人生

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    23: 名無し三等兵
    今日仕事中にタクシーに乗ったら、たぶんムネオ話を聞いていたのかNHKラジオが
    付いていたんだわな、午後だけど。
    で、なんか年金関係の視聴者からの電話相談に答えるという番組をやっていて、その中
    に84歳のオバァちゃんからの軍人恩給のことを話していた。このオバァちゃんの夫は
    結婚して2ヶ月で南方の海に散ったらしい。しかしその後もこのオバァちゃんは籍を抜く
    訳でもなく有髪の尼のように生きてきたようだった。
     金銭関係の話になった時、アナウンサーが「御子さんはどうしてらっしゃいますか?」
    と聞くと「いないんです。結婚して2ヶ月でしたから・・・」と消え入るように言った
    のがかわいそうだった。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    753: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)01:44:48 ID:???
    彼女と会ったのは田舎の工場に、飛ばされて2年位経った時かな。
    ある理不尽な修羅場で異動になった事もあって、仕事が終わったら飯作って寝る生活。
    長期休暇も地元にも帰らずに部屋でじっとしていた、休むのも苦痛で仕事がある時の方が気楽でよかった。
    工場のまわりには飲み屋もなく、帰りにスーパーによるだけの生活だった。

    その日は、朝から風が強く嵐が近づいていたので、スーパーで買い物を済ませて車に戻る途中で
    強い雨と風で自転車を持って立ち往生している彼女と目があった。
    職場では顔は知っているが、あまり話したこともない派遣社員である事は知っていた。
    俺は、この嵐じゃ自転車じゃ無理だから家の人に迎えに来てもらったらと言うと
    彼女は頼める人がいないと言うので、俺の車で送る事にした。
    俺のアパートの向かいのアパートに住んでいることが分かったので、家まで送る事にした

    次の日、一緒に車で出勤して帰りに自転車が置いてあるスーパーに行ったが
    彼女の自転車が無くなっていたので、自転車を買うのにも徒歩じゃいけない距離だし
    自転車を購入するまで俺の車で通勤することに。
    それから彼女が気を使ってくれて、おかずを持ってくれて一緒に晩飯を食べたりしてた。
    彼女は、感情を表に出さないし、聞いたことしか答えないけど
    それでも彼女の生い立ちをポツリポツリ、話してくれた。
    放置子でネグレクトにもあっていて、施設に預けられて高校卒業後に働きだしたが、
    親が稼いだお金を全て持っていくので周りの人に助けられて、
    誰も知らないこの土地に逃げてきたことを話してくれた。
    彼女が自転車購入後も天候の悪い日は、一緒に通勤することも多くなり
    自然に広めのアパートで一緒に住むことになった。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    875: 水先案名無い人 04/10/02 19:33:57 ID:Ls+jWx96
    29 名前:名無しさん@生活サロン板できました[sage] 投稿日:04/10/02(土) 11:09:53 ID:JNUhd30B
    幼稚園のころ、一人の男の子が「あそぼ」と言ってやってきた。
    なぜかは知らぬが私がその子と遊ぶのを母が快く思っていないことは察していた。
    母はその子が来たことに気付いてない。
    あの子の名前を出すと、母が「いけません!」というに違いない、と私は思い、
    子供の浅智恵でなんとか誤魔化して遊ぼうと考えた。
    その子に「ちょっと待ってて」と言って、私は母に外で遊んでいいか訊ねた。
    母は、「今日の分のピアノの練習してからね」と言った。
    私は仕方なく練習した。急いで、急いで。急ぐとますます間違える。
    窓からちらっと見ると、冷たい風の吹く中、その子は垣根のそとでじっと立っている。
    やっと練習を終え、私はまた母に「外で遊んでいい?」と聞いた。
    「寒いからダメ」と、母は言った。
    どうしよう、あの子が待っている。「じゃあちょっとだけ外に行ってきてもいい?」
    「…いいよ」。母は怒っているように見えた。
    私は急いでその子のところに行った。
    「今日は遊べないの」
    その子は「そっか。じゃあね」と言って、鼻水を垂らして木枯らしの中を走っていった。
    長いことまっててくれたのに、申し訳ないことをした、と子供の言葉で思った。

