オミ 小見 新潟県、群馬県、東京都。①長野県下高井郡木島平村穂高小見発祥。戦国時代から記録のある地名。②埼玉県行田市小見発祥。江戸時代から記録のある地名。③栃木県佐野市小見町発祥。平安時代に「麻続」の表記で記録のある地名。④千葉県香取市小見発祥。平安時代に「麻続」の表記で記録のある地名。善隣。福岡県行橋市金屋が本拠。
オミ 尾身 新潟県十日町市。小見の異形。
オミ 尾見 茨城県、東京都、北海道。小見の異形。茨城県筑西市村田に江戸時代にあった。北海道松前郡松前町松城が藩庁の松前藩士に江戸時代にあった。
オミ 尾美 長野県、広島県三原市、北海道。小見の異形。長野県小県郡長和町古町が本拠。同地に江戸時代にあった。
オミ 淤見 富山県、北海道。小見姓あり。富山県射水市白石に分布あり。
オミ 麻績 新潟県中魚沼郡津南町、東京都。長野県東筑摩郡麻績村発祥。平安時代から記録のある地名。新潟県中魚沼郡津南町上郷子種新田中子では「尾身」とも表記していたと伝える。推定では江戸時代。※長野県飯田市座光寺付近(旧:麻績郷)から発祥。平安時代に記録のある地名。※三重県多気郡で883年(元慶7年)に麻績連の姓氏の記録あり。
オミ 臣 熊本県熊本市、大阪府・兵庫県。古墳時代のカバネに臣があった。
オミ 小箕 岡山県瀬戸内市。小見姓あり。岡山県瀬戸内市邑久町大富に分布あり。
オミ 尾味 愛媛県今治市。小見姓あり。愛媛県今治市大西町紺原に分布あり。
オミ 麻見 アサミ 麻見参照。
オミカ 五十殿 オムカ 五十殿参照。
オミカド 尾見門 広島県広島市安佐南区。広島県広島市安佐南区祇園に分布。同地に見門姓あり。ミカド 見門参照。
オミカワ 小美川 北海道、静岡県湖西市。小見川の異形。新潟県五泉市村松が藩庁の村松藩士に江戸時代にあった。オミガワ 小見川参照。
オミガワ 小見川 千葉県、茨城県常総市。千葉県香取市小見川発祥。南北朝時代から記録のある地名。
オミガワ 小海川 千葉県成田市。小見川の異形。
オミズ 生水 ショウズ 生水参照。
オミズ 尾水 奈良県生駒市。奈良県生駒市南田原町に分布。
オミゾ 尾溝 徳島県海部郡海陽町・奈良県橿原市・東京都。徳島県海部郡海陽町神野神野前に分布あり。
オミタニ 尾見谷 広島県呉市。職業。尾見屋(オミヤ)の屋号から。広島県呉市阿賀南に分布あり。
オミタニ 尾美谷 広島県尾道市・大阪府。職業。尾美屋(オミヤ)の屋号から。広島県でオミヤの屋号を使用していたと伝える。推定では江戸時代。
オミチ 尾路 オジ 尾路参照。
オミチ 尾通 オトウ 尾通参照。
オミデラ 小見寺 新潟県、埼玉県。推定では小見寺の寺号から。新潟県北蒲原郡聖籠町藤寄に分布あり。
オミネ 小峰 コミネ 小峰参照。
オミネ 小峯 コミネ 小峯参照。
オミノ 小美濃 コミノ 小美濃参照。
オミノ 小美野 コミノ 小美野参照。
オミノ 小見野 埼玉県、東京都。埼玉県比企郡川島町小見野発祥。鎌倉時代から記録のある地名。
オミノ 尾美野 神奈川県・千葉県。小見野の異形。
オミブチ 小見渕 北海道、神奈川県・茨城県笠間市。推定では小さな見える渕から。
オミブチ 小見淵 大阪府・栃木県河内郡上三川町・茨城県桜川市。小見渕の異形。
オミヤ 尾宮 三重県員弁郡東員町、岡山県津山市。地形。尾根と神社から。三重県員弁郡東員町中上、岡山県津山市小田中が本拠。
オム 尾無 オナシ 尾無参照。
オムカ 五十殿 島根県。「五十」を含む姓あり。島根県出雲市湖陵町三部が本拠。
オムカイ 尾向 大阪府、兵庫県、岡山県玉野市。地形。尾根の向かいから。岡山県玉野市日比に分布あり。
オムラ 大村 オオムラ 大村参照。
オムラ 小村 コムラ 小村参照。
オムラ 尾村 北海道、静岡県、岐阜県。地形。尾根と村から。石川県河北郡津幡町鳥屋尾は江戸時代に「鳥屋尾村」と呼称した地名。同地に分布あり。和歌山県和歌山市一番丁が藩庁の紀州藩士に江戸時代にあった。江戸時代にあった門割制度の尾村門から。門の位置の例。鹿児島県垂水市本城、鹿児島県鹿屋市郷之原町。
オムラ 小椋 オグラ 小椋参照。
オムラ 麻村 アサムラ 麻村参照。
オムラ 尾邑 埼玉県所沢市。尾村の異形。
オムロ 小室 コムロ 小室参照。
オムロ 御室 ミムロ 御室参照。
