2017年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    967: 大人の名無しさん 03/02/13 11:18 ID:UoByDRy+
    私が生まれてすぐ両親は離婚し、母の実家で祖父母、
    母と暮らしていた。母は私を育てるため、毎日毎日
    遅くまで残業していて、朝しか顔を合わせない日もたくさん
    あった。休日は母は疲れて遅くまで寝ていて、どこかへ
    連れて行ってもらった記憶もほとんどなかった。

    父兄同伴の遠足や運動会も、友達みんながお母さんと
    嬉しそうに手をつないでいるのを見てやりきれない気持ちに
    なった。

    私は手のかからない子供だったと思う。自分の感情を抑えて
    「会社休んで参観日に来て。」
    なんて無茶を言ったことなんかなかった。一人遊びも上手
    だった。すべてに遠慮して幼い頃から敬語を使う子供だった。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    9: 大人の名無しさん 2005/11/12(土) 11:29:10 ID:yYsyCGx/
    3年前に出産した。
    微弱陣痛というやつで分娩室に入ってからが長く、
    私は分からなかったのだけれど、両親、夫ともにとても心配していたらしい。
    無事産まれて退院して実家のお世話になっているときに
    母がお味噌汁をつくりながら後姿のまま
    「私が出産したとき、危険な状態でいよいよとなったら母と子をどちらをとりますかって
    おばあちゃん(祖母、母にとっては母)がお医者さんに聞かれたとき狂ったように泣いて
    娘を助けてくださいって言ったらしいけど、あんた(私)が分娩室に入ってから
    時間が長すぎて、おばあちゃんの気持ちがわかったよ。娘の出産は自分の出産より
    心配だよ・・・・」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    978: 大人の名無しさん 03/02/16 00:38 ID:LFlt5PL3
    小学生の時、インコ飼っていました。
    『ろくちゃん』と言う名前を付けて。確かテレビのキャラクターの名前だったと思います。
    ぺちゃくちゃ色々な事を話す、かわいいインコでした。
    ある日曜日、いつものように小屋を掃除するために小屋を風呂場に移動し、掃除を開始しようと
    思っていたら、珍しく【ろくちゃん】が扉付近から離れようとしません。
    これじゃ、餌箱も水皿も取れません。
    困った俺は、餌で【ろくちゃん】を小屋の奥の方に誘導しようと思い立ちました。
    予備の餌は、納戸に置いて有ったことを思い出し、取りに向かいました。

    納戸の戸を開け、餌を小量手に救って納戸の戸を閉めようとした時です。
    片足でその扉を押さえて完全に納戸の中に体を入れていた訳では有りませんでした。
    『バシャァ~ン』と言う音とともに、すごい勢いで戸が閉まったんです。
    その日は、風が強かったのですが小学校1年生にそんな観念は有りません。
    『どうしたの??』母親が飛んできて俺を見て『動くな!』みたいな事を言って
    どこかに電話していました。
    首が暖かいな。と思って手をやると、手には真っ赤な血。。。。。。。
    それから覚えていないんです。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    43: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/07(金) 16:58:29.00 ID:J+SaNSid
    10年以上前の話&長文だけど…

    小学生のころ、全国区かも今もあるのかも知らないけど、登校班というものがあった。
    ただ新一年生を同学区の6年生をリーダーとする子供たちで朝学校に送り届けるだけの内容なんだけど、
    普通期間も1週間~長くて1か月程度で、途中まで親がついて来たりするのも当たり前だった。
    それなのに、私が中学年の時の登校班には6年生も保護者も来なかった。
    それどころか他の上級生や同学年の子たちも来ず、何故か私と新一年生数十人だけ登校させられた。
    気付いたころには既に、この間まで幼稚園児だった子たち(正直クソガキだった)を一人で抱え込む羽目になっていた。
    しかも期間は何故か1学期中ずっと、毎日。毎朝普通の登校時間より1時間は早く家を出て新一年生たちを家まで迎えいった。
    本来なら公園とか目印になる場所に各々集まるだけのはずなのに。保護者もそれが当たり前かのような顔してた。
    怪我したり、ぐずったりする子がいたら私が責任を負い、機嫌を取り、時にはおぶって家まで送った。
    ランドセルが重いと騒ぐ子が一人いれば、何故か複数人分の荷物持ちをさせられることもあった。
    繰り返すが本来はやらなくてもいいはずのことなのに、私一人が全ての面倒を被らされた。

    さらに悪いことに、班の中に親子で問題な奴がいた。
    両親はいろいろあって倫理観と貞操観念がアレなことが地域に知れてるようなやつらで、
    その息子も王子様として育てられた見事なクソガキだった。しかも親子そろって自分が和の中心でないとダメなタイプ。
    大勢の面倒を見ながら登校する小学校中学年の子供にそんなことを要求するな。それ以外にも顔に虫押し付けられたりしたし。
    そしていつのまにか私が悪者、私にいじめられたと言って私の担任に相談していたようで、
    関係のない教師からも変な顔をされたり妙に気を遣われたりし始めた。
    本当に学校に行きたくなかった。丈夫な子だったから休む理由もなく、熱でないかなーと毎日思ってた。

    長すぎって言われたので切ります

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    296: 1/2 2010/03/31(水) 23:57:06.16 ID:N5I4LHrp0
    田舎と言えば、うちの実家の方はパキスタンからの出稼ぎの人が(ブラジル系も)多く、
    知っている範囲でモスクが二カ所ある。
    片方はプレハブで、町内会費を納めてきちんとゴミ出しして評判がいい。
    もう一件は、さびれた界隈の小さなテナントの一階にある。

    問題は後者のお隣が蕎麦屋なんだが…
    「美味い蕎麦屋」というより「お昼の定食屋」みたいなお店なので、
    「カツ丼」「カツ重」もまた主力なのである。

    断食月の礼拝中、お隣のモスクのパキスタンのおっちゃん・兄ちゃん達に
    香ばしくも悩ましいトンカツの匂いが…。

    続きを読む

    このページのトップヘ