25: 名無し三等兵 01/10/29 23:06 ID:ux8By2pL
    名前:名無し三等兵 投稿日:2001/03/22(木) 23:26
    落合信彦の本からだからそのつもりで(笑)。オイラが泣いたのはこれ。

     ノルマンディ上陸作戦で戦死した兵士のポケットに入っていた紙に書かれていた、

    続きを読む

    801: 大人の名無しさん 03/01/18 18:27 ID:X1+rwsdw
    年末の帰省時に姪(弟の5歳児)を預る予定だった。

    前年帰省の際、土産を忘れた俺は、土産代わりに子守する事にしたが、これが大好評。
    特に義妹(28)からは「義兄さんのおかげで久々に旦那とデート出来た!」と喜ばれた。
    その時は姪の希望でとっとこハム太郎の映画に連れて行った。4歳児が映画館でじっとしてられるか不安
    だったけど無事終了(泣くとやばいんで同時上映のゴジラは見なかった)。
    パンフ 買ってゲーセンでハム太郎のぬいぐるみ捕って。
    劇中歌のミニはむずの曲の着メロ落して車の中で鳴らし続けたり
    (普段は仕事ユースのエッジなんでマナーにしてて鳴らさないんだが)。
    姪は初めての映画館が相当嬉しかったらしく、正月休み明けまで「楽しかった」を連呼していた。
    姪の楽しげな様子を見ていて、家族皆が幸せだった。

    去年の夏の終り頃、姪から電話があった。
    「今年もハム太郎の映画があるんで連れてってください。」
    義妹に「連れて行って欲しかったら自分でちゃんと頼みなさい」といわれ電話したらしい。
    連れて行く約束をして電話を切り、ググってみると、
    確かに「劇場版とっとこハム太郎2 12月公開」のページがあった。

    続きを読む

    794: 名無しさん@毎日が日曜日 03/01/17 02:52 ID:m0YNr1QJ
    スレ違いかもしれないが…
    小学4年のとき、母が死んだ。だが泣けなかった。いや、泣いた
    だろうが、それは、みんなが泣いてたから…
    もちろん、人の死ということが理解できなかったということも
    あるだろう。だけど、悲しいという感情が自然と出てこなかった
    という事実は、なぜか負い目として残った。なぜ、心から悲しい
    という感情が浮かばなかったのか。後年振り返ってみてずいぶん自責の念に
    とらわれた。自分の4歳上の姉は母に取りすがって泣いていた
    というのに。ああ、俺は感情がないのかな、人間じゃ
    ないのかなって思った。

    続きを読む

    597: 大人の名無しさん 2005/09/30(金) 00:04:44 ID:N2rPGj1W
    うちには大きなコーギーがいる。とても立派なコーギーなのだ。
    普通のは10キロ前後だが、うちのは15キロ近くある。

    ある春のこと我が家にとって初めての犬がやってきた。
    まだ子供でとても小さなかわいいコーギーだ。
    ただ他のコーギーの子犬と比較すると体は小さく、食も細かった。
    性格はやんちゃで、よく人の足にじゃれついてきた。
    また髪の毛で遊ぶのが好きで、よくお袋の長髪はおもちゃになっていた。
    ただ割りと寝ている時間の長い子だった。

    散歩のときはとても困った。とにかく歩かないのだ。歩いてもすぐ止まってしまう。
    強引に引っ張って連れていっていたが、まあ犬はこんなもんなのかなぐらいに考えていた。
    動物病院の先生に相談すると、この子は自分がリーダーだと思っていますねと言われた。
    ようするに、エサを食べないのも散歩で歩かないのもわがままだと。

    その子がうちにきて三ヶ月ほど経ったころ、なんだか具合が悪いのかだんだん寝てる時間が
    多くなりエサの食べなくなっていった。
    きっと散歩で歩かないからこの子は腹が減らないんだ、と考えた俺とお袋はその子を
    散歩に連れ出した。するとその日はなんだかよく歩いた。
    でも翌日吐いてしまったので動物病院に連れて行くと、
    病院で入院させましょう、という話になった。