オムロ 尾室 鳥取県鳥取市。鳥取県鳥取市安長に分布あり。
オメ 尾目 高知県高岡郡中土佐町。高知県高岡郡中土佐町上ノ加江の小字の尾目ケ平山から発祥。
オメシ 尾食 大阪府和泉市。大阪府泉佐野市に食野姓あり。メシノ 食野参照。
オメジマ 男女島 茨城県東茨城郡城里町・東京都。茨城県東茨城郡城里町徳蔵に分布あり。
オメジマ 男女嶋 東京都足立区。男女島の異形。
オモ 面 オモテ 面参照。
オモ 尾茂 広島県、東京都、徳島県。事物。母屋(オモヤ)から。徳島県三好市東祖谷釣井では母屋による「おも」の屋号を使用していたと伝える。推定では江戸時代。
オモイ 飯井 イイ 飯井参照。
オモイ 重茂 オモエ 重茂参照。
オモイ 思 東京都、鹿児島県大島郡喜界町。創賜。鹿児島県の奄美群島の一字姓。
オモイ 尾茂井 広島県広島市安佐南区。広島県広島市安佐南区中須が本拠。
オモイ 思井 鹿児島県。鹿児島県大島郡大和村思勝(オンガチ)発祥。江戸時代から記録のある地名。思勝の「思」を使用。同地に分布あり。
オモイ 面井 広島県。尾茂井姓あり。広島県呉市音戸町渡子に分布あり。
オモイ 想 兵庫県尼崎市。思姓あり。
オモイ 恩井 埼玉県本庄市・東京都。思井姓あり。
オモイシ 重石 シゲイシ 重石参照。
オモイダ 思田 石川県、愛媛県大洲市・栃木県。石川県河北郡津幡町南中条、愛媛県大洲市肱川町名荷谷に分布あり。
オモウ 尾毛 石川県白山市・神奈川県、奈良県吉野郡東吉野村。奈良県吉野郡東吉野村鷲家に分布あり。
オモウエ 表上 奈良県吉野郡大淀町・広島県。地形。表の上から。奈良県吉野郡大淀町中増に分布あり。
オモウチ 表内 愛媛県四国中央市。地形。表の内から。愛媛県四国中央市金田町金川に分布あり。
オモエ 重茂 岩手県宮古市。岩手県宮古市重茂発祥。戦国時代から記録のある地名。
オモガイ 沢海 ソウミ 沢海参照。
オモガイ 澤海 ソウミ 澤海参照。
オモカゲ 面影 大阪府門真市・大阪府大阪市中央区。大阪府門真市千石東町に分布あり。
オモカベ 面壁 広島県世羅郡世羅町。事物。広島県世羅郡世羅町宇津戸にある曹洞宗の積善寺の僧侶による明治新姓。壁に向かって座禅する「面壁(メンヘキ)」から。
オモガミ 面上 メンジョウ 面上参照。
オモカワ 面川 福島県岩瀬郡鏡石町、福島県いわき市。福島県石川郡平田村(旧:面川)発祥。室町時代に記録のある地名。
オモカワ 重川 シゲカワ 重川参照。
オモカワ 尾毛川 北海道、埼玉県久喜市・岐阜県可児市。面川姓あり。北海道室蘭市御前水町、岐阜県可児市鳩吹台に分布あり。
オモカワ 表川 オモテガワ 表川参照。
オモカワ 思川 石川県加賀市。地形。表川の異形。石川県加賀市七日市町に分布あり。オモテガワ 表川参照。
オモキ 面木 熊本県、山口県。熊本県熊本市西区河内町面木(オモノギ)発祥。江戸時代から記録のある地名。
オモキ 隆琦 大阪府。個人名。黄檗宗の開祖で明・清の時代のシナで僧侶だった隠元隆琦(インゲンリュウキ)から。僧侶による明治新姓。寺の例。大阪府大阪市天王寺区勝山にある黄檗宗の清寿院、大阪府堺市美原区今井にある黄檗宗の法雲寺、大阪府富田林市加太にある黄檗宗の竜雲寺、大阪府富田林市甲田にある黄檗宗の養楽寺。
オモクテ 面湫 福井県あわら市。地形。表の低湿地から。福井県あわら市柿原に分布あり。
オモサキ 面崎 長崎県・大阪府、福井県丹生郡越前町。地形。面の突き出た土地から。長崎県長崎市池島町に分布あり。
オモザキ 表崎 ウワザキ 表崎参照。
オモサコ 面迫 広島県安芸郡熊野町。地形。面の山が迫った土地から。広島県安芸郡熊野町萩原が本拠。
オモジ 面地 愛媛県・広島県・高知県宿毛市。地形。面の土地から。愛媛県南宇和郡愛南町船越に分布あり。
オモシキ 表敷 島根県安来市。島根県安来市沢町が起源地。同地では農業に従事していたと伝える。推定では江戸時代。表敷(オモテジキ)は「和船の舳先の前半部」を意味する。
オモシタ 重下 広島県。地形。面下の異形。広島県呉市吉浦東本町に分布あり。
オモシタ 面下 広島県呉市・神奈川県・北海道。地形。面の下から。広島県呉市焼山宮ケ迫に分布あり。
オモシロ 面代 メンダイ 面代参照。
