373: 1/3 03/06/17 20:28 ID:XUbO9sEQ
    なんだかみんなの話を読んだら、私もひとつ書きたくなった。
    子供のころの話なんだけど、忘れられない曾祖父の話。


    母の実家。縁側の近くの壁際が曾祖父の指定席だった。
    冬はストーブの前で暖かく、夏は縁側からの風がさわやかな特等席。
    煙管で煙草をふかし、ひざにはいつも私か弟。
    曾祖父のおひざは特等席で、いつも取り合いのけんかになった。
    たまに飲む一杯のコーヒーを楽しみにしていた。
    相撲が大好きで、TVのチャンネル争いで本気でけんかしたこともあった(w
    大好きだった。「そこに居て当たり前」だと思っていた。

    曾祖父と私の間には、ひとつだけみんなに秘密にしておいたことがあった。

    その日、曾祖父は歩くと結構距離がある親戚の家まで行こうとしていたらしい。
    ぽかぽかといい陽気だったのをなんとなく覚えている。
    その親戚の家までは、とても幼い私の足で歩いていけるような距離ではなかったが、
    私はどうしてもついて行くと言ってきかなかったらしく、とうとう二人で出かけることになった。
    しかし、大方の予想通り歩けなくなって泣く私。そんな私を曾祖父は黙っておんぶしてくれた。
    家に帰ってからそれを言うと母や祖母に怒られるので、このことは私と曾祖父の秘密になった。
    その時の背中の暖かさと、ホッとした気持ち。今でもよく覚えている。

    続きを読む

    603: 大人の名無しさん 2006/06/08(木) 17:51:11 ID:21pKm3tb
    大好きだった隣のおばさん
    病弱で入退院を繰り返す父と、一日中働いて家族を養う母
    そんな両親の変わりに私の面倒を見てくれた
    ご飯を食べさせてくれたり洋服を買ってくれたり
    父や母に怒られて家を放り出された時に自分の家に匿ってくれたり…
    隣のおばさんに可愛がってもらう日々は高校卒業するまで続いた

    私は県外の大学に進学し卒業後その土地で就職
    大学で知り合った北の土地の人と結婚し移住した
    金銭的な問題もありなかなか実家に顔を出すことが出来ず
    顔を出してもあまり長居せず戻ってしまうことが多かった
    おじさん(おばさんの旦那さんの意)が
    脳梗塞で長期入院していることは聞いていたけど
    病院に詰めていて家にいないことを言い訳に顔を出さなかった

    先日、夫と些細なことから大喧嘩になり長期滞在の予定で実家に帰った
    おばさんとおじさんに会いたいと思い病院を訪ねたところ
    テレビの置いてある談話室のようなところでおばさんを見つけた
    ふくよかだった体はガリガリに痩せて小さくなり
    少し痴呆が入ったのかひどく疑心暗鬼になっていた
    金を狙っている、家を狙っているなど様々な理由で罵倒された
    あまりの変わり様に何も言えずお見舞いだけ押し付けて実家に戻った

    続きを読む

    531: 大人の名無しさん 2006/06/03(土) 17:33:33 ID:8LiZr+Jm
    ごめ、ちょっと限界なんで吐き出させてくれ。
    先日、息子が逝ってしまった。3歳だった。
    頭がおかしくなりそう。悲しい悲しい悲しい。
    仕事中でも人目をはばからず泣いてる。
    でも、嫁は泣いてない。
    そういえば嫁の涙を見た事がない。
    出産直後に息子の病気がわかったとき、お前のせいだと、なんの責任もない嫁を責めまくった俺。
    出産なんて大仕事をしたばかりでクタクタであろう嫁を責めた。
    あの時も泣かなかった。ただ悲しそうに俺の顔を見つめてた。
    なあ、なんで泣かないんだ?なんでそんなに強いんだ?
    俺はだめだよ。泣く事しかできない。一緒に泣いてくれよ。
    お前が気丈に振舞う度に、俺は辛くなるんだ。
    自分でももう勘付いてると思うけど、お前な、癌なんだよ。
    もしかして、あと少しすれば息子の元へ行けると思って泣かないのか?
    そうはさせるか。お前はまだまだ生きて、俺と一緒に息子の思い出話をしたり
    して、悲しくなったり、笑ったりするんだよ。
    神様、いるのなら俺から大事なものを2つも奪わないでくれ。
    頼むよ。こんなヘタレな俺が今まで頑張ってこれたのは、こんな俺でも守れるものがあったから。
    それを全部奪われたら、俺はどうすればいいんだ。

