拠。
ハルクニ 春国 兵庫県、岐阜県・山口県。岐阜県高山市岡本町(旧:春国)発祥。江戸時代から記録のある地名。同地にある浄土真宗の玄興寺の僧侶による明治新姓。
ハルクニ 春國 広島県・兵庫県、北海道。春国の異形。
ハルケ 晴気 ハルキ 晴気参照。
ハルコマ 春駒 香川県小豆郡小豆島町・和歌山県和歌山市。善隣。職業。春駒は家々を回り歌舞を演じる芸の名称。香川県小豆郡小豆島町草壁本町が起源地。
ハルサ 春佐 和歌山県。和歌山県海草郡紀美野町吉野に分布あり。
ハルサキ 春崎 大阪府、鹿児島県、長崎県。①原崎姓あり。ハラサキ 原崎参照。②鹿児島県の奄美群島の一字姓に春あり。鹿児島県奄美市に分布あり。
ハルサキ 春嵜 鹿児島県鹿屋市。春崎の異形。
ハルサト 春里 大阪府、鹿児島県大島郡喜界町。鹿児島県の奄美群島の一字姓に春、里あり。ハル 春参照。サト 里参照。
ハルサワ 春沢 山梨県、静岡県、神奈川県。山梨県南巨摩郡身延町一色に分布あり。※長崎県対馬市の厳原町が藩庁の対馬府中藩士に江戸時代にあった。※百済系。836年(承和3年)に賜った事例があった。
ハルサワ 春澤 熊本県・愛知県・静岡県。春沢の異形。
ハルサワ 榛沢 ハンザワ 榛沢参照。
ハルサワ 治沢 鹿児島県大島郡天城町。地形。鹿児島県の奄美群島の一字姓である治に「沢」を追加。ハル 治参照。
ハルシゲ 春重 京都府京都市伏見区・兵庫県神戸市。男性の名前に春重あり。
ハルシタ 春下 長崎県西海市・兵庫県。長崎県西海市大瀬戸町松島外郷に分布あり。
ハルシマ 春島 鹿児島県大島郡天城町、佐賀県佐賀市、大阪府。①地形。鹿児島県の奄美群島の一字姓である春に「島」を追加。ハル 春参照。②佐賀県佐賀市大和町大字川上に分布あり。③コリア系。三重県四日市市で1988年12月6日に帰化の記録あり。本姓は李。リ 李参照。
ハルシマ 治島 京都府、鹿児島県奄美市。①京都府舞鶴市引土に分布あり。②地形。鹿児島県の奄美群島の一字姓である治に「島」を追加。ハル 治参照。
ハルシマ 春嶋 京都府京田辺市。春島の異形。
ハルシマ 開島 カイシマ 開島参照。
ハルスエ 春末 大分県日田市。大分県日田市大山町西大山にある浄土真宗の顕正寺の僧侶による明治新姓。
ハルズミ 春住 熊本県下益城郡美里町・大阪府。熊本県下益城郡美里町名越谷に分布あり。
ハルセ 春瀬 福岡県北九州市、長崎県・島根県安来市。長崎県西海市西彼町大串郷に分布あり。
ハルゾエ 春添 鹿児島県西之表市。鹿児島県西之表市西之表に分布あり。
ハルゾノ 春園 鹿児島県、宮崎県。地形。春に果樹を植えた薗から。江戸時代にあった門割制度の春之薗(ハルノゾノ)門から。門の位置の例。鹿児島県薩摩川内市入来町浦之名。善隣。鹿児島県伊佐市菱刈前目が起源地。
ハルゾノ 春薗 宮崎県えびの市。地形。宮崎県えびの市西郷に江戸時代にあった門割制度の春薗門から。門名は春園の異形。
ハルタ 春田 鹿児島県、愛知県、福岡県。①地形。春に田植えをした田から。静岡県静岡市清水区堀込では農業に従事していたと伝える。鹿児島県鹿児島市、福岡県宮若市四郎丸、愛知県稲沢市南麻績町、埼玉県行田市若小玉に江戸時代にあった。愛知県名古屋市中川区春田は鎌倉時代から記録のある地名。江戸時代にあった門割制度の春田門から。門の位置の例。鹿児島県薩摩川内市祁答院町下手、鹿児島県鹿屋市輝北町諏訪原。②鹿児島県熊毛郡中種子町納官の小字の春田から発祥。③鹿児島県薩摩郡さつま町平川の小字の春田から発祥。同地に江戸時代に門割制度の春田門があった。④長崎県松浦市御厨町川内免の小字の春田から発祥。