オモシロ 面白 島根県、兵庫県。島根県松江市玉湯町湯町(旧:面白(オモジロ))発祥。江戸時代から記録のある地名。
オモス 重栖 島根県隠岐郡隠岐の島町。島根県隠岐郡隠岐の島町重栖発祥。鎌倉時代から記録のある地名。
オモソ 重親 鳥取県、島根県。鳥取県日野郡日南町阿毘縁が本拠。同地では戦国時代・安土桃山時代の武将である長宗我部元親(チョウソカベ・モトチカ)の後裔と伝える。元親に「親」あり。チョウソカベ 長宗我部参照。
オモソ 面曽 島根県仁多郡奥出雲町。島根県仁多郡奥出雲町竹崎に分布あり。
オモソ 面曾 神奈川県横浜市金沢区。面曽の異形。
オモダ 重田 シゲタ 重田参照。
オモダ 面田 広島県、愛媛県、大阪府。①表田姓あり。愛媛県南宇和郡愛南町城辺甲豊田では農業に従事していたと伝える。推定では江戸時代。②広島県呉市倉橋町尾立の小字の面田から発祥。
オモダ 表田 島根県浜田市、大阪府、岡山県。地形。表の田から。石川県輪島市門前町大切では農業に従事していたと伝える。推定では江戸時代。
オモダ 尾茂田 広島県呉市。表田姓あり。
オモダ 思田 オモイダ 思田参照。
オモダ 於茂田 愛媛県、高知県高岡郡津野町・神奈川県。表田姓あり。
オモダカ 面高 鹿児島県。長崎県西海市西海町面高郷発祥。江戸時代から記録のある地名。鹿児島県鹿児島市城山町が藩庁の鹿児島藩士に江戸時代にあった。
オモダカ 沢潟 富山県富山市、静岡県、神奈川県。事物。沢瀉の異形。富山県富山市八ケ山に分布あり。
オモダカ 澤潟 三重県・富山県・新潟県。事物。沢瀉の異形。富山県富山市八ケ山に分布あり。
オモダカ 沢瀉 兵庫県。事物。オモダカはオモダカ科オモダカ属の水生植物。家紋に沢瀉あり。兵庫県養父市八鹿町石原に分布あり。
オモダカ 澤瀉 富山県富山市・東京都。事物。沢瀉の異形。富山県富山市婦中町笹倉に分布あり。
オモダチ 面城 福島県会津若松市。推定では表の館から。
オモタニ 重谷 シゲタニ 重谷参照。
オモタニ 面谷 広島県呉市、鳥取県境港市、大阪府。鳥取県境港市竹内町に安土桃山時代にあった。屋号の屋に「谷」を使用する例あり。鳥取県境港市花町では海運業、福井県南条郡南越前町古木では農業に従事していたと伝える。推定では江戸時代。
オモタニ 遠茂谷 広島県三原市、和歌山県和歌山市。善隣。広島県三原市本郷町船木が本拠。
オモタニ 表谷 オモテヤ 表谷参照。
オモタミ 面民 北海道。「面」を含む姓あり。北海道紋別郡上湧別町北兵村三区に分布あり。
オモチ 尾持 兵庫県川西市、大阪府。兵庫県川西市矢問に分布あり。
オモツボ 面坪 島根県飯石郡飯南町。島根県飯石郡飯南町上赤名の小字の面坪から発祥。
オモテ 表 石川県、北海道、広島県。①地形。表の土地から。石川県小松市下粟津町、富山県高岡市伏木矢田では明治新姓と伝える。②コリア系。コリア音はピョ。
オモテ 面 石川県小松市、福井県、北海道。地形。表の異形。川上を「オモテ」、川下を「ウラ」と呼んだことから。石川県小松市荒木田町が本拠。石川県小松市矢田野町では日の当たる南の土地を面と表現した明治新姓と伝える。石川県小松市中海町にある浄土真宗の道林寺の僧侶による明治新姓はホオツキ。※百済系。京都府京都市で平安時代に面(メン)氏の記録あり。
オモテ 面手 岐阜県、富山県、岡山県。地形。表の異形。岐阜県飛騨市宮川町西忍、富山県氷見市上田、岡山県玉野市東田井地に分布あり。
オモデ 面出 メンデ 面出参照。
オモテイ 表井 岡山県・兵庫県・石川県。地形。表の水を汲む場所から。岡山県備前市野谷に分布あり。
オモテウラ 表浦 山口県山陽小野田市。地形。表の浦から。山口県山陽小野田市南竜王町に分布。同地は埋め立て前は瀬戸内海に面していた土地。
オモテガワ 表川 石川県、山口県防府市。地形。表の川から。富山県富山市本丸が藩庁の富山藩士に江戸時代にあった。
オモテガワ 表側 三重県多気郡明和町・岐阜県可児市。地形。三重県多気郡明和町蓑村の表から。
オモテギ 表木 ウワギ 表木参照。
オモテグチ 表口 兵庫県たつの市、大阪府、三重県多気郡多気町。地形。表の出入口から。兵庫県たつの市新宮町段之上、三重県多気郡多気町油夫に分布あり。
オモテザコ 表迫 鹿児島県出水市。鹿児島県出水市高尾野町江内の小字の表迫から発祥。同地に江戸時代に門割制度の表迫門があった。