    母が「あの子と遊ぶな」オーラを出してたのは、
    幼稚園生なのにしょっちゅう骨折してたこととか、
    寒い日に外で居場所をさがしていたこととか、
    その辺に関係があったのかどうかは今となってはわからない。
    あの日に戻れるなら
    垣根のところで薄着で震えながら、でもニコニコして私を待っててくれたあの子に
    「またせてゴメンネ」と言って、北風の中、一緒に遊びたい。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    678: 大人の名無しさん 03/09/07 20:40 ID:6jPyEKof
    当事15歳の弟が13階建てのビルから飛び降り
    他界致しました。
    両親の離婚で、就職を余儀なくされ・・
    きっと愚痴を言いたかった状況の中・・文句もいわず・・

    そんな私は今年で33になり・・あれから18年が経とうとしています。

    結婚後現在、4歳を迎える直前の娘に恵まれている中・・
    昨日夢を見ました。。。

    「姉ちゃんが買ってくれたクレアラシル、ありがとうな・・
    いっつも思ってくれてありがとう。。。ねえちゃん、身体壊れてるよ・・
    病院に行ってきな・・・」

    最近弟の夢も少なくなっていたこの所で・・忠実に病院に行ってみました。

    結果、大腸がん。。

    先生いわく、後2週間送れれていても微妙だったとの事。
    明日、手術ですが、自覚症状が無かった為・・
    本当に不思議でもあり、弟に感謝しています。

    弟が死んでしまった日・・
    「私のお腹に戻ってきなよ!・・」って毎日呪文のように唱えていましたが
    今日の出来事を通し・・・
    いつも私を、見ていてくれている貴方に・・・

    心からありがとう。

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    328: 名無しさん@おーぷん 2014/07/09(水)01:55:53 ID:???
    元嫁が幼馴染だった、明るくて頭が良くて一緒にいるだけで楽しかった。
    元嫁の言う通りにしているとうまく行くし、
    言う通りの結果になる事が多くて
    いつしか、元嫁の言う通りにすることが当たり前になってた。
    育った地域も地元に残る人が多くて、小学校から知り合いだらけの中で生きてきた。
    同じ業種に就職して結婚したけど、優秀な元嫁はどんどん出世していった
    ある日元嫁が俺に今のままじゃ俺がダメになると言いだした。
    結構きつい言葉も言われてへこんだ。
    元嫁に、私と別れたら俺は負けず嫌いなところがあるから、
    仕事に打ち込んで成長していい男になれる。
    離婚して3,4年頑張っていい男になったら、再婚してあげるとか言われて
    俺のいう事も聞かずに出て行った。
    元嫁は言い出すと聞かないと知っていたから、しぶしぶ離婚した。

    離婚した後は、仕事しかやる事が出来なかったので
    資格取ったり研修行ったり出来ることを頑張った。
    嫁も持っている資格を取る時は、
    元嫁の友人を通じて嫁ちゃんから俺に必要だからって
    資格取得の資料やテキストを持ってきてくれたけど
    元嫁は会おうとはしなかった。

    気が付いたら4年経って中小企業ながら同期の中で一番最初に役が付いた。
    そんな時に元嫁から、役付おめでとう会おうよと連絡が来たけど
    まだ満足してないからまだ会えないって返したんだ。
    何度かメール来ていたけど、出世して元嫁への意地も出てきて
    もっと頑張ってから会おうと思っていたので無視してた。
    そんな時に大手会社からいい条件で誘われたので転職して
    大都市に引越しした。
    大都市の生活は、毎日が楽しくて、同僚もいい人が多く、
    社内も魅力的な女性が多くて、誘われることも多くなり充実した生活を送っていた。
    気になる女性が出来て、再婚も意識し始めた時に
    元嫁が知らないはずのアパートの前に待っていたんだ。
    もう充分頑張って成長したから、また一緒になろうと言われた
    俺は、まだまだ仕事にも満足していないし、
    気になる女性も出来たから、元嫁とは再婚しないよって言ったのに
    元嫁は、納得してくれず、もう充分だよ、もういいよ、一緒になろうと言う
    気になる女性の話も信じてくれない。
    別れたくないとか言っていたけど、離婚を言いだして出て行ったのは元嫁。
    聡明で明るかった元嫁が論理的な話が出来なくなっていた
    あれだけ好きだった元嫁が、愚鈍な女性に思えて気持ちが冷めた。
    元嫁はストーカーのようになったので、引越しも考えている。

    続きを読む

    このページのトップヘ