ハルタ 治田 新潟県、兵庫県、宮崎県。①三重県伊賀市治田(ハッタ)発祥。平安時代から記録のある地名。②三重県いなべ市北勢町東村付近(旧:治田(ハッタ))から発祥。鎌倉時代から記録のある地名。※地形。開発した田から。滋賀県長浜市付近(旧:浅井郡)に平安時代に治田連の姓氏があった。
ハルタ 治多 奈良県。治田の異形。奈良県では三重県伊賀市治田(ハッタ)による明治新姓と伝える。
ハルタ 春多 富山県高岡市・三重県松阪市。春田姓あり。
ハルタ 晴田 岡山県岡山市東区。岡山県岡山市東区古都南方に分布。
ハルタカ 春高 大分県日田市・熊本県・千葉県。男性の名前に春高あり。
ハルタキ 春滝 島根県出雲市。島根県出雲市古志町に分布。※大阪府東部(旧:河内国)で836年(承和3年)に春滝宿禰の姓氏を賜った事例があった。
ハルタキ 春瀧 東京都日野市。春滝の異形。
ハルタケ 治武 ジブ 治武参照。
ハルタケ 春竹 宮崎県西都市・大阪府。熊本県熊本市中央区春竹町大字春竹は鎌倉時代に「春武」の表記で記録のある地名。
ハルタケ 春武 福岡県、大分県日田市。春竹姓あり。
ハルタニ 春谷 カスヤ 春谷参照。
ハルタニ 治谷 ハルヤ 治谷参照。
ハルチ 晴智 群馬県沼田市、群馬県利根郡昭和村。僧侶による明治新姓。寺の例。群馬県利根郡昭和村森下にある天台宗の遍照寺、群馬県利根郡昭和村川額にある天台宗の円乗院、群馬県利根郡昭和村栃久保にある天台宗の自性院。
ハルチカ 春近 滋賀県長浜市・埼玉県。滋賀県長浜市春近町発祥。南北朝時代から記録のある地名。同地にある浄土真宗の皆念寺の僧侶による明治新姓。※岐阜県本巣市春近発祥。鎌倉時代から記録のある地名。1232年(寛喜4年)に記録あり。
ハルツグ 春次 大阪府、奈良県・三重県伊賀市。男性の名前に春次あり。
ハルツミ 春摘 鳥取県八頭郡智頭町。鳥取県八頭郡智頭町西野が本拠。
ハルデ 春出 石川県鹿島郡中能登町。石川県鹿島郡中能登町羽坂に分布。
ハルトミ 春冨 愛媛県越智郡上島町。愛媛県越智郡上島町弓削下弓削に分布。
ハルナ 春名 兵庫県、岡山県津山市、大阪府。赤松氏の後裔が称したと伝える。推定では室町時代。アカマツ 赤松参照。岡山県英田郡西粟倉村長尾では同地に戦国時代にあった黒山城の城主だったと伝える。兵庫県赤穂市上仮屋が藩庁の赤穂藩士に江戸時代にあった。岡山県倉敷市、京都府京都市に江戸時代にあった。
ハルナ 春菜 北海道、鳥取県。鳥取県八頭郡八頭町日田の日埜田神社の神主に東京時代にあった。
ハルナ 榛名 静岡県・東京都、長野県長野市。群馬県高崎市榛名山町の榛名神社は平安時代から記録のある神社。
ハルナ 春那 東京都世田谷区。コリア系。東京都目黒区で1963年11月9日に帰化の記録あり。本姓は洪。大分県臼杵市で1960年1月9日に帰化の記録あり。本姓は洪。コウ 洪参照。
ハルナカ 春中 福岡県北九州市門司区、兵庫県神戸市垂水区・北海道。福岡県北九州市門司区大里東に分布あり。