オモテジマ 表嶋 富山県富山市。地形。表の島状の土地から。富山県富山市城川原に分布。
オモテシンメイ 表神明 北海道檜山郡厚沢部町、千葉県・大阪府。地形。第一要素は表から。大阪府大阪市西成区玉出東に分布あり。神明姓あり。シンミョウ 新明参照。
オモテダ 表田 オモダ 表田参照。
オモテダニ 表谷 オモテヤ 表谷参照。
オモテデ 表出 大阪府。地形。表に分出したことから。大阪府岸和田市阿間河滝町に分布あり。
オモテニシ 表西 兵庫県、大阪府。善隣。地形。表の西から。兵庫県姫路市安富町瀬川が本拠。
オモテノ 表野 ヒョウノ 表野参照。
オモテハラ 表原 徳島県阿南市。地形。表の原から。徳島県阿南市畭町新はりが本拠。
オモテマエ 表前 広島県呉市。地形。表の前から。広島県呉市焼山中央に分布あり。
オモテモト 表本 兵庫県赤穂市・千葉県長生郡白子町。地形。表のそばから。兵庫県赤穂市有年楢原に分布あり。
オモテモリタ 表森田 島根県出雲市。地形。第一要素は表から。森田姓あり。島根県出雲市里方町に江戸時代にあった。同地では農業に従事していたと伝える。モリタ 森田参照。
オモテヤ 表谷 石川県、北海道、兵庫県。①地形。表の谷から。善隣。和歌山県和歌山市岩橋に分布あり。②奈良県吉野郡十津川村山手の小字の表谷(オモテダニ)から発祥。同地付近に江戸時代にあった。
オモテヤ 表屋 愛知県豊川市、長野県・島根県。①地形。表の家屋から。愛知県北設楽郡豊根村古真立の小字の曽川が起源地。②事物。島根県では母屋(オモヤ)からで「本家」の意と伝える。
オモテヤ 表家 福井県勝山市・京都府。地形。表の家から。福井県勝山市北郷町伊知地に分布あり。
オモテヤマ 表山 北海道、京都府京都市、石川県珠洲市。地形。表の山から。石川県珠洲市折戸町に分布あり。
オモテヤマ 面山 秋田県秋田市・兵庫県神戸市東灘区。地形。秋田県秋田市寺内大畑の秋田県護国神社の神主は広島県で戦国時代・安土桃山時代の武将である豊臣秀吉の家臣が山に隠遁して神主になったと伝える。
オモデラ 表寺 富山県中新川郡上市町、富山県富山市。地形。表の寺から。富山県中新川郡上市町西種が本拠。
オモト 尾本 滋賀県、大阪府、山口県。滋賀県愛知郡愛荘町長野で中原氏が鎌倉時代に称したと伝える。ナカハラ 中原参照。京都府京都市に江戸時代にあった。山口県山口市徳地島地の花尾八幡宮の神主は1573年(天正元年)の火災により断絶したと伝える。宮城県柴田郡村田町菅生では草分けと伝える。
オモト 小元 コモト 小元参照。
オモト 小本 コモト 小本参照。
オモト 於本 岩手県九戸郡軽米町。「於」を含む姓あり。青森県八戸市内丸が藩庁の八戸藩士に江戸時代にあった。
オモト 尾元 山口県大島郡周防大島町・福岡県・群馬県。尾本の異形。熊本県熊本市中央区本丸が藩庁の熊本藩士に江戸時代にあった。
オモト 緒本 山口県山陽小野田市。「緒」を含む姓あり。
オモト 苧本 徳島県三好市。「苧」を含む姓あり。
オモトバラ 尾本原 広島県三次市。広島県三次市日下町に分布。
オモナイ 面内 青森県八戸市。アイヌ語のナイは「沢」の意。青森県八戸市石堂に分布あり。
オモナガ 重長 シゲナガ 重長参照。
オモニシ 重西 広島県、大阪府、新潟県阿賀野市。「重」を含む姓あり。
オモニシ 表西 オモテニシ 表西参照。
オモノ 面野 北海道、広島県、福井県。地形。面の野から。広島県呉市阿賀北、福井県坂井市三国町米ケ脇に分布あり。
オモノ 太茂野 タモノ 太茂野参照。
オモバヤシ 面林 広島県。地形。面の林から。広島県呉市吉浦中町に分布あり。
オモハラ 小面原 京都府宇治市・埼玉県北葛飾郡松伏町。埼玉県北葛飾郡松伏町松伏に分布あり。
オモヒラ 面平 愛媛県西予市・愛媛県松山市。地形。面の土地から。ヒラが「傾斜地」を意味する例あり。
オモミ 表見 山口県岩国市・広島県。地形。表の見える土地から。山口県岩国市天尾荒瀬に分布あり。
オモムラ 面村 広島県広島市。地形。面の村から。広島県広島市南区仁保に分布あり。
オモモト 面本 広島県呉市。地形。面の本となる土地から。広島県呉市吉浦松葉町に分布あり。
オモヤ 重谷 シゲタニ 重谷参照。
オモヤ 面谷 オモタニ 面谷参照。
