ゲーム

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    243: 大人の名無しさん 2005/12/16(金) 13:03:58 ID:FB6+VjR/
    一年前の話なんですが、
    この時期になるとどうしても思い出してしまうので空気も読まずに書きますね。
    俺には3年前に離婚した妻との間に小学校5年生の娘が居るんですけど、
    去年のクリスマスに以前から娘が欲しがってた、ゲームボーイソフトを贈ったんです。
    そしたら娘からお礼の手紙が届きました。
    「お父さん元気ですか。プレゼントありがとう。ずっとほしかったからうれしいよ。毎日あそんでるよ」
    そんな内容でした。

    それから年が変わって正月に実家に帰ったとき、
    うちのお袋が孫娘へのクリスマスプレゼントとして全く同じソフトを贈っていたことが分かりました。
    しかも、俺が送った日より一週間も早く・・・。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    633: 大人の名無しさん 2005/10/13(木) 12:54:01 ID:CYqgP/lC
    私には4歳下の妹がいます。

    妹が生まれてから、母は妹にばかり構うようになった。
    幼心に、私は「おかあさんを妹に取られた」と思い、いじわるばかりした。
    ヨチヨチたどたどしく歩く妹を押して転ばせもした。

    ある日、おもちゃで怪我をし、ちょびっと血を流す妹を見て、泣いた。
    「(妹)ちゃんがかわいそう」って。
    母は「かわいそうって思って泣くなら、なぜいつも妹にいじわるするの」
    と私をほんの軽く叱った。
    その日から、妹には優しくしようと思うも、やはりヤキモチは収まらなかった。

    それから少し大きくなって、父にファミコンを買ってもらった。
    妹も興味津々。
     妹「おねぇちゃん、見せてー」
     私「いや。部屋に入ってこないで。(家の中の)廊下で座って見て」
    と。妹は私に逆らうことなく、廊下で座って見てた。
    ゲームで私が失敗すると、楽しそうにキャッキャ笑う妹。
    決してバカにして笑ったんじゃないのに、ドアを締めて見られなくした。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    88: 大人の名無しさん 2005/05/09(月) 16:56:34 ID:sEYDZ96d
    僕はこの3月に19歳になり、4月からは大学2年生になった者です。
    僕が小学校の2年生まで住んでいた家は、毎日何かしらの虫が出るボロい家でした。ひどいときは風呂場にゲジ(ムカデのでかいバージョンみたいな虫)
    が出たこともあります。まだ小さかった僕にとって、そのような虫を駆除してくれる母や4つ上の兄はとても頼もしい存在でした。今住んでいる家より敷地は
    小さかったけれど、狭いぶん家族が密集することができたのでとても温かい家でした。
    その家と隣の家の間には赤レンガで作られた壁があり、兄はそこに野球のボールをなげつけて壁当てをして遊んでいました。兄が楽しそうにボールを投げる姿
    を見ては、『大きくなったら野球選手になりたい』と言っていたのを思い出しては、ひそかに応援していました。
    10年ほど前に引っ越したその土地は現在道路になってしまっています。もう赤レンガの壁はありません。僕が誤って落とした果汁グミが1個へばりついたあの
    レンガはもうありません。『壁当てばっかりやってたらレンガが崩れちゃうよ』という母の心配事も聞くことができません。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    563: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 15:24:51.32 ID:US2dVzJN0
    父親が発売日にFCの4を買ってきた。
    私と弟とで順番にクリアしたあと、父親はなぜかずっと
    4章のトルネコの序盤(店でひたすら武器とか売りまくる)を続け、
    それだけで5万も6万もゴールドを貯めていた。
    思えば父親は2でも全員のLVをMAXまで上げたり
    単純作業が好きなのかなと思っていたが
    もう、一度クリアしてしまったそれらのゲームで
    また私や弟が遊ぶときにキャラが強かったりお金が多いと喜ぶだろうと
    それだけのためにちょっとズレた愛情表現をしてくれていたってことがわかった。

    私も弟も成人し、実家を離れて生活をしていた頃、父が入院した。
    お土産に、なぜか私はGBAとGB版のDQ1&2、そして3を買って持って行った。
    父は骨と皮だけになっていた。
    私がお土産を渡すととても喜んで、ヒマな入院生活をそれと共に過ごしたらしい。
    もう、子供のために単純作業続けなくてもいいんだよ、お父さん。
    いっぱい冒険してね、お父さん。
    父は普通の食事が喉を通らなくなり、DQ3のパーティにこんな名前を付けた。
    勇者コロッケ 武闘家つくね 僧侶とんかつ 商人おでん
    「はよ元気になってこれ食べたるねん」と笑う父。
    ガリガリに痩せた父の姿を見たのはこれがさいごだった。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    549: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/10/11(月) 13:41:47.95 ID:5j6YOtKk0
    93年だったか94年だかに弟が小3の時に車に跳ねられて乗ってた自転車の
    カゴからGBが転げ落ちて、アスファルトで削られボロボロになったんだよ。
    弟が病室でボロボロになったGB見て泣きながら電源入れたんだよ。
    カチッ・・・ピコーン。それでも起動すんのな、GB。

    それを修理に任天堂に送って数日後、任天堂の人から電話があったらしいのな。
    「あまりにも凄い事になってるから、原因を聞きたい」とかなんとか。
    母が「息子が事故にあって」って言うと修理費はいらんと。
    結局こっちが負担したのは送る時だけの送料だった訳だよ。

    続きを読む

    このページのトップヘ