ハルナガ 春永 福岡県、山口県、熊本県。「春」を含む姓あり。熊本県球磨郡あさぎり町上北に分布あり。善隣。福岡県田川郡福智町神崎に分布あり。福岡県田川郡糸田町下糸田では農業に従事していたと伝える。※エミシ系。兵庫県姫路市(旧:飾磨郡)で843年(承和10年)に春永連の姓氏を賜った事例があった。
ハルナガ 春長 岡山県瀬戸内市・大阪府、徳島県名西郡石井町。男性の名前に春長あり。
ハルナガ 晴永 鹿児島県大島郡喜界町・鹿児島県志布志市。創賜。鹿児島県の奄美群島の一字姓である晴に「永」を追加。ハレ 晴参照。
ハルナガ 治良 ジロウ 治良参照。
ハルナミ 春浪 宮城県名取市・宮城県柴田郡柴田町。宮城県柴田郡柴田町槻木西に分布あり。
ハルナリ 春成 鹿児島県、宮崎県、石川県。春が「原」を意味する例あり。「成」は好字。鹿児島県で室町時代に日置氏が称したと伝える。ヒオキ 日置参照。宮崎県宮崎市佐土原町上田島が藩庁の佐土原藩士に江戸時代にあった。鹿児島県日置市日吉町日置に江戸時代にあった門割制度の春成門から。石川県七尾市に分布あり。
ハルノ 春野 熊本県、福岡県、佐賀県。①地形。野の土地から。春が「原」を意味する例あり。熊本県玉名市津留に江戸時代にあった。福岡県久留米市篠山町が藩庁の久留米藩士に江戸時代にあった。宮崎県えびの市灰塚に江戸時代にあった門割制度の春野門から。②コリア系。宮城県栗原市(旧:栗原郡築館町)で1954年11月26日に帰化の記録あり。本姓は金。コン 金参照。※761年(天平宝字5年)に春野連の姓氏を賜った事例があった。
ハルノ 晴野 福岡県、山口県下松市。大分県中津市二ノ丁が藩庁の中津藩士に江戸時代にあった。
ハルノ 治野 鹿児島県大島郡徳之島町。地形。鹿児島県の奄美群島の一字姓である治に「野」を追加。ハル 治参照。※徳島県で1332年(正慶元年・元弘2年)に記録あり。
ハルハタ 春畑 鹿児島県薩摩川内市、福岡県、兵庫県。地形。畑から。春が「原(ハル)」を意味する例あり。
ハルハナ 春花 鹿児島県。鹿児島県霧島市の隼人町が本拠。鹿児島県姶良市船津(旧:春花(ハルゲ))は江戸時代から記録のある地名。地名は「春毛」、「春華」とも表記した。
ハルバヤシ 春林 千葉県。千葉県匝瑳市春海は江戸時代から記録のある地名。同地に分布あり。
ハルハラ 春原 スノハラ 春原参照。
ハルヒ 春樋 山口県山口市、長崎県雲仙市。山口県山口市秋穂東に分布あり。
ハルヒサ 春久 鹿児島県大島郡伊仙町。創賜。鹿児島県の奄美群島の一字姓である春に「久」を追加。ハル 春参照。
ハルビュウ 春別府 ハルベップ 春別府参照。
ハルフク 治福 千葉県習志野市・東京都。千葉県習志野市袖ケ浦に分布あり。
ハルベ 春辺 新潟県佐渡市。新潟県佐渡市新穂北方に分布。
ハルベップ 春別府 鹿児島県。地形。別府から。春が「原」を意味する例あり。鹿児島県曽於郡大崎町野方の小字の水之谷が起源地。
ハルマ 春間 熊本県天草市、石川県七尾市、愛知県。熊本県天草市栖本町古江に分布あり。
ハルマ 春馬 島根県隠岐郡海士町・兵庫県・大阪府。島根県隠岐郡海士町豊田に分布あり。
ハルマキ 晴柀 ハレマキ 晴柀参照。
ハルマキ 晴披 ハレマキ 晴披参照。
ハルマシ 春増 奈良県吉野郡川上村、大阪府。奈良県吉野郡川上村中奥に分布あり。
ハルマチ 春町 大阪府富田林市。大阪府富田林市甲田に分布。