オモヤ 面家 和歌山県、広島県、大阪府。面屋姓あり。和歌山県紀の川市下鞆渕に分布あり。
オモヤ 面屋 広島県、福井県、石川県。職業。石川県では仮面を製造する面打ちからと伝える。広島県山県郡北広島町荒神原、福井県坂井市三国町山王、石川県鳳珠郡能登町国光に分布あり。
オモヤ 面矢 和歌山県、東京都。面屋姓あり。和歌山県橋本市妻に分布あり。
オモヤ 表谷 オモテヤ 表谷参照。
オモヤ 重矢 大阪府、福井県。母屋姓あり。福井県坂井市丸岡町長畝では農業に従事していたと伝える。推定では江戸時代。
オモヤ 重家 広島県東広島市、長崎県西海市・福井県坂井市。シゲイエも含む分布。広島県東広島市高屋町高屋堀ではシゲイエ。男性の名前に重家あり。母屋姓あり。
オモヤ 重舎 広島県、大阪府。母屋姓あり。広島県東広島市安芸津町木谷に分布あり。
オモヤ 尾茂谷 石川県加賀市、石川県金沢市・徳島県美馬市。事物。母屋の異形。徳島県美馬市木屋平川上では農業、林業に従事していたと伝える。
オモヤ 尾茂弥 広島県三次市。母屋姓あり。
オモヤ 重屋 福井県越前市・福井県鯖江市。母屋姓あり。
オモヤ 母屋 新潟県佐渡市。事物。中心となる建物から。新潟県佐渡市小木町に分布。
オモライ 面来 メンライ 面来参照。
オモリ 小森 コモリ 小森参照。
オモリ 尾森 神奈川県、広島県、北海道。御守姓あり。神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴では漁業に従事していたと伝える。推定では江戸時代。オンモリ 御守参照。
オモロ 小室 コムロ 小室参照。
オヤ 小屋 コヤ 小屋参照。
オヤ 尾家 オイエ 尾家参照。
オヤ 雄谷 オオヤ 雄谷参照。
オヤ 尾矢 北海道、富山県、三重県。尾屋姓あり。富山県氷見市仏生寺に分布あり。
オヤ 尾屋 和歌山県、大阪府、北海道。和歌山県東牟婁郡那智勝浦町市屋は江戸時代から記録のある地名。同地に分布あり。
オヤ 親 チカ 親参照。
オヤ 屋家 三重県南牟婁郡紀宝町。三重県南牟婁郡紀宝町成川に分布。
オヤイ 親井 三重県伊勢市。三重県伊勢市尾上町に分布。
オヤイズ 大柳豆 静岡県浜松市中区。小柳津の異形。オヤイヅ 小柳津参照。
オヤイヅ 小柳津 愛知県、静岡県。静岡県焼津市小柳津発祥。鎌倉時代に「小楊津」の表記で記録のある地名。
オヤイヅ 尾焼津 静岡県静岡市。小柳津の異形。
オヤイヅ 大柳津 東京都。小柳津の異形。愛知県西尾市に江戸時代にあった。
オヤイデ 小柳出 静岡県伊豆市。小柳津の異形。オヤイヅ 小柳津参照。
オヤエ 親衛 宮崎県。個人名。宮崎県日南市板敷の庄屋の米良庄左衛門(別名:米良守衛)が名前の「衛」を使用して命名した明治新姓。メラ 米良参照。
オヤカワ 親川 沖縄県南城市、沖縄県名護市。沖縄県名護市親川発祥。琉球王国時代から記録のある地名。琉球音はウヤガー。
オヤキ 親木 奈良県奈良市、奈良県宇陀市。事物。親木は接ぎ木、挿し木をする際のもととなる木。奈良県宇陀市室生下田口に分布あり。
オヤギ 大八木 オオヤギ 大八木参照。
オヤギ 小八木 コヤギ 小八木参照。
オヤギ 小谷木 コヤギ 小谷木参照。
オヤケ 小宅 福島県、栃木県、茨城県。栃木県芳賀郡益子町小宅発祥。江戸時代から記録のある地名。同地で1264年から1275年(文永年間)に清原氏が小宅姓を称して小室の地名を小宅に改称したと伝える。キヨハラ 清原参照。
オヤケ 尾宅 岐阜県、愛知県・滋賀県。岐阜県大垣市橘町、岡山県倉敷市西坂に分布あり。
オヤケ 尾屋家 愛媛県西予市、広島県・岡山県。愛媛県西予市三瓶町下泊に分布あり。
オヤケ 親家 シンカ 親家参照。
オヤザキ 親崎 福井県丹生郡越前町、滋賀県。福井県丹生郡越前町大樟が本拠。同地に江戸時代にあった。同地では平安時代から居住していたと伝える。
オヤザト 親里 沖縄県。沖縄県宮古郡多良間村塩川に分布あり。
オヤザワ 小谷沢 山形県、千葉県。山形県東置賜郡高畠町上和田に分布あり。
オヤザワ 小谷澤 群馬県桐生市。小谷沢の異形。
オヤシキ 御屋敷 福岡県築上郡上毛町・埼玉県。福岡県築上郡上毛町上唐原に分布あり。
オヤシキ 尾屋敷 和歌山県新宮市。和歌山県新宮市三輪崎に分布。
