ゲームに対する興味は尽きない(・ω・)b <げきょ

産まれて30年ほどの娯楽であるビデオゲーム(映画は百年、書籍は千年以上)。
既存の媒体の良い点を取り込んでこれからも発展するこの娯楽に目が離せない。

縦画面テーブル筐体で東方神霊廟

BlogPaint
基板(PCB)やin1でどうにかしようというアプローチから方針変更w
(買ったけど使わないシンクロ連射基板(2万円)の反省を踏まえw)

LIVAと言う小型PCを2万円で購入〜
00LIVA
01LIVA2

ゲーム起動までは基本ワイアレスで
ゲーム起動してからは筐体のコントローラーという方向で
02Seting
ということで、2千円でUSBコントローラーを購入
(ELECOMのJC-AS01BKとかいう品。Amazonのレビュー通り4方向スティックでしたw
部品取りする私にゃ関係なし ^^;)
03controler
即日解体
04muita
この↓パーツを2千円で買ったようなもの
BlogPaint
100Vが流れるわけぢゃない(ショートする事態にゃなりようがない)ので
自分で作業することとしました。10年ぶりにハンダを使った^^;
ハンダ付け前
手書きでポンチ絵を描いてJAMMAにこんな感じでマッピングする計画して実施。
(JC-AS01BK側もこんな感じで)

出来た出来た
07maing
グランドとボタン類(スイッチ)以外はノータッチ

コイン投下を反応させるには、コインセレクターのためだけに無駄に電力を使うけど、
いちおう、上記コネクタに織り込んでおいた(・ω・)b
08Connect
そして接続(テーブル筐体の中はスカスカw)
コネクタ俯瞰
パワーオン
09縦画面PC
Windowsのコントローラー動作確認プロパティで
1P&2Pの上下左右、1P側のボタンA〜D、1Pが正常動作することを確認
ツインレバーゲームも対応させてます。。
BlogPaint
東方神霊廟を真・東方縦画面化ツールで縦画面化
最初の画面が横画面なので焦ったwゲームが始まると縦画面になった。
11
12toho
BlogPaint
外見(30年前)と中身(最近)のギャップが楽しい^^

--
■おまけ
コーラP箱(1リットル)入手し
日よけ を作り(作るってほどぢゃないw)
コーラ1リットルP箱入手
コントロールパネルのサイドに木目シール(100均で購入)貼り
レバーボールを赤玉にし
木目シール貼った
日よけ
駄菓子屋っぽい雰囲気を演出^p^
mission completed(・ω・)b

迷走:シンクロ連射基板を購入

接続してみた
テーブル筐体で遊んでる最中に知り合いが「連射も欲しい」とのたまわったので連射装置を検討。
配線回りは出来るだけ手を付けたくなかったのでNRS-1という中継基板を購入。
NRS-1

NRS-1_2

ドッキングせよ
ドッキングせよ
1〜3号機すべてドッキングw
接続してみた
ここの説明が解りやすく。設定番号3にしたら あっさりと連付きに^^

1〜3(A〜C)ボタンは連射付きになったけど、
4〜6ボタンを連射なし として活用したくなり ^_^;
ボタン配置
マニュアルでCPS1ハーネス入力ジャンパーが活用できると書いてあったので捜索すると
別の知人の助けで代替品を入手できました。
ボタン4-6

NRS-1のINPUT部からボタン4〜5に伸ばしファストン端子に接続。
配線
上段3ボタン連射付き、
下段3ボタン連射無しに
アッサリなった(´・_・`)

連射を所望した知り合いはすぐ飽きてたw
私が連射を活かして遊びたいゲームはガンスモークくらい orz

世界樹と不思議なダンジョンはじめました

ローグやネットハック、風来のシレン シリーズ は やりこめてない私ですが、
Rogue-like gamesは高校時代から気になっていてアンテナはってましたら、
面白い試みのソフトが発売されてました ^o^