ハルマツ 春松 鹿児島県、福井県。字義では「春と松」。鹿児島県薩摩川内市隈之城町に分布あり。
ハルミ 春海 兵庫県。兵庫県淡路市郡家が本拠。同地は瀬戸内海に面した土地。※東北地方東部(旧:陸奥国)で880年(元慶4年)に春海連の姓氏の記録あり。
ハルミ 春見 カスミ 春見参照。
ハルミ 春水 鳥取県鳥取市。鳥取県鳥取市上砂見に分布。※善隣。福岡県嘉麻市西郷が起源地。
ハルミチ 春道 大阪府大阪市天王寺区。大阪府大阪市天王寺区生玉寺町にある浄土宗の光聖寺の僧侶による明治新姓。※834年(承和元年)に春道宿禰の姓氏の記録あり。
ハルミツ 春光 新潟県上越市・石川県。新潟県上越市上五貫野にある浄土真宗の養宝寺の僧侶による明治新姓。
ハルミネ 晴峯 鹿児島県大島郡喜界町・大阪府。地形。鹿児島県の奄美群島の一字姓である晴に「峯」を追加。ハレ 晴参照。
ハルミネ 晴嶺 鹿児島県大島郡喜界町。地形。鹿児島県の奄美群島の一字姓である晴に「嶺」を追加。ハレ 晴参照。
ハルミヤ 春宮 長野県。事物。長野県諏訪郡下諏訪町の諏訪大社下社春宮から。
ハルムラ 春村 鹿児島県西之表市、宮崎県都城市。鹿児島県西之表市西之表が本拠。宮崎県都城市高崎町笛水が本拠。※広島県広島市中区基町が藩庁の広島藩士に江戸時代にあった。
ハルメ 春芽 北海道、兵庫県。兵庫県南あわじ市倭文委文に分布あり。兵庫県南あわじ市倭文安住寺の小字に春ノ木あり。
ハルモト 春本 福岡県、兵庫県、大阪府。①「春」を含む姓あり。福岡県田川郡赤村内田が本拠。同地では農業に従事していたと伝える。兵庫県宍粟市山崎町春安に分布あり。岐阜県郡上市八幡町柳町が藩庁の郡上藩士に江戸時代にあった。徳島県海部郡美波町山河内西山に分布あり。②コリア系。熊本県合志市(旧:菊池郡西合志町)、熊本県菊池市(旧:菊池郡泗水町)で1970年5月25日に帰化の記録あり。本姓は朴。ボク 朴参照。
ハルモト 春元 兵庫県、広島県、東京都。①春本姓あり。大阪府大阪市に江戸時代にあった。②コリア系。福岡県北九州市(旧:戸畑市)で1957年3月30日に帰化の記録あり。本姓は卞。ベン 卞参照。
ハルモリ 春森 宮崎県えびの市、岡山県。地形。宮崎県えびの市西郷に江戸時代にあった門割制度の春森門から。門名は森の土地から。春が「原」を意味する例あり。
ハルヤ 治谷 沖縄県。沖縄県島尻郡与那原町板良敷に分布あり。
ハルヤマ 春山 群馬県、埼玉県、東京都。①事物。季節の春から。埼玉県秩父郡長瀞町野上下郷では武田氏が1582年(天正10年)に滅亡した際に家臣の秋山氏が山梨県から埼玉県本庄市の児玉町を経て来住後に秋山の秋を「春」として称したと伝える。アキヤマ 秋山参照。栃木県足利市千歳町では戦国時代の武将である長尾景長の家臣で1524年(大永4年)に没した人物が春山姓を称していたと伝える。福島県田村市船引町春山は戦国時代に「はり山」の呼称で記録のある地名。福島県田村郡小野町小戸神に江戸時代にあった。②地形。山の土地から。春が「原」を意味する例あり。鹿児島県に安土桃山時代にあった。鹿児島県南さつま市加世田内山田に江戸時代にあった門割制度の春山門から。③鹿児島県大島郡天城町松原に分布あり。同地に春田姓も分布。鹿児島県の奄美群島の一字姓に春あり。ハルタ 春田参照。ハル 春参照。④事物。新潟県上越市住吉町にある浄土真宗の長徳寺の僧侶による明治新姓。同寺の山号の春日山から「春」、「日」を使用。⑤コリア系。大韓民国江原道春川(チュンチョン)市の本貫あり。愛媛県南宇和郡愛南町(旧:南宇和郡西海町)で1953年10月23日に帰化の記録あり。本姓は柳。ヤナギ 柳参照。他姓もあり。
