ドイツ人

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/01(木) 00:43:52.45 ID:ViG35PD1O
    435 :おさかなくわえた名無しさん :sage :2007/11/27(火) 23:22:29 (p)ID:N/YPwVBu(3)
    うちの研究室にいるクレール( ゚д゚ )。
    ドイツ式なのかユーモアが分かりづらい。

    私「教授がどこに行ったか知ってる?」
    ( ゚д゚ )「彼なら爆発して死んだよ!」

    私「教授がどこに行ったか知ってる?」
    ( ゚д゚ )「彼ならラーメンのどんぶりにダイブして消えたよ!」

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    67: 名無しさん 2014/04/07(月)00:38:04 ID:8ft9GDOuw
    親戚のお姉ちゃんがドイツ人と結婚して子供も2人いるんだけど、旦那さんとその子供達が本当に日本大好き。
    前回日本へ来た時は被り笠と蓑を買って近所を散歩してるし、その前来た時はカルピスとファンタの種類の多さに感激していた。
    旦那さんは納豆餅が大好きで、日本へ来る度に私の実家で臼と杵でついたできたての餅を頬張っている。

    最近会った時は子供達がどうしたら日本に永住できるか相談していて、コメディアンはどうだろうと「なんでやねん!」とツッコミを披露されたw
    旦那さんも「ボクは一体何ができるんだろう…」と真剣に悩んでいる。

    ところでドイツ人といえばビール大好きなイメージがあると思うんだけど、旦那さんはそのイメージのせいでフランスのホームステイ先で複数の国の留学生がワインをグラスに注がれる中、自分だけジョッキとビールを用意されたらしい。
    フランスのワインを楽しみにしていたから凄くがっかりしたけど、相手の好意を無駄にできないからそのままビールを飲んだんだって。
    「だって、とても期待した目で見るんだもん…」

    そんな旦那さんに今一番欲しいものは?と聞いたら「両津勘吉と同じサンダルとジャイアンツの帽子!ジャイアンツの帽子をかぶっていると色んな人に自慢できるんだよ」だって。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    890: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/05(月) 17:09:15.08 ID:561+YNu2O
    ある日本の家庭にホームステイした独逸人高校生の話。その家には3歳児がいて、190cmはあるスポーツマンの異国のお兄ちゃんにえらく懐いて、独逸人もちっこい弟ができて毎日(*´▽`*)状態だった。
    ステイ先は英語も独逸語もできない家庭だったけど、お別れの日はお互い号泣するくらいのディープな一週間だったらしい。
    しかしある日きいてきた。

    「日本のファミリーはとてもいい人たち。けど3歳児が遊ぼうと持ってくる茶色いキャラクターが理解できない(・ω・`*)アレハナニ?」

    聞くとどうやらそれはアンパンマン…。 けっこう詳しく説明してやると、リアルで(;゚Д゚)←な顔してた。
    「パ、パンだと…!!?(;゚Д゚)しかも"あんこ"が入ったパン…???(((( ;°Д°)))なんでそんなマイナーなものがヒーローになるんだ!?(○■○;)
    しかもカレーパンと食パンが仲間!!?せめてヒーローは食パンだろ!!?つか日本の主食は米だろっ!!?そもそもあのジャパニーズスイーツは何でできてんだ!?豆を煮て砂糖!!?ソレをパンにいれるのか!!?クレイジーだクレイジー!!
    つかそのまま食べろよ!!日本のパンで許せるのは食パンとメロンパンだけだ!!o(`ω´*)oなに、メロンパンガールもいる?そいつはとんでもなくセクシーなんだろうな!!?幼女?ダメだ!!オレはみとめんぞ!!!(# °ω°)!!
    …首を置き換えてパワーアップ…!!?いいのか!?それは教育上許されるのか!!?フォォォォ!!(`Д´)」

    …と騒ぐだけ騒いだあと桜餅にてを伸ばした。お前、それもあんこだ。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    709: おさかなくわえた名無しさん 2009/06/14(日) 14:23:21 ID:/KbIafJE
    話豚切りごめん
    和むかわからないけど、日本好き外国人と知り合えて嬉しかったので。


    イタリア人の友人がいる。日本語ペラペラで日本に馴染んでて、朝は味噌汁飲むようなおばちゃん。
    自分は英語・伊語は話せない(大学の講義で習った程度のレベル)
    そんなイタリア人が、最近仲良くなったというドイツ人を紹介したいと言ってきた。

    彼女は日本好きで必死に勉強して留学してきたという大学生
    でも折角留学してるのに、日本の生徒と仲良くできなくて寂しいそう。敬遠されてると感じるって言ってた。
    (確かに、日本語頑張ってるみたいなんだけど、正直上手くなくて何言ってるのか時々わからない…)

    イタリア人の翻訳もあって英語・日本語混ぜて会話。
    絵が上手な子なのでノートに落書きしつつお喋り(自分もイラスト程度は描けるので)
    ちなみに寿司Bar

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    792: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/04(日) 21:50:23.64 ID:AXrQ0gBaO
    中学生の頃、母がドイツで地元の人とちょっとした展覧会を開いたので、自分もお手伝い兼マスコットでついていった。
    お茶や茶菓子出し以外は暇だったので、入口付近のテーブルで着物きたまんま折り紙折って、欲しがる人に渡してた。もちろん無料で。鶴とか入れ物とかチューリップとか手裏剣とかペンギンとかヤッコサンとか簡単なやつ。
    作った分を机の上に並べておくと、皆喜んで持っていくもんだからこっちも嬉しかった。
    ある日、どっかの俳優みたいなお兄さんがやって来て、机にあった赤い鶴をみて
    「貰っていい?(゚ω゚)」
    とジェスチャーしたので、差し上げた。するとそのお兄さん、展覧品を見て回った後にまたやってきて、今度はペンギンを折っている私の手元をジッと見てた。で、ペンギン完成。するとお兄さん曰く、
    「鶴、もう一羽もらっていいかな?(゚ω゚)」
    どうぞどうぞと、私は机に残ってた黄色い鶴を渡したら、お兄さんちょっと(・ω・`*)な顔になった。そして少し恥ずかしそうにこう言った。

    「できれば、さっきと同じ赤がいいんだ。彼女にあげたくて…。ほら、こうやって二羽をペアでならべてベッドルームに飾ると、とてもロマンチックだろ?(*゚∀゚*)」

    で、赤い鶴を作ってあげると、お兄さんは(*´▽`*)な顔をしながらダンケをくりかえし、二羽を大事そうに持って帰った。
    さっき作ったペンギンは、杖をついたおばあさんが手にとった。
    「このペンギンもらえる?あと、この入れ物を作るところを見たいわぁ♪」
    私が折り折りしてるところを、おばあさんは椅子に座って(*⌒ω⌒*)な顔して見てた。で、でき上がって入れ物とペンギンを手渡すと、おばあさんは別に飾ってあった入れ物に5マルク(向こうでいうと500円玉)をいれてきた。びっくりして、お金は貰えないっていうと、

    「いいの。私が払いたいんだから。それにドイツではこうするのよ(*´▽`*)」

    続きを読む

    このページのトップヘ