オヤジマ 尾矢島 長野県松本市。長野県松本市新村に分布あり。
オヤタ 親田 沖縄県うるま市。沖縄県うるま市勝連南風原が本拠。
オヤタニ 親谷 石川県、北海道、兵庫県。石川県白山市中宮の谷の名称である親谷(オヤダニ)から発祥。
オヤド 尾矢戸 奈良県奈良市。奈良県奈良市東九条町に分布あり。
オヤドマリ 親泊 沖縄県。沖縄県国頭郡今帰仁村今泊(旧:親泊)は琉球王国時代から記録のある地名。琉球音はエードゥーメー。和歌山県ではオヤドマリからシンパクに発音を変えたと伝える。伝承からの推定では1960年頃。
オヤナ 御簗 福井県吉田郡永平寺町。事物。福井県吉田郡永平寺町松岡春日に江戸時代にあった。同地では福井県吉田郡永平寺町松岡葵が藩庁の越前松岡藩で梁掛け(ヤナカケ)をしていたと伝える。
オヤナギ 小柳 コヤナギ 小柳参照。
オヤナギ 尾柳 宮崎県、大阪府、京都府。小柳姓あり。宮崎県東臼杵郡美郷町南郷神門に分布あり。コヤナギ 小柳参照。
オヤノ 小谷野 コヤノ 小谷野参照。
オヤノキ 親木 オヤキ 親木参照。
オヤバヤシ 親林 山口県宇部市。山口県宇部市棚井棚井中に分布。
オヤフソ 親富祖 沖縄県浦添市。沖縄県浦添市屋富祖(旧:親富祖)発祥。琉球王国時代に記録のある地名。
オヤブネ 大矢船 大阪府河内長野市。大阪府河内長野市の大矢船(オオヤブネ)は記録時代不詳の地名。
オヤブネ 大屋船 岡山県津山市。大矢船姓あり。
オヤベ 小谷部 山形県、秋田県。小矢部姓あり。山形県西置賜郡白鷹町横田尻に分布あり。
オヤベ 親部 富山県射水市。小矢部の異形。富山県射水市松木にある浄土真宗の光円寺の僧侶による明治新姓。同寺では富山県小矢部市から江戸時代の中期に来住して寺を創建したと伝える。
オヤベ 小矢部 石川県金沢市。富山県小矢部市発祥。平安時代から記録のある地名。地名は「小野部」、「大矢部」とも表記した。
オヤマ 小山 コヤマ 小山参照。
オヤマ 尾山 富山県。①富山県黒部市尾山発祥。江戸時代から記録のある地名。②石川県金沢市(旧:尾山)発祥。戦国時代に記録のある地名。富山県下新川郡入善町八幡では石川県南部(旧:加賀国)の尾山から1630年(寛永7年)に来住したと伝える。③小山の異形。北海道檜山郡江差町尾山町では1697年(元禄10年)に小山氏が北海道松前郡松前町松城が藩庁の松前藩主から尾山姓を賜って地名も小山から改めたと伝える。コヤマ 小山参照。④鹿児島県南九州市川辺町中山田の小字の尾之山下から発祥。⑤宮崎県えびの市大明司の小字の尾山から発祥。同地に江戸時代に門割制度の尾山門があった。⑥地形。尾根と山から。徳島県美馬郡つるぎ町貞光乙部では明治新姓と伝える。※長野県上田市生田尾野山の尾野山城の城主に戦国時代にあった。姓の発音はオノヤマ。
オヤマ 雄山 京都府京都市、岐阜県・長野県。①富山県中新川郡立山町にある立山の主峰の雄山から発祥。富山県高岡市上牧野にある浄土真宗の長福寺の僧侶による明治新姓。同寺での伝承。②事物。岐阜県岐阜市伊奈波通にある浄土宗の誓願寺の僧侶による明治新姓。同寺の山号の大雄山から「雄」、「山」を使用。③事物。兵庫県丹波市柏原町柏原の八幡神社の神主による明治新姓。同社では1868年の神仏分離により同地にある高野山真言宗の乗宝寺の僧侶を辞した際に山号の雄徳山から「雄」、「山」を使用したと伝える。④コリア系。長野県諏訪郡富士見町で1983年2月14日に帰化の記録あり。本姓は権。ゴン 権参照。
オヤマ 男山 オトコヤマ 男山参照。
オヤマダ 小山田 北海道、岩手県、福岡県。①岩手県花巻市東和町北小山田発祥。室町時代から記録のある地名。アイヌ系。推定では同源。北海道千歳市蘭越に分布あり。②宮城県柴田郡大河原町小山田発祥。戦国時代から記録のある地名。③東京都町田市上小山田町・下小山田町発祥。南北朝時代から記録のある地名。④福岡県築上郡築上町小山田発祥。鎌倉時代から記録のある地名。⑤福島県須賀川市上小山田・下小山田発祥。江戸時代から記録のある地名。⑥鹿児島県鹿児島市小山田(コヤマダ)町発祥。室町時代から記録のある地名。⑦鹿児島県肝属郡肝付町岸良小山田発祥。同地に江戸時代に門割制度の小山田屋敷があった。⑧地形。鹿児島県日置市吹上町和田に江戸時代にあった門割制度の小山田屋敷から。屋敷名は小さな山と田から。⑨創賜。愛知県名古屋市中区本丸が藩庁の尾張藩士に江戸時代にあった。同藩士は江戸時代に山田姓に「小」を追加したと伝える。ヤマダ 山田参照。⑩創賜。和歌山県田辺市上屋敷が藩庁の紀伊田辺藩士に江戸時代にあった。同藩士は山田原姓を憚って称したと伝える。推定では江戸時代初期。ヤマダハラ 山田原参照。※愛知県西尾市吉良町小山田発祥。江戸時代から記録のある地名。後に小山姓に改姓したと伝える。コヤマ 小山参照。
