感動

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    84: 先駆けタンバリンだじぇお ◆DAjeOPNM.Q 投稿日:2010/11/19(金) 04:36:41.22 ID:LB5Zp+1aO
    進学のために実家を離れて一人暮らしを始めた頃のこと。

    新しい生活の何もかもが上手くいかなくて、少しまいってた時期があった。
    頼れる人どころか友達すらまだほとんどいなくて、気晴らしといったら
    実家に用もなく電話することくらい。
    といっても、家族に向かって弱音吐くのは 恥ずかしいから当り障りのない
    話ばっかりしてたんだけど。

    でもある日、母親と電話で話してて、ついポロっとね、きてしまった。
    あー、もう実家帰りたいなー、って感じで。
    で、うわヤバい!とか思いつつ必死に平静を装ってたんだけど、微妙に
    感づかれたらしくて「泣いてんの?」って言われた。
    当然私は「泣いてないよ、やだなぁ」って笑って誤魔化して、その時は
    それ以上つっこまれることもなく電話を切ったんだけど、その数日後に
    母親から手紙が一通届いた。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    84: 先駆けタンバリンだじぇお ◆DAjeOPNM.Q 投稿日:2010/11/19(金) 04:36:41.22 ID:LB5Zp+1aO
    進学のために実家を離れて一人暮らしを始めた頃のこと。

    新しい生活の何もかもが上手くいかなくて、少しまいってた時期があった。
    頼れる人どころか友達すらまだほとんどいなくて、気晴らしといったら
    実家に用もなく電話することくらい。
    といっても、家族に向かって弱音吐くのは 恥ずかしいから当り障りのない
    話ばっかりしてたんだけど。

    でもある日、母親と電話で話してて、ついポロっとね、きてしまった。
    あー、もう実家帰りたいなー、って感じで。
    で、うわヤバい!とか思いつつ必死に平静を装ってたんだけど、微妙に
    感づかれたらしくて「泣いてんの?」って言われた。
    当然私は「泣いてないよ、やだなぁ」って笑って誤魔化して、その時は
    それ以上つっこまれることもなく電話を切ったんだけど、その数日後に
    母親から手紙が一通届いた。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    9: 水先案名無い人 04/07/17 16:30 ID:rsj4SEul
    天国の少女に捧ぐ「元気ハツラツ」

    まだ北海道に冬の寒さが残る3月、新庄はこっそりと、重病に伏した少女を見舞った。
    大の新庄ファンだったその子に「君さ、すごくかわいいよ。きっと大人になったらモデル
    になれる。絶対に治るから」と、新庄らしい言葉で励ました。
    パソコンのカバーにサインをして「今日は君のためにホームランを打つよ」と予告して、
    本当にその日の試合でホームランを打ってしまった。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/11/19 21:31:29 ID:AqNKDd7E0
    今から5年前ぐらいかな。東北の女子高生がビッグバンドジャズをやる映画があったじゃん。超青春映画。
    当時高校入りたてぐらいの俺はその映画にいたく感動したわけ。

    で、映画みたいに実際にビッグバンドの部活を作ろうと思い立ったんだ。
    まあ俺男だったんだけど。ついでに友達もいなかったんだけど。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/09/05(土) 10:33:14.88 ID:DQfdm3900
    電車のボックスシート(2人掛けの席が向かい合っている)で、
    隣に座ったオヤジが激しくふんぞり返って股を広げきっていたので、

    わたし「狭いんですけど」と言ったら、
    オヤジ「しょうがないだろう!これ以上どうやってよけるんだ?」
    わたし「どうやっても何も、他の人はきちんと座れてるじゃないですか」
    オヤジ「女の癖にうるさい!」
    わたし「女の癖にって、あなただって女から産まれてきたんじゃないんですか?」
    オヤジ「屁理屈を言うな!大体、それが目上の者に対する態度か!」
    わたし「目上と年上は違うと思うんですけど。
         バカでも死にさえしなけりゃ年はとれますから」
    オヤジ「目上も年上も同じだ!年上の言うことは黙って聞け!」

    続きを読む

    このページのトップヘ