恋人・夫婦

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    650: 大人の名無しさん 2005/10/17(月) 17:28:04 ID:xgNtNXbh
    妻が自殺未遂した。
    助かってくれ!たのむ!



    651: 大人の名無しさん 2005/10/17(月) 18:50:58 ID:szfEUoQc
    >>650
    詳細はわからんがとにかく祈る。
    絶対助かる!大丈夫だ!

    そしていつか落ち着いたら
    ぜひゆっくり話を聞いてあげて欲しい。



    652: 大人の名無しさん 2005/10/17(月) 20:45:17 ID:0JSYUIZC
    >>650
    もし自分が同じ立場だったら・・・と思ったら
    胃がギリギリ痛んできた。

    同じく祈る。
    助かってほしい。



    653: 大人の名無しさん 2005/10/17(月) 21:26:47 ID:mUZPT4Mi
    >>650
    遺書とかないのか?

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    820: 大人の名無しさん 03/01/21 20:52 ID:A1mrVMWZ
    先日、彼とお別れしにいってきました。

    私は、人見知りが激しい女でした。
    一昨年、高校生だった私はついにクラス替えで多かった友達とも全部別れてしまい
    ひとり孤立した状態で日々過ごしていました。
    気付けばたびたび休む日々。
    家では勉強とネット。夜に土手に出かけ星を眺めているだけ。
    そんなある日、チャットでひとりの人にあいました。
    数週間、性格にひかれて話しているウチにけっこう家が近い事が分かり
    その人がヒントを出して、謎解きの末に答えが分かり
    どうせ平日だからいないだろう。と見に行ってしまいました。
    その人のマンションについたものの、雨が降ってきて傘を持っていなかった私は
    もういいだろう、帰ろう。と曇り空を見上げた時、不意に後ろから肩を叩かれました
    振り向くと、まだ若い男の人が立っていて驚いた顔で「Aちゃん?」と聞いてきました。
    私も大変驚いていて頷くと「そうだとおもった」と微笑まれて
    「雨宿りしていきなよ」とその人の部屋に上がってしまいました。
    それから、学校の事、これからの事、最近なにやってる?とか色々話してました。
    久しぶりに友達以外と笑ったなーと感心していると鍵を渡されて一言。
    「また、なんかあったらおいで」と言われてしまいました。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    30: 名無し三等兵 01/10/29 23:12 ID:ux8By2pL
    名前:名無し三等兵 投稿日:2001/03/23(金) 19:29
    佐藤章


    菊水隊 イ36潜、イ37潜、イ47潜

    昭和19年11月8日出撃

    妻への手紙

    まりゑ殿

    かねて覚悟し念願していた「海い征かば」の名誉の出発の日が来た。日本男子として皇国の運命を背負って立つは当然のことではあるが然しこれで「俺も日本男子」だぞと、自覚の念を強うして非常にうれしい。

    短い間ではあったが、心からのお世話になった。俺にとっては日本一の妻であった。

    小生は何処に居らうとも、君の身辺を守っている。正しい道を正しく直く生き抜いてくれ。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    718: 大人の名無しさん 02/12/25 00:19 ID:Sq0EMxb2
    最後にいつ泣いたのかも覚えていなかった。
    もうずーっと泣いてない。泣き方もおぼえてないと思った。
    一週間前、彼女と別れた。
    その時、彼女は泣いたけれど、オレは平気だった。
    もちろん、悲しかったけど、いまでもよく分かっていないのかもしれないけど。
    けど、涙は出なかった。
    8年って長かったよなーとか苦笑いしたりして…。

    別れた後に、ラジオか何かである曲を聴いた。
    最初は、メロディが気にいったんだと思ってた。
    歌詞なんか気にしない人だから、オレ。
    なんか、サビの部分が頭の中で、リフレインして、
    すごい気になってネットで調べたらすぐわかった。
    「小さな恋のうた」って曲名だった。
    今日、そのCD買ってきて、ぐっときた…。

    いまもこの曲流れてるんだけど、のどの奥がいたくなる。
    なんか、ぎゅーっていうか、つまったみたいに痛いんだよ。
    そういえば、泣くってこんな感じだったのかなって思った。
    きっとおれの心の中ではメロディが気になっていたんじゃないのかもな。
    歌詞が気になっていたのかもしれない。
    「ほら、あなたにとって大事な人ほど、すぐそばにいるの」
    って、この歌詞のところがいちがんきつ。
    …ほんとに、いつもそばにいるから気付かなかったよ。

    きついよ、これ。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    307: 大人の名無しさん 2005/07/27(水) 21:12:46 ID:Rfi8/LyK
    10年位前の大学時代の話。
    昔、俺の彼女はセブンイレブンのバイト(夜)をやっていた。
    俺は法学部に行きたいので、バイトモセズ勉強ばかりしていた。
    彼女は毎日、期限切れのおにぎりと弁当、ブリトーなんかをたくさん持って帰ってきた。
    俺も彼女もそれを次の日の朝食と、昼食の弁当にしていた。本当助かった。
    彼女が言っていた。「東京ってすごいね。この期限切れの食べ物3000円分くらいあるよ。
    捨てちゃうなんて勿体ないよね。」
    俺はほとんど彼女に食わせてもらっていたみたいなもんだった。

    彼女は4年を卒業すると新潟に帰った。
    俺は「司法試験に受かったら迎えに行くから・・・・」
    といいつつ2年たったら連絡も疎になった。
     
    おれはリーマンになった。
    「やるだけやったつもり。」と嘯いていた。

    1ヶ月前彼女が亡くなりました。というか亡くなったそうです。

    乳がんだったらしいです。

    続きを読む

    このページのトップヘ