    その子を置いてうちに帰ってきて3時間ほどすると動物病院から電話がかかってきた。
    電話に出たお袋は、話しているうちに号泣しだしてしまった。
    どうやらただ事ではないことが俺にもすぐにわかった。
    すぐに病院に来てくれということらしい。

    続きを読む

    780: 大人の名無しさん 03/01/10 16:09 ID:WpOZo0a3
    祖父の話

    5年ほど前室内で転倒して大腿骨を骨折し歩くのはもう無理と
    医者に宣言されても平気で歩いて退院してきたり、
    持病が悪化して2000年を迎えるのは無理と宣言されても
    元気に新世紀を迎えたり粘り強い人だった。

    入退院を繰り返したが調子が悪くなれば「今年中に死ぬ」が口癖だったが
    体の調子が良ければ「100歳まで生きる」が口癖、
    そう言い続けて数年経っていた。

    昨年秋に入院し、年末には退院できる見込みだったが
    ちょっと調子を悪くして正月を病院で過ごし3日に意識混濁、
    その後、意識不明になり7日の昼に旅起つ。

    続きを読む

    530: 大人の名無しさん 2005/09/24(土) 09:40:09 ID:SgeDWm3t
    俺の母親はすごく虚栄心の強い人間だ。
    しかし田舎育ちだし、家も貧乏だったので普通の男としか
    結婚できなかった。
    その男は大手企業に勤めているとのふれこみだったので
    結婚したようだが、実はその会社の技能労務職(運転手)
    だった。
    のちのちまでずっとそのことにこだわっていた。
    しかし経済的にはごく一般的な生活を送っていたようだ。

    俺の母親はなんとか自分の虚栄心を満たせる対象をずっと
    探していたようだ。
    そこで目をつけたのが子供の教育。いわゆる教育ママという
    やつだ。
    絶えず周りと競争させ、有利になると優越感を得る。
    馬主のようなイメージか。
    そして目標は全国に名前がとどろいている有名私立中学に
    合格させること。とにかく必死だった。

    続きを読む

    474: 1/3 2005/09/08(木) 00:06:14 ID:mOdE7nqb
    よかったらつきあって下さい。

     私は今教師をやっています。前任校は俗にいう底辺校。大変な思いをして
    卒業生を出すことができたときに今の学校への転勤が決まりました。他の先
    生には「次の学校は優秀な生徒がいっぱいいるからいろいろ教えることがで
    きるぞ」と言われていました。ところが、実際は九九も危ない生徒がいる状
    況。上位と下位の成績が激しい学校だったのです。しかも、同僚も学校の名
    前にあぐらをかいているような人間が多数いるので生徒指導も学校としてま
    まならない状況です。
     そんな中でも1年間はなんとかやってこれました。ところが、同じ教科の
    教師と折り合いがつかないため苦労していました。その教師とは根本的に合
    わないようです。彼の身上は「教科書を教えるのではなく、教科書で教える」
    聞こえはいいのですが、教科の内容とかけ離れた授業のクレームを生徒から
    何度か受けています。また、クラブの指導も文科系のクラブですが、自分の
    部屋で下校時間をはるかに超えておしゃべりに興じている状態です。その状
    況に耐えかねて先日ついに納得いかないことをすべて本人にぶちまけました。

    続きを読む

    520: 大人の名無しさん 2005/09/22(木) 13:32:56 ID:wvTOnnj7
    ばぁちゃんのことが嫌いだった。
    母のことあんなにいじめてさ、見栄もプライドも高くて
    振り回されて苦労してる母の姿見るたびに、憎たらしかったよ。

    そんなばぁちゃんが最近ボケてきたようだ。
    もう10年も前になるのに、私が結婚したこと忘れてた。
    正月にひ孫の顔見せたというのに、お盆に来たらひ孫見て
    「この子ら誰?」ときたもんだ。