ハルヤマ 晴山 ハレヤマ 晴山参照。
ハルヤマ 治山 鹿児島県大島郡瀬戸内町、大阪府。地形。鹿児島県の奄美群島の一字姓である治に「山」を追加。ハル 治参照。
ハルヤマ 榛山 愛知県名古屋市守山区。春山姓あり。
ハルヤマ 遥山 佐賀県、東京都。佐賀県武雄市若木町大字川古にある曹洞宗の清正寺の僧侶による明治新姓。同寺の山号は立花山。
ハルヤマ 遙山 佐賀県。佐賀県武雄市北方町大字大崎にある曹洞宗の永林寺の僧侶による明治新姓。同寺の山号は紫雲山。
ハルヨシ 春吉 兵庫県、山口県。男性の名前に春吉あり。兵庫県淡路市釜口に分布あり。
ハルヨシ 春好 京都府京丹後市、大阪府大阪市。男性の名前に春好あり。
ハルヨシ 春芳 兵庫県洲本市。男性の名前に春芳あり。
ハルワ 春和 兵庫県美方郡香美町、京都府。兵庫県美方郡香美町香住区一日市に分布あり。
ハルワカ 春若 山口県、大分県・富山県。男性の名前に春若あり。深川姓から改姓したと伝える。時代、位置不詳。フカガワ 深川参照。山口県萩市春若町は経由地。江戸時代から記録のある地名。地名は春若氏の人名からと伝える。
ハレ 晴 大阪府、愛媛県、鹿児島県。①「晴」を含む姓あり。②鹿児島県の奄美群島の一字姓。
ハレ 波連 ハレン 波連参照。
ハレアキ 晴明 大阪府。平安時代の陰陽師に安倍晴明(アベ・ノ・セイメイ)の名前があった。アベ 安倍参照。
ハレサク 晴佐久 宮城県大崎市。佐久姓あり。サキュウ 佐久参照。
ハレサワ 晴沢 秋田県鹿角市、岩手県八幡平市。秋田県鹿角市八幡平が本拠。同地の上苗代では江戸時代には神主で天主堂の屋号を使用していたと伝える。
ハレサワ 晴澤 秋田県鹿角市、宮城県・埼玉県。晴沢の異形。
ハレタ 晴田 ハルタ 晴田参照。
ハレマ 晴間 大阪府堺市堺区、京都府京都市上京区。大阪府堺市堺区桜之町西に分布あり。
ハレマキ 晴柀 北海道、富山県。事物。京都府船井郡京丹波町安栖里では富山県黒部市荻生で上田姓から改姓した明治新姓と伝える。柀は植物のスギの古名。ウエダ 上田参照。
ハレマキ 晴披 富山県。事物。晴柀の異形。富山県では明治新姓時に晴柀姓を役人が誤記したと伝える。
ハレヤマ 晴山 岩手県、北海道。①岩手県九戸郡軽米町晴山発祥。戦国時代から記録のある地名。②岩手県岩手郡雫石町長山晴山発祥。③岩手県二戸市石切所晴山発祥。同地に分布あり。
ハレン 波連 長崎県長崎市・北海道。長崎県長崎市大浜町に分布あり。同地は東シナ海に面した土地。
ハロ 波呂 福岡県福岡市、福岡県糸島市。福岡県糸島市二丈波呂発祥。戦国時代から記録のある地名。
ハロ 破呂 福岡県福岡市。波呂の異形。
ハワイ 羽合 鳥取県、大阪府。鳥取県東伯郡湯梨浜町のはわい(旧:羽合田)から発祥。戦国時代から記録のある地名。
ハワカ 葉若 山口県熊毛郡田布施町・兵庫県・大阪府。山口県下松市末武下に江戸時代にあった。三重県亀山市羽若(ハワカ)町は鎌倉時代に「葉若」の表記で記録のある地名。同地に羽若氏の居館があった。羽若は現存するか不明の姓。