オヤマツ 親松 新潟県。新潟県新潟市中央区親松発祥。江戸時代に「親松新田」と呼称した地名。
オヤマツ 小谷松 新潟県長岡市。親松の異形。
オヤマツ 新谷松 新潟県新発田市、新潟県長岡市。親松の異形。
オヤマツ 小山松 千葉県、山形県・岩手県。親松の異形。山形県山形市蔵王半郷に分布あり。
オヤミ 親見 シンミ 親見参照。
オヤモト 親本 愛媛県喜多郡内子町・愛媛県松山市・広島県三原市。「親」を含む姓あり。
オヤモト 親元 長崎県壱岐市。「親」を含む姓あり。長崎県壱岐市芦辺町諸吉本村触に分布。
オヤモリ 親盛 沖縄県八重山郡竹富町・沖縄県石垣市。沖縄県石垣市に「盛」を含む姓あり。
オヨカワ 及川 オイカワ 及川参照。
オヨシ 尾吉 兵庫県加古川市。兵庫県加古川市東神吉町出河原に分布。
オヨビカワ 及川 オイカワ 及川参照。
オヨビキ 及木 長野県上田市。長野県安曇野市三郷明盛及木発祥。戦国時代から記録のある地名。
オヨベ 及部 愛知県豊橋市。愛知県豊橋市仁連木町に江戸時代にあった。
オヨリ 尾寄 京都府亀岡市。和歌山県和歌山市一番丁が藩庁の紀州藩士に江戸時代にあった。同藩士は静岡県菊川市付近(旧:城飼郡(別名:城東郡))の尾寄から称したと伝える。伝承からの推定では戦国時代以前。位置不詳。
オラナカ 緒良中 熊本県。緒方姓あり。熊本県宇城市松橋町曲野に分布あり。オガタ 緒方参照。
オリ 小里 コザト 小里参照。
オリ 織 大阪府、長野県、静岡県。織部姓あり。静岡県浜松市では岐阜県関市の出と伝える。善隣。大阪府大阪市旭区生江で東京時代に皮革業者にあった。オリベ 織部参照。
オリ 折 富山県、熊本県、石川県。「折」を含む姓あり。富山県高岡市吉久、熊本県荒尾市蔵満に分布あり。
オリ 尾利 埼玉県深谷市・東京都。埼玉県深谷市西大沼に分布あり。
オリイ 折井 長野県、東京都、兵庫県。折居の異形。長野県松本市白板では折居姓だったと伝える。長野県諏訪市高島が藩庁の諏訪藩士、岡山県岡山市北区丸の内が藩庁の岡山藩士に江戸時代にあった。
オリイ 折居 福岡県福岡市東区、山梨県、岩手県。①山梨県韮崎市清哲町折居発祥。戦国時代から記録のある地名。地名は「折井」とも表記した。福岡県福岡市東区志賀島が本拠。②岩手県奥州市水沢真城折居町発祥。江戸時代から記録のある地名。岩手県盛岡市内丸が藩庁の盛岡藩士に江戸時代にあった。③新潟県阿賀野市折居発祥。鎌倉時代に「下居」の表記で記録のある地名。同地に分布あり。④折井の異形。滋賀県彦根市金亀町が藩庁の彦根藩士に江戸時代にあった。推定では同藩主だった井伊氏の「井」を憚って江戸時代初期に改姓。※島根県浜田市折居町は鎌倉時代に「おりゐ」の表記で記録のある地名。
オリイ 織井 長野県、福島県、東京都。折居姓あり。長野県伊那市東春近に江戸時代にあった。
オリイ 下居 秋田県にかほ市、大阪府・広島県。シモイも含む分布。下井の異形。滋賀県彦根市金亀町が藩庁の彦根藩士に江戸時代にあった。推定では同藩主だった井伊氏の「井」を憚って江戸時代初期に改姓。シモイ 下井参照。
オリイ 織居 東京都大田区。折居姓あり。
オリイケ 折池 石川県金沢市。地形。折れ曲がった土地と池から。石川県金沢市二俣町に分布あり。
オリイシ 居石 スエイシ 居石参照。
オリウ 折宇 徳島県勝浦郡勝浦町。徳島県勝浦郡勝浦町沼江の小字の折宇から発祥。
オリウ 尾竜 茨城県稲敷市。事物。茨城県稲敷市浮島の尾島神社の「尾」と同地の秋葉神社に合祀となった竜崎(タツザキ)神社の「竜」から神主が称したと伝える。推定では江戸時代。
オリウチ 織内 福島県いわき市、東京都。折内の異形。福島県いわき市では室町時代に折内姓から改姓したと伝える。