    今年のお盆のことだった。
    私は意地でもひ孫の顔を覚えて欲しいって気持ちがあって、
    帰り際に子供らを指して「ばぁちゃん、あなたのひ孫なんだからね。
    すごいよね。ひぃばぁちゃんなんてさ」って言ったらばあちゃん、
    「おお、そうねそうね」って笑ってくれた。
    あんな笑顔久しぶりに見たよ。
    車に乗り込んでから、介護の知識が多少ある夫が言ったわ。
    「あんまり落ち込むこと言いたくないけど、痴呆っていうのは言い聞かせれば
    治るってものじゃないんだよ。次会った時はもう子供らのこと忘れてるかもしれない。
    でも、すぐ忘れても会った瞬間だけでも笑ってくれれば、それでいいんじゃないかな」
    って。

    ばぁちゃんのこと哀れだと思いつつも、内心は他人事だったし
    あんなにはなりたくないとさえ思っていた。

    数週間前、ばぁちゃんが家で足を骨折した。
    母から連絡があったときに、ICUに入ってるって聞いた。
    なんで足骨折ぐらいでICUなのさ、大げさなと思ってたんだけど
    母から改めて話を聞いた。なんでICUなのかって理由。

    続きを読む

    247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/31(水) 21:13:19.99 ID:n2uFp0IsO
    168:名無しさん:2009/11/12(木) 17:15:46 ID:FC8knOJ6O
    日本びいきネタを一つ。
    なんで今日に限ってバイト入れたんだ、俺…
    ともあれ、天皇皇后両陛下の御即位二十年目のめでたい今日を、薄汚いアパートからお祝い致します。
    大和よ永遠なれ!ということで、そんな露人ネタ。

    朝から露人&英人&韓×5から、御即位二十年のお祝いメールを貰った。
    特に露人は、東京観光の時よろしく皇室には興味津々なようで 昼過ぎに来たメールには、

    「テレビで特別番組とかある?あるなら録画したい。
    昼休みに記念硬貨2つ買ったよ。両陛下分!
    ところで不安なんだけどさ、ロシア人が祝ってもいいの?硬貨買ってよかったの?
    よくないんなら返してくるから教えて。」

    と言われたんで、大丈夫だと教えたら喜んでた。

    続きを読む

    483: 大人の名無しさん 2005/09/13(火) 21:25:30 ID:Q7KX2axn
    出産した。
    今、6ヶ月。すっごく可愛い。
    笑うようになって・・・でも、泣き顔も
    これから泣いてやるぞっていう時の顔なんか特に。
    ここ一ヶ月近く、急に夜泣きが始まりました。
    泣くのでおっぱいあげて抱いて揺れてるとすぐ寝るんだけど
    下におろそうとすると泣く。また抱き上げてゆらゆらの繰り返し。
    2時間かけてやっと寝てくれたので私も眠ろうとすると・・・。
    映像で浮頭の中に浮かんでくる。
    子供の頃の悲しかったこと。
    完全主義で甘えを許さない両親に育てられた時の色んな事。
    今まで思い出したことなんてないのに。

    夏、息子を連れて暫く帰省した。
    いつも私の姿が見える狭い2LDKと違って実家で両親と食事している時は
    息子はリビングでひとり。
    私は両親の旅行の話や色々を聞きながらゆっくり食事が産前までの帰省の習慣。
    でも、私の姿が見えなくて声だけ聞こえるから息子は泣く泣く。
    食事を中断して息子を抱きにいく私に不機嫌な父。
    数日後父の我慢は限界だったらしくて怒り出した。
    「いつもニコニコしていなければ可愛がってもらえない、抱いてもらえないと
    いうことを今身体に教え込まなくてどうするんだ。
    泣くからといって抱いていては、子供に支配されてしまう。逆だ。
    親が子供を支配するんだ。」
     
    反論すると(人生初めての父への反論)
    「完璧に成功した育児をもとに言っているんだから私の言うとおりに
    すれば良いのだ。」と。

    続きを読む

    このページのトップヘ