ぼっち

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    98: 水先案名無い人 04/10/21 04:37:55 ID:3MK54rZK
    234 名前:学生さんは名前がない[sage] 投稿日:04/10/20 17:00:00 ID:+JEPZ3em
    現役時代全く勉強せず、1浪して入ったこの大学。
    浪人時代は一心不乱に勉強をし、憧れの大学生活を夢見て勉強し続けた。
    勉強に対して貪欲になり続けた。
    結果として、第一志望に落ちてしまったが「俺は勉強した」という自分に対しての充実感で一杯だった。
    受かった2番手の大学も私立の中では最高峰だ。十分満足だ。
    俺は地方に住んでいたため、母親と一緒に部屋探しに上京した。
    もう3月の終わりとあって残ってる部屋は少なかった。
    しかし、その少ない物件一軒一軒に自分の大学生活を重ね合わせる。
    ここに住んだら電車で通うんだな、おっ、この部屋は広いな、キッチンが2口コンロか料理頑張っちゃうかも…、などと。
    何軒か不動産屋をまわると一軒特別目を引く物件があった。
    運命との出会いとでも言うんだろうか、駅からも近く大学からも近い。
    物件自体も比較的新しい。実物を母親と見に行き即決した。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    129: 大人の名無しさん 2005/06/08(水) 21:41:14 ID:8ccG4P6w
    今日ふと、小学校時代にいたある生徒のことを思い出した。

    その生徒は俺の1つ年下で、色白で、わがままなことで知られていた。
    遊びの仲間に入れてやっても、「他の遊びがしたい」と駄々をこねるし、
    帰る方向が違うのに一緒に帰ろうとせがまれ、俺達はいつも困惑した。
    必然的に俺達は彼を避けるようになり、彼は独りぼっちになった。

    彼が入学してから2年目の2学期の終業式、教頭から彼の転校が告げられた。
    正確には「施設」への入所だった。
    俺達はワガママが居なくなると心の中で喜んだ。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    98: 水先案名無い人 04/10/21 04:37:55 ID:3MK54rZK
    234 名前:学生さんは名前がない[sage] 投稿日:04/10/20 17:00:00 ID:+JEPZ3em
    現役時代全く勉強せず、1浪して入ったこの大学。
    浪人時代は一心不乱に勉強をし、憧れの大学生活を夢見て勉強し続けた。
    勉強に対して貪欲になり続けた。
    結果として、第一志望に落ちてしまったが「俺は勉強した」という自分に対しての充実感で一杯だった。
    受かった2番手の大学も私立の中では最高峰だ。十分満足だ。
    俺は地方に住んでいたため、母親と一緒に部屋探しに上京した。
    もう3月の終わりとあって残ってる部屋は少なかった。
    しかし、その少ない物件一軒一軒に自分の大学生活を重ね合わせる。
    ここに住んだら電車で通うんだな、おっ、この部屋は広いな、キッチンが2口コンロか料理頑張っちゃうかも…、などと。
    何軒か不動産屋をまわると一軒特別目を引く物件があった。
    運命との出会いとでも言うんだろうか、駅からも近く大学からも近い。
    物件自体も比較的新しい。実物を母親と見に行き即決した。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    901: 水先案名無い人 04/10/05 00:29:16 ID:Wpyg3iwp
    「はい、じゃあグループ作って」と言われると胃が痛くなる奴
    http://ex7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1096896781/

    657 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:04/10/05 00:22:44 ID:hngrBPf0
    小学校の頃、自分の友達のことを作文にして提出する課題があった。
    俺はもちろん誰とも組めず、第一誰のことをどういう風に書いていいのかも
    分からず提出の期日が迫った。
    仕方が無いので、クラスにいる適当な奴を勝手に友達ということにし
    適当に、彼とはこういう関係だと自作自演した。
    なんとか苦し紛れに凌いだと正直ほっとしていた・・・。

    ところが次の日担任の授業で
    「全員の作文が提出されたので一人ずつ発表してもらいたいと思います。
    出席番号順に発表していって下さい。」

    その瞬間さーーっと体中の血が引いていく感じがした・・。
    聞いてないよ・・。俺に皆の前で恥をかけっていうのかと・・。
    頭が真っ白になっている間に俺の順番が回ってきた。
    俺はできるだけ声を押し殺しながら淡々と読み上げた。
    そして聞こえてきた・・。小さな声で「お前さぁ○○(俺)と組んだの?」
    「ううん知らない・・なにあいつ人のこと勝手に書いてんだよ・・。」

    結局そいつにはそれ以上何も追求されなかったが、恥ずかしすぎて思わず
    皆の前から消えたくなった・・。
    あの時は本当に担任を怨んだもんだよ・・・・。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 01:41:08 ID:5jVR/fMH0
    人の目なんて気にする必要ないのにね(´・ω・`)



    2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 01:41:37 ID:e78iy2Jb0
    あるけど?



    3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 01:42:48 ID:sw6RY1oy0
    一人ディズニーは割と楽しいぞ
    みんな並んでるなかすいすい進める



    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/08 01:42:59 ID:vIG/0jyR0
    一人で動物園行ってはしゃいだことならある

    続きを読む

    このページのトップヘ