    誰か、ヘタレな俺を叱ってくれ。このままじゃ駄目になってしまう。
    ほんと、頼む。

    続きを読む

    306: 兵八 01/11/26 19:57
    「英霊の絶叫――玉砕島アンガウル」より――

     翌朝、それまでなかなか元気だった松島上等兵が苦しみを訴え始めた。
    負傷して三日目である。声の出せない彼は傷口を指差して、「傷の箇所を見てください」
    とでも言うように身悶えするのである。
     目を近づけて見ると、包帯は真っ赤に濡れていて今までとは違った症状を呈している。
    じっと観察すると、息を吐くときはその血のしぶきが吹き出し、息を吸うとさあっと引いてしまう。
    耳をすますと、ジブ、ジブ、シューシューという音があからさまに聞こえてくるのであった。
    呼吸のたびに傷口から空気が漏れているような感じである。間違いなく、松島にとっては
    最後のときがやって来たのだ。私は彼が哀れでならなかった。何か意中を聞いてやりたい気分に駆られた。
    「何か言いたいことはないか?」
     と私は彼に言った。聞いたとしても、私も遠からず死ぬ身である。遺族に伝言することなどは不可能であろう。
    しかし、彼は補充兵で故国には妻もあれば子もある。言い残したいことは多い筈であった。
     ・・・・・・彼は声も出せない重傷ではないか、どんな方法でその言わんとするところを聞き出せばよいのか。
    紙も鉛筆も無い洞窟の中で、私は咄嗟に彼の枕元なるべく近くに身を寄せて、私の掌を彼の正面に向けた。
    (私のとった行動の意味が彼に判るだろうか?)
     しかしそれは杞憂というものであった。松島は動かない手を微かに震わせている。既に硬直気味の
    彼の手は、もう自分の意志ではどうにもならないのである。私は急いで彼の右手に触れて、人差し指で
    字が書けるような拳にしてやった。彼の胸部からは尚一層、ジブ、ジブ、シューシューという
    不気味な音が激しく高くなっている。彼は私の掌の上で、ゆっくりと人差し指を動かし始めた。
    片仮名一文字を書くのに三十秒から一分かかるような有様である。私も、一生懸命その書き文字を
    判読せねばならなかった。彼は髪と髭の伸びた顔を苦悶に引きつらせながら、それでも
    気力を振り絞って書いた。

    続きを読む

    310: 眠い人 ◆ikaJHtf2 01/11/26 23:17
    朝鮮戦争ネタ(最近こればっかりやけど許して)だけど。

    米海軍史上最初のアフリカ系米国人のパイロットの話。
    彼の名はジェス・ブラウン少尉。
    VF-32のF4U乗りだった。

    彼とコンビを組んだのは、白人のWASP階級の出身である、トム・ハドナー中尉だった。
    (ちなみに、高等学校ではジョージブッシュの知合いになり、海軍兵学校ではジミーカーターと
     知合いになっている)
    彼らはVF-32のロッカールームで会ったとき。随分前からの知己のように自然に握手を
    交わした。
    以来、チームとしてコンビを組んできたのである。

    さて、やがて彼等の属するVF-32は空母Leyteに乗り組み、朝鮮へと出撃した。
    何度も出撃したが、操縦技術に一日の長のあるジェスが分隊編隊の長機であった。

    1950年12月4日、彼等の乗ったF4U-4Bが敵地上空をさしかかったとき、中国兵が一斉に
    小銃を撃ち上げた。
    運悪く、その弾の一つがジェスの乗ったF4Uの弱点である滑油冷却器に命中した。

    被弾三分後、彼の機のエンジンが止まった。
    しかし、パラシュートは使えない低高度で、猫の額のような平地に不時着するしかなかった。
    不時着後のあまりの機体の損傷状態に、誰もジェスが生きているまいと思った。
    が、彼は生きていた。
    しかし、コクピットから出てくる気配はない。
    トムは迷わず、ジェスを助けるために自らも不時着する事を決めた。
    誰も反対するものがいなかった。

    続きを読む

    364: 大人の名無しさん 03/06/17 07:32 ID:XPdJiU5Q
    ここを読んで、私も自分の祖母のことを思い出しました。
    まだ20代で申し訳ありませんが、少し語らせて下さい。

    私の両親は、私が小さい頃からなんだかよくわからない占いに没頭していて
    ある日その占い師に「お前の家の家相が良くないから家を出なさい」と言われ
    私が小学3年の時に祖母を1人残して同県内ですが引っ越しました。
    初めは祖母も一緒に来るように説得しましたが、昔から家を託され
    守るように住んでいた祖母にはそんな話は理解できず(当然と言えば当然ですが)
    両親とは対立し結局その後、祖母とは絶縁してしまいました。
    私の両親は、自営業で忙しく、おまけに借金も沢山あったので占い師の
    言う言葉が本当に救いだったようです。わらにでも縋りたかったようでした。

    そんな私の祖母は気がきつく、いい所育ちだった為かプライドの高い人で
    見栄っ張りで、そんな性格のせいか両親とは折り合いが良くありませんでした。
    祖母はいつも両親の悪口を言っていました。子供としては自分の親の
    悪口を聞かされるのは辛かったですが、不器用で無愛想でプライドが高くて
    思っている感情を素直に出せない、でもそんな祖母が私は大好きでした。
    末孫というのもあって、私のことは他の孫よりも格別に可愛がってくれました。
    どこへ行くのも一緒に手を引いてくれた祖母のことが今でも思い出せます。
    しかし両親は、絶縁して一旦家を飛び出したからには意地でも家に帰らないと
    決め込んでいて、祖母もそんな性格ですから自分から戻ってきて
    などと言うことが有り得る筈も無く。私は同県内とはいえ、実家より
    電車で2時間離れた場所で両親と3人で暮らしていきました。