オリウチ 折内 福島県いわき市、北海道、茨城県。福島県田村郡小野町南田原井折ノ内発祥。福島県いわき市では室町時代には称していたと伝える。
オリエ 織江 秋田県由利本荘市、北海道、山形県。山形県北村山郡大石田町横山にある浄土真宗の浄栄寺の僧侶に東京時代にあった。同寺は岡山県真庭市大庭に戦国時代にいた織江氏が出家して創建したと伝える。
オリエ 折江 富山県富山市。富山県富山市田畠では農業に従事していたと伝える。推定では江戸時代。
オリエ 織衛 兵庫県。兵庫県淡路市下司に分布あり。
オリエ 織恵 茨城県・埼玉県・東京都。織江姓あり。茨城県つくば市島名に分布あり。
オリオ 折尾 鹿児島県。①鹿児島県南九州市頴娃町上別府折尾発祥。同地に江戸時代に門割制度の折尾門があった。②地形。鹿児島県鹿屋市下高隈町に江戸時代にあった門割制度の折尾門から。門名は曲がった尾根から。③佐賀県唐津市屋形石に江戸時代にあった。同地では草分けと伝える。福岡県北九州市八幡西区折尾は室町時代から記録のある地名。
オリオ 織尾 福岡県鞍手郡鞍手町・和歌山県橋本市。折尾姓あり。
オリオカ 織岡 徳島県那賀郡那賀町・大阪府・京都府。徳島県那賀郡那賀町木頭折宇(オリウ)に分布あり。
オリオカ 折岡 愛媛県、大分県・福岡県。愛媛県伊予市双海町大久保に分布あり。
オリオク 織奥 鳥取県米子市。「織」を含む姓あり。鳥取県米子市富益町に分布あり。
オリオノ 折小野 オリコノ 折小野参照。
オリオノ 遠里小野 大阪府。大阪府大阪市住吉区遠里小野・堺市堺区遠里小野町発祥。奈良時代から記録のある地名。地名は「瓜生野(ウリウノ)」とも呼称した。
オリカケ 折懸 千葉県、群馬県佐波郡玉村町。千葉県印西市松虫、群馬県佐波郡玉村町樋越に分布あり。
オリガケ 織掛 広島県。広島県広島市西区高須に分布あり。
オリカサ 折笠 福島県、北海道、新潟県。茨城県日立市折笠町発祥。江戸時代から記録のある地名。※青森県弘前市折笠は戦国時代に「縫笠」の表記で記録のある地名。
オリカサ 織笠 青森県三沢市、岩手県。①青森県三沢市織笠発祥。江戸時代から記録のある地名。②岩手県下閉伊郡山田町織笠発祥。戦国時代から記録のある地名。地名は「折笠」とも表記した。
オリカタ 折方 兵庫県赤穂市。兵庫県赤穂市折方発祥。江戸時代に「織方」の表記で記録のある地名。地名は「織潟」とも表記した。
オリカタ 織方 オガタ 織方参照。
オリカナイ 居ケ内 青森県三戸郡三戸町。青森県三戸郡三戸町貝守の小字の居ヶ内(オリガナイ)から発祥。
オリカネ 折金 長野県飯田市、千葉県。長野県飯田市川路の小字に折金(オリガネ)あり。長野県飯田市駄科に分布あり。
オリガネ 織金 兵庫県宍粟市、兵庫県姫路市。事物。金から。兵庫県宍粟市山崎町須賀沢が本拠。同地付近にあった鉱山が金を織り出す山ということで「降金」、「下金」と表記して後に「織金」の方がいいとの考えで変更したと伝える。伝承からの推定では江戸時代。降金は現存するか不明。シモカネ 下金参照。
オリカベ 織壁 青森県八戸市・東京都・神奈川県。折壁の異形。青森県八戸市内丸が藩庁の八戸藩士に江戸時代にあった。
オリカベ 折壁 岩手県盛岡市。岩手県一関市室根町折壁発祥。江戸時代から記録のある地名。
オリガミ 折上 徳島県。徳島県那賀郡那賀町木頭折宇発祥。江戸時代から記録のある地名。折宇の「折」を使用。同地に分布あり。
オリカミ 折紙 広島県三次市。折紙(オリガミ)は紙を折る遊び。広島県三次市上志和地町に分布あり。
オリカワ 折川 埼玉県、富山県、広島県。①地形。折れ曲がった川から。富山県魚津市川縁が本拠。広島県東広島市西条町馬木に分布あり。善隣。埼玉県熊谷市御正新田が起源地。②青森県三戸郡階上町角柄折折川久保発祥。青森県三戸郡階上町角柄折に分布あり。
オリカワ 織川 青森県、北海道、愛媛県。折川姓あり。青森県上北郡七戸町左組、愛媛県上浮穴郡久万高原町下畑野川に分布あり。
オリカワ 渡川 トガワ 渡川参照。
オリカワ 居川 イカワ 居川参照。
オリカワ 折河 広島県東広島市。地形。折川の異形。広島県東広島市安芸津町風早に分布あり。
オリキ 折木 熊本県葦北郡津奈木町、滋賀県守山市。事物。折れた木から。熊本県葦北郡津奈木町千代に分布あり。