ハワカベ 羽若部 千葉県南房総市。千葉県南房総市和田町中三原では草分けで農業に従事していたと伝える。
ハン 潘 兵庫県神戸市、東京都、神奈川県。①シナ系。中華人民共和国陜西省北部(旧:潘(パン)国)発祥。シナ音はパン。②コリア系。シナ系と同源。コリア音はパン。
ハン 范 北海道、東京都、大阪府。シナ系。シナ音はファン。
ハン 樊 福岡県・三重県・富山県。シナ系。シナ音はファン。
バン 伴 愛知県、栃木県、滋賀県。①合略。大伴の略。823年(弘仁14年)に即位した淳和天皇の諱の大伴を憚って大伴氏が略したと伝える。京都府綾部市八津合町では1688年から1704年(元禄年間)頃に略したと伝える。オオトモ 大伴参照。②合略。伴野の略。東京都千代田区千代田が政庁の江戸幕府の幕臣による伝承。バンノ 伴野参照。※京都府京都市東山区小松町にある臨済宗の建仁寺の小番が京都府舞鶴市南田辺にあった田辺城の城主の細川幽斎から賜ったと伝える。推定では安土桃山時代。※広島県広島市安佐南区沼田町伴(トモ)に分布あり。平安時代に「土茂」の表記で記録のある地名。※アイヌ系。個人名。北海道札幌市西区の発寒のハンロクテが伴六三郎に改名。
バン 坂 サカ 坂参照。
バン 番 岐阜県羽島市、愛知県、石川県。①伴の異形。岩手県盛岡市内丸が藩庁の盛岡藩士が伴姓から改姓した事例があった。②職業。石川県白山市では江戸時代に番匠屋の屋号を使用していたと伝える。推定では明治新姓。バンショウ 番匠参照。
バン 阪 サカ 阪参照。
バン 塙 ハナワ 塙参照。
バン 万 マン 万参照。
バン 播 ハリ 播参照。
バン 判 大阪府吹田市、石川県、福島県。石川県では元旦屋(ガンタンヤ)が転じた判者屋(ハンジャヤ)の屋号からと伝える。推定では明治新姓。
バン 藩 大阪府岸和田市、石川県金沢市。大阪府岸和田市春木南浜町、石川県金沢市有松に分布あり。
バン 墫 山形県、大阪府。山形県上山市細谷に分布あり。
バン 鷭 徳島県鳴門市。徳島県鳴門市撫養町岡崎二等道路東に分布あり。
バン 磐 イワオ 磐参照。
バン 蕃 愛知県知多郡東浦町・神奈川県。愛知県知多郡東浦町緒川肥後原に分布あり。
バン 晩 広島県広島市佐伯区。広島県広島市佐伯区千同に分布。
バン 鑁 大阪府箕面市。個人名。平安時代の僧侶である覚鑁の「鑁」から。大阪府箕面市では愛媛県の出で江戸時代には横江姓で仏門に入って和歌山県岩出市根来にある新義真言宗の根来寺から賜ったことによる明治新姓と伝える。ヨコエ 横江参照。
ハンイ 半井 ナカライ 半井参照。
バンイ 番井 石川県金沢市、北海道。石川県金沢市大野町が本拠。同地では海運業に従事していたと伝える。
バンイ 伴井 トモイ 伴井参照。
バンイン 坂隠 鳥取県米子市。字義では「坂に隠れる」。鳥取県米子市浦津に分布あり。
ハンウラ 半浦 石川県七尾市、北海道。石川県七尾市能登島半浦(ハンノウラ)町発祥。南北朝時代に「飯浦」の表記で記録のある地名。
バンウラ 番浦 京都府・大阪府・三重県伊賀市。三重県伊賀市音羽に分布あり。
バンカ 番家 熊本県天草市、島根県・大阪府。バンヤも含む分布。「番」を含む姓あり。
バンガ 番賀 岩手県宮古市。岩手県宮古市川井にある判官(ハンガン)坂の付近から発祥。地名は判官の別名があった平安時代の武将である源義経からと伝える。
