自分

    15: 名無しさん@おーぷん 2014/06/20(金)21:18:41 ID:FyeWHU0dv
    俺思うんだ・・・。俺、死ぬ前に小学生の頃を
    一日でいいから、またやってみたい
    わいわい授業受けて、体育で外で遊んで、学校終わったら夕方までまた遊んだ

    空き地に夕焼け、金木犀の香りの中家に帰ると、家族が「おかえり~」と迎えてくれて
    TV見ながら談笑して、お母さんが晩御飯作ってくれる(ホントありがたいよな)
    お風呂に入って上がったらみんな映画に夢中になってて、子供なのにさもわかってるように見入ってみたり

    続きを読む

    366: おさかなくわえた名無しさん 2008/03/30(日) 20:53:39 ID:ra/Vg5vC
    私は映画館で働いてるんだが、今日あったこと。

    映画館ってのは、いくつかの部署みたいなのがあって、その部署によってやる仕事が違うのね。
    私がいるのはボックスという部署で、主にチケット販売と案内をやるのが仕事。
    今は春休みだから、入場者特典やら広告やらで、ゴミや空のダンボールたくさん出たわけですよ。
    んで、フロアという部署(主にチケットを切ったり館内の清掃、ゴミを捨てに行くのが仕事)に、いつも通りゴミをまとめて持っていったんだ。
    そんで20分くらい経ったかな?チケット売り場の横に、さっきフロアに持っていったはずのゴミが荷台と一緒に置かれてる。
    アレ?と思ってそばにいたフロアの人に聞くと、
    「これはあんたら(ボックス連中)で捨てに行って。何でもかんでもうち(フロア)に持って来ないでくれる?」とこの文面のとおりに言われた。 

    続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/11(日) 13:40:27.22 ID:/c3u6aIV0.net
    終業後

    女上司「おまたせ!じゃあ行きましょうか」

    俺「あれ?他の皆さんは来ないんですか?」

    女上司「他の人?」

    俺「部署の皆で飲みにいくんじゃないんですか?」

    女上司「いいえ、私が誘ったのはあなただけだけど」

    俺「えっ」

    女上司「・・・私と二人きりなんて、イヤ?」

    俺「い、いえ!なんというかちょっと驚いただけです」

    女上司「良かった!じゃあ行きましょ!」

    俺「は、はい!」


    こんな上司が欲しい

    続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24(金) 23:00:01.20 ID:JrYYZocnP
    凄い不思議な事が起きたからスレ立てした

    多分訳の分からない話になるだろうしオチもないから
    根気強く読まなくてもいいので聞いて欲しい



    3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24(金) 23:00:39.13 ID:2Xgfcul1P
    パンツ下ろした



    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/24(金) 23:00:53.17 ID:JrYYZocnP
    くどいかもしれんが

    信じてくれなくてもいいから暇つぶし程度に聞いてくれたら嬉しい

    続きを読む

    2: 名無しさん@おーぷん 2014/06/20(金)21:05:12 ID:FyeWHU0dv
    夏休みに自転車でどこまでいけるかと小旅行。計画も、地図も、お金も、何も持たずに。
    国道をただひたすら進んでいた。途中大きな下り坂があって自転車はひとりでに進む。
    ペダルを漕がなくても。何もしなくても。
    ただ、ただ気持ちよかった。自分は今、世界一早いんじゃないかと思った。
    子供心に凄く遠いところまできた事を知り、一同感動。滝のような汗と青空の下の笑顔。

    しかし、帰り道が解からず途方に暮れる。不安になる。怖くなる。いらいらする。
    当然けんかになっちゃった。泣いてね~よ。と全員赤い鼻して、目を腫らして強がってこぼした涙。
    交番で道を聞いて帰った頃にはもう晩御飯の時間も過ぎてるわ、親には叱られるは、
    蚊には指されてるわ、自転車は汚れるわ。
    でも次の日には全員復活。瞬時に楽しい思い出になってしまう。絵日記の1ページになっていた。

    続きを読む

    このページのトップヘ