ジーチャン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    28: C.N.:名無したん 2009/01/18(日) 14:48:51 ID:PvQTtx0b0
    ちょっとスレ違いかもしれないし、良い話かどうかわからないけど、自分の中では一番良い話。

     私は、中学校入学ごろからコスプレをしだした。
    おじいちゃんとおばあちゃんは、洋裁屋さんだった。
    両親も共働きで帰りも遅いので、必然的に、おじいちゃんとおばあちゃんのお店に入り浸ってた。
    だから、いろんなものの作り方を教えてもらったり、作ってもらったりした。
    おじいちゃんもおばあちゃんも、私のことをすごく可愛がってくれて、
    コスプレ衣装を作りたいと言ったときにも、「面白い服だねぇ。どれ、じいちゃんもがんばって見よう」と、
    じいちゃん達は、どう考えても今まで作ったことがないだろう種類の服を、私と一緒に作ってくれた。
    おばあちゃんは昔、美容師をやっていたから、髪型もキャラと同じにアレンジしてくれたり、化粧もしてくれた。
    完成した時、おじいちゃんもおばあちゃんも、「Oちゃん、お姫様だねぇおじいさん」「Oちゃんはオラ達のお姫様だよ」と、こっぱづかしくなるような喜び方をしてくれた。10年ぐらいたつのに、今でも忘れない。

     そのうち、おばあちゃんとおじいちゃんは「今度はなに作ろうか?」と、言ってくれるようになった。
    年のせいもあるし、大型店舗がそこに移ってくると言う理由でおじいちゃんおばあちゃんは、店を畳んで暇になったからかもしれない。
    「Oちゃんと一緒にお洋服を作って、それをOちゃんが着てニコニコしてくれてるのが、じいちゃん達の生き甲斐だよ」
    と、言ってくれた。
    「何でそんなに上手なの?」と聞くと、じいちゃんは「基本がわかっていればなんだってできるよ」と言った。
    「基本がしっかりしていれば、応用もある程度効く。だからOちゃん、基本は何事もしっかりとやるんだよ」と、笑ってた。
    コスプレ衣装も、ロリ服もゴスロリも、じいちゃんとばあちゃんは作ってくれる。 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    76 名前:愛と死の名無しさん[sage] 投稿日:2006/06/23(金) 21:36:24 
    うちの祖父は「お前ら全員の花嫁花婿姿を見るまでは死ねん」が口癖だった。 
    祖父の孫は、男2人、女5人。 
    無事、全員の結婚を見届け、最後の一人の披露宴のとき 
    「全部の孫の結婚式を見ることができた。」と感涙。 
    本当に嬉しくて嬉しくてたまらなかったようで、珍しく、お酒を飲んでた。 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    433 名前:大人の名無しさん 投稿日:02/03/18 22:38 ID:YrsgBeLl
    私は二十歳の時出来ちゃった婚で結婚、出産。周りの反対の中じいちゃん 
    だけはかばってくれました。小さい時からじいちゃん大好きで、母に叱られる 
    度、泣きながらじいちゃんの布団に潜り込んでたっけなー。 
    子供が産まれたときも暑い中、自転車で片道40分もかかるのに一人で病院来て 
    赤ちゃんを見に来てくれたり。。 
    私の結婚生活は苦しいもので、旦那の暴力、浮気など積み重なって、子供が3ヶ月の 
    時、「旦那が仕事で県外に行くことになったので帰ってくるまで実家にいさせて。」 
    と嘘をついて実家に子供を連れて帰りました。反対を押し切って結婚したため、 
    意地になってしまって家族にも本当の事が言えないままでした。 

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    897 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/11/22(木) 03:18:50.39 ID:0j4BB6Gx
    上の方に戦争関係の話題があったので私も

    仕事でどうしようもないミスをしてしまい次の日に仕事に行きたくないってふさぎこんでた時
    家に帰りたくなくていつもは乗らない電車に乗って他県まで行ってみたんだ、仕事帰りに
    そこは2chとかでは戦闘民族がいるとか未開の地だとかふざけて虚飾されていたりするんだけど、そこの大き目の駅で降りてお腹がすいていたので飲み屋っぽいところに入ったんだ
    サンマ定食とビールを頼んでぼんやりと俯いていると臨席のおじいさんに話しかけられた
    ずいぶんと負のオーラがでてた自分が心配だったそうだ

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    222 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2005/04/21(木) 23:35:06 ID:+cB4n5Y8 
    俺の爺さんは戦地で足を撃たれたらしい。 
    撤退命令が出て、皆急いで撤退していたんだが爺さんは歩けなかった。 
    隊長にに「自分は歩けない。足手まといになるから置いて行って下さい」
    と言ったら黙って背負って何時間も逃げてくれたらしい。 

    続きを読む

    このページのトップヘ