ダンジョン探索をパーティを組んで挑め、
クエスト要素によりシナリオをこなす楽しみや、ボス戦もあります。



中村光一さんと古代祐三さんのインタビュー見たさに特典付き版を購入^^
Amazon
現在、第4迷宮(逢魔ノ樹海)のボスで詰まってますが、淡々とプレイ中。。
最下層まで行けばミッションクリアだと文章から読み取れたのですが、
実際のところ最下層のボスを倒さないと駄目らしく、
ほうほうの体で退散しました。
(ボスの上に階段があるため、いったんボスを階段から離すよう誘導してから階段へ移動...
しかも、階段にカーソル移動したのに、脱出するメニューがなかなか出なかった orz)

世界樹と不思議のダンジョン攻略サイトもポツポツ出てきたので、進まなくなったら見よう。。

一区切りつく毎(迷宮を1つこなす度)に過去のローグライクゲームの書籍などを見て
ゲームの進化に思いを馳せます^^;
Rouge絡みの各種コード新バージョンファン考察など興味が尽きない^^

NetHackと一緒に

スクラッチでミニゲームつくり

プログラミング環境の敷居を下げてくれる試み すばらしぃ(・ω・)b

解りやすいインターフェースなので特に説明も見ずに
簡単なミニゲームをサクっと作ってみました。

昔、Smalltalkとか気になってたけど、それの派生っぽい雰囲気で良いですね^^

公開(共有)された人の作品も見れて、どういうパーツの組み合わせで動いてるか見れるのも楽しい。。

作り込めば、ここまでできるみたいですね(・ω・)つ マリオミラー
右上の[中を見る]ボタンでソースの味見^p^

定番のテトリス倉庫番などもあり、
イベントドリブン的に良くできてるゲームとしてDon't Touch The Spikes←こんなのもあり・・・応用範囲広いです。

自分のも もっと遊べるものに改良せねば(^_^)

レストア品テーブル筐体で遊ぶ

外は懐かしく、中身は新しく。
をコンセプトに

三木商事さんのテーブル(カクテル)筐体をレストアした品で遊ぶ
レストアにこだわりを感じます^o^
00到着
赤い椅子、50円セレクター(100円セレクターを知り合いにドライバで調整してもらったw)で
雰囲気バッチリ

開錠jpg

60in1が入ってましたが
04_60in1
412in1に載せ換え、
05_412in1
ブラウン管ぢゃなくて液晶なのでスペースは充分あり、
小型PCが繋がります。筐体に充分に収まります。
オープンjpg
液晶は19インチ縦置き
(ブラウン管テレビを90度回転させるのは危険だったので、家庭では縦などなく憧れあり)
03液晶
01_モニター
電源、カウンター、配線まわりは右側に巧くまとまってます^^
23配線まわり

■とりあえずアーケードモード
412in1のゲーム選択画面。
10選択画面
(選択画面では、なんかセツナい音楽が流れてたけど設定変更でオフにしましたw)

ムンクレをプレイ
11_ムーンクレスタ
レディバグをプレイ
13LadyBug

■JAMMA基板ゲーム繋いでみた
このレストアの素晴らしい所はJAMMA基板のRGBを液晶に映す基板が搭載されてるところ。
IMG_1752
GBS-8220って品らしい。

基板のガンスモークを差して映すことも楽々できました
01ガンスモーク基盤

■レストア・テーブル筐体のコントローラー
 このレストアしたテーブル筐体は1P側レバーは操作してると天板にぶつかる・・・
 ワイン持ちでさえ接触するので、かぶせ持ちの人は辛いだろう、、
20難

その後の補足:
  スーパーポテトレトロ館に設置されたテーブル筐体を確認したところテーブル(天板)の
  高さが適度で かぶせ持ちでも人差し指が接触しませんでした・・・レストア元の筐体
  よって違い(当たりはずれ)があるみたいっす orz

その後の補足2:
 コンパネを下に押したら丁度良い具合の角度で指もあたらなくなった (・ω・)・・・
 (酔った勢いでやっただけなので)人には おススメできない対処だけど結果オーライw