ハンカイ 半海 京都府与謝郡与謝野町。京都府与謝郡与謝野町岩滝が本拠。同地は阿蘇海に面した土地。
ハンガイ 半谷 福島県、愛知県、北海道。榛谷の異形。茨城県下妻市半谷(ハンヤ)は江戸時代から記録のある地名。茨城県下妻市付近(旧:常陸国関郡)で南北朝時代に記録のある「般若」も同地が比定地。同地には榛谷氏の後裔と伝える半谷氏が福島県南相馬市の小高区から来住したと伝える。
ハンガイ 飯開 熊本県。熊本県上益城郡山都町男成が本拠。
ハンガイ 榛谷 東京都、北海道。神奈川県横浜市旭区・保土ケ谷区付近(旧:榛ケ谷(ハンガヤ))から発祥。江戸時代から記録のある地名。地名は「半谷」とも表記した。
バンカイ 伴海 京都府与謝郡与謝野町。京都府与謝郡与謝野町三河内が本拠。
ハンガイシ 半下石 鹿児島県肝属郡錦江町。半ケ石の異形。鹿児島県肝属郡錦江町馬場半ケ石が本拠。
ハンガイシ 半ケ石 鹿児島県。鹿児島県肝属郡錦江町馬場半ケ石発祥。
ハンカワ 半川 広島県、神奈川県・東京都。広島県東広島市志和町志和堀に分布あり。
バンカワ 番川 石川県輪島市・石川県金沢市・静岡県静岡市清水区。石川県輪島市里町に分布あり。
ハンガン 判官 島根県仁多郡奥出雲町。職業。官名から。
ハンギ 半木 岡山県倉敷市。岡山県倉敷市西田に分布。
バンキ 盤木 北海道、静岡県。ワギも含む分布。①アイヌ系。個人名。北海道登別市にいたハケレが盤木礼蔵に改名。②合略。常盤木の略。静岡県熱海市下多賀にある浄土真宗の浄立寺の僧侶による明治新姓。同寺では明治新姓時に申請した常盤木姓を役人が誤記したと伝える。トキワギ 常盤木参照。
バンキ 伴木 広島県安芸郡熊野町、広島県安芸郡海田町。広島県安芸郡熊野町萩原に分布あり。
バンキ 番木 岡山県岡山市北区。僧侶による明治新姓。寺の例。岡山県岡山市北区間倉にある真言宗の養東院、岡山県総社市井手にある真言宗の大光坊。
バンキ 万亀 マンキ 万亀参照。
ハンギヤ 判木屋 長崎県長崎市。職業。判木屋の屋号から。
バンキュウ 万久 マンキュウ 万久参照。
バンキヨ 番清 広島県世羅郡世羅町。「清」を含む男性の名前あり。
ハンギョウ 萩行 富山県射水市、富山県富山市。富山県射水市大島北野に分布あり。
バンキン 坂金 鳥取県米子市、岡山県。字義では「坂と金」。鳥取県米子市浦津に分布あり。
ハングイ 半杭 福島県南相馬市。羽咋の異形。福島県相馬市中村が藩庁の相馬中村藩士は1573年から1592年(天正年間)の戦功によって「相馬の馬を繋ぐ杭」という意味で羽咋姓と類音の半杭姓を賜ったと伝える。ハクイ 羽咋参照。
バングチ 番口 富山県射水市。富山県射水市松木に分布あり。
バンクラ 番倉 広島県。広島県安芸高田市高宮町佐々部に分布あり。
ハンケ 判家 愛知県新城市、愛知県豊橋市。愛知県新城市下吉田に分布あり。
ハンゲ 半夏 鹿児島県。字義では「半分の夏」。鹿児島県南さつま市笠沙町片浦に分布あり。
ハンゲイシ 半下石 ハンガイシ 半下石参照。
バンコ 番戸 福井県坂井市。福井県坂井市三国町宿に分布あり。
バンコウ 万幸 兵庫県川西市・大阪府。「幸」は好字。
バンコク 萬国 兵庫県尼崎市。兵庫県尼崎市南武庫之荘に分布。
ハンザ 半座 千葉県八街市、神奈川県・石川県七尾市。石川県七尾市郡町では米問屋だったと伝える。
ハンザ 半左 石川県珠洲市・東京都。半左衛門の名前あり。