    続きを読む

    133: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)11:40:05 ID:???
    11歳下の弟が結婚した途端変になった。

    弟のお嫁さんの父は大きくはないが建築会社を経営していて
    たまに公共事業の下請けなんかもやるんで結構な年商があるらしい。
    お嫁さんはそこの一人娘。

    弟は婿養子もないしその会社に入社したわけでもないんだが
    結婚した途端、嫁父に(弟にしたら舅に)
    「この家の家計は今後ボクが預かります。言っておくがボクは厳しいですよ。
    いままでのような散財はさせませんし、自由にできると思ったら大間違いですからね(キリッ」
    とかましたらしい。

    最初のうちはお嫁さんも舅も冗談だと思って笑ってたんだが
    弟がいつまでも同じことばっかり言うんで本気だとわかって
    ついに舅さんが苦言を呈したらしい。
    すると弟は目を三角にして怒鳴り、殴りかからんばかりだったとかで
    お嫁さんが必死に止めて、とばっちりでちょっと殴られたりしながら
    なんとか自宅に連れかえったそうだ。

    続きを読む

    371: 1/2 03/06/17 18:51 ID:GRiE8tgG
    このスレを読んで文字通り号泣しました。
    誰でもそれぞれ比べようのない人生を背負って必死に生きているのだ、とか
    人間ってなんて弱いんだろうと思うと同時になんて美しいんだろう、とか
    本当に尊いものはこんなに身近に、しかも無数に転がっているのに、とか
    たった20年ちょっと生きただけで何でも知ってるつもりになってた自分が
    本当に情けなくて恥ずかしくなってきたりとか、
    色んな感情がこみ上げてきて今も涙が止まりません。

    支離滅裂な文章ですいません。この気持ちを上手く言葉にすることが出来ないのです。


    これだけだとスレ違いなので自分の話をします。

    自分には祖母がいて、母とちょっと軋轢があるようでした。
    祖母はいつも母に遠慮していて、何かにつけて母の顔色を伺っていて
    その様子は傍からみていて少し胸が痛みます。
    けれど自分は祖母の口うるささに嫌気がさしていて、
    祖母に小言を言われるたびに母と一緒になって反論してました。

    そんなある日祖父が亡くなって葬式やらの準備でバタバタしていたとき、
    迷惑になるからと飼い猫を部屋に閉じ込めておいたのですが
    祖母がうっかりドアを開けてしまい飼い猫が逃げてしまったのです。
    それで母と自分は何で猫が居るのを知っていたのにドアを開けたんだと
    祖母を責めました。式の準備の忙しさにみな苛立っていたのか
    かなりきついことを言ってしまったような気がします。
    (続く)

    続きを読む

    547: 大人の名無しさん 2006/06/06(火) 13:04:57 ID:ti6xrBSg
    微妙な雰囲気だけど吐き出させてくれ。

    ちょっと古い言い回しかもしれないけど、
    1年前まで自分は勝ち組だと思っていた。
    別に株で大もうけとか、親が資産家とかでは全く無いけど、
    幸せな家庭で育ち、そこそこの学歴もあり、収入も平均よりは
    あったし、2年位前に5年間付き合った彼女と結婚し、
    20代で都内に戸建も買った。

    でも、そうして自分なりに築き上げてきたつもりでいたものが
    如何に脆いものであったかここ1年で思い知らされた。

    ちょうど10ヶ月ほど前、妻の浮気が発覚した。
    仕事が忙しくてのびのびになっていた新婚旅行に出発する前日に。
    しかも、浮気をされていたのは、新婚旅行期間中の休みを取るために
    ほとんど休みも取らずに働いていた約半年間の間。
    自分では円満な関係だと思って疑っていなかっただけに、
    本当にショックだった。
    結婚してたった半年で浮気をされていたのかと思うと、
    自分自身がそんなに魅力の無い人間なのかと思い情けなくて
    情けなくて涙も出てこなかった。

    色々ごたごたはあったけど、結局その2ヵ月後離婚した。

    続きを読む

    1: 1 ◆WiJOfOqXmc 投稿日:2012/01/15(日) 03:43:40.34 ID:WuLtuWlB0
    俺:大学生、さえない男
    たまの休みや講義の空きにゲーセンに行って格ゲーをやるのが好きだった
    そこであった話を、ちょっと書かせて欲しい



    2: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2012/01/15(日) 03:43:58.79 ID:h1w7AQ2J0
    聞くぞ



    4: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2012/01/15(日) 03:45:09.48 ID:73nBPBuo0
    かまわんよ



    5: 1 ◆WiJOfOqXmc 投稿日:2012/01/15(日) 03:45:18.42 ID:WuLtuWlB0
    俺はといえば、大のゲーセン好きだった。
    格ゲーにアケカードゲーに音ゲ、割となんでもやってた。

    というより、そのゲーセン独特の雰囲気が大好きだったんだ。

    続きを読む

    このページのトップヘ