■PCを入れて映してみる
手近なノートPCをD-Sub15pinで接続。
1360x768まで解像度はいけます。
(でも、自分の使い道では800x600もあれば充分ですw)
21_ノートPC
02_OS画面
画面フリップは直ぐできるにせよ、問題は音ですね
・・・まぁ、筐体の中にスピーカー入れておけばいいかな。
(レトロな感じを楽しみたいので、高音質ステレオ出力する必要もないw)

後日、下のカバーが開く事を知る(・ω・)b
IMG_1749
これは捗る!!!

ジュークボックスにしたり、縦画面動画を流したり、
↓こういうのフル画面で再生などなど。。


小型PCを中に入れて縦画面で遊ぶ環境を突き詰める妄想が広がる。

備忘メモ: OutRun "Augmented Reality Driving Video Game"

OutRunの走る筐体・・・乗りたいです^p^

ロケットスタート
ギアガチャ

シミュレータには無い ゲームらしい バグ技

何もかも懐かしい....

以下翻訳(ほぼ機械):
--
ガーネット・ヘルツ(Garnet Hertz)作 の ビデオゲーム複合コンセプトカーは、
実際 に 運転できる ビデオゲーム を作り出すために
電気自動車 と 車の形のアーケードゲームキャビネット を組み合わせたものです。

SEGAの8bitビデオゲーム"OutRun"を通じて、
物理的にドライブが可能な 独創的(ユニーク)な 複合シミュレーション を提供しています。

フロントガラスには、8bitのビデオゲームを 現実の世界に 変換する カスタムソフトウェアを提供しています。
運転中にユーザー(運転者)が 無限のゲームプレイの 機会を持つことができるようになります。

ヘルツ(Hertz)は、 OutRunが持つ ビデオゲームの 駆動コンポーネントを デ:シミュレートしました
ゲームの シミュレーションは ますます 現実に 近づこうとしています(通常はグラフィックスに焦点を当てるものですが)
このシステムは、 ゲームを 通じて "リアルな"ドライビング を 追求しています。

さらに このような ゲーム体験は、 自動車の ナビゲーションシステムで 運転しているような 体験ができます。
このOutRunは 駆動用の ナビゲーションツールとして、 コンピュータモデルを使用した 独創的な(世界唯一の)影響を 探っています。

[以上]
--
「デ:シミュレート」にピタりと充てはまる日本語が見当たらない・・・ので、そのまま記載。

いや~。乗りたいですねぇ~
気になったのは 蛇行した道で 蛇行した画面が出てないっすよ(・ω・;;) アレ?


走るリアル 「アウトラン」 プロジェクト

「どうぶつの森をプレイし続けた病気のお母さん」を思い出した

どうぶつの森シリーズをプレイすると思い出すのが、
以下のWeb漫画「どうぶつの森をプレイし続けた病気のお母さん」

http://gs.inside-games.jp/news/142/14278.html
泣ける動物の森


どうぶつの森を遊んだ事がある人が読むと、
凄くリアリティのある物語なので、
本当にあった話であろうとなかろうと 結構泣けます (というか、全俺は泣いた ^p^、)

--
オリジナル作者(ONESOUNDさん?)を突き止めて お礼でも言いたい所ですが、

これは
どうぶつの森を遊んだ 英語圏の方が描いた漫画を
(Korean系アメリカ人とかが) ハングルに訳したものが広まったのか?

韓国の人が描いた漫画が英語に翻訳されて広まったのか?
# その場合、登場人物が金髪に描かれている経緯が気になる。。

・・・追えないっす(;ω;)

まぁ、良い物語なのは違いないので仔細は問いませんが (・ω・)
このサイトについて(・ω・)b







このブログ内検索:
Twitter :


携帯で閲覧(QR)
QRコード
フィードメーター - ゲームに対する興味は尽きない(・ω・)b

PING送信プラス by SEO対策

プロフィール:
  • ライブドアブログ