バンザ 番座 石川県珠洲市・石川県金沢市。石川県珠洲市宝立町春日野に分布あり。
バンザイ 坂西 サカニシ 坂西参照。
バンザイ 萬歳 新潟県五泉市、北海道。万歳の異形。マンザイ 万歳参照。
バンザイ 伴在 長野県松本市。万歳姓あり。マンザイ 万歳参照。
バンザイ 阪西 サカニシ 阪西参照。
バンザイ 万歳 マンザイ 万歳参照。
バンザイ 万才 新潟県五泉市。万歳の異形。万才(マンザイ)は室町時代からある芸能。マンザイ 万歳参照。
バンザイ 萬才 山口県・岐阜県・新潟県。万歳姓あり。マンザイ 万歳参照。
ハンザイケ 繁在家 青森県十和田市。青森県十和田市切田半在池(ハンザイイケ)発祥。
ハンザカ 半坂 長野県、東京都。長野県木曽郡大桑村殿に分布あり。
ハンザカ 半阪 大阪府。半坂の異形。
バンサカ 番坂 北海道、石川県羽咋市・石川県羽咋郡志賀町。石川県羽咋郡志賀町直海に分布あり。
ハンザキ 半崎 長野県、青森県、鹿児島県。①長野県下伊那郡泰阜村我科、青森県上北郡七戸町野崎に分布あり。和歌山県和歌山市一番丁が藩庁の紀州藩士に江戸時代にあった。②鹿児島県薩摩郡さつま町中津川の小字の半崎から発祥。同地に江戸時代に門割制度の半崎門があった。
ハンザキ 飯崎 福島県南相馬市、北海道。福島県南相馬市小高区飯崎(ハンサキ)発祥。鎌倉時代に「盤崎」の表記で記録のある地名。
ハンザキ 吐前 大阪府、兵庫県・和歌山県。和歌山県和歌山市吐前発祥。平安時代から記録のある地名。地名の古音はハサキで「土崎」、「埴崎」とも表記した。
ハンザキ 吐崎 和歌山県和歌山市。吐前の異形。和歌山県和歌山市出島に分布。
ハンザキ 飯嵜 山梨県中巨摩郡昭和町・福島県南相馬市。飯崎の異形。
バンサキ 盤崎 香川県木田郡三木町。香川県木田郡三木町上高岡に分布。
ハンサク 飯作 イイサク 飯作参照。
バンサク 番作 石川県白山市。石川県白山市八ツ矢町に分布あり。
ハンサコ 半浴 和歌山県、神奈川県。和歌山県紀の川市桃山町垣内の小字の半浴から発祥。
バンザシ 盤指 鳥取県西伯郡南部町。鳥取県西伯郡南部町御内谷に分布あり。
ハンザワ 半沢 福島県、宮城県、北海道。榛沢の異形。宮城県白石市福岡蔵本で伝承あり。同地に江戸時代にあった。
ハンザワ 半澤 宮崎県、神奈川県、東京都。榛沢の異形。
ハンザワ 榛沢 東京都、千葉県、神奈川県。埼玉県深谷市榛沢発祥。平安時代から記録のある地名。地名は「半沢」とも表記した。
ハンザワ 榛澤 東京都、千葉県、群馬県。榛沢の異形。
ハンザワ 繁沢 山口県。榛沢姓あり。山口県周南市に江戸時代にあった。島根県東部(旧:出雲国)に安土桃山時代にあった。
ハンザワ 繁澤 山口県、千葉県、東京都。榛沢姓あり。
ハンザワ 判沢 千葉県、鳥取県米子市。榛沢姓あり。
ハンザワ 判澤 千葉県、神奈川県、鳥取県米子市。榛沢姓あり。
バンザワ 番沢 青森県八戸市、岩手県九戸郡洋野町。青森県八戸市是川(大字)番屋発祥。番屋の「番」を使用。同地に分布あり。
バンザワ 番澤 岩手県、栃木県・茨城県。番沢の異形。
バンザワ 晩沢 大阪府大阪市都島区。字義では「晩の沢」。
バンザワ 鴋沢 富山県射水市。地形。富山県では屋敷のそばにある沢に鳥の鴋(ミゾゴイ)が来ていたことからと伝える。
バンザワ 鴋澤 石川県・北海道。地形。鴋沢の異形。